ピックアップ
プログラミングするならMacを選ぼう!メリットや安く買う方法を解説

プログラミング学習を始めるにあたり、PCの新調を検討する人もいるでしょう。しかし、「プログラミングに向いているのはWindowsとMacのどっち?」と迷う人が多いのではないでしょうか。

結論から言うと、プログラミングをするならMacがオススメです。その理由としては、Macの作業効率の良さや、MacでもWindowsOSが使用できることなどが挙げられます。

しかし、MacのノートPCモデルであるMacBookシリーズは、一番安い価格のものでも10万円ほどの費用がかかります。

Windowsに比べて価格が高いため、「なかなかMacに手を出せない」という人も多いでしょう。

そこで今回は、WindowsとMacの特徴を比較していき、それぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

これを読めば、価格面だけではなく、「なぜプログラミング学習にMacがいいのか」という点も、しっかり理解できるでしょう。

最後には、Macをお得に購入する方法についても紹介していきます。プログラミング学習のためにMac購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

Macとは

Macとは、Apple社が開発したパソコンの総称です。Macでは、OS(オペレーションシステム)からパソコン本体まで、Apple社が製造しています。

Apple社製品の特徴として、リンゴのマークがあります。Macは関連製品も含め統一性のあるデザインで、スタイリッシュです。このデザイン性から、PCやテレビ、スマートフォンなどを全てMac製品で揃える人も多いです。

Windowsとは

Windowsとは、Microsoft社が開発した OSやサービスのことを指します。Windowsでは、パソコン本体は他の複数のメーカーが製造しています。

世界の市場でのシェア率はWindowsが83.48%、OS X(最新のMacOS)が11.34%とされています。一方、日本の市場でのシェア率を見てみると、Windowsが79.56%、 OS Xが16.09%となっています。

Windowsのシェア率の圧倒的高さが分かるでしょう。

プログラミングを学び始めるならMacがおすすめな理由

プログラミング学習をスタートさせるなら、まずはMacを準備することをおすすめします。Macは、ハイスペックであると同時に、軽量、薄型でコンパクトです。

なぜ軽量でコンパクトなことが求められるのかというと、プログラミングの学習を始めると、自分のパソコンを持ち歩く機会が増えるからです。

プログラミングのセミナーやインターンに参加したり、プログラミングスクールに通う場合、持ち運び可能で高スペックなMacが適しているのです。

次の項目からは、MacとWindowsのメリットとデメリットについて比較していきます。プログラミング学習のPC選びの参考にしてください。

無料相談の詳細をみる

Windowsを購入するメリット・デメリット

前述したように、Windowsはシェア率が高く、世界中で人気のPCと言えます。

しかし、「人気だから自分にも合う」という訳ではありません。特に、プログラミングを用途にするのであれば、デザインなどの外観だけでなく、性能やスペックのことも考えて購入しなければなりません。

ここからは、Windowsを購入する際に注目してもらいたい、メリットとデメリットを解説していきます。

Windowsを購入するメリット3つ

Windowsを購入するメリットは、以下の3つが挙げられます。

メリット1:たくさんの種類の中から選べる

WindowsのPC本体は、あらゆるメーカーが製造しています。ですので、メーカーごとに種類が豊富です。色や画面のサイズなど自分のこだわりがある場合、選択肢が多いので好みのPCを見つけやすいでしょう。

国内の大手PCメーカーとしては、富士通やNECが挙げられます。富士通では、国内で設計から製造までこなすことを売りにしています。

NECは国内シェアトップで、購入時にソフトウェアが多数インストールされているという特徴があります。自分でインストールする必要がないため、初心者におすすめのメーカーと言えるでしょう。

メリット2:ソフトウェアの種類が豊富

前述したように、Windowsの世界シェアは80%を超え、ユーザー数が非常に多いです。その分、ソフトウェアも豊富にあるのが特徴です。無料フリーソフトも、Macよりたくさんあります。

代表的なソフトウェアとして、word、excel、powerpointが挙げられるでしょう。これらは、企業でも一般的に使用されるものです。

メリット3:カスタマイズ性が高い

Windowsは、使用用途によって容量などのカスタマイズが可能です。プロセッサーやメモリー、ハードディスクなど、自分仕様に作るPC(BTOパソコン)なども存在します。

外観だけでなく、中身も自分好みにしやすいのが特徴と言えるでしょう。

Windowsを購入するデメリット

Windows購入には、以下のようなデメリットも存在します。

初期状態では不要なアプリケーションが多い

前述したように、WindowsのPCの中には、購入時から初心者向けのソフトウェアが多数入ったものがあります。しかし、初期状態から入っているソフトウェアの中には、全く使わないようなものも多いのが現状です。

ソフトウェアが初めから入っている環境は、初心者としては助かる面もあるでしょう。しかし、それらのソフトが本当に必要かどうかは、初心者では判断がつきにくいというデメリットがあります。

このような初期からはいっているソフトは、パソコンの動作が重くなる原因にもなります。しかし、初心者の場合、動作不良の理由がソフトにあることに気づかないケースも多いのでしょう。

Windowsでプログラミングをするメリット・デメリット

初めに述べた通り、プログラミング学習にはMacを使用することがおすすめです。しかし、プログラミングを学習する目的によっては、Windowsを使用するほうがメリットになるケースもあります。

ここからは、そのようなWindowsでプログラミングをするメリットや、デメリットを紹介していきます。

あなたがプログラミングを学習する目的を考えながら、読み進めてみてください。

Windowsでプログラミングをするメリット2つ

Windowsでプログラミングをすると、以下のような2つのメリットがあります。

メリット1:ゲーム制作に向いている

 

プログラミングの目的がWindowsPC向けのゲーム制作であれば、Windowsがおすすめです。

WindowsPCゲームを作成する場合、ライブラリとしてDXライブラリやDirectXを使用します。これらのツールは、Windowsで使用するのが一般的です。

メリット2:VRアプリ開発に向いている

プログラミングの目的がVR開発であれば、Windowsが向いています。

VR分野では、WindowsがOSとして主流となっています。段階的に対応が進んではいるものの、Macは後手に回っているというのが現状です。

MacユーザーでVR開発をする場合、WindowsのゲームPC(ゲームをするために必要とされる性能を備えたパソコン)の購入も必要になる可能性があります。

WindowsのゲームPCが必要かどうかは、使用するMacのスペックにもよります。購入を検討しているMacがあるのであれば、スペックをよく確認しておきましょう。

Windowsでプログラミングをするデメリット

プログラミングでWindowsを使用する場合、以下のようなデメリットもあります。

作ることができないアプリがある

アプリ開発のためにプログラミングを学習する人も多いでしょう。しかし、開発したいアプリがApple製品向け(iPhoneなど)であれば、WindowsPCよりもMacを選んだほうが良いでしょう。

Apple製品向けアプリを開発するためには Xcodeというソフト(開発環境)が必要です。
Xcodeには、試作したアプリをテストするためのシミュレータやアプリのアップロード機能などもついているため、これ1つで開発・テスト・公開までできます。

Apple製品向けのアプリの開発はWindowsでもXamarin Live Playerというソフトを使えば可能ではありますが、Macを用いるのが一般的です。

出典:Googleplay

テクノロジースクールTECH::CAMPで
10年後も仕事に困らないスキルを身に着けませんか?
テックキャンプ体験会

TECH::CAMP』はこれからのテクノロジー時代で結果を出せる、次世代のビジネスパーソンを育成するスクールです。以下のような方におすすめです。

  • 今の職場でキャリアアップ、年収アップしたい
  • エンジニア以外の職種でIT業界に転職・就職したい
  • ビジネスパーソンとして総合的にスキルを高めたい

まずは無料体験会に参加してみてください。体験会は月に1000名以上のお申し込みをいただいているため、ご希望の日が埋まることがあります。今すぐのご予約をおすすめします。

体験会について詳しくみる

Kimura Mayumi Kimura Mayumi
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー