転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

プログラミングスクールに通うのは無駄?理由やスクールを有効活用する方法を紹介

更新: 2024.01.11

ITエンジニアを目指してプログラミングを始めたい!
スクールに通おうかと思ったけど、インターネットで調べてみたら『通っても無駄』という意見も多く、迷っている

このように感じていませんか?実際プログラミングスクールは受講料が高額なので、「無駄」という意見を見ると利用すべきどうか迷ってしまうでしょう。

そこで本記事では、プログラミングスクールに通うのは本当に無駄なのか考察します

あわせてプログラミングスクールに通った方が良いケースや、プログラミングスクールを有効活用する方法についてもまとめましたので、参考にしてください。

プログラミングスクールに通うのは無駄?

結論として、プログラミングスクールに通うのが無駄かどうかは、以下の点で判断が分かれます。

  • 受講者のプログラミングレベル
  • プログラミングスクールのサービス内容

例えば、すでに基本的なプログラミングスキルを身に付けており、実践で使えるような応用・発展的なスキルを習得したいと考えている方は、プログラミングスクールに通うことは無駄になってしまう可能性が高いでしょう。

プログラミングスクールは「未経験者が基礎的なプログラミングスキルを学ぶ」ことをコンセプトとしている場合が多く、高いレベルを求めて受講を始めると、期待外れな結果に終わってしまいがちです。

さらに、学習したいプログラミング言語や分野によっては、対応できないスクールもあります。

ITエンジニア・プログラマーへの転職サポートを行っているかどうかもスクールによって異なり、事前に調べないと希望のサービスを受けられずに終わってしまうことも考えられるでしょう。

受講者のスキルとスクールのコンセプト・サービス内容が合致しなければ、スクールに通っても無駄になってしまう可能性があります。

しかし「100%通う意味はない」とは言い切れません。スクールを利用した方が良いケースもあります。詳しくは後述します。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

「プログラミングスクールは無駄」といわれるのはなぜ?

まずは「プログラミングスクールは無駄」といわれているのはなぜか、よくある理由をまとめました。

  • プログラミングは独学できるから
  • 受講料が高いから
  • プログラミングの基本を学習する場だから
  • 思い通りの授業・サポートが受けられない可能性があるから

プログラミングは独学できるから

プログラミングは、パソコンと教材さえそろえば独学が可能です。

教材は書籍だけでなくインターネット上にも多数あり、昨今は個人でブログや掲示板、YouTubeなどを使ってプログラミングの解説などを行っている人も増えてきています。

ITエンジニアやプログラマーになる場合も、特殊な資格・免許は基本的に必要ありません。

プログラミングは自力で学習環境を整えるハードルが低く、教材も充実していることから「わざわざスクールに通って学習する必要はない」という意見を持っている人もいるのです。

受講料が高いから

プログラミングスクールの受講料は、スクールや受講するプランによって異なりますが、概ね数十万円から、高額なスクールだと100万円を越すこともあります。

数週間〜数ヶ月という長期の受講期間の総額ではありますが、決して安い金額ではないでしょう。

先述のとおり、プログラミングは独学も可能なことから「こんなに高額なお金を払わなくても学習できる」と考える人も少なくありません。

プログラミングの基本を学習する場だから

本記事の最初にお伝えしたように、プログラミングスクールの多くは「未経験者がプログラミングの基本を身につける場」として運営しています。

そのため、すでにハイレベルなスキルを身に付けている方は、スクールに通う必要はないと感じる可能性が高いでしょう。

思い通りの授業・サポートが受けられない可能性があるから

「プログラミングスクールに通ったけど、思ったような授業・サービスを受けられなかった」という経験から、無駄だと判断している方の意見も見られます。

プログラミングスクールの公式サイトやクチコミ情報では、どのような学習・サービス内容なのか全容を把握するのが難しい場合もあります。

すると、受講前に描いていたイメージと実際のスクールがかけ離れていたことで「期待と違った」という思いが生まれ「スクールは無駄だ」と考える人もいるようです。

プログラミングスクールに通った方が良いケース

無駄だと評価されることもあるプログラミングスクールですが、次のケースに当てはまる方は、スクールに通うメリットを充分に感じられることでしょう。

  • 何から始めれば良いのか全く分からない
  • プログラミングの独学に挫折したことがある
  • 独学より人に教えてもらった方が理解しやすい
  • 一緒に切磋琢磨する人がいた方がモチベーションが上がる
  • ITエンジニア・プログラマーの転職サポートを受けたい

何から始めれば良いのか全く分からない

プログラミングの教材は多数ありますが、多すぎてどれから着手すれば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

特にプログラミングに全く触れたことがないという方ほど、迷ってしまうでしょう。

確かにプログラミングは独学できますが、効率的に勉強するコツや手順、おすすめの教材などを知っていないと時間がかかってしまいます。

ある程度の基礎を身に付け、自力でソフトウェアなどの開発ができるようになるまで1年以上かかってしまうことも珍しくありません。

その間にモチベーションが下がってしまい、挫折してしまう人もいます。

プログラミングスクールでは、専門の教材を用意しており、数週間〜数ヶ月で基礎を身に付けるための学習カリキュラムが整っています。

何から始めれば良いのか、どうやって勉強を進めれば良いのか分からない方でも、すでに道順ができているスクールならば迷わず学習に取り組めるでしょう。

プログラミングの独学に挫折したことがある

過去にプログラミングを独学しようとしたけれど、挫折してしまったという方もプログラミングスクールの利用がおすすめです。

挫折してしまった当時の勉強方法には、何らかの問題があったと考えられます。

同じような勉強方法を再度試しても、挫折を繰り返してしまうかもしれません。その分の時間やお金が無駄になってしまいます。

スクールでは、これまでの受講生の意見などを参考に作成した教材を使用し、体系的にプログラミングを学ぶことができます。

独学で挫折した方でも、スクールで学び直すことでプログラミングを習得できる可能性があります。

独学より人に教えてもらった方が理解しやすい

自分は独学するよりも、人に教えてもらった方が物事を理解しやすいタイプだ」と分かっている方であれば、プログラミングスクールが学習の場として最適でしょう。

プログラミングスクールなら体系的にプログラミングを学べ、分からないことがあればすぐに講師・メンターに質問することができます。

スクールには、すでに知識を持っている人に教えてもらえる環境ができているので、独学が苦手な方でも安心です。

一緒に切磋琢磨する人がいた方がモチベーションが上がる

周囲に切磋琢磨する人がいるという環境そのものも、プログラミングスクールの特徴です。

中には受講生同士がチームを組み、模擬的な開発を行うスクールもあります。

自分一人で勉強をしてもやる気が出ないけれど、一緒に頑張っている人がいると分かるとモチベーションにつながる」という方は、プログラミングスクールの環境がうってつけでしょう。

ITエンジニア・プログラマーの転職サポートを受けたい

ITエンジニアやプログラマーへの転職を目指して、未経験の状態からプログラミングを学習する人も多いでしょう。

プログラミングスクールでは、プログラミング学習だけでなく、ITエンジニア・プログラマーへの転職サポートを行っている場合もあります。

ITエンジニア・プログラマー転職に詳しいキャリアアドバイザー(キャリアカウンセラー)が転職活動の相談に乗ってくれたり、求人の紹介をしてくれます。

こうしたサービスは、未経験からの転職を考えている人にとっては手助けになるでしょう。

プログラミングスクールを有効活用するには?

プログラミングスクールを有効活用するには、どのようなことを意識するべきなのでしょうか。

ここで紹介することを確認した上で、受講を開始しましょう。

  • なぜプログラミングを学ぶのか目的を明確にする
  • 自分のプログラミングスキル・知識を事前に把握する
  • 学習したい分野・利用したいサポートがあるか確認する

なぜプログラミングを学ぶのか目的を明確にする

プログラミングを学ぶ目的・理由を明確にし、それを達成できるプログラミングスクールか判断してから通いましょう

例えば、エンジニア・プログラマーに転職したいなら転職サポート付きのスクールがおすすめですし、教養としてプログラミングを学びたいなら、プログラミングの基礎を中心に学習するスクールがおすすめです。

このように目的が明らかになっていると、その目的に沿ったスクールも見つけやすくなります。

自分のプログラミングスキル・知識を事前に把握する

すでに高いレベルのプログラミングスキルを習得していたり、基本的な知識は一通り身に付けていたりする方だと、プログラミングスクールで学習するレベルでは満足できないかもしれません。

自身のスキル・知識がどのレベルなのか改めて見直した上で、スクールに通うかどうか考えるべきです。

スクールのレベルはさまざまですが、多くは未経験〜初心者向けであると考えた方が良いでしょう。

自分で判断するのが難しい場合は、本記事の最後に紹介するプログラミングスクールの体験会やカウンセリング(相談会)に参加するのがおすすめ。

そのスクールで学習するレベルと自身のレベルを実際に体験・相談しながら比較できます。

学習したい分野・利用したいサポートがあるか確認する

自身が学習したい分野・利用したいサポートがあるスクールかどうか、事前に確認しましょう。対応できないスクールに通うと、期待通りの成果が得られず無駄に感じてしまうかもしれません。

事前に公式サイトでサービス内容を確認したり、先述の体験会やカウンセリングなどを利用したりしてください。

テックキャンプを利用した方の体験談

弊社が運営するプログラミングスクール『テックキャンプ』には、プログラミング未経験の状態で受講し、ITエンジニアとしてのキャリアをスタートした受講生が数多くいます

参考までに、受講生にテックキャンプ受講中の様子をインタビューした記事を一部紹介。

  • 看護師からITエンジニアへキャリアチェンジ
  • プログラミング未経験から年収1,000万円超えのフリーランスITエンジニアへ
  • プログラミング未経験からスタートし3社内定獲得

看護師からITエンジニアへキャリアチェンジ

看護師として働いていた春日(かすが)さん。

仕事にやりがいを感じていたものの「いつまで働けるか分からない」という不安と、看護師の仕事の中で最先端のヘルスケアソリューションを体験したことからIT業界への転職を希望しました。

その後、テックキャンプを受講し、ITエンジニアに転職。医療業界からIT業界という大幅なキャリアチェンジに成功しました。

プログラミング未経験から年収1,000万円超えのフリーランスITエンジニアへ

営業職として働いていた工藤(くどう)さん。

仕事を通してITエンジニアという職業について知ったことと、プログラミングという目に見えるスキルを身に付けたいと考えたことをきっかけに、テックキャンプを受講しました。

当時、プログラミングはほぼ未経験の状態でしたが、ITエンジニアへの転職に成功。その後はフリーランスとなり、年収1,000万円超えを達成しました。

プログラミング未経験からスタートし3社内定獲得

市役所や学習塾などを経験してきた比田井(ひだい)さん。

転職をする中で、元ITエンジニアだったお母様からITエンジニアの話を聞いたことをきっかけに、テックキャンプを受講。

プログラミング未経験の状態から学習をスタートし、見事3社の内定を獲得しました。

まずは無料体験・カウンセリングを利用するのがおすすめ

プログラミングスクールの公式サイトやクチコミ情報だけで、あなたにとって本当にスクールの受講が無駄なのか、自身にあったサポートが受けられるのかどうか判断するのは難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、プログラミングスクールの無料体験会や無料カウンセリングを利用することです。

スクールによっては、受講前にスクールの雰囲気やサービス内容などを知ることができる機会として、無料体験会やカウンセリングを実施していることがあります。

こういった体験会・カウンセリングに参加することで、スクールの必要性をより正確に判断することができるでしょう。

いきなり入会するのではなく、まずは体験会・カウンセリングを利用してみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement