テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

市場価値を高めるには?転職を成功に導くコツを解説

更新: 2021.06.22

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「転職を考えているが、今のままで上手くいくのか不安。市場価値を高める方法はないだろうか。」
「自分は市場価値が高い人材と言えるのだろうか。」

転職を考えた時に気になるのが、自分自身の市場価値。転職の成功に大きく関わる要素です。

できれば市場価値を高めた状態で転職するのが理想的。しかし、具体的にどうすれば価値を高められるのか、わからないという方もいるでしょう。

そこでこの記事では、市場価値の高い人材の特徴や、価値を高めるコツ、未経験からでも習得できるスキルなどを解説します。

市場価値の高い人材とは

そもそも「市場価値の高い人材」とは、どのような人のことを指すのでしょうか。
一般的に市場価値が高いと言われる人の特徴を3つまとめました。

  • 専門性の高いスキルを持っている
  • キャリアの中で大きな功績を挙げている
  • コミュニケーション能力などの高い人間性を備えている

専門性の高いスキルを持っている

その業界における専門性の高いスキルを保有する人材は、市場価値が高いと見なされます。

IT業界を例に挙げると、プログラミングを使える人材。その中でも技術者の少ない言語を扱える人は市場価値が高いと言えるでしょう。

市場価値を高めてから転職を考えるならば、専門性の高いスキルを身につけることがおすすめです。。

後述しますが、汎用的なビジネススキルがあることも重視されます。

キャリアの中で大きな功績を挙げている

現職や過去に務めてきた企業など、これまでのキャリアの中で挙げた大きな功績は転職における効果的なアピールポイントです。

このような功績を多く挙げている人は市場価値が高いとされます。

特に同業界、同業種への転職の際は重視されるでしょう。

転職前に過去の功績を振り返ったり、現職で実績を積む時間を設けるのがおすすめです。

コミュニケーション能力などの高い人間性を備えている

コミュニケーション能力はビジネスの基本的なスキルではありますが、これらをきちんと身につけられているかも重要な部分になります。

人間性という言葉で言い換えてもいいでしょう。しっかりした人間性を持っている人と一緒に働きたいと感じる人は多く、面接でも合否のポイントになります。

人間性は日々の生活、仕事の中で磨かれる場合が多いので、普段から意識することが大切です。

ごく基本的なことこそ転職において重要なのだと理解しましょう。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

市場価値を高めるためにできること

市場価値を高めるためにどのようなことをすればよいのでしょうか。
特別難しいことをする必要はありません。現職の中でできること、仕事終わりの時間や休日を使ってできることこそ大切です。

具体的なコツを解説します。

現職で目標を設定し、実績を作る

市場価値を高めるために優先して取り組みたいのが、現職での目標設定です。

今の仕事で達成したい目標を決め、それに向かって仕事をしましょう。

「どうせ今の仕事は辞めるから」と後ろ向きな考え方は禁物。むしろ現職で今までより成果を残すという思考が重要です。

その分アピールできるポイントが多くなり、転職の成功率アップにつながります。

少し高めの目標を設定し、一つでも多くの実績を残すことを考えましょう。

積極的に仕事をこなす

Automatorとは?目標を設定したら、達成のために積極的に仕事をこなしていきます。
受け身の姿勢ではなく、自分から仕事を見つけて取りに行きましょう。

こなした仕事の一つひとつが自分の実績、スキルにつながるのだと考えてください。

特に20代までの若い世代は、より多くの仕事を経験しましょう。選択できる職種の幅を広げることが可能です。

これまでの職歴や身につけたスキルを振り返る

これまでの職歴や、現職でどのようなスキルを身につけてきたかを振り返りましょう。

現職だけでなく、それ以前に勤めていた職場・仕事での経験も転職でのアピールポイントになります。

思いつく限り全てリストアップするのがおすすめです。

「特に思い当たる実績やスキルがない」という方は、次に紹介する「スキルアップの時間を作る」を参考にしてください。

スキルアップの時間を作る

転職の際にアピールできる武器がない場合、スキルアップの時間を作ってから転職活動を始めましょう。

実務だけがスキルを身につける方法ではありません。独学や専門スクールに通うことでスキルアップも可能です。

仕事と両立するのは大変だと思いますが、仕事終わりの時間や休日などを使って効率よく勉強を進めましょう。

未経験からでも身につけやすいスキルについて、本記事の後半で紹介します。

自分の市場価値が高まる業界を調査する

市場価値の高さは、あなたが転職を希望する業界によっても左右されるものです。
業界によって同じ人材でも市場価値の高さは変わります。

例えばサービス業界で働いてきた人は、同じサービス業界内での転職であれば即戦力として扱われるでしょう。

一方、サービス業界からIT業界の専門職に転職しようと思ったら、未経験として扱われる可能性が高めです。

あなたの経験やスキルが活かせる業界を選んで転職することも成功の秘訣。事前の自己分析・業界研究は必ず行いましょう。

転職エージェントを利用する

「自分の市場価値を高める方法がわからない」

「どのような業界・職種なら自分の市場価値が上がるのかわからない」

このような方は転職エージェントの利用がおすすめ。

転職アドバイザーがあなたの悩みに応えてくれます。業界・職種の特徴や、あなたのキャリアから導き出したおすすめの求人などを紹介してもらうことも可能です。

できればスキルアップのための努力をする時間を設けるのが理想的。

しかしすぐに転職したい方や、どうやっても進路を見つけられないという方は、転職エージェントの利用を検討しましょう。

未経験からでも身につけやすいビジネススキル

プログラミング言語の選び方未経験からでも身につけやすいビジネススキルを具体的に紹介します。
おすすめは次の4つです。

  • IT系スキル(プログラミング、Webデザインなど)
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • コーチングスキル

それぞれ解説します。

IT系スキル(プログラミング、Webデザインなど)

最もおすすめしたいのがIT系スキルです。該当するのはプログラミングやWebデザインなど。

IT業界は市場全体が毎年成長しており、その傾向は今後も続く見込み。その一方でITスキルを持つ人材が不足することも予想されています。

つまり、IT人材はニーズが高いのに供給が少ない状態なのです。ITスキルを持っていることは、転職において有利に働くでしょう。

難しい専門用語が多いイメージがありますが、パソコンさえあれば学習できるため、実はそれほどハードルの高くないスキルです。

ただ、未経験から独学で習得のはやや難しめ。参考書を利用するのはもちろん、時間的・金銭的な余裕があるならば専門スクールの受講がおすすめです。

「プログラミング、Webデザインは自分には厳しそう」という方は、WordやExcelといったツールの学習もいいでしょう。これらのツールは多くの企業で使われており、習得すれば汎用的に利用できるスキルとなります。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格習得を目指して勉強すると、資格も取れて一石二鳥です。

コミュニケーションスキル

対人関係を築く上で重要なコミュニケーション能力。ごく基本的なスキルのため「今さら習得する必要なんてない」と考える方もいるかもしれません。

しかしビジネスにおけるコミュニケーション能力とは、一般的なイメージにある「誰とでも気さくに話せる」というスキルだけではないのです。

  • 自分の意見を正確に、簡潔に伝える
  • 相手の話を正しく理解する
  • 報連相を欠かさず行う
  • わからないことを質問する
  • 会議などで意見を積極的に発言する

これらがビジネスにおけるコミュニケーションスキルです。今一度、自分がしっかりできているのか確認し、見直してみましょう。

あまりできていないなと感じる方は、身近な人の中でコミュニケーションスキルが高いと感じる人の真似をしてみるのもおすすめ。取り入れるべき部分が見えてくるでしょう。

目標とする人に直接コツを聞いてみるのも有効な方法です。

マネジメントスキル

マネジメントスキルと一言で表しても、様々なものがあります。

  • セルフマネジメント
  • タイムマネジメント
  • チームマネジメント

ここで紹介したいのは、チームマネジメントです。管理職と呼ばれる人に求められるスキルで、チーム・部下を指導し、仕事を達成していく能力が該当します。

後ほど解説しますが、30代後半〜40代以降の転職ではチームをまとめ上げた経験、それによって生み出した功績が重視されます。

若い世代は管理職に就く機会が少ないため、チームマネジメントを経験しない状態で転職することになるでしょう。転職においての評価基準にも管理職としての経験が含まれないので、経験がないからといってそこまで不安視する必要はありません。

ただ、先ほど紹介したセルフマネジメント(自分自身の仕事量や作業ペースをコントロールする能力)やタイムマネジメント(目標に対して適切な時間で作業する能力)は自分だけで習得できるスキルです。

少しでもマネジメントスキルを高めたいという場合は、まず自分自身のマネジメントから始めてみましょう。

コーチングスキル

コーチングとは「相手にヒントを与えて答えを自力で導き出させるスキル」のことを指します。

具体的には、クライアントが潜在的に持っている希望を掘り起こす。部下が成長するきっかけを自分自身で見つけ出す。こういった行動を促すのがコーチングスキルです。

特に部下の成長を促すという意味でのコーチングスキルは、先述のチームマネジメントと合わせて求められるでしょう。

コーチングスキルもどちらかといえば、30代以降に求められる能力です。

【年齢別】求められる実績やスキルの例

年齢によって求められるスキルの話に少し触れました。
転職は年齢によって求められる実績やスキルが大きく異なるのです。

転職のために現職で実績を残したり、スキルアップしたりすることはどの年齢でも有効な手段。しかし年齢によって評価ポイントが変わるので、努力する方面を正しく理解しておく必要があります。

ここからは「20代」「30代」「40代以降」の年齢別に解説します。

20代は人間性や成長性が重視される

20代までの転職は実績、スキル以上に「人間性や成長性」が求められます。特に20代前半〜中盤まではこの傾向が強めです。

理由は、就職してから数年である20代は実務経験が少なく、今後の成長性などを考えて採用する企業が多いためと言われています。

20代の方は、コミュニケーション能力などの人間性をアピールできないか考えてみましょう。

あるいは、20代のうちからスキルを磨き、他の求職者と差をつけるというのも効果的な方法です。

高いスキルが求められない分、少しでもスキルアップに努めていて、資格などを保有していることはアピールポイントにつながるでしょう。

人間性や成長性が重視されるといえど、スキル・資格が無駄になるケースはまずありません。

30代はスキル・実績が重要

30代を過ぎてからの転職は20代と大きく変わります。人間性・成長性以上にスキル、経験が評価されるようになるのです。

言い換えるなら「すでに十分なスキルを持っており、即戦力となる人材」こそ市場価値が高いと見なされます。

30代で転職を考えるならば、過去の仕事での実績や高いスキルをアピールできないか考えてみましょう。

思い当たらない場合は、スキルアップ後の転職が欠かせません。

40代以降はマネジメント経験が求められる

40代以降の人材に求められるのは、管理職としての経験です。

チームをまとめられる人材を採用したいと考える企業が多い傾向があります。

可能であれば、現職で管理職に就き、部下のマネジメントなどを経しておくと転職での強みとなるでしょう。

マネジメントスキルは実務の中でこそ磨かれるものであるため、今すぐ転職をする必要がないのであれば昇進後がおすすめです。

要注意!「自分は市場価値が高い」と勘違いしがちなケース

自信を持って転職活動に挑むのはとても重要です。
面接で堂々と自分をアピールすることは、高評価につながりやすいでしょう。

しかし「自分は市場価値が高い人材なんだ」と勘違いしている場合は要注意。アピールが逆効果になってしまうことも。

ここから紹介する内容にあなた自身が当てはまっていないか確認してください。もし思い当たる部分があれば、転職活動の方針・アピールポイントを見直しましょう。

収入が高い業界・企業にいた

収入が高い業界・企業で働いていたことは、市場価値の高さとは直結しない可能性があります。

市場価値は、これまで紹介してきた通り過去の経歴や実績・スキル・人間性などが加味されるものです。

現職や過去の収入が市場価値と見なされるわけではないので注意しましょう。

アピールすべきは収入ではなく「これまで何をしてきたか」です。

取引先の大半が引き継いだもの

取引先の大半が先輩社員から引き継いだものだったり、何年も前から契約が続いている取引先の担当が変わったりという場合も注意が必要です。

この場合、あなた自身が獲得した取引先とは言えず、スキルの高さのアピールとしては不十分。特に営業職を希望の方は要注意です。

面接でアピールしても、入社後にスキルが伴っていないと見なされてしまう恐れがあります。

業界でシェア率の高い企業にいた

業界のシェア率が高い企業は、自分から積極的に営業をかけなくてもニーズがあり、取引先に恵まれているというケースがあります。

このような会社で働いているというだけでは、市場価値につながりにくいものです。

やはり、あなた自身のスキルを棚卸しするべきでしょう。

現職での実績が評価しづらい

現職で残した実績が転職先となる業界・企業では評価しづらい可能性も考えましょう。

特に異業界・異業種への転職の際は、現職での実績がアピールに使えないことがあります。

その業界・職種に沿った実績を選んでアピールしたり、履歴書に記載したりするべきです。

未経験の場合は、イチからスキルを身につける心構えでいましょう。

転職の際は自分の市場価値を確認してから

転職は年齢とともにハードルが高くなっていき、求められる実績・スキルも増えていきます。

事前に自分の市場価値を確認しておくことは欠かせません。

不安を感じる方は時間を作り、現職で実績を残すことやスキルアップ、資格の取得に専念しましょう。

↑目次へ戻る

【初心者向け】プログラミング学習法を徹底解説!

「プログラミングをやってみたいけど、何から始めればいいのか分からない……」

そんな方へ、テックキャンプのノウハウを詰め込んだプログラミング独学方法の資料を無料プレゼント中!

資料では「初心者のための学習ステップ」や「はじめての独学での注意点」など、プログラミング初学者が押さえておくべきポイントを紹介します。プログラミング学習に興味がある方は必見です。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement