テックキャンプのキャリア相談
資料請求はこちら

転職に最適な時期はいつ?一番良いタイミングを理解して損せず転職しよう

公開: 2018.03.29 更新: 2020.03.04

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

転職には最適なタイミングがあることをご存知でしょうか?

タイミングを見誤ってしまうと転職後に後悔することになりかねません。

転職は人生の一大イベントです。後悔しない転職をするために最適な転職時期を理解しましょう。

この記事のまとめ

本記事では、転職のタイミングについて非常に細かく解説しています。

そのため、まず大まかに内容のまとめをいたします。こちらをお読みいただくだけで概要が理解できるでしょう。

より詳細に転職のタイミングを知りたい方はまとめ以降の項目も読み進めてください。

転職に適した時期は2〜3月、9〜10月ごろとされている

基本的に転職に適した時期は2〜3月、9〜10月ごろとされています。

理由としては年度末や期末は退職者が増え、その補充のために求人を出す企業が増えるためです。

外資系は10〜12月

外資系企業の場合は10〜12月が転職に適した時期とされています。理由は外資系企業の会計年度の開始が1月からのためです。

新しい年度が始まるにあたり、人材を採用するため10〜12月ごろに求人を出す企業が増えます。

業界や企業、個人の持っているスキルによって転職時期は異なる

業界あるいは企業によって転職に適した時期は異なることもありますので、情報収集は必要です。

求人が増える時期だけでなく、自分の持っているスキルの面からも転職するタイミングは重要になります。

いきなり転職しようとしても、スキルや経験不足で転職できない場合もあります。

特に中途採用の場合はスキルが重視されますので、求人に見合ったスキルを持っているか、自分自身の市場分析を行ったうえで検討しましょう。

スキルが不足している場合は一旦転職を先送りにし、十分なスキルを身につけてから転職することも考えるべきです。

転職に適した時期

転職に適した時期はいつなのでしょうか。最適な時期について詳しく説明していきます。

2〜3月または9〜10月ごろが狙い目

一般的に年度末は求人数が増えます。その理由として大きなものが、「退職者の補充を行なうため」とされています。

転職を考える人が多いということは、退職者も同じだけ増える時期でもあるのです。退職者の穴を埋めるべく、企業は中途採用の募集をかけます。

日本では年度末は3月、上半期の終了が9月となりますので4月、10月から転職者を迎え入れることを目的に求人を出すことが多くあります。

求人数が増えますが転職者の数も増えますので必然的にライバルの数が多くなります。

条件のよい求人には応募者が多く集まる傾向がありますので、内定を獲得するためには相応の準備をして応募することをおすすめします。

なお、引っ越しを伴う転職の場合、3月は引っ越し業者の繁忙期のため希望する日程で引っ越しができずに入社日に間に合わないことも予想されますので内定が決まったら速やかに引っ越し業者を予約するようにしましょう。

外資系企業は10〜12月が最適

外資系企業の場合は10〜12月ごろが転職に最適な時期とされています。

それは、外資系企業は会計年度の開始が1月からであるためです。

年度を始めるにあたり新たなる人材を採用するため、1月の前の時期、10〜12月ごろに求人を出す企業が増えます。

外資系企業へ転職を考えている場合は、10〜12月ごろを狙うといいでしょう。

転職に適した時期以外にも、転職はできる

2〜3月、9〜10月に転職しなければならないわけではありません。その他の月でも転職は可能です。

しかし、年度の途中で転職をする場合、時期によっては中途採用の求人数が少ない場合があります。

特に繁忙期は会社としても事業が忙しく、中途社員の受け入れ態勢が整っていないことが多いため、求人自体を出していないことが考えられます。

例えばエンジニアに転職したい場合。年間を通して採用活動が行われているため転職すること自体は可能ですが、自分が希望する企業への転職や、希望する条件で転職できるかどうかはわからない、という点は理解しておきましょう。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。教室でもオンラインでも学習が可能です。

テックキャンプには「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」があるので、転職成功率は98%以上!実際に受講した人の体験談はこちら

今後のキャリアに迷っているなら、一度無料カウンセリングで相談してみませんか?無理な勧誘は一切致しませんので、お気軽にどうぞ。

勤続年数によっても転職のタイミングは変わる

短い期間で転職を繰り返しているのなら注意が必要

もし短い期間、例えば半年や1年以内で転職を繰り返しているようならば注意が必要です。
職務経歴書を見た面接官が「この人は長期間働いてくれないかもしれない」という印象を抱いてしまう可能性が高いです。

面接官を納得させるだけの理由があれば問題ありませんが、説得力がない退職理由であれば書類選考の段階で内定見送りになることがほとんどです。

そのため、やむをえない事情がない限りはできるだけ長い期間同じ会社に勤めてから転職することをおすすめします。

一般的には3年が目安とされていますので転職したい場合は最低でも勤続3年を区切りにしましょう。

第二新卒は転職に有利なのか

プログラミングスクール第二新卒と呼ばれる期間があります。
第二新卒と言っても定義は企業によって違います。一般的には新卒入社してから勤続年数が3年未満の場合、転職する際には第二新卒として扱われることが多い傾向があります。

第二新卒者を積極的に採用する企業は増えており、

・報告、相談、連絡などの基本的なビジネスマナーは覚えているので、新卒を教育するよりもコストがかからない
・年齢が若いので社風にもなじみやすい

などが理由として挙げられています。

ただ、第二新卒は評価されやすいとはいえ、新卒入社後3年未満という短い期間で退職していることには変わりません。

面接官にも「転職したとしてもまた短い期間でやめてしまうのではないか」という印象を抱かせてしまう場合もあります。ビジネスマナー、スキルがあることに加え、意欲をアピールすることが重要です。

20代中盤くらいの年代の社員が転職を考えるのならば、第二新卒の期間で行うか、勤続年数を長くするか、判断が分かれます。

別業界からエンジニア業界への転職であれば第二新卒、エンジニア業界内で転職するのであれば勤続年数を長くするのがおすすめです。

金銭面から転職の時期を考える

転職時期を考える目安として、金銭面も考慮しましょう。

転職するタイミングによってボーナスがもらえなかったり、昇進などによって給与が増える場合は転職時期を再考したほうがよいケースもあります。

ボーナスをもらってから転職

1年間のうち夏のボーナス、冬のボーナスと2回のボーナスを支給する会社が多く、一般的な支給月は夏は6月、冬は12月。
転職する際にボーナスをもらってから転職するか、ボーナスをもらわずに転職するかで収入が大きく変わってしまうため、悩む人は多い傾向にあります。

ボーナスを貰い、転職のタイミングを求人が増える時期に合わせるのならば7〜8月、または1〜2月くらいから転職活動を始めて、10月、3月ごろに転職を完了させるスケジュールになるでしょう。

転職先が決まっていない状態で退職するのであれば、先々の収入面で不安が残るためボーナスがもらえる月まで働いてから退職し、転職活動を始めるのがおすすめです。

なお、会社によってはボーナス支給月に退職済みでもボーナス算定期間に在籍していたのであれば支給してもらえます。会社の給与規則を確認してみましょう。

昇進してから転職

自分が転職を考えていた時期と、昇進のタイミングが重なるという場合もあるでしょう。
この場合も転職を悩むことになります。

どうしても早くに転職したい理由がなければ、まず昇進することをおすすめします。

昇進すれば給与が上がりますが、役職も上がれば役職手当などで更に給与が上がる可能性があります。

また、昇進をきっかけに社内でのキャリアアップを図る機会が与えられる可能性もあります。さらに、昇進することで転職の際にリーダー職や管理職としてよりよい条件で転職できる可能性が広がります。

給与面が不満で転職しようと考えているのならば、昇進と昇給を受けてみてからでも遅くはないでしょう。その後のキャリアアップにつながるのであれば、さらに給与が上がる可能性もあります。

マネジメントスキルを身につけよう

また、リーダー職などの中途採用は、前職でもリーダー職やマネジメントの経験が求められることが多いです。

そのため、昇進を受けてからマネジメント経験を積んで転職するキャリアプランに変更することをおすすめします。

もちろんデメリットもあり、昇進すると役割範囲や担当範囲が広がることが一般的ですので、仕事が忙しくなったり、責任ある立場になることで今の職場を簡単に辞めることができない状況になることが想定されます。

辞める場合は後任への引継ぎまで視野に入れて転職プランを検討する必要が出てきますので覚えておきましょう。

あなた自身の置かれた状況から、昇進前後どちらでの転職がメリットとなるのか、冷静に考えた上で決断することが必要です。

退職金をもらえる勤続年数をクリアしてから転職

退職金が支給される企業もありますが、退職金が支給されるには規定の勤続年数を設けている会社が多くあります。

転職活動の資金や、転職直後の生活で経済的な不安があるのであれば、退職金をもらえる勤続年数をクリアするまで働くことをおすすめします。

なお、退職金制度の代わりに確定拠出年金制度を導入している企業であれば、これまで積み立てた年金は退職後も有効になりますので会社規則を確認してみましょう。

参照:りそな銀行

失業手当給付期間を考える

転職活動中に、失業手当を貰う方もいるかと思います。
収入がなくなる期間を支える大切な手当となるでしょう。

しかし、失業保険は特定の期間「被保険者期間」(雇用保険の被保険者だった期間)がなければ給付されません。

自己都合退職の場合、退職日以前の2年間に被保険者期間が12か月以上(1ヶ月ごとに区切った時、賃金の支払い対象となる日が11日以上ある月が12ヶ月以上)必要となります。

また、自己都合退職の場合、失業手当の給付制限があり、給付開始は退職から3ヵ月後からとなる点も注意が必要です。

キャリア転職する場合は自己都合退職がほとんどだと思いますので、失業手当の給付期間を考えた上で転職を決めることも場合によっては必要となるでしょう。

ご自身の転職プランに合わせて決めることをおすすめします。

自分のキャリア・生活面から転職時期を考える

引き継ぎの作業などを考える

あなたが現職で行っている仕事内容から転職時期を考える必要もあります。

仕事の難易度や量によっては、他の社員への引き継ぎ作業にも時間がかかるはずです。

マネジメント職や専門スキルが必要なエンジニア職の場合は、後任の人材のあてができるまでは引き継ぎもできないことがありえます。

この場合「今週退職する」「来週退職する」といった短い期間での退職は難しいでしょう。

「辞める会社なので後の事は知らない」と無責任に辞めてしまうと、残された社員に非常に迷惑がかかってしまいます。

会社は辞めてもその会社の人とは付き合いが続くこともあるでしょうし、例えば、エンジニア業界では転職先の会社と会社間で取引があれば、転職後も一緒に仕事することは大いにありえます。

円満退社できるように転職のタイミングを決めることが大切です。

経験やスキルは身についたかを考える

プログラミングとは中途採用では、前職での経験やスキル、成果が合否に大きく影響します。
中途社員に求められるのは即戦力になれるかどうかです。

転職を考えた時は、自分は十分に経験やスキルを身につけられたかどうか考えてみてください。

転職先の異なる環境でもやっていける自信があるか、が判断基準となります。もし不安があるようであれば、今の職でもっとスキルを磨き、自分自身の市場価値を高めることを目指しましょう。

新卒採用の時とは採用基準が異なり、熱意や可能性だけでは採用されず、実績やスキルをシビアにチェックされることを理解しておいてください。

出産してから転職の方がいい?

ライフプランとして結婚・出産を考えている人も多いと思います。転職を考える際に出産前後、どちらのタイミングで転職をするべきでしょうか。どちらにもメリット、デメリットがあります。

出産前に転職する場合のメリットとして、子供がまだいない状態なのでフルタイム・残業可能を条件として転職活動できるため求人の選択肢が広がることがあげられます。

デメリットは転職後の一定期間は出産しにくくなることです。転職後は新しい環境に適応することが最優先となります。また、転職直後の出産はあまり歓迎されません。

なお、妊娠中の転職活動は転職後に1年経たずに出産・産休となる点、体への負担が大きい点からやめておきましょう。

出産前に転職する場合は将来の出産に備えて産休・育休などの福利厚生が整っているかを転職先選びの条件に含めた上で転職活動しましょう。

出産後に転職する場合のメリットとして、現職の環境で産休・育休を取得することができるため、時間的にも急ぐことなく今のキャリアをきちんと積んだ上で転職できることがあげられます。

デメリットは出産や育児を終えてから転職するとなると、転職のタイミングが数年先となってしまい希望するキャリアプランから遠回りになってしまうことです。

数年先の転職市場が今と同じ保証はありません。また、年齢も上がるため求人数も限定されてきます。現職での育児期間中にキャリアを積み重ねていくことが大切になります。

出産前後どちらのタイミングで転職するのか、自分自身の状況と会社・転職市場の状況の双方を考慮した上で判断するようにしましょう。

エンジニアの転職時期の例

エンジニア転職の場合、他の業界と比較すると、時期にかかわらず転職しやすい業界でもあります。

むしろ持っているスキルが重視される業界ですので比較的自分のペースで転職活動することができます。

エンジニアは引く手数多で、採用は年間通して行われている

プログラミング独学経済産業省の調査によるとITエンジニアは2016年時点で17万人不足しており、2030年には最大で79万人不足すると言われています。
そのため、どの企業においてもエンジニアの深刻な人材不足が続いており、エンジニアの転職は売り手市場となっています。

一般的には3月や9月に求人数が増えますが、IT業界では多くの企業が年間を通して採用活動を行っていますので、他の業種と比較してITエンジニアは時期にかかわらず転職しやすい職種といえます。

また、ITエンジニアはキャリアアップを目的として転職することが一般的になってきており、他の業種と比べて転職することは珍しいことではありません。

転職が身近なものであることはエンジニア向けの転職セミナーや転職フォーラムが定期的に開催されていることからもうかがえます。

VR・AI(人工知能)のスキルを身につけているとなお転職しやすい

最近のIT業界で注目を集めている分野としてVR(バーチャルリアリティ)とAI(人工知能)があります。
いずれも数多くの企業がビジネスモデルへの導入を検討しており、システム適用に向けて技術開発を進めています。

VR(バーチャルリアリティ)は仮想現実とも呼ばれていて、現実と同じような空間を体験できる技術を指します。

ヘッドマウントディスプレイや専用ゴーグルを着用することで360度の3D世界を描画し、あたかもその空間にいるような感覚を体験することができます。

現在はゲーム機でVRが活況となっていますが医療分野でもVRを手術訓練に活用するなど、様々な分野で現実に近い形でシミュレーションすることができるVR技術が注目されています。

VRエンジニアとして求められるスキルはハード面とソフト面でそれぞれあります。VRはヘッドマウントディスプレイをハードとして使用することが前提のため、ヘッドマウントディスプレイについての知識や開発方法を理解する必要があります。

現在主流のものは「Oculus Rift」「HTC Vive」の2つ。またスマートフォン向けVRアプリのプレイに適した「GearVR」「Google Cardboard」も人気です。

いずれも規格が異なるため、それぞれの仕様を理解するようにしましょう。また「Unity」を使用してVR開発を進めることが多いため、「Unity」の開発スキルや開発経験が必要となってきます。

AI(人工知能)とはコンピュータが自ら考えて適切な結果を出す技術のことであり、実用化するためにはコンピュータに膨大な情報を学習させる必要があります。

この学習の仕組みは、機械学習やディープラーニングと呼ばれます。

AIの活用手段としてデータをコンピュータにインプットし、膨大な結果データから適切な結論を学習させます。コンピュータは新たなデータがインプットされた際に学習結果に基づき、結果を導き出します。

コンピュータの学習効果を向上させるためにAIエンジニアとして2つのスキルが必要となります。データ分析スキルと、AI開発に適したプログラミング言語のスキルです。

データ分析スキルでは学習インプットとなるデータの解析、加工やグルーピングなどのマイニングスキルが必要となります。ビッグデータを取り扱えるスキルがあれば尚よいでしょう。

AI開発では、プログラミング言語として「Python」が最も利用されています。
「Python」にはAIに必要となる数学的理論の代替となる豊富なライブラリが用意されています。

またMicrosoft AzureやAmazon Web Serviceなど、ベンダーが提供しているAIプラットフォームを利用してAI開発を行なうことも一般的になってきているためこれらのプラットフォームスキルも必要になってきます。

VRやAIを扱える技術者はまだまだ少ないため、スキルを身につけていると様々な企業に好条件で転職することができるでしょう。

VRエンジニアやAIエンジニアを積極的に採用する企業も増えているため、VRやAIのスキルを身につけることは非常におすすめです。

なお、いずれも新しい分野ですのでインターネットで収集できる情報には限りがあります。本格的にスキルを身につけたいのであればプログラミングスクールを活用することも検討してみてください。

プログラミングスクールでスキルを身につけてから転職

エンジニア転職の場合、未経験であったり、スキルに自信が無いと転職後の仕事に不安を感じてしまって転職に踏み出せないことも多いのではないでしょうか。

スキルを身につけるには実務で身につけるか学習で身につけるかのいずれかしかありません。

効率的にスキルを身につける選択肢としてプログラミングスクールがあります。未経験でなくてもプログラミングスクールに通うことは特定分野をスキルアップしたい場合に非常に効果的です。

独学でプログラミングを勉強することもできますが、プログラミング学習は基本的に多くの時間を必要とします。学習でつまづいてしまった場合に解決することが難しいからです。

ある程度のプログラミングスキルのベースがあれば他のプログラミング分野についても応用が利くため、ベースが無い人と比べて学習にかかる時間は少なくはなりますが、それでも一定の時間をかけて学習することに変わりはありません。

目的は転職ですのであまり学習に時間をかける訳にもいかないでしょう。プログラミングスクールでは専門の講師がサポートしてくれますので学習でつまづいてしまった場合でも迅速に解決することができます。

学習目標やスキルレベルに応じてプログラミングスクールに通う期間は変わりますが、1ヶ月~半年は必要となります。

スクールに通う期間を考慮に入れた上で転職タイミングを検討しましょう。

エンジニア転職に特化した特別コースもありますのでプログラミングスクールと相談してみることをおすすめします。

※2020年1月15日からテックキャンプ エンジニア転職のコース区分が廃止となり、転職支援の有無をお選びいただく形となります。詳細は本サイト(https://tech-camp.in/expert/)をご確認ください。

キャリアプランをふまえて無料で相談することができますので少しでも興味があれば利用してみましょう。

必要な経験やスキルを身につけてからの転職がおすすめ

「在職中に思ったように経験やスキルが身につかなかった。」「資格も取得していないが転職したくて仕事を辞めてしまった。」

そのような方もいらっしゃるでしょう。

経験やスキルは仕事の中でしか身につけられないものではありません。転職活動と並行しながら身につけることも可能です。

スクールに通ってから転職する

転職を考えている業界、業種で働くために必要なスキルは、専門のスクールに通うことで身につけることもできます。

社会人向けのスクールなので、転職期間中はもちろん、在職中でも時間を作れれば受講は可能でしょう。

パソコンを使ったオンラインでの受講も可能な場合があり、すきまの時間を見つけて勉強することもできます。

こういったスクールを利用することで、経験やスキル不足を補うことにつながるのです。

転職保証付きのスクールがおすすめ

スクールの中には転職保証付きのスクールもあります。
スキルが身につくだけでなく、転職活動までサポートしてくれるスクールです。

こういったスクールに通えば、スキルアップと転職活動が両立できます。

例えば「テックキャンプ エンジニア転職」は未経験からでもプログラミングスキルが身につくスクールです。

さらにエンジニア・プログラマーに特化した転職支援も行っています。

まずはご自身のキャリアや将来の目標などを無料相談会でプロのカウンセラーに相談してみるのはいかがでしょうか?

オンライン学習もOK!テックキャンプで未経験からプロのエンジニアへ

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ初心者専用の教育プログラム。受講生の99%がプログラミング未経験です。それでも転職成功率は98%以上!

オンラインでも通学スタイルでも、エンジニア転職をやり切れる秘訣は「徹底したサポート体制にあります。実際にテックキャンプを受講した人の体験談はこちら

迷っているなら、まずは無料カウンセリングで不安に思うことを相談してみませんか。どんな小さなお悩みもプロのカウンセラーが丁寧にお答えします。

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement