テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

人と関わる仕事ランキング10!求められることや向いていない人の特徴とは?

更新: 2021.10.06

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを学習して収入を上げる秘策

人と関わる仕事に就きたいですか? しかし「人と関わる仕事」と一口に言ってもさまざまな種類があります。あなたは一体、どのように人と関わる仕事に就きたいのでしょうか?

本記事では、そもそも人と関わる仕事とは何なのか、また、人と関わる仕事のおすすめランキングを紹介します。

記事後半では、人と関わる仕事の魅力や注意点、転職活動時に押さえたい求められることなども紹介します。人と関わる仕事について知りたい方、人と関わる仕事に就きたい人は、ぜひ参考にしてください。

人と関わる仕事とは?

就いてよかったと思える仕事の特徴「人と関わる仕事」と一口に言っても、さまざまな関わり方があります。そこでここでは、人と関わる仕事を3種類に分け、それぞれの特徴と具体例を紹介します。

あなたに合った人との関わり方を考えながら、参考にしてください。

人と関わる仕事一覧
人と関わる仕事の種類 具体例
人と接する仕事 ホテルマン・美容師・営業・通訳・エステティシャン・接客業・アパレル販売員・セールスエンジニア・ツアーコンダクター など
人を助ける仕事 看護師・児童福祉士・心理カウンセラー・薬剤師・手話通訳者・介護スタッフ・医師・歯科医師・臨床検査技師・理学療法士・ケースワーカー など
人を指導・サポートする仕事 教師・塾講師・スポーツインストラクター・スポーツトレーナー など

人と接する仕事

人と接する仕事には、ホテルマン、美容師、営業などがあります。直接顧客と関わる仕事で、施設利用者の応対をしたり、商品・サービスの紹介・提案をしたりします。

人を助ける仕事

人を助ける仕事には、看護師、児童福祉士、心理カウンセラー、薬剤師などがあります。人の命に関わる仕事もあり、社会的意義や責任感が大きい仕事と言えるでしょう。

人を指導・サポートする仕事

人を指導・サポートする仕事には、教師、塾講師、スポーツインストラクターなどがあります。人をサポートすることで直接感謝されることも多く、やりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中! 例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?
資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

人と関わる仕事おすすめランキングTOP10

ここからは、人と関わる仕事のおすすめランキングを紹介します。

今回のランキングは、仕事をする上での幸福度を決める要件や、今からでも目指せるか(文系・理系などの学部関係なく目指せる、特別な学歴・資格がなくても目指せる)といった点を重視して選定しました。

【ランキング選定基準】

  • 裁量権がある
  • 社会貢献できる
  • ワークライフバランスを保ちやすい
  • キャリアアップできる
  • 専門性がある
  • 業務にバリエーションがある

1位:法人営業

営業職は人と関わる仕事の代表格ではないでしょうか。営業職には個人に対して商品・サービスを売る営業と、企業に対して商品・サービスを売る営業があり、法人営業は後者です。

法人営業には、顧客から商品・サービスに対するニーズを引き出すヒアリング力や、商品・サービスを売り込むためのプレゼン力、トーク力が求められます。経営陣を相手にプレゼンすることも多く、やりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、法人営業の平均年収は約428万円となっています。

参照:求人ボックス

2位:塾講師

人と関わる仕事の中でも、人に教える仕事の種類に入る塾講師の仕事
小学校から高校生までを対象とする、塾の先生の仕事

塾講師の仕事は、日本の将来の担う子どもの学習を直接サポートするため、やりがいを感じやすいです。一方で、自分が指導した結果が成績や志望校の合否など、明らかに目に見える形で反映されるため、シビアな世界でもあるでしょう。

しかし指導した生徒の成績が上がったり、志望校に合格したときの喜びはひとしお。子どもだけでなく、親御さんとの信頼関係構築も重要な仕事なので、コミュニケーション能力の高さが求められます。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、塾講師の平均年収は約372万円となっています。

参照:求人ボックス

3位:アパレル販売員

アパレルショップに来店した顧客に商品の魅力を紹介するアパレル販売員。好きなブランドのショップで働けることは自分自身の楽しさにもつながります。

また、基本的に顧客と直接関わる仕事なので、提案したコーディネートを気に入ってもらえたり、リピーターになってもらえたりするなど、自分のサービス内容の結果を把握しやすいです。目標売上を達成したときの喜びも大きいでしょう。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、アパレル販売の平均年収は約339万円です。

参照:求人ボックス

4位:貿易事務

貿易事務は、貿易に関わる企業(メーカー・商社・通関業者・航空会社など)の事務職。英語などの語学スキルを生かしたい人に向いている仕事です。一般的な事務職と比較して、主体的に貿易事務業務を動かしていく重要なポジションです。

専門知識と語学力が求められますが、その分やりがいが大きい仕事と言えるでしょう。具体的には以下のような業務を担当します。

  • 貿易書類の作成
  • 輸送・通関の手配
  • 納入管理
  • 来客対応

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、貿易事務の平均年収は約354万円です。

参照:求人ボックス

5位:介護スタッフ

介護スタッフは介護施設や要介護者の自宅などで生活のサポートを行います。高齢者などが生き生きと生活できるように、日常生活の援助を行う仕事です。

生活する上で不自由のある人を直接サポートできる仕事なので、やりがいを感じやすいでしょう。実際に要介護者から直接「ありがとう」と言われる機会も多いです。

また、超高齢化社会である日本において、介護スタッフは社会的意義も大きい仕事。勤務時間が生活スタイルに合わせて比較的選びやすいのも魅力です。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、介護スタッフの平均年収は約318万円です。

参照:求人ボックス

6位:広報

広報は企業情報を社内外に発信する仕事です。企業名や事業内容、商品・サービスを多くの人に知ってもらうための業務を担います。

自社ブランドのイメージを拡散するほか、企業と関係者とのコミュニケーションを促進する業務も担うため、人との関わりが多い仕事です。自社の商品・サービスの内容や魅力に対する理解や、人脈が求められる仕事と言えるでしょう。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、広報の平均年収は約414万円です。

参照:求人ボックス

7位:システムエンジニア

さまざまなクライアントと関わり、課題解決のためのシステム設計を行うシステムエンジニア。クライアントごとに抱える課題は異なるため、要件定義のためのヒアリング力が求められます。また、開発に携わるチームメンバーをマネジメントする力も必要です。

システムエンジニアにとって、クライアントとの信頼関係構築は不可欠です。そのためコミュニケーション能力が求められる仕事と言えるでしょう。クライアントからの要望をうまく引き出した結果、予定通りのシステムが完成した時の達成感は大きいです。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、システムエンジニアの平均年収は約506万円です。

参照:求人ボックス

8位:医療事務

医療機関で患者の応対をしたり、医療費の計算や保険者に診療報酬を請求したりする医療事務。患者さんと直接関わることが多く、感謝の言葉をかけられることも多いです。

医療機関をサポートする仕事なので、社会的意義ややりがいを感じやすいでしょう。

医療事務には資格もありますが、未経験でも応募できる求人も出ています。また、パート求人など、ワークスタイルを比較的自由に選びやすいのが魅力です。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、医療事務の平均年収は約289万円です。

参照:求人ボックス

9位:エステティシャン

顧客の肌や体型の悩みに応じて、フェイシャルケアやボディケアなどを行うエステティシャン。顧客に直接関わり、悩みの解決に導くやりがいがある仕事です。

エステを受けた後の顧客から直接感謝の言葉をかけられることが多いほか、徐々に美しく変化する顧客を見て、仕事の意義を感じられることも多いでしょう。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、エステティシャンの平均年収は約340万円です。

参照:求人ボックス

10位:マーケター

顧客のニーズを調査・分析し、商品・サービスが売れるための仕組みづくりをしたり、商品やサービスにニーズを反映させたりするマーケター。具体的には市場調査を行ったり、商品の企画設計を行ったり、販促手法を考案したりします。

マーケターは高い分析力や、日頃からトレンドを敏感にキャッチする力が求められます。また、商品を制作する側と世の中のニーズが一致していない場合は、制作側に見込み顧客のニーズを提示しながら、サービスの改良を提案する力が求められます。

そのため社内外に対して高いコミュニケーション能力が求められる仕事と言えるでしょう。

平均年収

求人ボックスの給料ナビによると、マーケターの平均年収は約520万円です。

参照:求人ボックス

人と関わる仕事の魅力

人と関わる仕事は、以下のような魅力があります。最後には人と関わる仕事に向いている人の特徴も紹介しますので、参考にしてください。

顧客の反応を把握しやすい

顧客と直接関われる仕事は、顧客の反応をダイレクトに把握しやすいです。例えば自分が提案した商品・サービスを顧客が購入し、それに対して満足していることを直接伝えられるのは、やりがいにつながるでしょう。

また、顧客と直接関われることは、サービスを改善しやすいメリットもあわせ持ちます。顧客からの声を真摯に受け止め、自分自身や扱う商品・サービスの改良を重ねれば、さらに営業成績などを伸ばすことにつながるでしょう。

やりがい・満足度が高い

人と直接関わることが多い仕事は、人から感謝される機会も多い仕事と言えます。例えば介護スタッフはその代表例で、日常生活で不自由を感じている人のサポートを行うため、その場で「ありがとう」と声をかけられる機会が多いです。

人から感謝されることは、仕事に対するやりがい・満足感、さらには自己肯定感を高めることにもつながるでしょう。

モチベーションを保ちやすい

ここまで紹介したような人と関わる仕事の魅力は、仕事のモチベーションを保つことにもつながります。特に顧客の課題を直接解決に導くような仕事は、顧客から感謝されることが多く、社会的意義も感じやすいでしょう。

また、自分が提供した商品・サービスによって顧客の生活や心身の状態が改善していることが目に見える仕事も、やりがいを感じやすいです。その結果、仕事をすること自体のモチベーションも保つことができるでしょう。

人と関わる仕事には以上のような魅力があることから、以下のような人に向いていると言えます。

【人と関わる仕事に向いている人】

  • 人と直接コミュニケーションを取るのが好き
  • 人から感謝されることが好き
  • 人を喜ばせることが好き
  • 自分のためよりも人のために働きたい

この記事のハッシュタグ

人と関わる仕事の注意点

面接人と関わる仕事には、以下のような注意点があります。最後には人と関わる仕事が向いていない人の特徴についても紹介しますので、参考にしてください。

クレーム対応に疲弊しやすい

人と関わる仕事は、顧客に直接対応することが多く、商品・サービスに対して満足度の高い声をかけられることがあれば、不満の声をかけられることも多いです。特にクレーム対応をしなければならない仕事は、精神的に疲弊することもあるでしょう。

マイペースに仕事をしにくい

顧客と直接関わりながら行う仕事は、顧客の都合に合わせて動くことが多いです。ある程度スケジュールを決めていても、顧客の都合で変更しなければならないケースもあるでしょう。

また、営業などノルマが設定されていることもあり、売上目標がプレッシャーになることもあり、マイペースに働けない原因になります。

気を遣うことが多い

顧客の不平・不満を避けるためには、気を遣う場面が多く出てきます。例えば常に人に見られるような接客業の場合は、気が抜けずに疲弊してしまうこともあるでしょう。

人と関わる仕事は以上のような注意点があるため、以下のような人には向いていないと言えます。

【人と関わる仕事に向いていない人】

  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手
  • コツコツルーティン作業をするのが好き
  • プレッシャーに弱い
  • マイペースに仕事がしたい

人と関わる仕事に就きたい時にやるべきこと

人と関わる仕事に就くためには、就職・転職活動で以下のようなポイントを押さえましょう。

生かせる経験を整理する

これまでの経験を棚卸しして、人と関わる仕事に生かせるものをピックアップしてみましょう。こうすることで、新たに目指す仕事の志望動機や目指す理由も明確になります。

人と関わる仕事に生かせる経験には、以下のようなものがあります。

  • 顧客または社内の人に感謝された経験
  • 別部署との連携で成果をあげた経験
  • チームをまとめた経験

求められることを把握する

人と関わる仕事には、求められることがあります。人と関わる仕事に求められるスキルを把握していれば、転職活動の自己PRにうまくつなげられるでしょう。

人と関わる仕事に求められるスキルには、以下のようなものがあります。

  • 気配り力
  • 対応力(臨機応変に対応する力)
  • コミュニケーション能力
  • 清潔感

面接マナーの基本を学ぶ

前項で紹介したような「人と関わる仕事に求められること」は、就職・転職面接の時点で判断されることも多いです。そのため特に以下のような点は、面接マナーとしても重視したほうがいいでしょう。

  • 身だしなみ
  • 質問の答え方(スピード・これの大きさ・言葉づかい など)
  • 態度・姿勢・表情

就職・転職面接時の基本マナーについては、以下の記事でも紹介しています。あわせて参考にしてください。

自分の強みを生かして人と関わる仕事に就こう

人と関わる仕事には、大きく3種類の仕事があることが分かりました。あなたは「人と接する」「人を助ける」「人を指導・サポートする」仕事のうち、どの仕事に就きたいですか?

自分に合った人と関わる仕事に就くには、まず自分自身についての理解を深めることから始めましょう。以下の記事では転職活動における自己分析の方法について紹介していますので、あわせて参考にしてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement