ピックアップ
プログラミングするならMacを選ぼう!メリットや安く買う方法を解説

プログラミング学習を始めるにあたり、PCの新調を検討する人もいるでしょう。しかし、「プログラミングに向いているのはWindowsとMacのどっち?」と迷う人が多いのではないでしょうか。

結論から言うと、プログラミングをするならMacがオススメです。その理由としては、Macの作業効率の良さや、MacでもWindowsOSが使用できることなどが挙げられます。

しかし、MacのノートPCモデルであるMacBookシリーズは、一番安い価格のものでも10万円ほどの費用がかかります。

Windowsに比べて価格が高いため、「なかなかMacに手を出せない」という人も多いでしょう。

そこで今回は、WindowsとMacの特徴を比較していき、それぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

これを読めば、価格面だけではなく、「なぜプログラミング学習にMacがいいのか」という点も、しっかり理解できるでしょう。

最後には、Macをお得に購入する方法についても紹介していきます。プログラミング学習のためにMac購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

Macとは

Macとは、Apple社が開発したパソコンの総称です。Macでは、OS(オペレーションシステム)からパソコン本体まで、Apple社が製造しています。

Apple社製品の特徴として、リンゴのマークがあります。Macは関連製品も含め統一性のあるデザインで、スタイリッシュです。このデザイン性から、PCやテレビ、スマートフォンなどを全てMac製品で揃える人も多いです。

Windowsとは

Windowsとは、Microsoft社が開発した OSやサービスのことを指します。Windowsでは、パソコン本体は他の複数のメーカーが製造しています。

世界の市場でのシェア率はWindowsが83.48%、OS X(最新のMacOS)が11.34%とされています。一方、日本の市場でのシェア率を見てみると、Windowsが79.56%、 OS Xが16.09%となっています。

Windowsのシェア率の圧倒的高さが分かるでしょう。

プログラミングを学び始めるならMacがおすすめな理由

プログラミング学習をスタートさせるなら、まずはMacを準備することをおすすめします。Macは、ハイスペックであると同時に、軽量、薄型でコンパクトです。

なぜ軽量でコンパクトなことが求められるのかというと、プログラミングの学習を始めると、自分のパソコンを持ち歩く機会が増えるからです。

プログラミングのセミナーやインターンに参加したり、プログラミングスクールに通う場合、持ち運び可能で高スペックなMacが適しているのです。

次の項目からは、MacとWindowsのメリットとデメリットについて比較していきます。プログラミング学習のPC選びの参考にしてください。

無料相談の詳細をみる

Kimura Mayumi Kimura Mayumi
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー