テクノロジー
エンジニアに英語は必要なのか?プログラミングと英語を両方学ぶメリット

あなたは開発職や専門職として働きつつも、実は日本語しかできないことに悩んでいませんか?

エンジニアとして働く上で「英語はやっぱり必要なのだろうか」と悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、プログラミングを英語で学ぶことです。
プログラミング力と英語力の掛け合わせは、ビジネスパーソンにとって大きな武器です。さらに英語学習とプログラミング学習には似た点も多いです。

この記事ではプログラミングを英語で学ぶメリットや、学習におけるインプット・アウトプットの重要性を解説します。

エンジニアの英語力の実情

エンジニアにとっての、英語力の重要性とはどのようなものでしょうか。

エンジニアの世界共通語はコード

エンジニアにとってもっとも雄弁な世界共通後は「プログラミング言語」です。日本人であろうと、アメリカ人であろうと「Ruby」は「Ruby」。「Java」は「Java」。アメリカではRubyの文法が違う。フランスではJavaの文法が違う。そのような国ごとの違いはありません。

英語と日本語は文法が異なりますし、英語とフランス語にも数多くの違いがあります。

こうした自然言語に比べると、人工言語のプログラミング言語はある意味で文法が整理されています。

仮にあなたが海外企業に転職したり、逆に日本企業に外国人エンジニアが入社してきたとします。

その場合、極論を言えば、コードで通じ合っていれば、英語でのコミュニケーションは最低限意思疎通ができれば構わないとも言えるのです。

英語はできた方が有利

とは言え、英語はできた方が有利であることは間違いありません。

何故なら、英語力はグローバルスタンダードのスキルだからです。ITソフトウェア開発の国際カンファレンスの現場に足を運ぶと、海外のエンジニアは英語と母国語を話せるのは当たり前。その2つに加えて、拙いとしても1ヶ国語程度は話せるケースが多いです。

ファーウェイの日本支社は新卒エンジニアに月収40万円を用意

中国の電子機器メーカー、ファーウエイの日本支社では新卒のエンジニアに月収40万円という高水準の給与を提示。日本の新卒社会人の平均月収はおよそ20万円。およそ2倍の給与を用意したことが、大きな話題となりました。

このように外資系企業では新卒社会人にも、日本の新卒の倍以上の給与を提示しているケースが少なくありません。英語力と開発力。この2つのスキルを併せ持つ人は、グローバル市場では非常に高い評価を得ます。

英語力はグローバルスタンダードのスキルです。このスキルの有無によって、エンジニアの市場価値には大きな差が付きつつあります。

開発力という理系スキルと語学力という文系スキル。どちらも重要。

プログラミングは理系との親和性が強いスキルです。一方、英語力は「語学」のため、文系との親和性が高いです。開発にだけ興味があり、英語学習には中々踏み出せない理系エンジニアは少なくはありません。また英語の読み書きはできても、カンファレンスの場などでうまく英語のプレゼンや会話ができない人もいます。

つまり、今は「英語」という文系的な素養を持ったエンジニアが求められている時代とも言えます。

続いては、文系エンジニアの市場価値について検証していきます。

文系エンジニアとは

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_m

エンジニアは理系の方の職業と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし実際には文系のエンジニアは約4割、理系のエンジニアが6割とその割合は大きく変わりません。

なんと約40%は文系SEという結果です。

学生時代からプログラミングを勉強していた理系には、エンジニアとしてのスキルと経験という強みがあります。

しかし文系には、理系の方とは違った強みがあります

文系エンジニアの強みはコミュニケーションスキル

文系エンジニアの強みやスキルは、システム開発の上流工程で大きく発揮されます。

要件定義や設計を行う上流工程では、クライアントとの打ち合わせが必須。打ち合わせを通じ、クライアントのニーズを聞き出し設計を担当するのがエンジニアの役目です。

プログラム開発の下流工程を担当し、実際のコードを書くのはプログラマーです。つまり上流工程を担うエンジニアには、開発力だけでなく高いコミュニケーションスキルが求められます。

つまり文系の語学力、コミュニケーション能力の高さはエンジニアとして大きな長所になります。そのうえでプログラミングの知識を身につけることができれば、あなたのエンジニアとしての活躍の幅を大きく拡げることができます。

文系とは

文系の方の特徴をご紹介します。

コミュニケーションスキルが高い

物事を抽象的にとらえ、物語のように話すことができるのが文系の方の特徴です。それによって、会話だけでなく、メールなど文章でのやりとりでもわかりやすく伝えることができます。自分の思考を言語化するスキルは、理系よりも高いと言えます。

物事をさまざまな角度から捉えることができる

言葉の意味や定義について深く考えることができます。それによって、問題が起きた場合にはさまざまな見方で物事を捉えるスキルを持っているので、思いもよらない発想で解決することがあります。

一つの言葉から複雑なことを考えることができるのが文系の特徴です。

文系脳の人は、言葉ひとつひとつの定義や概念形成に凄くこだわります。「コミュニケーション能力」や「成功」という言葉を聞いたら、まずは言葉の意味や定義について深く考えます。

引用元:文系脳と理系脳は、何が違うのか? _ インプロ部

理系とは

主に自然界を研究の対象とする学問が理系です。理系の方の特徴は以下になります。

こだわりが強く、技術の追求が得意

自分がこれだと思った物事に対して、我慢強く取り組むことができるのが理系の特徴です。そのため、トライアンドエラーを繰り返すことにも抵抗がなく技術職に向いていると言えます。

開発の専門用語や数字に強い

専門用語や具体的な数字にも強く、論理的な思考ができるので、テキパキと仕事をこなすことができます。理系の方は物事をシンプルに捉えて、フレームワークや公式を利用し、効率よく物事を処理することが得意です。

テクノロジースクールTECH::CAMPで
10年後も仕事に困らないスキルを身に着けませんか?
テックキャンプ体験会

TECH::CAMP』はこれからのテクノロジー時代で結果を出せる、次世代のビジネスパーソンを育成するスクールです。以下のような方におすすめです。

  • 今の職場でキャリアアップ、年収アップしたい
  • エンジニア以外の職種でIT業界に転職・就職したい
  • ビジネスパーソンとして総合的にスキルを高めたい

まずは無料体験会に参加してみてください。体験会は月に1000名以上のお申し込みをいただいているため、ご希望の日が埋まることがあります。今すぐのご予約をおすすめします。

体験会について詳しくみる

TECH::NOTE TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • footer.php