はじめてのIT転職🔰なら無料相談!
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

30代女性が転職を成功させるために知っておくべき7つのポイント!

更新: 2023.09.22

30代になり、会社で働きづらくなってきた
転職したいけど、30代女性でもできるかどうか不安
確実に転職したいので、30代女性が転職を成功させるためのポイントが知りたい
このように悩んでいませんか?

女性にとっての30代は、仕事とプライベートの両面においてライフイベントが増える年代

そのため「年収をアップしたい」「休日も増やしたい」「家族との時間も取りたい」など、30代女性が転職を考える際には、さまざまな理由がきっかけとして考えられるでしょう。

しかし、転職での失敗を恐れて、一歩が踏み出せないという方も多いかもしれません。

そこで本記事では、30代女性必見の転職を成功させるためのポイントを解説します。また、具体的な転職方法や転職面接での注意点なども紹介。

今まさに転職を考えている30代女性の方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

30代女性が転職を成功させるために知っておくべき7つのポイント

さっそく、30代女性が転職を成功させるための7つのポイントを紹介していきます。

  1. 転職のタイミングを慎重に検討する
  2. さまざまな角度から転職先を検討する
  3. 絶対にゆずれない条件を考える
  4. 情報収集は綿密に行う
  5. 専門家の意見を参考にする
  6. 家族や友人に相談する
  7. 必要に応じて資格を取得する

転職のタイミングを慎重に検討する

まずは、転職のタイミングとし本当に正しいのかを慎重に検討しましょう。

その際に、タイミングの判断の目安となる基準は「スキルと年収」と「結婚・出産を控えている場合の転職」の2つです。

スキルと年収から検討する

スキルと年収から判断するのが1つ目の基準です。 今の仕事で「スキルが高められるか」「年収は能力に見合っているか」を考えれば、最適なタイミングが判断しやすいでしょう。

もしも、仕事に対してあなたのスキルが足りていないのであれば、まだ転職のタイミングとしては早いです。

あなたが十分なスキルや経験を持っているにも関わらず、年収が見合っていないのであれば転職を検討するタイミングかもしれません。

あなたのスキルの棚卸しにもつながりますので、現状の仕事の状況をまずは分析しましょう。

結婚・出産を控えている場合の転職は慎重に

もう1つは、結婚・出産を控えているのかも考慮したいポイント。

特に「結婚直前」はこれから多額のお金がかかる時期でもあるので、転職の時期としてふさわしくないでしょう。

「妊娠初期」も、負担のかかる転職よりも、どちらかといえば休職を検討すべきです。

転職が絶対ムリなわけではありませんが、慎重に決断しましょう。

さまざまな角度から転職先を検討する

転職先は、人間関係・やりがい・将来性・労働環境などのさまざまな角度から検討しましょう。

「年収が高い」「産前産後のサポートが充実している」など、1つの要素にばかり目を向けると失敗する可能性が高くなります。

絶対にゆずれない条件を考える

あなたにとって絶対にゆずれない条件は何かを考えましょう。

希望する要素は数多くあるでしょう。それと同じかそれ以上に、妥協できない点をクリアすることも大切です。

転職は人生における大きな決断の1つ。努力しても絶対に耐えられないことやこれだけは絶対にやりたいことなど、あなたにとっては重要な働く際の条件があるはずです。

長期的な視点で考えれば、ゆずれない条件を満たしている会社が働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。

情報収集は綿密に行う

転職を行う際には、緻密な情報収集が必要不可欠です。

転職サイトに掲載されている求人情報は、基本的に企業がアピールしたいポイントが書かれています。それだけで、良い会社か判断するのは難しいでしょう。

企業の評判や実際の雰囲気を判断したい場合には、「口コミサイトのチェック」「掲示板サイトの書き込みを見る」「SNSで検索する」などの手段があります。

志望する企業の情報はもちろん、その企業が属する業界や競合他社の情報まで幅広く調べると、企業の個性も見えてくるでしょう。

企業に対する理解が深まれば、面接での自己アピールや志望動機もスムーズに考えられるというメリットもあります。

しっかりと情報収集を行えば、転職後のミスマッチに対するリスクを下げることが可能です。

専門家の意見を参考にする

転職活動が長期化した場合には、自分の判断で妥協しやすくなります。ネガティブなマインドでは、納得のいくポジティブな転職の実現は難しいでしょう。

そのような場合には、自分だけで何とかしようとせず、転職エージェントなどの専門家の意見を聞くという方法がおすすめです。

専門家に相談すれば、あなたの市場価値が客観的に理解できます

また、スキルや経験に合った仕事の求人を提案してくれることもあり、あなたにぴったりな仕事が見つかりやすくなるでしょう。

家族や友人に相談する

転職で悩んだ場合には、家族や友人に相談して抱え込みすぎないようにしましょう。

30代女性の転職は今後のキャリアに重要な問題です。もちろん、どのような会社で働くべきか悩む場合も多いです。

時には、将来に対する自分に不安を感じるかもしれません。転職活動が長引けば、自分に自信をなくす場合もあるでしょう。

あなたがどのような仕事に就いたとしても、変わらずに支えてくれる家族や友人は貴重な存在。素直な気持ちを相談できれば、また前向きに転職活動に取り組めるでしょう。

必要に応じて資格を取得する

転職して手に職を付けるならば、必要に応じて資格を取ることも視野に入れてください。

例えば、不動産関連の企業に転職して不動産取引に携わりたいならば、「宅建士」の国家資格が必要です。介護福祉士を目指すなら、国家試験に合格する必要があるでしょう。

またWebデザイナーやエンジニアのように資格不要な職業であっても、採用時に必須資格や推奨資格を求める企業もあります。

このように、転職したい業界や企業がある程度決まっていて、そのために資格が必要と判断したら、早めに取得して転職活動をスムーズに進めましょう。

大切な家族のそばで働こう

ITエンジニア求人はリモートワーク「7割以上」

30代女性の転職は「30代半ば」が分かれ目

30代女性の転職は年齢が重要。そこで本章では、その理由とどのように転職を進めれば良いかを4つのポイントで解説します。

  • 30代後半は未経験の業種への転職は難しくなる
  • 30代後半はスキルと実績が求められる
  • 女性が多く働いている人気の職種を選択する
  • フリーランスや再就職が可能なITエンジニアという選択肢も

30代後半は未経験の業種への転職は難しくなる

30代後半になると未経験で異業種への転職が難しくなります。未経験を募集する求人がそもそも少なくなるからです。

20代は成長性を期待して未経験でも採用する企業が多いものの、30代以降はすでにある程度の経験やスキルを持つ即戦力の人材を求める企業が増えるのです。

ただ、30代前半であれば、未経験で採用を受け付けている求人もあります。

もしも、ITエンジニアなど異業種にチャレンジしたいと考えている場合には、30代半ばまでを1つの目処にしましょう。

30代後半はスキルと実績が求められる

30代後半の転職では、これまでの実績や保有するスキルなどが重要視されます。

そのため、基本的には未経験の業種への転職は難しいです。しかし、スキル・経験・実績を生かした転職は可能。

20代の女性と30代の女性が同じ程度の能力であれば、今後の成長が期待できる20代の女性が選ばれることが多いです。

それを上回るスキル・経験・実績があれば、30代女性を採用したいという企業はあります。これは、男性の転職と同様です。

あなたのスキル・経験とマッチする企業に転職するだけでなく、キャリアアップ・年収アップも実現できるとベターです。

女性が多く働いている人気の職種を選択する

30代女性がスムーズに転職を行いたい場合には、女性が評価されやすい職種を選択するという方法もあります。

日本は男女雇用機会均等法によって、女性・男性が別け隔てなく働ける社会になりました。

それでも、建築・土木業界や技術職は男性が多く働いている傾向があります。同様に一般事務・サービス業・商品企画・マーケティング・看護師などは女性の比率が高いです。

このような女性が多く働いている仕事は、30代女性の転職においても採用される可能性も。

フリーランスや再就職が可能なITエンジニアという選択肢も

未経験の職種に挑戦するのであれば、ITエンジニアという選択肢もあります。

日本のIT人材の不足は深刻な問題とされています。そのため、プログラマー・SEは未経験でも採用される求人が多く見られます。その対象として、女性も例外ではありません。

ITエンジニアとしてスキルを身につければ、フリーランスとして働くことも可能です。また、出産をきっかけに退職しても、スキルがあれば再就職もスムーズに行えるでしょう。

まだ女性のITエンジニアは多くありません。次世代に対するロールモデルとして、あなたがいち早くITエンジニアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

プログラミングのスキルがあれば、良い条件でITエンジニアへの転職が可能です。プログラミングのスキルを確実に身につけて、転職も成功させたい方にはテックキャンプがおすすめです。

30代女性が転職・退職を考える3つの理由

ここでは、30代女性が転職・退職を考える代表的な理由を3つ紹介します。

あなたも、下記のような状態に当てはまっていないかチェックしましょう。

  • 人間関係に悩んでいる
  • 待遇・残業時間に不満がある
  • 今後のキャリアが不安

人間関係に悩んでいる

30代女性は中堅のポジションで仕事をすることが多いでしょう。すると、上司と若手社員の板挟みになり、人間関係に悩むケースも。

自分よりも若い人が増えると、望んでいないのに「お局様」のように扱われてしまい、普通に仕事がしづらく感じます。

また、後輩が先に結婚してしまい、周囲に気を使われてしまうという場合もあるでしょう。

そのような状況になれば、若い人ばかりよりも同じくらいの年代の女性が活躍している職場で気兼ねなく働きたいと考えるのもムリはありません。

待遇・残業時間に不満がある

「給料が安い」「現在のポストが正しく評価されていないと感じる」など、待遇に不満を感じているケースもあります。

また、残業時間が多く、プライベートな時間が取れないことで悩む方も多いでしょう。

今後のキャリアが不安

「現在の仕事でスキルアップに限界を感じている」「研修制度など、社員を育てる風土がない」など、今後のキャリアに対する不安は、転職のきっかけになります。

30代女性が転職に踏み切る前に取るべき5つの行動

上記の辞めたい理由が原因で転職を考えている場合には、まずは会社を続ける方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それからでも転職をするのは遅くないでしょう。もちろん、並行した転職活動もありです。

ここでは、30代女性が転職に踏み切る前に取るべき5つの行動を紹介します。

  • コミュニケーションを積極的に取る
  • 休暇を取る
  • 上司・人事に相談する
  • 具体的に転職先をイメージする
  • フリーランスなど「正社員以外」の働き方も検討する

コミュニケーションを積極的に取る

人間関係で悩んでいる場合には、コミュニケーションを積極的に取ってみましょう。

あなたが人間関係で悩んでいるのと同じように、相手もあなたを理解したいと感じているかもしれません。

後輩から先輩に気軽に声をかけるのは難しいものです。あなたからコミュニケーションを取り、お互いに仕事をやりやすい関係に改善しましょう。

もしも、転職したとしても、また同じように人間関係で悩むことはありえます。そのリスクを考えれば、積極的なコミュニケーションはすぐにできる対処法と言えるでしょう。

休暇を取る

休みが取れていないこと・連勤や残業が続いて体力的に疲れているといったことが仕事を辞めたい一番の理由であれば、まずは思い切って休暇を取りましょう

ワークライフバランスの実現のためには、仕事と休日のバランスが大切

「旅行に出かける「映画鑑賞をする」「あえて何もしない」など、あなたがやりたくても時間がなくてできなかったことに取り組みましょう。

今までやりたかったことができれば、仕事に対しての意欲を取り戻せる可能性があります。

上司・人事に相談する

待遇や今後のキャリアについて悩んでいるのであれば、上司・人事に相談すると解決する場合があります。

労働時間や自分の役職に対する不満を率直に上司や人事に伝えれば、少なからず改善する要素はあるでしょう。

勤続年数が長い30代女性は、会社にとって貴重な人材。会社の経営理念を理解して、仕事に取り組める人材は男女問わず経営を支える財産です。

よりスキルが身につく仕事やキャリアアップを考えている場合にも、伝えることで現在の会社でできることが見つかる場合もあるでしょう。

あなたの言葉により研修制度が整えられて、会社の従業員満足(ES)が向上。あなたに対する会社からの評価が高まるという良い結果を生み出すかもしれません。

転職を考えるほど悩んでいるのであれば、会社の上司・人事にまずは相談がおすすめ。

具体的に転職先をイメージする

辞めたい理由がどうしても解決できない場合には転職するという選択もアリです。

転職を行う場合には、辞めたい理由を深く考えて、できるだけ具体的に転職先をイメージすることが重要。

希望する条件だけでなく、ゆずれないポイントも考えることが大切です。自分の希望とのミスマッチが発生しないように、しっかりと準備しましょう。

フリーランスなど「正社員以外」の働き方も検討する

会社に固執せず、フリーランスなどの「正社員以外」の働き方も検討しましょう。

そもそも、あなたは会社で働くことが向いていないことも考えられます。会社が向いていなければ、転職しても「また会社が合わなかった」と感じるでしょう。

何度も転職を繰り返せば、自信もなくしかねません。専門的なスキルを身に着けて、フリーランスとして働くという選択もあることを頭に入れておきましょう。

30代女性が正社員に転職するメリット・デメリット

ここでは、30代女性が正社員として働くメリット・デメリットを見ていきます。

30代女性が正社員に転職する5つのメリット

30代女性が正社員に転職するメリットは、以下の5つです。

  • 収入が増える
  • やりがいのある仕事ができる
  • 再就職がしやすい
  • 産休・育休が取得できる
  • 社会的評価が高くなる

収入が増える

正社員は非正規雇用と比べると収入が増える点は大きなメリット。

まず、アルバイトなどと比較すると、基本給が高くボーナスももらえるので年収が高いです。交通費などの経費の精算が可能。また、会社から評価されれば昇給のチャンスもあります。

また、一見すると契約社員・派遣社員の方が給料が多く見えるかもしれません。しかし年収で考えれば、正社員の方が基本的には上です。

やりがいのある仕事ができる

正社員は成長とともに、重要な仕事を任されるようになります。責任は重くなりますが、期待に応えられれば大きなやりがいにつながるでしょう。

会社から評価されていることが実感できれば、モチベーションにつながります。

やりがいが仕事の生産性向上やスキルアップにつながり、さらに大きな仕事を任せられるという良い循環も期待できます。

産休・育休が取得できる

正社員として働いていれば、産休・育休の取得ができます。これは、非正規雇用にはない大きなメリットです。

1〜2年後に出産を考えているのであれば、現在の会社で働きましょう。現在での会社でのスキルを深めれば、産休・育休からの復帰もスムーズに行えます。

再就職がしやすい

正社員として働いた経験・実績があれば、再就職がしやすいです。

正社員として働いた経験がある方は、仕事に対する責任感・ビジネスマナーの理解・協調性が非正規雇用の方よりも高いと判断されます。

これまでの経験・スキル・実績を明確に企業に伝えて、働く意欲も示せれば再就職も行いやすいでしょう。

社会的評価が高くなる

正社員はアルバイトとは異なり、安定した収入があるので社会的評価が高くなります。

社会的評価が高ければ、いざという時にクレジット・ローンの審査が通りやすいです。

共働きの夫婦も増えており、男性にとっても女性の収入は気になるポイントです。住宅や車など高額な契約を結ぶ際には、社会的評価はとても重要。

このように、正社員として安定した収入があれば、結婚においてもプラスになります。

30代女性が正社員に転職する3つのデメリット

一方で、30代女性が正社員に転職するデメリットは以下の3つです。

  • 負う責任が重くなる
  • 勤務時間が長くなる
  • 子育てと仕事の両立が難しい

負う責任が重くなる

30代女性で勤務している年月が長ければ、任される仕事の責任も重くなります。

ただ単純に仕事が増えるだけでなく、部下の仕事のケアやマネジメントのスキルなど幅広い業務を行える能力が求められるでしょう。

責任が重くなれば、プレッシャーやストレスを感じることも多くなります。

勤務時間が長くなる

正社員は基本的にはフルタイムで働きます。さらに業務の進捗によっては、残業時間もプラス。

派遣社員・契約社員よりも、会社に拘束される時間が長くなることはデメリットと言えるでしょう。

役職につけば部下を管理する必要があるので、休日も取りづらくなります。

子育てと仕事の両立が難しい

正社員は勤務時間が長くなるので、プライベートの時間が取りづらくなります。子どもがいる場合には、子育てと仕事の両立は重要な課題となるでしょう。

会社との勤務時間の調整や夫婦での話し合いが重要です。

30代女性が取るべき転職方法のおすすめ

ここまでこの記事を読み、正社員としての転職を決断した方もいらっしゃるでしょう。

本章では、30代女性が転職を成功させるためのおすすめの方法を2つ紹介します。

  • 企業とマッチングしやすい転職エージェントの利用がおすすめ
  • 転職サイトも併用して情報収集する

企業とマッチングしやすい転職エージェントの利用がおすすめ

30代女性の転職の方法としておすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントは転職の専門家です。あなたの要望と適性、スキルや経験に合わせてぴったりの求人を提案してくれます。

また、それだけでなく面接の対策や職務経歴書の書き方など、手厚い転職サポートも魅力です。

30代女性におすすめの転職エージェントは、「doda」「type女性の転職エージェント」「マイナビエージェント」の3つです。

doda

doda

出典元:doda

dodaには他の転職エージェントにはない、独占求人が豊富。転職を考えている場合には、必ず登録しておきたいサービスです。

転職支援が充実した転職エージェントによるサポートも魅力となっています。

▶️dodaエージェントサービス |転職ならdoda(デューダ)

type女性の転職エージェント

出典元:株式会社キャリアデザインセンター

type女性の転職エージェントは、女性のサポートに特化した転職エージェント。転職エージェントも女性が中心で、気軽に相談できる点もポイントです。

サービス・販売系の職種の求人が特に充実しています。

▶️女性の転職に強いエージェントならtype女性の転職エージェント|人材紹介・転職サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

出典元:株式会社マイナビ

マイナビエージェントは、女性の転職支援に力を入れている転職エージェントです。30代の優良求人も豊富。

さらに、実績のある女性転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

女性特有の仕事に関する悩みや男性には話しづらい内容も、しっかりとヒアリングしてくれるので、納得のいく転職が行いやすいでしょう。

▶️転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト

転職サイトも併用して情報収集する

転職エージェントだけでなく、転職サイトも利用すれば転職活動の幅が広がり、希望する条件の求人に出会いやすくなるでしょう。

30代女性におすすめの転職サイトは「リブズ」「マックスキャリア(サービス終了)」「女の転職@type」の3つです。

リブズ

出典元:株式会社リブ

転職でキャリアアップを実現したい30代女性の方には、LIBZ(リブズ)がおすすめ。キャリアアップ可能な求人が充実しています。

あなたのスキル・経験を考慮して、最適な求人を紹介してくれます。

▶️LIBZ(リブズ)|旧LiBzCAREER(リブズキャリア)|転職サイト

マックスキャリア

※マックスキャリアはサービスを終了しました。

東京都の女性向けの求人を探している場合には、マックスキャリアを使いましょう。

マックスキャリアは東京都内のオフィスワークの求人が充実しています。

女の転職@type

出典元:株式会社キャリアデザインセンター

女の転職@typeは、女性が活躍している求人を多数掲載している転職サイトです。女性専用の求人情報や転職に関するコラムもあります。

▶️女の転職@type-女性の転職サイト

30代女性が転職面接でアピールしたい3つのポイント

本章では、30代女性が転職面接で積極的にアピールしたいポイントを3つ紹介します。

転職活動を進める際の参考にしてください。

  • 30代前半女性は長く働きたい意志や業務経験をアピール
  • 30代後半女性は専門スキル・マネジメントスキルをアピール
  • 未経験の場合は今までの仕事で生かせるポイントをアピール

30代前半女性は長く働きたい意志や業務経験をアピール

30代前半の女性は、長く働きたい意志や業務経験を積極的にアピールしましょう。

企業は出産・結婚で、あなたがすぐにやめてしまうことが心配なのです。「結婚をしても仕事を続ける」など、長期間働きたい気持ちを明確に伝えるとアピールにつながります。

また、業務経験をしっかりと伝えることも大切です。それにより、企業はあなたのスキルが理解でき、20代とは違った強みを持っていることが理解できます。

30代後半女性は専門スキル・マネジメントスキルをアピール

30代後半は専門スキルやマネジメントスキルをアピールしましょう。なぜなら、企業は30代後半の女性に即戦力となることを期待しているからです。

教育がしやすく伸びしろのある20代と同じレベルのスキルでは、例え未経験歓迎の職種といえども、30代後半の女性は採用されづらいです。

あなたが持つスキル・経験・実績をしっかりアピールして、転職を実現しましょう。

未経験の場合は今までの仕事で生かせるポイントをアピール

30代女性が未経験の職種にチャレンジする場合には、今までの仕事で生かせるポイントを洗い出し、明確な意図を持って伝えましょう。

これまでのキャリアを振り返れば、次の仕事に生かせるポイントが見つかるはずです。

具体的には「エクセルのスキルが高い」「ビジネスマナーはしっかりと叩き込まれた」「接客でコミュニケーション能力を培った」など。

あなたにとっては当たり前のことでも、実はアピールできるポイントになるのです。

30代女性が転職面接でやってはいけないこと

アピールしたいポイントがあるように、30代女性が転職でやってはいけないこともあります。ここでは、具体的に2つのNGポイントを紹介。

  • 働き方をセーブしたいと伝える
  • 福利厚生など労働環境をばかりを気にする

働き方をセーブしたいと伝える

「働き方をセーブしたい」を転職の理由として伝えるのはおすすめできません。そのような発言をする方に、重要な仕事を任せたいと思うでしょうか。やる気がないと取られかねません。

30代になり、仕事だけでプライベートも充実させたいという気持ちは誰しも感じるものです。そして、プライベートが充実すれば、仕事にも前向きに取り組めるようになります。

ワークライフバランスを取りたいと考えているならば、それによってより効率的かつ生産的に働いて今まで以上に会社に貢献したい気持ちを伝えましょう。

福利厚生など労働環境をばかりを気にする

女性にとって福利厚生などの労働環境はとても重要なポイント。産前産後のサポートが充実しているかは、とても気になるでしょう。

しかし、正社員は、会社に貢献することが大前提です。転職面接で労働環境や待遇ばかり気にすれば、相手に良い印象を与えることは難しいです。

あなたがどのように働きたいのかや貢献したいのかを伝えましょう。その上で労働環境や待遇を確認すれば、どれだけその会社で働いていきたいと考えているのか熱意が伝わります。

まとめ:30代女性でも転職できる!計画的に行動しよう

30代女性必見の転職を成功させるためのポイント、転職するメリット・デメリット、具体的な転職方法、転職面接での注意点などを紹介しました。

30代の転職活動においては、基本的には男女を問わず一定の実務経験や前職で得た実績・スキルが求められるでしょう。

そのため、前職で得た経験やスキルを棚卸しして、履歴書や転職面接でのアピールポイントとして活用するのが転職成功へのポイントの1つ

また行き当たりばったりの転職活動は、活動期間を長引かせてモチベーションの低下に繋がったり、本業にも悪影響を与えるなどの危険性もあります。

転職活動はスケジュール管理も重要なので、計画的に行動することも意識しましょう。

↑目次へ戻る

【転職実績No.1👑】年収アップと自由な働き方を実現したいならITエンジニア転職!

こんな希望はありませんか?

  • もっと年収アップできる仕事がしたい
  • 時間や場所に縛られず自由に働きたい
  • 専門スキルで手に職をつけたい

という方は、ITエンジニア転職がおすすめです

テックキャンプなら、完全未経験🔰でも大丈夫!プログラミング学習〜エンジニア転職支援、副業案件獲得まで個別にサポートします👌

さらに給付金活用で受講料最大70%OFF

※2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

興味がある方は、以下よりIT転職のプロにキャリアのお悩み相談から始めてみましょう!

まずは無料で相談してみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement