ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

iPad/iPhoneでKindle本を読むには?手順を解説

作成: 2020.07.19 更新: 2020.07.18

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

「iPadやiPhoneでKindle本を読むにはどうすればいいのだろう…」

大手通販サイトAmazonが提供する電子書籍サービス「Kindle」。購入したKindle本を普段使っているiPadやiPhoneで読めたら非常に便利です。

しかし、iPad/iPhoneにデフォルトで搭載されている機能だけでは、Kindle本を読むことはおろか、購入さえできません。

では、どうすればKindle本を読めるのでしょうか。ごく簡単にできる手順をご紹介します。

iPad/iPhoneでKindle本を購入する方法

Kindle本は、Amazonで販売されている電子書籍専用端末「Kindle」で読むことを想定された電子書籍です。

そのため、iPad/iPhoneをそのまま使っていたのでは、Kindle本は読めません。

そこで利用したいのが、App StoreでダウンロードできるKindleアプリです。

ここからは、iPadでKIndleアプリをダウンロードし、電子書籍を購入するまでの手順を画像付きで紹介します。

iPhoneもほとんど同じ流れで設定可能です。

※ここからの説明は、Amazonアカウントを作成済みで、すでにKindle本を購入できる状態での手順です。Amazonアカウントがない方は、そちらの作成から行なってください。

Kindleアプリをダウンロードする

App Storeで「Kindle」などと検索し、Kindleアプリをダウンロードしてください。

アプリをダウンロードするだけでは、お金はかかりません。

ダウンロードが完了したら、Kindle本を購入する準備ができました。

実際に電子書籍の購入に移ります。

SafariなどのブラウザでAmazonを開く

次に、Google ChromeやSafariなどのブラウザでAmazonのWebサイトを開きます。

この時に注意したいのが、Amazonのアプリを開くのではなく、Webサイトの方を開くということです。理由は本記事の後半で説明いたします。

Amazonアプリもダウンロードしている場合、普通にクリックするとアプリの方が開いてしまいます。

検索で出てきたサイト名を長押しし、ブラウザで開いてください。

Amazonで販売されている本の中には試し読みできるものがあります。試し読みであればiPad/iPhoneでも購読可能です(Amazonアプリ上でも試し読みできます)。

また、Kindle Unlimitedに登録している場合、Kindle Unlimitedで読み放題の対象となっている本であれば購入する必要がないため、iPad/iPhoneでもそのまま購読できます。

欲しい本をKindleで購入する

購入したい本を検索します。購入する形式・仕様を「Kindle版(電子書籍)」に設定し、「注文を確定する」ボタンを押してください。

支払いが完了すれば、Kindle本がダウンロードされます。

これだけだと、どこに本がダウンロードされたのかわかりません。

ここで、先ほどApp StoreからダウンロードしたKindleアプリを開きます。

Kindleアプリで購入した本を開く

購入した電子書籍は、アプリ内の「ライブラリ」という項目にダウンロードされています。

画面に表示された本の表紙が、購入した書籍です。

読みたい作品の表紙をタップすると本が開き、iPad/iPhoneでKindle本を読めます。

少し手間がかかりますが、このような手順でKindle本の購入が可能です。

Kindleアプリを使って本を読むメリット

ここまでの手順を見て「やっぱり面倒だ」と感じた方もいるかもしれません。
しかし、Kindleアプリで電子書籍を読むことは、ダウンロードの手順の手間を上回るほどのメリットがあります。

どんなメリットがあるのか、紹介します。

何冊買ってもかさばらない

購入したKindle本は、全てアプリの中にダウンロードされます。

つまり、何冊本を買ってもアプリひとつあれば管理が可能ということです。

この点は、紙の本と比較て非常に優れている点だと思われます。

紙の本は、買えば買うほど広い保管場所が必要となり、かさばってしまいがち。

本の数にわせて本棚などを買うことも考えると、管理コストも気になるところです。

Kindleアプリなら保管も楽で、読みたい本もすぐ引っ張り出せる点は、大きなメリットとなるでしょう。

アプリを閉じても続きから読める

本を続きから読みたい時、紙の本であればしおりを使います。

Kindle本は電子書籍のため、しおりを挟むことはできません。

しかし、Kindleアプリでダウンロードした本は、途中でアプリを閉じても途中から読み始められます。

iPad/iPhoneの電源を切っても、同様です。

例えば、電車の中で本を読む方は駅で降りるため、とっさに本を閉じたい時もあるでしょう。

そんな際も、端末のホームボタンか電源ボタンを押すだけで閉じられ、開けば同じところから読めるので、非常に便利です。

購入履歴からおすすめの書籍を紹介してくれる

Kindleアプリの中には「カタログ」という項目があります。
このカタログは「新着タイトル」「今月のおすすめ」「カテゴリー別書籍」を紹介しているページです。

さらに、過去にAmazonで購入・閲覧した本の履歴から、おすすめの本も紹介してくれます。

「次に何の本を読もうかな」と考えた時、手軽に調べられるのがメリットです。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

iPad/iPhoneでKindle本を買うときの注意点

おすすめ書籍の紹介機能がある分、iPad/iPhoneを使ってKindleアプリから購入できると嬉しいものですが、それは実現できていません。

それには理由があります。

iPad/iPhoneではKindleアプリだけで本の購入は不可

Apple側のアプリに関する規約によって、電子書籍などのデジタルコンテンツをアプリ内で購入することができません。

これが、iPad/iPhoneでKindle本を、KindleアプリやAmazonアプリから直接購入できない理由です。

不具合や設定の問題ではなく、このような仕様であるため、ユーザーである私たちには変更できません。

少し手順が多くなってしまいますが、iPad/iPhoneでKindle本を購入するときは、本記事で紹介した方法をお試しください。

Android端末ならアプリから購入できる

ちなみに、「Fire」やAndroid端末では、ダウンロードしたKindleアプリから直接Kindle本を購入できます。

アプリ内にある「ストア」という項目から本を検索し(iPad/iPhone版にはありません)、ワンクリックで購入できるので、iPad/iPhoneよりも手軽に電子書籍が読めます。

電子書籍を読むならiPadとKindleどっちがいい?

Kindle本はAndroid端末だけでなく、もちろんKindleのタブレットでも直接購入可能です。

Kindle本を読むという点で見れば、同じタブレット端末でもiPadよりKindleの方が便利に思えます。

では、電子書籍を読むならiPadとKindleどちらがよいのでしょうか。迷った場合には、iPadとKindleのそれぞれのよさや利点を理解するとよいでしょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。