はじめてのIT転職🔰なら無料相談!
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

【仕事で何がしたいかわからない30代へ】解決法や30代から目指せる職業を紹介

更新: 2023.09.22

今の仕事に大きな不満はないが、仕事で何がしたいかわからない
転職も考えているが、先のキャリアについて明確なビジョンがない
30代未経験から目指せる職業なんてあるのかな?
このような悩みを持つ30代の方は多くいるでしょう。

30代は仕事真っ盛りの年代であり、仕事では昇進や転職、プライベートでは結婚や子どもなど、さまざまなライフイベントが目白押しの年代です。

その一方で、仕事で何がしたいかわからない・今の仕事が向いてる仕事かどうかわからないと悩む30代も多く、30代の悩みの種は尽きません。

そこでこの記事では、「仕事で何がしたいかわからない」と悩む30代に向けて、特徴や仕事の見つけ方、30代未経験から目指せる職業などを紹介します。

今後のキャリアを充実させたい30代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

「仕事で何がしたいかわからない」と悩む30代は多い

とにかく目の前の仕事に必死になっていた20代が過ぎて、物事を様々な視点から客観的に見ることができるようになってくる30代。

管理職になる人、フリーランスなど独立する人、結婚や出産を機に退職する人など、それぞれが自分の人生を歩みはじめる年代でもあります。

また、社会人になって10~15年ほど経つ30代は、ある程度の仕事はこなせるようになっている一方で、40代や50代ほど大きな達成感ややりがい、責任ある立場を経験していない頃です。

このような事情から、30代になったあたりで「今の仕事を続けていくべきか」「他にやりたいことがあるのではないか」と、これからのキャリアや人生について悩む人は多いと言われています。

実際、キャリア情報メディア「ポジサラ」が30代の男女を対象としたアンケート調査(2023年2月)によれば、キャリアに関する悩みについて以下の回答が得られました(単一回答)。

順位 30代男性 30代女性
1位 将来のキャリアの不安
(35.0%)
仕事と家庭の両立
(43.6%)
2位 キャリアアップの方法が不明
(25.0%)
将来のキャリアの不安
(17.9%)
3位 職場の人間関係
(25.0%)
キャリアアップの方法が不明
(17.9%)

アンケート結果からもわかるように、男女を問わず将来のキャリアに対する不安、キャリアアップの方法で悩む人が多いのが現状です。

大切な家族のそばで働こう

ITエンジニア求人はリモートワーク「7割以上」

「何がしたいかわからない」となりやすい人の特徴3つ

「社内SEはやめとけ」といわれる理由10選

同じ30代でも「20代の時よりも今の方が仕事が楽しい」という人と「これから何をすべきかわからない」となってしまう人がいます。

彼らにはどのような違いがあるのでしょうか。自分の将来やキャリアの方向性について自信が持てない人の特徴について解説します。

  • 失敗することを恐れている
  • 物事のマイナスの部分を見てしまう
  • 自分の強みがわからない

失敗することを恐れている

「失敗したくない」という思いが強い人は、本当に自分のやりたいことではなく、自分でもできることを選んでしまいがちです。

例えば、受験や学生時代のバイト、就職先を選ぶ時に「やりたい!」ではなく「これなら自分にもできる」という気持ちで決断したことはありませんか?

自分の本当の気持ちに蓋をして、できる・できないで判断するため、後で「これが本当に自分のやりたいことなのか」と疑問に思ってしまうのです。

物事のマイナスの部分を見てしまう

大変なことや面倒なことなど、物事のマイナスの部分を見てしまう傾向も。「ノルマが大変」「給料が低い」「あの人は性格が悪い」など、つい不満ばかり口にしていませんか?

仕事に対して不満ばかり言っていると、その仕事の素晴らしいことややりがいに気づくことができず、結果として「自分にこの仕事はあっていない」と思ってしまう可能性が。

このような人は、まずは目の前のことに全力に取り組んでみたり、仕事のやりがいや達成感について考えてみたりすると良いでしょう。

自分の強みがわからない

自分のスキルや能力に自信がなく、自分の強みがわからないことも「何がしたいかわからない」となる人に多いです。

その仕事が自分の適性とマッチしているかどうかを見極める基準の1つとして、「自分のスキルを存分に発揮できるか」があります。

つまり、天職を見つけるためには自己分析をしっかりと行い、自分自身について理解しておくことが大切なのです。

「仕事で何がしたいかわからない」を解決に導く5つの質問

「自分に合う仕事を見つけたい。でもそもそも何がしたいのかわからない…」

このような悩みを持っている人のために、あなたのスキルや性格にあう仕事を見つけるための5つの質問を用意しました。

各質問に対して、過去の経験も思い出しながら素直な気持ちで回答していきましょう。

  • あなたにとって「良い仕事」とは?
  • 今の仕事で不満なことは?
  • 仕事を通して身につけたいスキルは?
  • やっていて楽しい・苦ではないことは?
  • これまでの成功経験は?

あなたにとって「良い仕事」とは?

あなたが考える「良い仕事」とはどのような仕事ですか?

【例】

  • 給料がよい福利厚生が充実している
  • 職場の雰囲気(人間関係がよい、風通しが良いなど)
  • 労働条件がよい(職場が家から近い、残業がないなど)
  • 裁量権がある

多少辛くてもたくさんの給料がもらえる仕事を良い仕事と言うか、業務内容よりも職場の人間関係が大切かなど、仕事や職場に求めることは人それぞれ。

この質問で、仕事をする上であなたが大切にしていることや仕事のやりがいを見つけることができます。

今の仕事で不満なことは?

今の仕事のどのようなことが不満ですか?

【例】

  • 昇進できない
  • いつも同じことの繰り返して、成長できない
  • 人間関係が悪い
  • 本当にやりたいことではない

「何がしたいのかわからない」と気持ちの元をたどれば、今の仕事や環境に対して何かしら不満があり、それを解消したいという思いがあるはずです。

まずはあなたの心の中にある負の感情を整理し、それらの解決策(転職、部署異動、スキルアップなど)を考えることで、あなたが今やるべきことがわかります。

仕事を通して身につけたいスキルは?

仕事を通してどのようなスキルを身につけたいですか?

【例】

  • 特定の資格や技能
  • コミュニケーションスキル
  • 交渉力
  • マネジメントスキル

仕事を通して、社会人として、また1人の人間としてどのように成長していきたいか考えてみましょう。

例えば「多くの人から信頼される人になりたい」という思いがある場合は、相手に信頼感を与えられるコミュニケーション力やマネジメント力、仕事をきっちりとこなす業務知識などが挙げられます。

仕事を通して得たいものを考えることで、あなたが仕事をする目的が明確になります。

やっていて楽しい・苦ではないことは?

これまでの経験を振り返って、純粋に楽しいと思えることや、やっていて苦ではないことを考えてみましょう。

【例】

  • 人前で話すこと
  • 1人黙々と作業すること
  • 細かい作業
  • 外回りや立ち仕事

この質問では、仕事の向き不向きがわかります。例えば人前で話すことが好きな人は、営業職や教師・講師といった職業が向いているかもしれません。

これまでの成功経験は?

自分が過去に成功したことや、評価されたことを思い出してみましょう。

【例】

  • 自分がまとめた資料がきっかけでプレゼンが成功した→コンサルタントや営業など戦略を練る仕事
  • 学生時代の部活で部長としてチームを勝利に導いた→プロジェクトマネージャーなど、人をまとめる仕事
  • 悩んでいる後輩や部下にアドバイスをしたら感謝された→キャリアアドバイザーや人事など人と関わる仕事

成功したことや、他者から評価されたことは、まさにあなたの強み。自己分析が難しい場合には、友人や上司に自分の強みを聞いてみるのも良いでしょう。

30代未経験から目指せる職業おすすめ7選

5つの質問であなたの強みや本当にやりたいことが整理されたら、それらに当てはまる仕事を探していきます。

しかし「30代から新しい業界や職種に挑戦するのは難しいのでは」「30代で未経験は厳しそう」と思っている人もいるでしょう。

そこで本章では、これまでの職務経験やスキルがあれば未経験・30代であっても就職しやすい職種を7つに厳選して紹介します。

  1. 営業職
  2. IT系職種
  3. 介護職
  4. ネイリスト
  5. ホテル・宿泊業界
  6. 製造業
  7. 運送業

営業職

営業職

営業職は、ほぼすべての業界に存在する職種。特別な資格や技術が不要で、コミュニケーション力や交渉力などがあれば未経験の人でも挑戦しやすい仕事です。

特に就職しやすい業界は保険業界や不動産業界で、30代・未経験で採用されるケースも多くあります。

人と人の関わりが主な仕事になるため、他人の気持ちを汲み取ることが得意な人や、人の心を動かすことにやりがいが持てる人におすすめです。

IT系職種

IT業界は全体的に人手不足なので、未経験者を含めて需要が高い状況です。

特におすすめなのが、エンジニアやプログラマー。これらは技術職でありながら、開発チームやクライアントなどとのコミュニケーションも多く発生する仕事です。

開発プロジェクトを遅延なく遂行するためのスケジュール管理力やマネジメントスキルも求められるため、文系出身者や他業界を経験した人でも十分活躍できるチャンスがあります。

未経験でも応募できる求人もありますが、スクールなどでスキルを身に着けた方がより条件が良い企業に就職可能です。

介護職

介護士

IT業界と同じく人手不足として知られる介護業界。ここは40~50代の人が現役で活躍する業界なので、30代で未経験の人でも就職しやすいです。

介護職と一口に言っても職種は様々あり、未経験・無資格でも応募できる求人もあります。

その場合には、働きながら「介護福祉士」などの資格取得を目指すのが一般的。資格取得支援制度のある会社も数多くあります。

働く前に基礎知識を身につけたいならば「介護職員初任者研修」の受講がおすすめです。

未経験から介護の仕事に携わりたい人向けの入門講座で、約3ヶ月で介護の仕事に役立つ基礎が学べます。

ネイリスト

ネイリストは、スクールや専門学校で講座を修了すると資格が取得でき、取得後はすぐに働ける仕事です。

資格があれば全国どこでも働けるので、今後家庭の事情で引越しなどの可能性がある人でも長く働けます。

ネイルサロンで働く以外には、出張サービスや自宅の一室で開業することも可能。

施術中はそっとしておいて欲しい、というお客さんも多いため、販売員などの他の接客業と比べてコミュニケーションスキルが求められない点も特徴です。

「誰かが喜ぶ顔が見たい」「細かい作業が好き」という人におすすめです。

ホテル・宿泊業界

ホテル

一流のサービスが求められるホテル・宿泊業界では、他業界や他職種で色々な経験をした30代だからこそ就職できる可能性が高い業界です。

表情や言葉使いから相手の気持ちを読み取ったり、細やかな気遣いをしたり、世の中のニーズを先読みしたりすることが得意な人が特に向いているでしょう。

フロント、客室、レストラン、宴会場など1つの建物の中に様々な部門があるので、あなたのスキルが活かせる仕事場があるはずです。

製造業

自動車工場

製造業の仕事も、年齢や経験を問わずに挑戦しやすい職種です。

最近ではほとんどの製造ラインが自動化されているため、力が自信がない女性であっても働ける職場が多いでしょう。

現場の作業員から始め、経験を積めば管理者などに就くことも可能です。

なお、工場の製造ラインの求人は、正社員ではなくパートなどの非常勤雇用の場合もあります。このような場合は、将来社員登用の可能性があるかを確認しておきましょう。

関連記事:

運送業

タクシードライバーやトラックドライバーなど運送業も、40代~50代が多く活躍していることから、30代の未経験者でも採用されやすい職種です。

車種によっては特別な免許が必要になりますが、業務に必要な資格の取得支援制度がある会社も多いため、普通免許しかないという人でも問い合わせしてみましょう。

仕事時間の大部分を1人または2人など少人数で過ごすので、自分のペースで働きたい、複雑な人間関係が苦手という人にも向いているでしょう。

30代で「仕事で何がしたいかわからない」でもOK!大器晩成した偉人を紹介

「もう30代だし、新しいことを始めるには遅すぎる…」と諦めてはいませんか?

しかし、何かを始めるのに遅すぎることはありません。実際、歴史に名を残す偉業を成し遂げた人の中には、大器晩成型の人も多くいます。

  • 47歳無一文から大逆転した「安藤百福」
  • 55歳で測量の旅に出た「伊能忠敬」
  • 65歳でKFCを起業した「カーネル・サンダース」

47歳無一文から大逆転した「安藤百福」

チキンラーメンの開発者として知られる安藤百福

彼は20代に一度成功を収めるものの、戦争など世の中の情勢にも振り回され、47歳にはほぼ無一文の状況になります。

そこから一念発起して自宅の小屋で研究を続けた結果、48歳の時にチキンラーメンを完成させました。

彼は次の名言を残しています。

過去の出来事の一つ一つが、現在の仕事に見えない糸で繋がっている

今は成果が出ていなくても、努力は必ず報われると背中を押してくれる言葉です。

55歳で測量の旅に出た「伊能忠敬」

日本史の教科書でもおなじみの伊能忠敬。日本全国を歩いて測量し、地図を完成させた偉人です。

彼が日本地図の作成に取り掛かったのは、55歳の時。日本全国を歩いて測量するという途方もない長旅の途中、仲間が亡くなったり、病気や高齢で体力が落ちたり、多くの困難を経験しました。

それらの苦難を乗り越え、17年の年月をかけてついに日本地図を完成させるのです。

彼は次の名言を残しています。

歩け、歩け。続ける事の大切さ

数年頑張っただけで諦めてしまっている自分を奮い立たせてくれる言葉です。

65歳でKFCを起業した「カーネル・サンダース」

カーネル・サンダースは、ケンタッキーフライドチキンの創業者。

彼は40歳ごろからガソリンスタンドの物置を改装した小さなレストランを始め、一時は成功するも不運により65歳でほぼ全ての財産をなくします。

しかし、すぐさま彼はKFCを起業。その後、70歳を過ぎてから「人気メニューのフライドチキンの作り方を教えるかわりに売り上げの一部を受け取る」というフランチャイズを始めました。

自ら車で営業活動を行い、挫折を繰り返しながらも諦めずに続けた結果、今やケンタッキーフライドチキンは世界的な大企業となりました。

彼は次の名言を残しています。

人生は自分で作るもの。「遅い」ということはない

幸せ、やりがい、達成感…欲しいものは自分で掴みにいく姿勢の大切さを教えてくれます。

仕事で何がしたいかわからない30代へ!思い切って挑戦しよう

「仕事で何がしたいかわからない」と悩む30代に向けて、特徴や仕事の見つけ方、30代未経験から目指せる職業などを紹介しました。

転職、昇進、結婚、独立など様々な人生の分岐点を迎える人が多い30代。

「これから何をすべきか」「本当にやりたいことは何か」と迷ってしまった場合は、この記事で紹介した5つの質問を投げかけてみましょう。

本当にやりたいことが見つかったら、思い切って挑戦してみることも重要です。

今この瞬間がこれからの人生で一番若い日。将来「やっておけば良かった」と後悔することがないように、自分の気持ちに素直になって道を選んでいきましょう。

↑目次へ戻る

【転職実績No.1👑】年収アップと自由な働き方を実現したいならITエンジニア転職!

こんな希望はありませんか?

  • もっと年収アップできる仕事がしたい
  • 時間や場所に縛られず自由に働きたい
  • 専門スキルで手に職をつけたい

という方は、ITエンジニア転職がおすすめです

テックキャンプなら、完全未経験🔰でも大丈夫!プログラミング学習〜エンジニア転職支援、副業案件獲得まで個別にサポートします👌

さらに給付金活用で受講料最大70%OFF

※2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

興味がある方は、以下よりIT転職のプロにキャリアのお悩み相談から始めてみましょう!

まずは無料で相談してみる

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement