転職
社内SEとは?仕事内容や年収、転職するために必要なスキルについて解説

社内管理システムの保守・運用などを行う社内SE。

残業時間が比較的少なく、納期に追われることもあまりないため、仕事とプライベートを両立しやすいIT職種として人気の職業です。

今回は、そんな社内SEに焦点を当て、具体的な仕事内容、年収、必要なスキルや、未経験から社内SEを目指す方法を解説します。

この記事のまとめ

社内SEは自社システム運用を行うSE

社内SEとは、文字通り社内で管理しているシステムの運用や保守点検を行うシステムエンジニアです。

システムの使い方などに関する問い合わせ、トラブルへの対応、定期メンテナンス、パソコンやネットワークの設定など、社内のITに関連する様々な業務を行います。

基本的に自社社員からの依頼や問い合わせを受けて自社内で作業を行うため、社外のクライアントとの直接的な関わりが少ないです。その反面、自社社員との様々な部署との関わりを持つ職種でもあります。

社内SEとして働くメリット・デメリット

社内SEとして働くメリットとして、残業時間が少なく、プライベートの時間を確保しやすいことが挙げられます。

これは、社内SEはすでに運用されているシステムのメンテナンスやトラブル対応などが主な業務であり、外部のクライアント向けにシステム開発を行うシステムエンジニアよりもルーチンワークが多いためです。

また、新しいシステムの導入や制度変更に伴う設定変更作業などにおいても、社内SEにとっての「クライアント」は同じ職場の社員です。そのため、納期やスケジュールに融通がききやすい、ということ理由の一つでもあります。

社内SEとして働くデメリットとしては、業務内容が自社システムの運用に限定されることでルーチンワークが多く、エンジニアとしてのスキルアップや新しい技術に触れる機会が少ないことがあります。

その他のメリットデメリットについてはこの後の記事で詳細に解説しています。

社内SEは人気が高い

社内SEは他のエンジニア職種に比べると人気が高い職種です。

年収の相場は500万円ほどとそれほど高くはありませんが、残業が少なく仕事とプライベートが両立しやすい点が人気の理由となっています。

最近、「働き方改革」といった言葉がよく言われているように、ただ収入が高ければよい、というわけではなく「仕事のやりがい」「収入」「プライベート」のバランスを重視する人たちからの人気が特に高い職業です。

また、必要となるスキルが社内のシステムに関するものに限定されるため、就職する際のハードルも低く、エンジニア経験のない人でも採用されやすいことも人気の理由の一つです。

一方で、社内SEは多く会社において少数精鋭で業務をこなしており、外部のクライアント向けのシステム開発を行うシステムエンジニアよりも求人が少ない傾向があります。採用枠1~2人に100人以上の人が応募することも珍しくありません。非常に競争率の高い職種でもあります。

社内SEになるために身に着けておくべきスキルについては、この後の記事で詳細に解説しています。

初心者が社内SEを目指すならプログラミングスクールに通おう

求められるスキルが限定的であるとはいえ、社内SEになるためにはプログラミングスキルは必須です。

プログラミング経験がない状態から社内SEを目指すのならば、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

スクールでは初心者にもわかりやすいように何度も改良を加えたテキストを使い、メンター(講師)が学習の手助けをしてくれます。

学習を挫折する可能性が低くなるだけでなく、学習の効率化も図ることができます。スクールならば最短で3ヶ月〜半年ほどで実践レベルのプログラミングスキルが身につけられるのも魅力の一つです。

さらに、転職サポート付きのスクールならば、キャリアアドバイザーが面接対策や希望にあった求人の紹介を行ってくれます。初めてのエンジニア転職でも、自信を持って取り組めることでしょう。

社内SEへの転職を真剣に考えるのであれば、まずはスクールで開催している無料の相談会を利用してください。あなたのキャリアについて担当者に相談して、どのようなステップを踏むべきなのか、一緒に考えていきましょう。

無料相談の詳細をみる

社内SEとは?主な仕事内容は?

社内SEとは、主に自社内のシステムを担当するシステムエンジニアのことを指します。

社内で利用しているシステムの運用・保守点検、セキュリティの強化、トラブルシューティングなど、社内のシステム関連のあらゆることに対する責任を担うポジションです。

依頼や問い合わせを受け、メールや電話で対応方法を回答したり、直接現場に出向いてトラブルなど原因調査を行います。

通常のシステムエンジニア(SE)と社内SEの違い

通常のシステムエンジニア(SE)と社内SEとの違いは、エンジニアが担当するシステムが社外向けであるか、社内向けであるかという点にあります。

システムエンジニアとは、一般的に社外のクライアントを持ち、クライアントとの要件定義の結果に従って、クライアントの要望を満たすシステムの設計や仕様の定義を行うことが主な業務です。(会社によってはコーディングやテストなどの下流工程もシステムエンジニアが行うこともあります)

企業の規模やエンジニアの人数によっては、システムエンジニアが社内SEの役割を兼任していることもあります。しかし、担当するシステムの利用者が社内・社外かによって所属する部門やポジションの名称が異なっていることが一般的です。

ヘルプデスクと社内SEの違い

社内SEと同じような業務を行っている職種として、ヘルプデスクをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

ヘルプデスクは、自社商品の設定方法や使い方や、簡単なトラブルやその他の商品・サービスに関する問い合わせに対応する職種です。システムエンジニアと同様に社外のクライアントやユーザーのためのヘルプデスクと、社内の他の部署の従業員のための社内ヘルプデスクの2種類があります。

実際のところ、社内SEと社内ヘルプデスクには、職種として明確な定義分けはありません。

しかし、社内SEがシステムの構築・保守などを担当し、トラブルに対してもITやプログラミングの知識を活用して解決することが基本です。その一方、ヘルプデスクは電話やメールでの操作方法の説明など、問い合わせ(質問)に対して回答することが基本の業務内容としています。

「提供しているサービスのレベル(対応する問い合わせのレベル)」や「問い合わせに対応するために必要なスキル・知識」に違いがあるというわけです。

また、企業の規模によっては、社内SEがヘルプデスクの役割を担っていることもあります。

参照:ヘルプデスクの仕事内容や年収、キャリアアップの方法について解説

社内SEとして働くメリット

次に、社内SEとして働くメリットについて解説します。

納期に融通がききやすい

社内SEの業務の特徴として、一般的なシステムエンジニアと比べて納期に追われることが少ない、ということがあります。

これは、多くの企業において社内SEの主な業務はすでに稼働しているシステム・サービスの保守であり、「新しいシステム・サービスを開発する」ことが社外クライアント向けにシステム開発を行うシステムエンジニアよりも少ないためです。

新しいシステムやサービスを導入する場合や、仕様や環境設定を大幅に変更する場合などは納期が設けられていることが一般的です。それらも社内向けであることで、スケジュールの調整など融通がききやすいことがあります。

残業時間が比較的短い

納期に追われることが少なく、スケジュール調整が比較的柔軟に行える社内SEは、残業時間が一般的なシステムエンジニアと比べて短いことも特徴の一つです。

社外クライアントのシステム開発の場合、締切までに納品が出来ないと違約金などが発生することもあり、会社としての信用にも関わります。

そのため、社外向けのシステム開発を担当するエンジニアは、納期に間に合わせるために夜遅くまで残業をしなければいけない場面も出てきます。

一方、社内SEの場合、社内SEが残業をすると残業代が発生するため、複数の仕事を同時に抱えている場合などは納期が調整されることもあり、残業があまり発生しないという違いがあります。

システムエンジニア=激務というイメージがある中で、社内SEは比較的余裕を持って仕事ができる職種と言えます。

対応するシステムが限定的

クライアントのニーズに応え、課題を解決するために様々なシステム開発を行うシステムエンジニアに比べて、社内SEは担当するシステムが限られています。

基本的には、自社内で稼働しているシステムの保守・点検が担当する仕事です。

必要とされるプログラミング言語やスキルも限定的になるため、幅広いスキルや知識を持っていなくても、自社システムの仕組みさえ理解していれば業務をこなすことが出来ます。

社内SEになるデメリット

残業時間が比較的少ないことや、必要とされるプログラミングスキルが限定的である点などのメリットでした。その反面、社内SEという職種ならではのデメリットもあります。

複数の部署の依頼を一手に引き受ける

社内の様々な部署からシステムに関連するトラブル対応、問い合わせ、仕事の依頼を受けることになる社内SEは、いくつもの案件を並行して取り組まなければならないケースがあります。厳密なスケジュール管理をしなければすべての案件に対応できないでしょう。

また、新入社員が多く入る春や大規模な人事異動が行われた直後など、社員がまだシステムの利用に慣れていない時期は、問い合わせや依頼が集中して忙しくなる可能性もあります。

いくつかの業務を並行して行わなければいけないことや、業務が集中する時期の忙しさ(繁忙期)といったデメリットは社内SEだけでなく、他のエンジニアやIT系職種でも起こり得ることです。しかし、社内SEは会社によっては数人しか居ないこともあり、少ない人数で多くの依頼に対応しなければいけない、という難しさがあります。

トラブルに関連する仕事が多い

ヘルプデスクと同様、システムやサービスの利用者からの問い合わせや作業依頼には、トラブルに関するものも多くあります。

システムに関するトラブルを対応する社内SEは、社内の他の部門の社員から見ると「トラブル解決のエキスパート」であり、「社内SEに連絡するときっとすぐに解決してくれる」という大きな期待感を持って連絡してくることでしょう。

また、問い合わせをする依頼主は、問い合わせを受ける社内SEの業務の状況や忙しさを当然知らないため、自分の業務の都合に合わせて「今すぐ解決してほしい」「今日中に対応方法を教えてほしい」といったように優先対応を求めることもあります。

中には、冷静さを失い社内SEに対して高圧的な態度を取ってしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、すぐに解決できない問題、詳しい調査が必要なトラブルも多くあるのが現実で、そういった場合は依頼主に対して冷静に状況を説明することが求められます。

「同じ会社の社員」という関係であることで、無理な要求をされたり、時には失礼な態度をされたりすることもあり、日々の社内からの問い合わせ・依頼の対応に苦労やストレスを感じる社内SEも多くいます。

社外に出ることが少ない

社内エンジニアはその名の通り、会社の中での業務がほとんどで、社内での会議などを除けば自席で作業をします。

同じシステムエンジニアでも、客先常駐エンジニアのように基本的に社外(クライアント先)で作業を行うエンジニアとは真逆の環境で働いているのが社内SEです。

夏の暑い日や冬の寒い日、あるいは強い雨が降っている日などにクライアントとの打ち合わせのために外出しなければいけないシステムエンジニアや営業と違い、社内に留まって仕事ができる社内SEは、「移動がなくて楽」と感じるかもしれません。

しかし、社内や自席でずっと作業を行っていることでストレスがたまったり、集中力が切れやすくなってしまうことも多くあります。うまく気分転換する方法を見つける必要があるでしょう。

以下の記事では、仕事でストレスがたまったり、イライラしてしまった時の対処法についてまとめています。合わせてご覧下さい。

参照:どうしても治らない仕事でのイライラを解消する方法を解説

ルーチンな作業が多く技術が磨けない

自社システム・サービスを担当することで、限定的なプログラミングスキル・ITの知識でも社内SEの業務をこなすことが出来る、という点をメリットの一つとして挙げました。その一方で、業務内容がそういったシステムやサービスの保守に限定されることで、新しい技術を身につけることが難しいことがデメリットの一つです。

社内SEとして年次を重ねることで、より深い知識や新しいスキルを身につけることも出来ますが、社内システムは各会社独自に構築されている場合が多いため身につけたスキルが他の会社では使えないこともあり得ます。

会社によっては、古い技術や昔のプログラミング言語のままで運用していることもあるため、最新技術や新しいスキルを身に着けたい、と考えている人にも不向きかもしれません。

社内SEはこんな人におすすめ

残業時間が少ない一方で、新しいスキルを身に着けにくい社内SE。しかしながら、どのような職種においても向き不向きといったものがあります。

次は、どのような人が社内SEに向いているのかを解説していきます。

ワークライフバランスを重視する人

社内SEは、システムエンジニアの中でも残業が少ない職種であるため、ワークライフバランスを重視し、仕事終わりの時間や休日などを有効に使いたい人に向いている職種と言えます。

デメリットの一つとしてあげた「定期的な作業が多く技術が磨けない」は、逆に考えると社内SEとしての経験を積んでいくことでより効率的に作業を進められたり、問い合わせや依頼の対応にかかる時間を短くすることができる、というメリットとも言えます。

社内SEとして働くことで、仕事はきっちりとやりながら、プライベートの時間はちゃんと確保することが出来るでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

社内SEに必要なスキルについてはこの後詳しく解説しますが、求められる能力の一つがコミュニケーション能力です、

社内SEは、会社内のあらゆる部署から作業依頼を受けるため、各部署の関係者に連絡を取ったり、スケジュールを調整したりなど社内の人々とのやり取りが多く発生します。

初めての人との会話もストレスなく行える、スケジュール調整などのやり取りも苦にならない、という人は社内SEとして活躍できるでしょう。

裏方の仕事が好きな人

社内SEは、システムの運用や保守点検が主な仕事となるため、会社の経営や売り上げに直結しない裏方の仕事であることが一般的です。

また、会社ではシステムが問題なく稼働し続けるのは当然のことであるため、システムが正常に動くよう管理している社内SEは評価される機会が少ないのが現状と言えます。

トラブルを解決した場合についても、解決したという良い面よりも「なぜトラブルが起きてしまったのか」という悪い面に着目されることもあるかもしれません。

それでも会社全体を支える裏方の仕事にやりがいを感じられるのであれば、社内SEは向いているでしょう。

スケジュールの管理・調整が得意

社内SEは自分でプログラミングをするだけでなく、作業を外注することもあり、そういった場合は外注先とのスケジュール管理・調整も業務に含まれます。

自分の作業だけでなく、外部のSEとのやりとりや、スケジュール管理、作業スピードの調整などのスキルも問われるため、このような管理・調整が得意な人は社内SEに向いていると言えるでしょう。

自社の事業や業務内容に詳しい人

自社内のシステムを担当する社内SEは、会社の事業や様々な部署の業務内容について理解していると仕事がしやすくなる、という点があります。

ITやシステムに関する分野だけでなく、自社の業務内容、各部署の担当業務、各現場でのシステムの使われ方などについても興味を持ち、理解を深めようとする人は社内SEとして活躍できる可能性は高いでしょう。

石田ゆり 石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー