無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

転職面接の逆質問のポイントとは?逆質問の意図やOK例・NG例を紹介

更新: 2022.09.11

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「転職面接の逆質問では何を聞けばいい?」
「逆質問で『大丈夫です』と答えてしまった」
「逆質問で残業や有給のことを聞いてもいいか知りたい」

転職面接の逆質問は、入社意欲や企業への興味をアピールできる絶好の場です。

疑問や不安を解消し、企業とのミスマッチを防ぐのにも役立ちます。

本記事では転職面接の逆質問について、以下のポイントに沿って解説しますので、面接対策をしている方はぜひ参考にしてください。

  • 面接官が逆質問をする意図
  • 逆質問のポイント
  • 逆質問のOK例
  • 逆質問のNG例

転職面接の逆質問で「特にありません」と答えていませんか?

転職面接の中で面接官から「何か質問はありませんか?」と聞かれたことはないでしょうか。

このような逆質問は面接の一部と解釈し、自分をアピールしたり、企業との相性を確認したりする場として活用するのがおすすめです。

せっかくのチャンスですので、「大丈夫です」「特にありません」とは答えず、気になる点を質問しておきましょう。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

面接官が逆質問をする意図

逆質問は応募者が自己アピールをしたり企業との相性を確認したりできる場ですが、面接官は以下のような理由で逆質問をしているといえます。

  • 志望度を見ている
  • コミュニケーション能力を見ている
  • 人物面でのマッチ度を見ている
  • 応募者の疑問や不安を解消る

それぞれ詳しく解説します。

志望度を見ている

面接官は逆質問で、応募者の志望度を見ています。

面接対策で用意した回答は、他の企業にも流用しやすいため、通常の面接の質問だけでは応募者の志望度を把握するのは簡単ではありません。

逆質問であれば、応募者の興味や関心を把握しやすいため、逆質問の場が設けられるのです。

応募者からの逆質問が無いと、

  • 興味がない
  • 調べていない
  • 志望度が低い

とも思われかねません。

志望度の高い企業であれば、十分に企業や業界について研究するため、分からない点や気になるポイントが出てくるはずです。

より具体的な質問であれば、面接官に志望度の高さをアピールできるでしょう。

コミュニケーション能力を見ている

逆質問では、コミュニケーション能力を見られているともいえます。

一般的な面接の質問には、練習を重ねればある程度スムーズに回答できるはずです。

しかし逆質問の場では、その後の流れが予想できないため、とっさの切り返しなどのコミュニケーション能力を測ることができます。

実際の仕事の場でも、仕事内容を把握するために質問が必要になる場面があるはずです。

逆質問の場では、仕事をするときにどのようなコミュニケーションを取るのかを見られているかもしれません。

人物面でのマッチ度を見ている

逆質問で人物面のマッチ度を見ている可能性があります。

逆質問の場は、応募者の個性や、転職の軸が自然と表に出てくる場面でもあります。

面接官によっては、応募者が何をどのように質問するかで、企業とのマッチング度合いを確かめているのです。

事前に企業研究をしておき、企業の社風に合わない質問は避けるのが無難といえるでしょう。

応募者の疑問や不安を解消する

逆質問の場を、応募者の疑問や不安を解消する場として設けていることがあります。

応募者と企業のミスマッチは、双方にとってデメリットです。

逆質問の場を設けることによって、応募者の疑問や不安を解消でき、志望度を高めてもらうことに繋がります。

また、逆質問によって応募者側がミスマッチに気付くこともあります。

双方の今後の時間やリソースを無駄にしないためにも、逆質問の場は有効に活用しましょう。

転職面接の逆質問のポイント

転職面接での逆質問のポイントを、以下の面接段階別に解説します。

  • 一次面接
  • 二次面接
  • 最終面接

面接段階ごとにどのような役職の人が担当し、何を見られているかは一般化できませんが、よくある例として参考にしてください。

一次面接の逆質問

一次面接では、人事担当者が面接官を担当するのが一般的です。

基本的なビジネススキルやコミュニケーション能力を見られていると想定し、逆質問の場を活用しましょう。

一次面接での逆質問の例は以下の通りです。

  • 御社で活躍している人にはどのような特徴がありますか
  • 中途採用者の比率と、どのような中途採用者が活躍してるか教えてください
  • 将来的に〇〇のポジションを目標にしているのですが、どのような能力が求められるでしょうか

二次面接の逆質問

二次面接では、配属される予定の部署のマネージャーやメンバーなどが担当するのが一般的です。

実際に会社で働いている姿を想像してもらえるよう、一次面接よりも具体的な質問をするとよいでしょう。

二次面接での逆質問の例は以下の通りです。

  • 〇〇の業務は、どのような割り振りと流れで進めていますでしょうか
  • 御社や同業界で活躍するためにはどんな能力が必要だと思いますか
  • チームメンバーはどのような分野で能力を発揮していますか

最終面接の逆質問

最終面接では、会社のトップや配属部署の責任者などが面接を担当するのが一般的です。

相手は経営層であるため、細かい業務内容よりは会社全体に対する質問をするとよいでしょう。

最終面接での逆質問の例は以下の通りです。

  • 〇〇というビジョンに共感したのですが、普段はどのようなことを大切にして仕事をされていますか
  • 〇〇様から見た、御社の魅力を教えてください
  • 御社で活躍している社員の特徴を教えてください

この記事のハッシュタグ

転職面接の逆質問のOK例一覧

転職面接の逆質問の例を、以下のケース別に紹介します。

  • 入社意欲をアピールする場合
  • 自己PRしたい場合
  • 企業との相性を確認したい場合

入社意欲をアピールする場合

入社意欲をアピールする場合は、入社(内定)を前提に質問するのがポイントです。

入社後活躍している姿を面接担当者にイメージしてもらえるよう、以下のような質問をするとよいでしょう。

  • 入社までに身につけておくといい知識やスキルはありますか
  • 募集している職種の1日の業務スケジュールを教えてください
  • 将来はマネージャーのポジションを目指しているのですが評価制度はどのような基準になっていますでしょうか

自己PRしたい場合

自分に足りないスキルや、身につけるべきスキルを質問することは、自己PRにも繋がります。

以下のような質問をするとよいでしょう。

  • 中途採用者に期待していることを教えてください
  • 募集している職種ではどのようなスキルが必要でしょうか
  • 御社で活躍するために私が身につけるべきスキルがあれば教えてください

企業との相性を確認したい場合

逆質問では、企業との相性を確認することができます。

会社によっては中途採用者が活躍する余地が無かったり、トップダウンが強く意見を言いにくい環境だったりすることも。

自分の思い描いているキャリアビジョンが実現可能な環境か探るためにも、逆質問の場を有効活用しましょう。

以下のような質問がおすすめです。

  • 御社は現在〇〇を中心に事業展開されていますが、今後の展望を教えてください
  • どのような中途採用者が活躍しているか具体的に教えてください
  • 新たな取り組みを行うときは、どのような流れで行われますか

転職面接の逆質問のNG例一覧

転職面接の逆質問の場は、自己アピールや企業との相性を確認できるチャンスです。

しかし、質問内容や聞き方、タイミングを間違うとマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

以下のような質問はマイナスの印象を与える可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

  • 現職は〇〇(悪口)なのですが、御社はそういったことはないでしょうか
  • 御社についてネットで〇〇という噂を見かけたのですが、本当ですか
  • 未経験ですが大丈夫でしょうか
  • 売上ノルマを達成できないとどうなるのでしょうか
  • 自分が成長できる環境はありますか
  • この分野は経験が豊富なので相応しいポジションを用意してくれますか
  • 有給の取得率はどのくらいでしょうか
  • 残業時間はどのくらいでしょうか

上記の質問の中には、タイミングや文脈、聞き方によっては必ずしもマイナス印象を与えないものもあります。

筆者も転職面接の逆質問の場で有給や残業について質問したことがありますが、特に嫌な顔をされることもなく、次の面接に進めた経験があります。

ただし「何か質問はありますか」と問われていきなり待遇面の質問をすると、仕事より待遇を重視していると思われかねません。

真剣に入社を検討した上での質問であれば相手も悪くは思わないはずですので、流れにも注意して逆質問の場を活用しましょう。

転職面接の逆質問の場を有効活用しよう

本記事では転職面接の逆質問のポイントや質問例を紹介しました。

逆質問では、企業に自分の入社意欲をアピールしたり、相性を確認したりできる場です。

「特にありません」「大丈夫です」と答えてチャンスを逃さないよう、本記事を参考に事前に準備してください。

以下の記事ではエンジニア転職に役立つ逆質問のポイントや例文を紹介しています。

面接で困る「何か質問はありますか?」をチャンスに変える逆質問の例を紹介

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement