無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

マネジメント能力を身に付ける方法を3つの視点から紹介

更新: 2019.07.16

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

本記事では、マネジメント能力を身に付ける方法を3つの視点から紹介します。

どうやってマネジメント能力を身に付けるのかを知りたい方は、ぜひ参考にして下さい。

スキルを磨くことによりマネジメント能力を身に付ける方法

どうすればマネジメント能力を身につけられるのでしょうか?
マネジメント能力を身に付ける方法は、「さまざまなスキルを磨く」「部下への施策を行う」「日常から意識する」と大きくわけて3種類あります。

まずはスキルを磨くことでマネジメント能力を身に付ける方法を紹介します。

プロジェクトマネジメント能力を磨く

プロジェクトマネジメント能力はその名の通りプロジェクトをマネジメントする力。どのようにプロジェクトを進めていくのかを計画し、遂行するスキルです。

目標を立てて達成に向かうための戦略力や計画力、管理や進捗を図る分析力などが必要とされます。

リーダーシップを身に付ける

統率力や指導力といった意味をもつリーダーシップは、おもに目標やビジョンを明確に示し、組織の力を最大化させることで目標達成を実現する能力。

リーダーシップを身に付けることで、チームのメンバーがそれぞれ自走して行動できるよう導けるのです。

ファシリテーション能力を鍛える

ファシリテーション能力とは、集団活動を円滑にするためチームワークを促進して、組織としての成果を生み出せるよう舵取りをするスキル。

チーム内で多くの意見を引き出し、うまくまとめることで生産性の向上につながります。

また、居心地のよい雰囲気を作ることで全体のモチベーションを上げられる効果もあるのです。

傾聴力を身に付ける

傾聴力とは、相手の話にしっかりと耳を傾けるスキルです。相づちを打ったり、表情を合わせることで、相手はリラックスして対話ができます。

傾聴力を磨くと、相手のことを深いレベルで理解でき、よりよい関係を築くことができるのです。

コーチングスキルを身に付ける

コーチングとは、相手の自発的な行動を促進するコミュニケーション技法です。

相手との対話の中で、考え方や行動の選択肢を増やし、新しい気づきをもたらすことがコーチングの目的となります。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

部下やメンバーへの施策によってマネジメント能力を身に付ける方法

ここでは、部下やメンバーへの施策を行うことによって、マネジメント能力を身に付ける方法を紹介します。

それぞれのスケジュールを管理する

スケジュールの管理は、マネジメントをするうえで必要不可欠です。

自分自身はもちろん、部下やチームメンバーの進捗やタスクを管理することで、よりスケジュール管理能力が鍛えられ、マネジメントに役立つでしょう。

役割を与えて能力を引き出す

部下の持っている個性を活かせるよう、適切な役割を与えて能力を引き出すことで、マネジメント能力が身につきます。

「誰に」「どの作業を」「いつまでに」こなすかといった業務領域を定めましょう。

お手本を見せる

まずはお手本として自分がやってみせることで、部下は自分の任された業務に対してスムーズに取り掛かれます。

そして、自分自身も部下にうまく伝わるよう説明しなければいけないので、伝達する力が身につくのです。

しかし、何度も繰り返してしまうと、部下が主体的に考えて行動しなくなってしまう可能性もあるので気を付けましょう。

部下に質問をする

部下に対して良い質問ができれば、質問力が養われマネジメントに活きてきます。

良い質問は「疑問の解消」「問題解決」「目標達成」に直結するので、部下との信頼関係を結べるうえ、自発的な行動を取らせるきっかけともなるのです。

日常から意識することでマネジメント能力を身に付ける方法

ここでは、日常から意識することでマネジメント能力を身に付ける方法を紹介します。

自らをコントロールできるようにする

予期せぬトラブルや壁にぶつかった時のためにも、普段から自分をコントールできるようにしておきましょう。

パニックに陥らず、冷静に物事を考えられるようになることが、マネジメント能力の基本なのです。

優先事項を常に考えて行動する

普段から優先事項を考えて行動をすることで、いついかなる時でも適切な判断を下せるようになります。

マネジメント能力の高い人は、そういった状況を判断する能力に長けており、どんな場合でも的確な指示を出せるのです。

次の記事では「マネジメント能力を身につけるのにおすすめの本」を紹介。以下からぜひご覧下さい。

【20選】マネジメントを勉強したい人におすすめの本!入門書から名著まで

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement