テクノロジー
Discordがおすすめな人とは。機能やSkype・Slackとの違いについても解説

あなたは、今使っているチャットツールに「動作が重い」「使い方がよくわからない」「有料版はお金がかかる」といった不満を感じていませんか?

そのため、動作が軽くて使いやすいと評判の高い無料のボイス・テキストチャットツール「Discord」に興味を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、世界的に高い人気を誇るDiscordがおすすめな人について解説します。Discordの優れた機能をはじめ、Skype・Slackとの違いについても詳しく理解できます。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

「Discord」は最強のボイス・テキストチャットツール

Discordは無料で使える最強のボイス・テキストチャットツールと言っても過言ではないでしょう。

Discordは一番の特徴である動作の軽さにより、ゲーマーから絶大な支持を得ています。

アプリのインストールが不要でWeb上ですぐに使えることや、幅広いプラットフォームで使える利便性の高さから仕事などのコミュニケーションツールとしてもDiscordは注目されています。

また、Discordはコミュニケーションを取れるだけでなく、サーバーに参加することで情報収集も可能。PUBG(PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS)などの公式公開サーバーに参加すれば、一緒にプレイする友だちを見つけられるでしょう。それと共にゲームの最新の情報も得られるので、プレイヤーの方は参加必須ではないでしょうか。

Discordでは、ゲームだけでなく雑談から仮想通貨まで幅広いコミュニティが形成されているので、幅広い目的で利用する方がいます。

Discord Blogによると、Discordは全世界で1億3,000万人以上が利用しているとあります。あなたも今日から世界中で人気を集めているDiscordを利用してみてはいかがでしょうか。

Discordをすぐに使いたいという方は、以下の公式Webサイトからアカウントを作成しましょう。

Discord – ゲーマー向け無料ボイス&テキストチャット

Discordがおすすめな人とは

Discordの使用が特におすすめな人とはどのような方なのか以下で解説していきます。

ゲーマー

ゲームの邪魔をしない動作の軽さは、Discordの特徴です。これは、瞬時の判断が求められるコアなゲーマーの方ほど、うれしいポイントではないでしょうか。FPS・RTSなどのリアルタイムで状況が変化するゲームではコレは処理が早いことは特に重要です。Skypeのボイスチャットを使っていた方の中には、動作の重さや不安定さからDiscordに移行したという方も多く見られます。

また、PS4・Nintendo Switchなどのコンシューマーゲームにおいて、Discordのスマホのアプリをボイスチャットツールの代替として利用するという使い方もあります。

リモートワークやテレワークで働く人

リモートワークやテレワークで働く人に、軽い動作で情報を共有できるDiscordはとてもおすすめです。

チャットワーク・Slack・Skypeなどで、仕事のやりとりを行なっている方も多いでしょう。ボイスチャット機能を利用すれば、ちょっとした質問も気軽に行えます。呼び出しが不要なので、作業の妨げにもなりません。

アメリカで生まれたボイス・テキストチャットツールですが、日本語・英語などの27カ国語に対応していますので、日本人のユーザーでも使いやすいです。

また、オンライン状態の確認をステータスで確認できるため、企業にとっては社員のモチベーションや緊張感を保てるというメリットもあります。

仮想通貨投資家

仮想通貨の取引を行う場合には情報の鮮度が重要です。情報収集の方法としてWebやTwitterを利用している方は多いでしょう。

そのような情報収集の手段としてDiscordは最もおすすめです。最新の情報が手に入るだけでなく、疑問や不明点がある場合には発言者に質問も可能。

日本だけでなく、海外のサーバーも豊富にあります。翻訳のbotも用意されているので、英語が話せない方でも安心して利用できる点も魅力です。

bitcoinをはじめとする有名な仮想通貨だけでなく、ニッチな用途に使われるいわゆる「草コイン」まで、幅広い情報が収集できます。仮想通貨投資家の方は、Discordを導入してみてはいかがでしょうか。

DiscordとSkype・Slackを比較

SkypeやSlackからの移行を考えている方のために、Discordとの違いについてご説明します。

Skypeとの違いについて

使い方がわかりやすくて動作が軽い

Skypeはユーザー数が多く、ビジネスで使用する方も多いMicrosoftが提供するコミュニケーションツールです。インスタントメッセージ・音声通話・ビデオ通話など、幅広い機能が利用できます。

しかし、動作が重く、使い方がわかりづらいとストレスを感じる方も少なくないでしょう。Discordはアプリ自体のサイズも小さく、動作がとても軽くて使い方もわかりやすいです。また、Skypeと比較するとバグが少なく、アップデートも定期的に行われているため安心して使えます。

サーバー配下にチャンネルが作れる

Discordはコミュニケーションをとるためのサーバーが簡単に立てられます。さらにそのサーバー配下にチャンネルも作ることが可能。集まった人の中で目的に合わせてチャンネルを作れば、ターゲットとする人たちとスムーズに情報を共有できます。

Skypeでもグループは作れます。しかし、違う目的で利用する場合にはその都度グループを作る必要があるのでとても手間がかかります。

通話の呼び出しがいらない

通話を行う際に、Skypeは相手を呼び出さなければならないので面倒だと感じる方も多いでしょう。メッセージで通話ができる状況か確認を行い、相手を呼び出して会話をするという手順を踏むのは効率的ではありません。

Discordでは、コミュニティのメンバーがオンラインやオフラインといった状態がひと目でわかります。音声通話やボイスチャットでメンバーとすぐに会話ができるので、仕事のツールとしてもとても役立つでしょう。

コミュニティの機能が充実

Discordはコミュニティの機能が充実しており、オンライン・オフラインなどの現在のメンバーのステータスや今だれが何のゲームをしているのかがすぐにわかるという利点があります。これは、ゲーム用のボイスチャットとして使う場合に、Skypeよりも便利なポイントと言えるでしょう。

コミュニティのメンバーをクリックすれば、インスタントメッセージが送信可能です。右クリックをすれば、通話などのさらに多くの機能が利用できます。コミュニティの機能を利用すれば、知らない人に声をかけて一緒にゲームをプレイするといった使い方もスムーズに行えます。

MicrosoftもDiscordを認めている

Microsoftは、2018年4月にXbox Liveのアカウントが、Discordの連携機能に加わることを発表。Discordのライバルとも言えるSkypeを提供しているのはこのMicrosoftです。

これはDiscordがゲーマーに広く認知されてきたことを受け、ユーザーの遊びやすさを重視した結果の決断と言えるでしょう。Skypeの上位互換というユーザーの意見も多いことも納得です。

複数アカウントが作りづらい

Discordのアカウントの作成には、メールアカウントが必要。また、アカウントは「ニックネーム+数字のタグ」で管理されます。違うアカウントを作る場合には、複数のメールアカウントを用意しなければならないので、仕事用・プライベート用などでアカウントを分けたい場合には手間がかかる点はデメリットと言えるでしょう。

Slackとの違いについて

Discordはすべて無料

Slackの有料版はアクティブユーザー1人につき料金が発生します。スタンダードプランで850円、プラスプラスは1,600円です。無料版でも基本的な機能は使えますが、「グループ通話」「画面共有」「ユーザーグループの作成」を行う場合にはスタンダードプラン以上への加入が必要です。

Discordは、Slackの有料版でプラスされる内容と同様の機能がすべて無料で使用可能です。

Discordにも月額4.99ドルの有料版「Discord Nitro」があります。Discord Nitroにより拡張される機能がもちろんありますが、どちらかというDiscordをサポートするという側面が強いです。

SlackのWebhookが使える

Slack用のWebhookがDiscordでも利用可能。そのため、Slackからの移行もスムーズです。Webhookは、イベント発生時に指定URLに対してPOSTリクエストを行う仕組みを指します。簡単に言うと、他のアプリケーションでの更新を通知できる機能です。

DiscordでのWebhookの使い方については、以下のDiscordの公式Webサイトを参考にしてみてください。

Intro to Webhooks – Discord

コミュニケーションツールとして使いやすい

Slackはワークスペースごとにアカウントを設定します。Discordはさまざまなサーバーのコミュニティに参加しても、アカウントは共通。そのため、Slackと比較すると、1対1のコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

簡易bot機能がない

Discordには、Slackbotにあたる簡易bot機能がありません。そのため、同様の簡易botの機能を求める場合には、自分で制作する必要があります。

ファイルストレージがない

Slackは投稿したファイルをストレージに保存できます。Discordには、このファイルストレージ機能がありませんので、Dropboxなどの他のサービスとの併用が必要です。

Discordの基本機能を解説

Discordでどのようなことができるのか気になるという方のために、以下で基本機能について解説していきます。

サーバーを立てる

テキストチャットやボイスチャットを利用できるサーバーが立てられます。専用のPCは必要ありません。自分がプレイしているゲームや雑談など、自由なテーマで制作が可能。また、その配下に設置できるチャンネルは無制限です。

ボイスチャット

チャンネルを作成して、複数のメンバーとボイスチャットが利用できます。ゲームをプレイする際に便利なそれぞれのメンバーごとに音量変更ができる機能も備わっています。

また、アプリをインストールすれば、キーを押している間のみ音声がオンになるプッシュ・トゥ・トーク機能も使用できます。

テキストチャット

チャンネルの設定により、ボイスチャットとテキストチャットを分けられます。チャンネルにログが残るので、自分がオフラインの時のチャットも読めるので仕事での利用にも安心です。どのような話題で盛り上がっているのか、すぐに確認できます。

ダイレクトメッセージでビデオ通話や画面・音声の共有が可能

ユーザーを指定して1対1で行うダイレクトメッセージで、ビデオ通話や画面の共有が可能。ビデオ通話・画面共有といった機能は2018年10月に公開されました。これにより、Skypeと機能に差がよりなくなったため、完全にDiscordに移行したユーザーも多いでしょう。

Discordの特徴

Discordが、他のコミュニーケーションツールとして比較してどのように優れているのかがよくわかる特徴について解説していきます。

オーバーレイ機能

Discordには、ゲームを全画面でプレイしていても誰の発言かすぐにわかるオーバーレイ機能があります。オーバーレイ機能はゲームの画面に重ねてDiscordの画面を表示します。

ゲームに合わせてカスタマイズできるので、プレイの妨げになりません。また、テキストチャットもオーバーレイで表示可能です。

他のアプリケーションやサービスのアカウントからコンタクトリストを移行

Steam・Skype・Facebook・Twitter・Twitchなど、他のアプリケーションやサービスのアカウントのデータから、Discordへのコンタクトリストの移行ができます。他のチャットツールからの移行や、友だちを見つけることもスムーズに行えるでしょう。

サーバーリージョンで日本が選択できる

Discordはサーバーリージョンで日本が選択可能です。サーバーリージョンとは、サービスを利用する際にどこの国のサーバーを利用するかという設定を指します。

サーバーが近ければ遅延が少ないボイスチャットができるといったメリットがあります。そのため、日本のサーバーリージョンが選択できることは大きな魅力と言えます。

botを使ってさらに便利に

Discordはbotを組み込むことで、機能の拡張が可能です。botとは、「ROBOT」を作業の自動化を実現するプログラムを指します。

コミュニティに参加したユーザーに自動で対応を行うMEE6や自動翻訳を行うDiscord Translatorなど、便利なbotが多く公開されています。このように手軽に求める機能が追加できる拡張性の高さもDiscordの魅力です。

Discordのbotは下記のWebサイトから検索できます。

Discord Bots | Discord Bot List

Web版をはじめマルチプラットフォームに対応

Google Chrome・FireFoxといったWebブラウザでの利用をはじめ、幅広いプラットフォームにDiscordは対応。Mac・Windows・LinuxといったOSを搭載したPCやiOS・Androidのスマホでも同じ様に使用できます。

プラットフォームを選ばずに簡単に使えることは、コミュニーケーションツールとしてとても重要な要素です。

Kimura Hiroto Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー