テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

趣味の意味とは?特技や道楽、娯楽との違いを解説

更新: 2021.05.03

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

履歴書やエントリーシートで、趣味や特技を書けずに悩んでいませんか?

あなたが悩むのは以下のようなことではないでしょうか。

  • 「趣味と特技の違いがいまいち分からない」
  • 「特技は書けるけれど趣味が見つからない」
  • 「面接官の興味をひく趣味が自分にはない」
  • 「自分の趣味はただの娯楽なのではないか?」

そこで今回は、そもそも「趣味」「特技」の言葉が持つ意味や定義から解説。使い分けが難しい「道楽」や「娯楽」との違いについても解説します。

実はあなたが意味がないと思っている物事でも、立派な趣味と言えるものがあるのです。

この記事を読めば、自分と向き合い、趣味を見出すきっかけをつかめるでしょう。

趣味の意味・定義

そもそも「趣味」が示す意味はどのようなものなのでしょうか?辞書で調べてみると、以下のように書かれています。

仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。
引用:goo辞書

また「趣味」は英語で「hobby」「pastime」「interest」などと表現されます。それぞれニュアンスが違い、おおよそ以下のような意味で使われます。

  • hobby:ある一定の知識を要する趣味
  • pastime:娯楽としての趣味
  • interest:興味を持って行う趣味

日本語の「趣味」と一番近いニュアンスで使われるのは、3番目の「interest」とされます。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

趣味に時間を費やす意味はあるのか

趣味の中でも、娯楽的な「ただ楽しむためにだけに行うもの」には否定的な意見もあります。

例えば休日をスマホゲームや漫画を読む時間に費やすのを「意味ない」「時間の無駄」と指摘する人もいるでしょう。

しかしそもそも、趣味に意味を求めること自体が適切ではないかもしれません。前述したように、「個人が楽しみとしている事柄」も趣味に当てはまるからです。

またこのような趣味は、気分転換を測ったりリラックスしたりできるいい機会になっていることも多いです。日頃のストレスを発散させる効果もあるため、生活する上で時間を費やす意味は十分にあると考えられます。

趣味を充実させることで生活にメリハリがつき、仕事の作業がはかどる人もいるでしょう。また趣味に没頭するうちにその分野のスキルが上がり、本職に活かせるケースもあるのです。

趣味は仕事にも役立つ

趣味は仕事にも役立てられます。

例えばブログを書くのが趣味であれば、自分の考えを文章で表現するスキルが自然と身についています。どのような表現をすれば読者から共感が得られるのか、感覚で分かるようになっている人も多いでしょう。

このようなスキルは、例えば商品のPR文を考えたり、クライアントとのメールのやり取りにも役立つケースがあります。

またブログを書くこと自体が仕事になる場合もあります。例えばブログで商品を紹介して広告を貼るブログアフィリエイト。うまくアクセスが集まって広告収入が多くなれば、それで生計を立てられることもあります。

副業として始めても収入の助けになるでしょう。

関連記事:インターネットビジネスの種類と副業におすすめの稼ぎ方を解説

面接で趣味について質問する理由

この記事を読む人の中には、就職面接で趣味についてうまく答えられずに悩む人もいるのではないでしょうか。

企業が就職面接で趣味を尋ねる理由も合わせて理解しておきましょう。理由は主に2つあります。

まず1つ目の理由は、趣味の内容から人間性を推し量るため。趣味とはいえ、コツコツと何かに打ち込んだ経験がある人は、仕事も長続きしやすいと判断できます。

そして2つ目の理由は、趣味を業務に活かせる可能性があるため。例えばプログラミングを趣味にしてきた人なら、システム開発を担当させても良さそうだと判断できるのです。

特技の意味・定義

就職面接では趣味と同様に特技を尋ねられるシーンもあります。このようなとき、趣味との違いが分からなかったり、特技と言えるものがなかったりする人も多いでしょう。

そもそも「特技」を辞書で調べると、以下のように示されています。

特別の技能。
引用:goo辞書

ここで注目すべきは「特別の」という表現。「特別」にするためには、自分が得意だと思っているだけでなく、第三者から見てもスキルが高いと判断される必要があります。例えば「趣味は読書です」と言ったときと「特技は読書です」と言ったときにニュアンスが変わるのは分かるでしょう。

後者の場合は「特技」と表現しているので、読書のスピードやひと月に読める冊数、書評を書くスキルがあるなど、プラスアルファでアピールできるものが欲しいところです。

道楽(娯楽)の意味・定義

「趣味」と「道楽」「娯楽」との違いが分からない人もいるのではないでしょうか。

「娯楽」を辞書で調べると、以下のように示されています。

仕事や勉学の余暇にする遊びや楽しみ。また、楽しませること。
引用:goo辞書

また「道楽」は以下のようになります。

本業以外のことに熱中して楽しむこと。趣味として楽しむこと。また、その楽しみ。
引用:goo辞書

これを見ると、「趣味」と「道楽」「娯楽」は、いずれも「本業以外の楽しみ」という意味では一致しています。つまり辞書上の意味に違いはほぼないのです。

無趣味ではなく趣味だと認識していない可能性がある

あなたは「自分には趣味がない」と思っているのでしょう。しかし中には「趣味」と認識するハードルが高い人もいます。

実際に日本では、意味がないものを「趣味」と表現するのを嫌う人がいます。

しかしここからは少し発想を変えてみましょう。あなたの中で「ただ楽しみでやっていること」も、趣味と同じと考えてみるのです。

次の項目では、あなたの趣味を見つける上で重要なポイントについて解説していきます。

趣味を見つけるための6つのポイント

自分にとっての「趣味」を「ただ楽しむこと」と捉えると、選択肢が広がります。

ここからはあなたの趣味を見出すためのポイントを6つ紹介します。

過去を振り返ってみる

過去の経験から、あなたが熱中したことを思い出してみましょう。ただ楽しくてずっと継続したことがないでしょうか?

例えば自分で漫画を描いたり、雑誌の中から自分が欲しいものを切り抜いてコラージュにしたり、思い返すとあなたにも没頭していたことがあるはずです。

このようなことを現代のツールを用いて再開させると、改めて情熱が再燃するかもしれません。

長年続けていることはないか考える

あなたには無意識のうちに長年続けていることはないでしょうか?

例えば日記を付けたりブログを書いたりすることも、自分が認識していないだけで、第三者から見れば十分趣味として捉えられます。

人に披露していなかったり、明確な目的がなかったりしても、好きで続けていることは趣味になるのです。

身近な人に聞いてみる

趣味を見出すためには、あなたの身近な人に聞いてみるのもいい方法です。

特に家族や友人など、より近い人に聞いてみると、自分では無意識にしている行動が趣味だと指摘してくれるかもしれません。

インターネットで検索する

自分と向き合ってもどうしても趣味が見いだせないときは、インターネットで検索して候補を見つけてみましょう。

例えばTECH::NOTEでも、50種以上の趣味を紹介している記事があります。

上記の記事を読めば、きっとあなたが思いつかなかったような趣味が見つかるはずです。

人の趣味を真似してみる

あなたの周りには、趣味があって生き生きと過ごしている人がいませんか?

もしそのような人がいるのであれば、その人の趣味を真似してみましょう。

また友人や恋人の趣味に参加することで、その人と一緒に過ごすこと自体を楽しめ、自分の趣味につながることもあります。

人の感性はそれぞれ異なります。しかしまずは試してみないと、自分にとっても楽しいものかどうかは分からないのです。

一言で説明できることばかりが趣味ではない

「趣味は何ですか?」と聞かれると、「野球」「料理」「読書」のように、一言で言い表せるものだけを連想してしまう人も多いでしょう。

しかし一言では表せない、例えば「人の行動を観察すること」や「キレイな風景を見て回ること」なども、趣味と考えられます。

またそのような行為が好きな場合、その理由まで考えてみると面白いです。

就職面接で趣味を尋ねられた場合も、理由をはっきり説明できると、一言で表せない趣味でも話を広げられます。

面接で趣味・特技を伝えるときの3つのコツ

就職面接で趣味や特技を尋ねられた場合は、以下の3つのコツを押さえましょう。

簡単な説明、エピソードを付け加える

面接官はあなたの人間性を推し量るため、あるいは業務に活かせるスキルがあるか確かめるために、趣味や特技を尋ねます。

ですのでただ一言答えて終わるのでなく、簡単な説明やエピソードを付け加えましょう。すると、面接官もあなたの趣味・特技がどのように活用できるか具体的にイメージしやすくなります。

例えば「趣味は読書です」と答えるときも、そのあとに予想される展開に対する答えも準備しておきましょう。例えば以下のような内容です。

  • 「最近読んで一番印象に残った本は?」
  • 「読書から学ぶことは何ですか?」
  • 「どのようなジャンルの本をよく読みますか?」
  • 「月に何冊くらいの本を読みますか?」

少し考えただけでもさまざまな話の広げ方ができますよね。

娯楽からでも感じたことや発見したことを伝える

趣味や特技には当てはまらない「娯楽」でも、伝え方次第で面接の評価につながります。

例えばアニメや動画を見るのが好きな場合、それを通して何を感じたり、どんな発見があったりしたか、それらを今後そう活かせばいいかを考えてみましょう。

以下の記事では、娯楽を趣味・特技として伝える例文を紹介しています。合わせて参考にしてください。

参照:特技・趣味を書くときのポイント|エントリーシートの特技の欄には何を書けばいい?書き方のコツを解説

特技や趣味が仕事にどう活かせるか伝える

自分の趣味や特技をただ答えるだけでなく、仕事でどう活かせるかまで伝えられると面接官へのアピールになります。

無理のない程度に趣味や特技を仕事の話につなげられると、面接官としても深堀しやすくなる可能性があります。

例えば英語力が必要な仕事であれば、海外旅行で現地の人とコミュニケーションを取るのが趣味と伝えると効果的でしょう。

また広報の仕事であれば、普段からブログやSNSで情報を発信したり、口コミを書いたりするのが趣味と伝えると、面接官も話を広げやすいです。

面接や履歴書では控えたほうがいい趣味・特技

アピールした方がいい趣味がある一方で、逆にアピールしない方がいい趣味もあります。

ここからは面接や履歴書では控えた方がいい趣味や特技について解説します。

ギャンブルに関する趣味・特技

例えばパチンコや競馬、競艇など、ギャンブルに関する趣味は伝えない方がいい場合があります。

なぜならこのようなギャンブルは、計画性のなさを示してしまう可能性があるからです。

一方でメディアなどの職種の場合、このような経験もネタとして取り入れられるケースもあります。

例えばギャンブル依存症となった経験を元に、それを克服するための情報を発信することも考えられます。すでに自分のブログで発信しているのであれば、それを示してみてもいいかもしれません。あまりない経験をした人材として、面接官に強い印象を残せる場合もあります。

いずれにせよ、ギャンブルに関する話をするかどうかは、面接を受ける企業の業界を踏まえて、慎重に判断する必要があるでしょう。

宗教や政治など考え方が分かれる趣味・特技

宗教や政治などに関する趣味は、たとえ自分に信念があったとしても伝えない方が無難なケースが多いです。

特に宗教の部分はお互い踏み入れられたくない部分でもあるでしょう。その部分を主張してしまうと、相手と考えが合わなかった場合に関係が悪化する可能性もあります。

そもそもオープンにする必要はない部分でもあるので、深い関係になる前にあえてその話題をふる必要はないでしょう。

犯罪を連想させるような趣味・特技

もっとも伝えるべきではないのが犯罪を連想させるような趣味や特技です。

これは伝えてもプラスになることはほぼありません。

例えばピッキングやハッキング、刃物の収集なども犯罪を連想させるものとして考えられます。また過去の犯罪者を崇拝するような発言も悪印象を与えるでしょう。

そのような趣味を持つ人全てが犯罪を起こすわけではありません。しかし企業としては、少しでもその恐れがある場合は採用したくない、と考えるのが一般的です。

さいごに

「自分には趣味がない」と悩んでいるあなたも、まずは趣味の意味や定義を理解することから始めてみましょう。

あなたにとってすぐに有益になるものだけが趣味ではありません。ただ単純に「楽しい」と思える事柄でも、実は立派な趣味である可能性があります。

一見「意味がない」と思えるようなことでも、時間をかけることで心の調子を整えたり、場合によってはそのまま仕事につながるケースもあります。

この記事があなたの趣味が何なのか、見直す機会になると幸いです。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement