無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

【2023年】VRゴーグルおすすめ11選!スタンドアロン・スマホで使える機種を紹介

更新: 2022.12.12

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

VRゴーグルを購入してVRゲームを楽しみたい」とお考えですか?

VRゴーグルは、VR(仮想現実)体験を楽しむのに必要なウェアラブル端末。

VR技術は日に日に進化していることに伴い、VRゲーム市場も活気を見せています。

そこで本記事では、スタンドアロン型やスマホで使えるVRゴーグルのおすすめを紹介。お手頃価格なデバイスからハイエンドモデルまで紹介します。

※記事内の情報は2022年12月執筆時点の内容です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

VRゴーグルのおすすめ【スタンドアロン型】

本章では、単体で遊べるスタンドアロン型VRゴーグルのおすすめを5つ紹介します。

  • Meta Quest 2
  • Meta Quest Pro
  • Pico Neo3 Link
  • Pico 4
  • PimaxPortal

Meta Quest 2

Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—128GB

「Meta Quest 2」は、完全ワイヤレスで本体自体にVRゲームをインストールして遊べる、オールインワン型のVRゴーグルです。

有名タイトルのVR版からインディーズまで、さまざまなVRゲームを体験できます。

付属品として「メガネスペーサー」がついており、メガネをかけたまま使用可能。

Meta Quest Pro

「 Meta Quest Pro」は、ハイエンドモデルのMeta Questです。

Pro版はMR(複合現実)技術にも対応しており、現実空間とアバターを介した共同作業をシームレスに行うことが可能です。

VRゲームを遊ぶことはもちろん、メタバース空間で会議・打ち合わせ・デスクワークといったことも実現できてしまいます。

価格はMeta Quest 2の約3倍と高額で、ゲーマー向けというよりもコアなVR/AR/MRユーザー向けのデバイスといえるでしょう。

購入は、Metaの公式サイトから可能です。

Pico Neo3 Link

ピコ(Pico) VR ゴーグル Neo3 Link 256GB スタンドアローン型 人間工学に基づくデザイン 低遅延のVRプレイ可能 A7H10 VR0423

「Pico Neo3 Link」は、4Kディスプレイを搭載したスタンドアロン型VRゴーグルで、迫力ある映像美を体験できます。

VRゲームもちろん、美麗なグラフィックを活用して映画を楽しむのもおすすめ。

PCと接続すれば、PC用VRゲームも遊べます。

Pico 4

PICO 4 128G VR ヘッドセット(ピコ 4)

「Pico 4」は、快適な装着感と広い視野を確保したことで大迫力のVRゲームを楽しめる、スタンドアロン型のVRゴーグルです。

ほかのスタンドアロン型VRゴーグルと比較するとコスパもよく、PCVRとしても使えるので汎用性も高いといえます。

また重量が295g(ストラップなし)と軽量なので、長時間の使用でも疲れにくいでしょう。

PimaxPortal

PimaxPortal

出典元:Kickstarter

「PimaxPortal」は、任天堂Switchのような形をしたポータブルゲーミングデバイスです。

加えて、専用のVRヘッドセットと組み合わせることで、VRゲームもプレイできます。

これ1台あれば、VRゲームやPCゲームはもちろん、スマホゲームや映画鑑賞も楽しめるという、一挙両得かそれ以上のお得感のある万能型デバイスといえるでしょう。

購入は、Kickstarterのプロジェクトページから可能(2023年1月より順次発送)です。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

VRゴーグルのおすすめ【スマホ・その他】

本章では、スマホやテレビゲームなどで使えるVRゴーグルを6つ紹介します。

  • ELECOM VRG-M02RBK
  • VR Aesval VRゴーグル
  • Tethys スマホ用VRゴーグル
  • ELECOM VRG-XEHR01BK
  • ダイソー バーチャルリアリティーゴーグル
  • PlayStation VR(PSVR)

ELECOM VRG-M02RBK

エレコム VRゴーグル スタンダードタイプ リモコンセット ブラック VRG-M02RBK

 

 

  • 対応OS:iPhone(iOS10.0以降)Android(5.0以降)
  • 対応サイズ:4.8~7.0インチ

スマホを取り付けて臨場感あふれる映像を360度楽しめる、お手軽なVRゴーグルです。

目幅調節とピント調節機能がついており、幅が約142mm以内であれば、メガネをかけたままでも使用できます。

付属のVRリモコンで、動画の再生/停止、早送り/巻き戻し、音量調整なども可能。

価格もお手頃なので、VR初心者におすすめの機種です。

VR Aesval VRゴーグル

【令和5年先行版】 VRゴーグル スマホ用 VRヘッドセット VRヘッドマウントディスプレイ ヘッドホン付 スマホ用 3Dメガネ 非球面光学レンズ VR動画 ワンクリック受話 120°視野角 1080P 軽量 焦点距離&瞳孔間距離調整可 遠視/近視適用 メガネ対応 4.5~6.53インチ iPhone& Androidなどスマホ対応

 

  • 対応機種:iPhone、Android
  • 対応サイズ:4.7~6.5インチ

こちらもお手軽にスマホでVR体験が可能なVRゴーグルです。

目幅調整機能とフォーカス調整機能がついており、メガネ着用にも対応。

ヘッドホン一体型なので、自分で用意する必要はなく、手軽にVR体験ができます。

Tethys スマホ用VRゴーグル

【2023新モデル VRゴーグル】 Tethys VRゴーグル VRヘッドセット スマホ用VRゴーグル ピントや目幅調整可 近視/遠視適用 非球面光学レンズ メガネ対応 ブルーライトカットでき 視力保護 装着感良い 通気性 120°視野角 4.7~6.5インチiPhone&androidなどのスマホ対応 軽量 1080PHD 家で楽しめる 日本語取扱書付き

 

  • 対応機種:iPhone、Android
  • 対応サイズ:4.7〜6.5インチ

手頃な価格で大迫力のVR体験ができるVRゴーグルで、軽量かつ快適な装着感も魅力。

瞳孔距離と焦点距離は調節ダイヤルを回して設定し、メガネ着用にも対応しています。また、付属品のリモコンがiOS非対応であることに注意してください。

お手頃価格にも関わらず品質が高く、こちらもVR初心者におすすめです。

 

ELECOM VRG-XEHR01BK

エレコム VRゴーグル ヘッドホン一体型タイプ 【 VRリモコンセット 】 ブラック VRG-XEHR01BK

 

  • 対応機種:iPhone、Android
  • 対応サイズ:4.8~7.0インチ

こちらもお手頃なVRゴーグルで、簡単なセッティングですぐに使える機種。

目幅調節とピント調節機能がついており、メガネ着用は幅約142mmまで対応。

ヘッドホンとリモコンも付いてくるので、スマホを装着してすぐにVRゲームを楽しめます。

ダイソー バーチャルリアリティーゴーグル

ダイソー バーチャルリアリティーゴーグル

 

出典元:株式会社大創産業

  • 対応機種:iPhone、Android
  • 対応サイズ:160mm × 80mm以内

もっとお手頃価格なVRゴーグルをお探しならば、ダイソーのVRゴーグルがおすすめ。

レンズ位置調節が可能で、ほどよい装着感の保護クッション付き。ARにも対応した製品なので、お使いのスマホでお手軽にお試しできます。

購入は、ダイソーの通販サイトから可能です。

PlayStation VR(PSVR)

 

PlayStation VR Special Offer(CUHJ-16015)【Amazon.co.jp限定】オリジナルカスタムテーマ (配信)

「PlayStation VR(PSVR)」は、独自の3Dオーディオ技術、迫力ある3D空間演出による圧倒的な臨場感が魅力のVRゴーグルです。

ゴーグル内に収まるサイズ(150mm程度)であればメガネのまま使えます。

またはゴーグルの設定で、以下の手順でピントを設定できます。

  1. コントローラーのPSボタンを長押し
  2. クイックメニューより「PlayStation VRを設定する」
  3. 「目と目の距離を測定する」を選択

ちなみに、2023年2月22日には、次世代機となる「PlayStation VR2」が発売予定。

PS5のVR体験がさらに広がるでしょう。

視力が悪い人がVRゴーグルを使う方法

「VRゲームを楽しみたいけど、目が悪い」
「メガネを掛けたままでもVRゲームはできるの?」

こういった疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで本章では、視力が悪い人がVRゴーグルを使う方法を紹介します。

  • コンタクトを着用する
  • つるの短いメガネを使う
  • メガネをかけたまま使えるVRゴーグルを使う
  • 「調節機能付き」のVRゴーグルを使う
  • サイズの合わない機種はNG

コンタクトを着用する

コンタクトを着用する

日常的にメガネをかけている人にとっては不便かもしれませんが、VRを楽しむ場合のみコンタクトレンズを着用することも方法の一つ。

シンプルでわかりやすいそもそもメガネをかけるのをやめようというアプローチです。

つるの短いメガネを使う

出典元:JINS

VRゴーグルを使う際にメガネを着用したくないと感じる理由に「メガネが邪魔」「メガネがずれる」などがあります。

メガネを着用していると、VR体験のみならず、大型のヘッドホンの着用時や横に寝そべる時など、メガネが邪魔と感じる場面がいくつかあるでしょう。

そのような方はつるの短いメガネの着用をおすすめします。

JINSの「Short Temple Airframe」はオフィスワークなどあまり動かない場面での利用と想定して開発された「耳にかけない」メガネです。

こめかみの下あたりでメガネをホールドする仕組みになっており、耳を圧迫しないため疲れにくいだけでなく、VRにもピッタリという一石二鳥のメガネです。

メガネをかけたまま使えるVRゴーグルを使う

メガネをかけたまま使えるVRゴーグルもある

メガネのまま使用可能なVRゴーグルは多いです。

これらは、明確に「メガネ対応」とされているわけではありません。しかし多くのゴーグルはメガネをかけたユーザーも想定して設計しているのです。

また、ヘッドセットのレンズ距離を調整できるタイプもあります。

ただし、骨格や鼻の高さ、メガネの形状によってゴーグル内にメガネが収まらない場合もあるため、購入前に家電量販店などで試着した方がよいでしょう。

「調節機能付き」のVRゴーグルを使う

「調節機能付き」のVRゴーグルを使う

VRゴーグル自体の調整機能により、裸眼でも使用できるVRゴーグルもあります。

ピント調整機能や瞳孔間距離の調整機能など、ゴーグル自体がメガネのような役割を持つので、裸眼の状態でもゴーグルに映し出される映像を楽しめるのです。

サイズの合わない機種はNG

サイズの合わない機種はNG

メガネをしたままでもVRを楽しみたい、という気持ちはあっても、サイズの合わないVRゴーグルを無理に着用することは避けましょう。

無理に装着することでメガネが押される、鼻パッドがずれる、外すときにメガネごと取れる、といったことが起き、最悪の場合はメガネが破損する恐れもあります。

VRゴーグルで仮想空間を体験しよう

スタンドアロン型やスマホで使えるVRゴーグルのおすすめを紹介しました。

VR技術を駆使したアプリ・ゲーム市場はさらに活気を帯びてくるはずです。

まずはスマホで手軽にVRゲームを体験してみるのもよいでしょう。

本格的にはVR体験を楽しみたいなら、ハイエンドなオールインワン型の「Meta Quest 2」あたりを購入してみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement