無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

コミュニケーション能力を身に付けることのメリットとデメリットを紹介

更新: 2020.10.08

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

プライベートやビジネスシーンで必要とされるコミュニケーション能力。そんなコミュニケーション能力を身に付けることで一体どのようなメリットが得られるのでしょうか。

本記事ではコミュニケーション能力を身に付けることによるメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にして下さい。

コミュニケーション能力を身に付けるメリット

コミュニケーション能力を身に付けることで、「自分の考えを上手く伝えられる」などのさまざまなメリットが得られます。

ここでは、どのようなメリットがあるのか1つずつ見ていきましょう。

自分の考えを上手に伝えられるようになる

コミュニケーション能力を鍛えると、自分の考えを上手に伝えられるようになります。

コミュニケーション能力が高いとされる人は相手に内容が伝わりやすいように、身振り手振りや表情、声のトーンなどでも表現します

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った実験によると、コミュニケーションを取る際、話し手が相手に与える印象の93%がそのような言語以外(ノンバーバル)の部分だと発表しています。

コミュニケーション能力が高い人は、言葉だけではなく振る舞いや仕草からも情報を相手に伝えられるのです。

それによって、自分の考えや必要な情報をわかりやすく相手に伝えられます。

チームが回って作業の効率がアップする

コミュニケーション能力は仕事を円滑に回すための手段でも使えます。仕事でプロジェクトチームなどの連携を取る上でコミュニケーション能力は重要。

何をどうしてほしいかのすり合わせする際、コミュニケーション能力に長けている人が一人いるだけで作業効率が大幅にアップします。

コミュニケーション能力が高ければ、そのような橋渡し的な役目を担えるので、チームメンバーからの信頼も上がり、社内の評価にもつながってくるでしょう。

相手との信頼関係を構築できる

コミュニケーションがうまく取れる人は、相手の気持ちを汲んで理解する能力に長けているため、上手に相手との信頼関係を構築することができます。

例えば、話を聞く時にはしっかりと傾聴することで、相手に「深く理解してくれている」と感じさせ、安心感や信頼感を生み出せます。

コミュニケーション能力が高い人は、さまざまな話すためのスキルと聞くためのスキルを持ち合わせているので、相手との信頼関係を築くことが得意なのです。

人に好かれやすくなる

コミュニケーション能力が高い人は、初対面の人であっても自然と話しやすい雰囲気を作れるので好意をもたれやすくなります。

人に好かれる存在は、ビジネスシーンでもプライベートでも「あの人がいればこの場もうまく回るのに」「もっと楽しいのに」などと思われ重宝される存在として扱われるでしょう。

ビジネスチャンスが広がる

コミュニケーション能力が高いことによりビジネスチャンスにつながることは多々あります。

上述した、人に好かれるといった特徴があることで「この人と働いてみたい」「この人にまた仕事を頼みたい」と思われることが多くなります。

また、転職の際なども人柄を見て採用している企業も多いです。コミュニケーション能力が高い人は相手に与える印象もいいので、おのずと選考が通りやすくなります。

このようにコミュニケーション能力が高いことでさまざまなビジネスチャンスに恵まれる可能性が高いのです。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

コミュニケーション能力を身に付けることで生じるデメリット

上述したようにコミュニケーション能力を身に付けることによって、さまざまなメリットが得られるのです。

しかし、その反対にデメリットと言えることも少なからずあります。

ここでは、コミュニケーション能力が高いことで生じるデメリットについて紹介するので、1つずつ見ていきましょう。

付き合いが増え支出が多くなる

コミュニケーション能力が高い人は人に好かれやすいため、さまざまなコミュニティから声がかかります。

普段の飲み会や結婚式のお誘いなど、あらゆるシーンに呼ばれやすいため、どうしても出費がかさんできてしまいます。

その結果、金銭面的に厳しくなってしまう人も多いので、ある程度の取捨選択は自分の中でするようにしましょう。

軽い人に見られる可能性がある

職場などでコミュニケーションをあまり交わすことのない人から見ると、軽い人だと思われてしまう可能性があります。

ところかまわず誰かといつも楽しそうに話している光景を見ていると、しっかり仕事をしているのかどうか気になってしまう人もいます。

そういった少し偏見をまじえた目線で見ている人もいるので、職場などでは注意しましょう。

コミュニケーションでごまかしてしまいがち

コミュニケーション能力が高いと、仕事のミスなどをコミュニケーションでごまかしてしまうことがあります。

相手は「次から気をつけるように」と許してくれるかもしれませんが、まわりの人は仕事に取り組む姿勢を冷静に見ています。

「準備不足」「確認不足」などのミスが起こった理由をしっかりとケアせずに、怒られなかったから大丈夫と慢心していると同じことを繰り返すことになるでしょう。

それでは、まわりからの信頼を得ることはできません。当然、成果も挙げられないので、会社からの評価を得ることも難しくなります。

コミュニケーション能力を過信して、上手く立ち回れていると思い込んでしまうことには注意が必要です。

コミュニケーション能力が高い人・低い人には特徴がある

コミュニケーション能力が高いことでさまざまなメリット、そして少しのデメリットがあることを本記事では解説しました。

では一体どんな人がコミュニケーション能力が高い人、または低い人だと言えるのでしょうか。

その特徴については以下の記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧下さい。

コミュニケーション能力が高い人・低い人の特徴とは?能力向上に役立つポイントを解説

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement