テクノロジー
ノートパソコンの熱は危険なサイン!冷却して熱暴走や故障を防ぐ方法

熱くなったノートパソコンを冷却せずに放置すると、「熱暴走」を起こす可能性があります。

熱暴走とは、電源が急に落ちたり、画面がフリーズしたりといった、熱による不具合のことを指します。

もし、あなたのノートパソコンもこのようなおかしな動作を起こすのであれば、それは熱暴走が原因かもしれません。また、ノートパソコンの異常な発熱は、最悪、火事につながる可能性もあるのです。

そこで今回は、ノートパソコンの熱暴走を防ぐ、効率的な冷却方法を紹介します。定期的なお手入れや冷却グッズを活用すれば、パソコンを健全に保てます。

あなたも、ノートパソコンの放熱を改善させ、製品の寿命を長く延ばし、大事に使いましょう。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

ノートパソコンが熱を持ってしまう問題

ノートパソコンは、性能が高いものほど熱を持ちやすいとされます。搭載されているパーツが多いためです。

また、長時間使い続けるのも、高温になる原因でしょう。

特に夏場は、ノートパソコン内部に熱がこもりやすいです。すると、ノートパソコン本体の温度が上昇し、熱く感じるケースもあります。

ノートパソコンが熱を持ってしまう原因

ノートパソコンだけでなく、「電気の力で動くもの」は熱を持ってしまいます。冷蔵庫やテレビなどの家電製品を触ってみてください。特に長時間テレビを見た後、本体が熱を帯びているのを感じられるでしょう。

ノートパソコンがデータをやりとりするとき、内部では大量の電子が動き回っています。この電子同士がこすれあうことで「摩擦熱」が発生し、ノートパソコンが熱を持ってしまうのです。

特にノートパソコンはデスクトップ型に比べて小さく、パーツ同士が接近しています。そのため熱が内部にこもりやすく、より熱く感じます。

CPUなどの部品が熱を持ってしまう

ノートパソコンを長時間使用すると、組み込まれている部品が熱を持ち、パソコン本体の温度が上がってしまいます。

特に、「CPU」「ハードディスク」「バッテリー」「冷却ファン」は、熱を持ちやすいパーツとされます。

中でも最も熱を持ちやすいとされているのが「CPU」です。

「CPU」は、人間の体で例えると「脳」に相当する部分です。常に使われる部分のため、電子の動きも活発となり、熱を発してしまいます。

CPUやハードディスクなどのパソコン内部の部品については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

参照:プログラミングに適したパソコンは?意外と知らないスペックの基礎を解説

ノートパソコンについている冷却機能の異常

ノートパソコンの内部には、ファンなどの冷却装置が付いています。

使用中はこのファンが回り、中にこもった暖かい空気を外に排出してくれます。そうすることで、ノートパソコンの温度を下げる役割をしてくれるのです。

ファンが付いているにもかかわらずノートパソコンの温度が上がってしまう場合、ファンが正常に機能していない可能性があります。

また、ファンの性能が追い付いていない、内部のホコリが原因で十分に冷却できないケースもあります。

ホコリが溜まっている

ノートパソコンの内部にホコリが溜まっていると、本体に熱がこもりやすくなります。

また、ホコリが原因で冷却装置のファンが上手く作動しないことも考えられます。ファンにホコリがつまり、ノートパソコン内部の空気が正常に循環できなくなってしまうのです。

その結果、ノートパソコンの温度が上昇し、手で触れると熱いと感じるほどになることもあります。

部屋の温度が高い

ノートパソコン内の温度は、部屋の温度の+7〜8℃ほどとされています。

パソコンを使う室温が上がれば、自然とパソコン内部の温度も上がってしまいます。このため、夏場はパソコンが熱を持ちやすいのを意識しましょう。

特に、室温が30℃を超えてしまうのは要注意です。ノートパソコン内の温度が40度を超えると、本体に異常が生じ、操作性が落ちてしまいます。

熱暴走によってノートパソコンの寿命が縮む

「ノートパソコンが熱くなるくらい、別に我慢したらいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ノートパソコンが異常な熱を持つと、本体の寿命に関わってきます。

パソコン内部に異常な熱が発生するということは、ノートパソコンを構成しているCPUなどに負荷がかかっている状態です。

この状態は、結果的に「熱暴走」などを起こし、ノートパソコンの寿命を縮めることになります。

ここからは、ノートパソコンの発熱で考えられる、ソフト面とハード面の被害につい解説します。

ノートパソコンの熱暴走とは

ノートパソコン内の温度が上昇しすぎると、不具合が生じます。この不具合のことを、「熱暴走」と言います。

以下に熱暴走の例を紹介します。あなたのノートパソコンに当てはまったら注意が必要です。

  • 急に電源が落ちてしまう
  • パソコンの画面がフリーズしてしまう
  • エラーが出てしまう
  • マウスが動かなくなってしまう

このようなノートパソコンの操作性の低下は、CPUの一時停止が原因と考えられます。CPUを使いすぎたことで、これ以上負荷をかけまいと、活動がストップしてしまうのです。

このようなCPUの急な停止は、作業中のデータを失う原因にもなります。

熱暴走は物理的な被害に及ぶことも

熱暴走は、ソフト面の問題だけに限りません。ハード面に被害が及ぶケースもあります。

ノートパソコンが熱を帯びたとき、焦げ臭くなることはありませんか?それは、熱によって回線などが焦げているのが原因かもしれません。放っておくと、本体から煙が出てしまうケースもあるのです。

焦げ臭かったり、煙が出たりするのは、本体の中で発火を起きている証拠です。そのわずかな火が、ノートパソコン本体に溜まったホコリに引火することも考えられます。

可能性としては低いですが、そのような事態が起こりうることも理解しておきましょう。

このように、ノートパソコンの熱暴走は、火事にもつながる可能性がある、非常に危険な状態と言えます。

充電器や周辺機器の熱にも注意

パソコン本体だけでなく、電源となる充電器(コンセント周り)にも注意しましょう。

長時間ノートパソコンを充電し続けていると、充電器自体が発熱します。充電器を装着していると、電気が流れ続けるからです。

この状態が続くと、充電器はもちろん、パソコン本体にも電気が流れ続けることになります。こうして、充電器とノートパソコン本体の発熱につながります。

充電器だけでなく、外付けのハードディスクなど、ノートパソコンの周辺機器の熱にも注意しましょう。

ノートパソコンを冷却する6つの方法

ノートパソコンの熱暴走を防ぐためには、内部の熱を放出させて冷却する必要があります。

ここからは、ノートパソコンを冷却する6つの方法を紹介します。

方法1:ノートパソコン内部を掃除する

前述したように、ノートパソコン内部のホコリは、熱放出を妨げる原因になります。熱暴走を防ぐためには、定期的にノートパソコンの裏ふたを外し、ホコリを取り除きましょう。

特に、冷却用のファンのあたりをよく確認しましょう。ファンにホコリが溜まると冷却機能が落ち、ノートパソコンが熱を持ってしまう直接の原因になります。

内部の掃除の際は、冷却ファンの周りを重点的にしてください。

このようなメンテナンスは、数ヶ月に1回とペースを決めて定期的に掃除するのが望ましいです。

方法2:室温を下げる

ノートパソコンの熱暴走を防ぐためには、室温自体を下げるのも効果的です。

エアコンを使ったり、換気をするなどして室温を下げると、ノートパソコンの温度も上がりにくくなります。

パソコン内部の温度は、30℃前後に保つのがベターです。前述したように、室温+7~8℃がパソコン内部の温度とされているので、室温は23℃前後になるように調整しましょう。

もし、エアコンに使う電気代が勿体無いと感じるのであれば、パソコンに扇風機を当てるなどの工夫が必要です。

氷で冷やすのはおすすめしない

熱暴走を避けたいからと言って、ノートパソコンを氷で冷やすのはおすすめできません。氷が溶けて内部に入り、ショートする原因になりかねないからです。

水が入らないようにしても、直接冷やすことでパソコン内に結露が生じ、それが不具合につながる可能性もあります。

ノートパソコンを冷やす場合は、室温の調整か空気循環などを利用して冷やすのが安心でしょう。

方法3:ノートパソコンの位置を変える

ノートパソコンの配置も、熱暴走を防ぐためには重要です。ノートパソコンの場合、一般的に本体の裏面から放熱する仕組みになっています。

ノートパソコンをずっと同じところに置いておくと、放熱がうまく行われません。熱くなった空気が本体の中に停滞し、本体が熱を発する原因になります。

特に、布団の上などで作業する場合、放熱がうまく行われないので注意が必要です。

ノートパソコンの熱暴走を防ぐためには、作業中も適度に場所を移してみましょう。そうすることで、内部の空気が循環し、熱がこもりにくくなります。

方法4:長時間の使用を控える

ノートパソコンは、長時間使用し続けるほど熱を持ちやすくなります。特に、長時間ゲームをする人は注意しましょう。熱暴走を防ぐためには、適度に電源を落として休ませる時間を作るのも大切です。

自分が寝ている間も、ノートパソコンの電源を落とさない人も多いでしょう。使用しない間は、面倒でもノートパソコンの電源を切る習慣をつけてください。

方法5:使用しないアプリケーションは終了する

ノートパソコンの部品の中でも、CPUは熱を発しやすいパーツです。アプリケーションを大量に起動したままだと、CPUに負担がかかり、発熱する原因となってしまいます。

使用しないアプリケーションは終了するようにして、CPUにかかる負担を軽減させましょう。

方法6:冷却グッズを使用する

普段からできるノートパソコンの発熱対策として、冷却グッズを使用するのもおすすめです。

冷却グッズには様々なタイプがあるので、自分の使っているパソコンの型や作業環境に合わせて選んでみましょう。

次の項目からは、ノートパソコンの冷却メカニズムや、おすすめの冷却グッズを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

エアフローを改善するのが効果的

熱くなったノートパソコンを冷ますには、エアフローの改善を考えると効果的です。エアフローとは、空気の循環のことを指します。

熱くなった空気を放出し、冷たい空気を取り込むというエアフローができると、パソコン内部を効率よく冷ますことができます。

Kimura Mayumi Kimura Mayumi
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー