テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

HTMLとは?初心者のためにHTML基礎知識を分かりやすく解説

更新: 2022.01.14

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「HTMLとは?初心者向けに簡単に説明してほしい」
「HTMLが使えるとどういうことができるの?」

こう考えていませんか?

本記事ではHTMLの意味や基礎知識を、初心者向けに分かりやすく解説。読み終わる頃には、基本的なHTMLを書くことができ、エラーの対処までできるようになるでしょう。

HTML初心者を脱したい方は必見です。

HTMLとは何か

HTMLとは「ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)」を略した言葉です。

HTMLの意味を簡単に説明すると、マークアップ(文章構成の指示)をコンピューターが理解できる形で表した言語のことです。

Webサイトを構成する骨組み

知っている方はいるとは思いますが、世の中のwebサイトのほとんどはHTMLで構成されています。

シンプルなサイトを作るのであれば、それほど学習コストをかけずにできるようになります。

本記事の最後の方にあるサンプルコードを見ていただくと、HTMLは難しくないということがわかっていただけるでしょう。

見た目の言語

HTMLは文書構造を定義するためのマークアップ言語で、厳密にはプログラミング言語ではありません。

プログラミング言語は主に大きく分けると二種類に分類できます。

  1. バックエンド
  2. フロントエンド

です。

ユーザーなどと直接やり取りをする要素のことをフロントエンドといいます。要するに、読者の皆さんが今見ている画面のことです。

フロントエンドの入力データや指示をもとに、処理を行って結果を出力したり、記録媒体に保存したりする処理をバックエンドといいます。

例えば、TwitterなどのSNSで投稿する時を想像してください。

投稿画面ありますよね。その画面は自然に表示されるものではないです。

お気づきかもしれませんが、その画面を構成しているのがまさにフロントエンドの言語であるHMTLです。

以外と身の回りに溢れていますよね。

また、投稿後にデータが保存されタイムラインに表示されます。この一連の流れを処理しているのがバックエンドの言語です。

レイアウトをつくってくれる

22005f315317fc7c39b4fb3e187640e3

上の画像を見ると分かりますが、Web上のホームページなどの見た目の部分は大まかに分ける上のようなブロック(箱)で構成されています。

それを作っているのもHTMLです。

後に詳しく説明しますが、これがHTMLの「ブロック」という概念です。

HTMLを実際に見てみよう

では、実際にどのようにHTMLを使うと上のようなサイトが作れるのでしょうか。見てみましょう。上記画像はテックキャンプ プログラミング教養のWebサイトです。

見る方法は簡単です。HTMLを見る機能を使います。

コードを見たいWebサイト上で右クリックをします。そうすると下のような画像になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-56-34

ここでページのソースを表示を選択してください。

そうすると

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-59-19

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-59-33

上の画像のようにHTMLを記述するとサイトができます。

すごく難しそうですね。。。

しかしそんなことはありません。HTMLの概念とちょっとしたルールを覚えたら、あとは慣れです。

静的HTMLと動的HTML

これまでHTMLがどのようなものなのか解説してきました。

ある程度イメージができてきましたか?

実はHTMLは2種類存在します。静的HTMLと動的HTMLです。

動的とはアニメーションがあったり、動画が埋め込まれていたり……

そういったものではありません。

静的とは皆さんが、今見ているテックキャンプ ブログの記事のようなページです。

今見ている記事は誰がいつ見ても視覚的に何も変化がありませんよね。それが静的HTMLです。

逆に動的HTMLとはSNSなどのユーザーページなど、タイムラインのページです。

ユーザーページは基本的にレイアウトは変わらないですが、細かい部分はそのユーザーの個人情報によりますよね。

またタイムラインは見る時間によって流れている情報が全く違いますよね。

結論、静的HTMLとは、初めから決まった・変化することない情報のみで構成されているページのことです。

一方動的HTMLとは、データーベースなどに保存されている・変化する余地のある情報で構成されているページのことです。

HTMLを書けると就職や転職に有利?

HTMLが書けることは就職や転職に有利なのでしょうか?

おそらくそういったスキルで就職・転職を考えている方もいらっしゃると思います。ぜひ参考にして下さい。

HTMLスキルのみでの就職・転職は厳しい

実際は企業によって求められるレベルが異なるので、一概には判断できませんが、おそらく、「HTMLのみ」だと少し厳しいかもしれません。

最初にも解説した通り、HTMLはプログラミング超入門言語です。なので正直できて当たり前の部分があります。

例えばWebデザイナーの仕事でもHTMLを使う機会がありますが、就職・転職に活かすため、もしくは収入アップにつなげるためには自分ができる幅を広げる必要があります。

すなわち、HTMLだけではなくCSSやJavascriptと呼ばれる見た目を構成する言語を習得すると、自分ができる仕事の幅を広がり、その結果年収アップも見込めるでしょう。

もちろん、求人募集で未経験可という企業もあるので、全くの未経験の方もその環境に身を置いて成長するのも一つの手かもしれません。

以下の記事ではWebデザイナーの仕事内容・平均年収・将来性について紹介しています。「HTMLを学んでWebデザイナーを目指したい」と考えている方はぜひ参考にしてください。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

HTMLのさまざまなバージョン

ここではHMTLに歴史についてさらっと解説します。

より詳しく解説されているリンク先などを下記に紹介します。

HTMLは意外に長い歴史を持っているので興味がある方はぜひ読んでください。

HTMLの歴史

HTMLのバージョンの歴史は下記の表のようになってます。

HTML2.0

1995年11月に発表。
HTML Tables 1996年5月に発表。
HTML3.2 HTML3.0 の規格化が検討されましたがまとまらず。。。

3.2は3.0とは別物。

HTML4.0~4.01 1997年12月18日

HTML5

2014年10月28日

HTML5.1

2016年11月1日

HTML5.2

2017年12月14日

HTML歴史と要点

現在の主流はHTML5

上記の表のようにHTMLは様々な変更を経て最新のHTML5となりました。そして現在の主流はHTML5となります。

では、なぜ現在の主流がHTML5なのでしょうか。

様々な理由がありますが、主に3点挙げられます。

1. ブラウザ間の交互性を高めた

以前のバージョンだと、このブラウザでは思うように表示されるが違うブラウザになってしまうと、レイアウトが崩れてしまったり機能しなくなってしまうことが多々ありました。その状態を、交互性が低い状態と言います。しかしHMTL5ではそのような問題が改善されました。

2. 文章内に埋め込まれた意味が不明確

極端に言えばどこからどこまでは本文なのかがわからない場合が以前のバージョンでしたらありました。なのでHTML5では、数多くの意味的要素が追加されました。要素は簡単に言えば、それぞれに役割を与えている印です。要素については後ほど解説します。それによって、htmlのどの部分が何を表しているのかがより明確になりました。

3. より多くの機能が使えるようになった

例えば、以前は同時に複数のファイルのアップロードが出来なかったのです。。。今考えると非常に驚きですよね。

他にも様々な要因があるので、少し深い内容にはなりますが、興味のある方は下記のリンクを参考にしてください。

HTML5まとめ

HTMLの用語を分かりやすく解説

これまではHTMLの基本的な知識を解説してきました。ここからは、HTMLを使うための実践的な知識になります。

タグ

HTMLの一番の基本となる開始タグと閉じタグ、そしてHTMLの要素のタイプについて解説します。

HTMLは見た目を構成する言語であって、レイアウトを作ります。要するに一つ一つを箱と捉えます。

「この箱に入っているテキストはWebページの中でどのような役割を果たすのか」

ということがとても重要になります。

html04
こちらは実際のHTMLの例です。開始タグと書かれた下にh1と書かれていますね。この部分が、この箱の「役割」を示します。つまり、この箱に入ったテキストはh1という役割を持っている、ということになります(h1が何なのかは後述します)。

基本的には、「開始タグ」から「終了タグ」の中に要素のタイプ(見出し(h1)、段落(p)、リスト(li)など)を入れます。このセットで、ひとつの箱の完成です。

開始タグ

タグの始点(<)からタグの終点(>)の中に、要素のタイプ(ここではh1)が入っています。要素の開始地点を示します。

終了タグ

終了タグはほぼ開始タグと同じ書き方ですが、唯一違うのは要素のタイプの前にスラッシュ(/)を入れることです。これによって、要素の終了地点を示します。

要素

ではここからHTMLの基本的な構造を解説します。

HTMLは大きく分けるとhead要素body要素という部分で構成されています。

head要素は、メタ情報と呼ばれるサイト自体に関する情報を定義する部分です。こちらで定義したものは見た目には大きく影響しません。

body要素は、箱の構成やテキストなど、実際に見た目に大きく反映されるものを定義していく部分です。

HTMLファイルは、基本的に以下のような構造になっています。

html05

HTMLの要素
html要素 HTML文章の始まりと終わりを示す
head要素 ページを閲覧する人が知る必要のないHTML文章の情報を記述するもの。例えば言語の種類など。ここに書かれたコードはブラウザ内には表示されない
body要素 開始タグと閉じタグのあいだにHTMLを記載する。ここに記述されたものがブラウザ内に表示される

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-45-24

具体的には上の画像のように書きます。なんだかすっきりしていますね。

しかし、基本的な構造はこれで完成です。

以下、その他重要な内容について説明します。ただし、今はほとんど「決まり文句として書くのだ」という認識で十分です。

&lt;!DOCTYPE HTML>について

この <!DOCTYPE HTML> は、この文章がHTML文章であることを宣言する要素で、HTMLを書くときに必要になるものです。

記述をしない場合、レイアウトが崩れたり、表示がされない場合があります。

<meta charset=”UTF-8″ />について

meta要素は、文章に関する情報を指定する時に使用します。また、charset=に続く文字は文書の「文字コード」を指定します。

文字コードとは、コンピュータでの文字の処理の仕方を指定するもの。他にもSHIFT-JISなどがありますが、主流はUTF-8なので、UTF-8を指定しましょう。

記述しない場合、文章が文字化けをしてしまって読めなくなってしまいます。

属性

先ほど解説したmeta要素を例に属性という概念を解説していきます。

属性とは、HTML要素の役割を細かく定義するための付加的な情報のことです。属性を含むHTMLタグは、以下の図のような構成になっています。

html06

では実際によく使われるものを例に使ってもう少し理解を深めましょう。
リンクを作成するa要素の場合

例えばa要素は「クリックされると別のページに移動させる」という役割を持つ文字を作成する要素です。ということは、この要素自体が別ページのURLを持っていなければいけません。こんな時に属性を利用します。

html07

上記の図のように、a要素は「href」という属性を持ち、その値がリンク先のURLになります。これがなければ、リンクさせることができません。

画像を表示するimg要素の場合

img要素は、画像を表示するための要素です。ということは、画像自体の在り処をimg要素自身が持っている必要がありますね。こんな時も、属性を利用します。

html08

img要素は、srcという要素に画像の在り処を示す値を持っています。また、altという属性も持ちます。このように、特定の要素は属性を何個ももつことがあります。

属性の記入方法は以下です。

  • 属性名は開始タグの中で、要素名の後に半角スペースで区切って記述します
  • 基本的に属性値は「=」の後に、””(ダブルクォーテーション)で囲んで記述します
  • 複数の属性を記述するには、半角スペースで区切って記述します。

この記事のハッシュタグ

実際にHTMLを書いてみよう

ここでは実際にHTMLを書いてみましょう。まずはテキストエディタが必要です。簡単に言えばテキストエディタは、プログラムを書くためのアプリケーションです。

テキストエディタは様々な種類のものがあります。下記に参考リンクを貼るので、興味のある方は是非参考にしてください。

基本的な手順は以下の通りです。

  1. テキストエディタを開く
  2. 新規ファイルを作成する

ただし、〇〇〇〇.htmlのように拡張子は.htmlとしてください。

あとは作成したファイルに書き込んでいくだけです。あとはそれをブラウザに反映させるだけです。非常に簡単です。今回、ブラウザはgoogle chromeを利用します。

初心者おすすめテキストエディタ

HTMLで自己紹介しよう

HTMLを用いて構造的な自己紹介を作成してみましょう。(普段することはないと思いますが。。。笑)

まずは慣れることが大事です。

作成の手順は以下のようになります。

  1. 見出し「〇〇の自己紹介」(〇〇の部分は自由)
  2. 「経歴」
  3. 「自己紹介文」

では取り掛かりましょう。

まずはHTMLの基本的な準備です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-45-24

上の画像のように、編集してください。先ほどの画像と全く一緒です。(使っているテキストエディタによって文字の色は異なってきます。)

一点注意としてはtitleタグの中身はなんでも構いません。

titleタグの中の文字が実際にこのHTMLをブラウザに反映させた時にタブの部分に表示される文字となります。

ブラウザにHTMLファイルを反映させる方法は、保存したHTMLファイルをブラウザ上でドラック&ドロップするだけです。今回は以下のようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-07-38

ではbody要素の中身を書いていきましょう。

まずは、1、見出し「〇〇の自己紹介」(〇〇の部分は自由)の部分です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-11-29

このように見出しを作成すると。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-13-18

このように見出しができました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-14-48

また上の画像のようにalign属性にcenterという属性値を加えると、%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-16-14

このように見出しが真ん中に配置されました。このように自由にアレンジを利かすこともできます。

次に経歴を書いてみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-26-45

上の画像を参考に編集してみましょう。白い文字の部分はなんでも構いません。

上のコードについて説明を加えます。

table要素

表を作成するブロック要素です。この要素と以下に記述するth要素、tr要素、td要素を組み合わせることによって、表構造を作成することができます。

th要素

表の見出しを作成するブロック要素です。

tr要素

表の横方向の一行を定義するブロック要素です。

 td要素

表のデータを入れるブロック要素です。

こうすることによって、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-28-32

上の画像のように履歴の表ができます。

最後に自己紹介の部分です。こちらではpタグを使います。

pタグはひと塊りの段落を作ってくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-36-55

上の画像のように編集すると

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-4-40-53

このように自己紹介文が追加されます。

どうでしょうか。

HTMLではこのような単なる組み合わせで簡単にwebサイトが作れてしまうのです。

HTMLの相方「CSS」

どうやって文字に色つけるの?

と疑問に思った方も少なくないと思います。確かにHTMLだけでは素っ気ないWebサイトになってしまいます。

実は上のテックキャンプのWebサイトのような彩りがあるページを作る時に活躍するのがCSSです。

HTMLとCSSを組み合わせれば、様々なサイトが作れるようになります。

全ての属性やタグを覚えるのは不可のなので自分で作る際には、その都度目的に合わせて調べて進めるのが有効です。

bf8dbdb5fb396abefc03e5234322272b

HTMLのエラー対処法

プログラミングではエラーがつきものです。HTMLで何かを作成する際に、自分の思ったようにいかない場合に役立つエラーの対処法をご紹介ます。

サイト・ツールを利用する方法

HTMLのエラーに関しては数多くのエラーチェックサイトやツールが用意されているのでその一部をご紹介します。

1. The W3C Markup Validation Service

W3Cとは、World Wide Web Consortiumの略称でインターネットで使用される技術の標準化を推進するための団体です。W3Cは正しいHTLMソースコードについても勧告しています。

サイトに調査したいIRLを入力すると、W3Cが勧告するHTMLソースコードでサイトが作られているかをチェックすることができます。

チェックはページ単位で行われ、チェック結果はすぐにわかります。

エラーがない場合

w3c01_thumb

エラーがある場合

w3c02_thumb

上の画像のように問題箇所を勧告してくれます。

2. Another HTML-lint gateway

こちらは日本語サイトになっています。

機能としては1番目と変わりません。

したの画像のようにエラー箇所を勧告してくれます。

gateway_thumb

拡張機能を利用する方法

次はgoogle chrom拡張機能を利用した方法をご紹介します。

「HTMLエラーチェッカー」という名前の拡張機能です。

インストールはこちら↓からできます。

HTMLエラーチェッカー

こちらの機能もどの箇所に、どれだけのエラーがあるのかをチェックしてくれるので非常に便利です。

chrome-html-error-checker01

HTMLの基礎知識がついたら次は実践へ!

最初ソースコードを見たときはただの文字であったものが今では、少しサイトのイメージができるようになってきていませんか?

難しいことは一つもありません。HTMLの概念を理解し、あとは自分で作るなり、遊んでみるなり、実践あるのみです。

知識としてはとても膨大な量になるので、忘れてしまったときは調べればいいだけです。プログラミング学習は調べて実践するの繰り返しです。

わからないからと臆する必要はありません。

安心してください。あなたはもうHTML脱初心者できています。

今日得た知識をアウトプットしてみましょう。

以下の記事もぜひご参考ください。

【学生初心者必見】初めに覚える!HTMLタグ16選

↑目次へ戻る

【初心者向け】プログラミング学習法を徹底解説!

「プログラミングをやってみたいけど、何から始めればいいのか分からない……」

そんな方へ、テックキャンプのノウハウを詰め込んだプログラミング独学方法の資料を無料プレゼント中!

資料では「初心者のための学習ステップ」や「はじめての独学での注意点」など、プログラミング初学者が押さえておくべきポイントを紹介します。プログラミング学習に興味がある方は必見です。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement