ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

独身女性におすすめの休日をムダにしない過ごし方14選

作成: 2019.02.27

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「休日に何かやりたいが、思い通りにいかないことが多い」
「休日をアクティブに過ごしたいが、結局疲れて眠るだけ」

現在あなたはこう悩んでいませんか。

この記事では、休日を有意義に過ごしたい人に向けておすすめの休日の過ごし方を紹介します。中でも独身女性にスポットを当てて選んだ、14種類の過ごし方です。

「この休みも何もせずに終わったな……」と週末の度に後悔している人は、ぜひこの記事を参考にしてください。一人でも取り組みやすい休日の過ごし方がわかるはずです。

「1日何もしなかった……」と後悔しないためには

休日の終わりに、「何もせずに無駄に過ごしてしまった……」と後悔したことはありませんか。もちろん何もせずに過ごすこともリフレッシュにつながります。しかし何もしなかったことに後悔するのであれば、休日を活かして気分転換になることに取り組んでみましょう。

休日は仕事の疲れでやる気も下がりがち

休日は平日に溜まった仕事の疲れなどから、やる気も下がりがち。たとえ平日半ばに「週末はどこかに出かけよう」と思っていても、いざ週末になると疲れてしまっていて、何もできずに過ごしてしまうことも多いでしょう。

そのようなケースに陥りやすい人の傾向として、ハードルの高い予定を立ててしまうことが挙げられます。まずは気軽にできそうな予定を立てるといいでしょう。

できそうなことから始める

仕事が忙しいなら特に、休日にキャンプや登山に出かけるなど、いきなりアクティブに過ごすのはハードルが高めです。あなたにとって、無理なく始められそうなことからやってみるべきでしょう。例えば以下のようなことです。

  • 家の中でできる
  • お金をかけずにできる
  • 一人でもできる

あまり構えることなく、上記の条件をクリアすることやあなたにとって優先度の高いことから始めてみましょう。

独身女性におすすめの休日の過ごし方14選

ではここからさっそく、独身女性におすすめな休日の過ごし方14選を紹介します。あなたの休日に取り入れやすいものや、興味の湧くものから試してみましょう。

■TECH::NOTE関連記事

読書をする

まず初めにおすすめしたいのが読書です。読書は自宅にいながら楽しめるので、休日は外出せずにのんびり過ごしたい人にもぴったり。

また本には様々なジャンルがあります。好きな作家の小説を読んだり、趣味に関する知識を深めたりすればリフレッシュにつながるでしょう。

これまで読書が趣味でなかった人も、これをきっかけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。活字を読むのが苦手な人は、Audibleなどのオーディオブックを活用してみてもいいでしょう。

また仕事に関する書籍を読めば、スキルアップにもつながります。ビジネス書でも、2時間程度で読了できる読みやすいものも出版されています。

面白そうな本が見つからない場合は、レビューの評価が高かったり、ベストセラーになったりしているものから選んでみましょう。それがきっかけでお気に入りの作家が見つかるかもしれません。

映画やアニメ、ドラマを見る

一人で過ごす休日を活かして、映画やアニメ、ドラマに没頭してみてはいかがでしょうか。

金銭的に余裕があれば、一人で映画館に出向くのがおすすめです。映画を友人や恋人と一緒に観るときは、相手の趣味嗜好にある程度合わせる必要があるでしょう。しかし一人の場合は好きな作品を選べますし、思い立った時に気軽に観に行くことができます。

一人でシートにゆったり座って映画を観ると、普段はあまり味わえない贅沢な気分になれるでしょう。平日のうちに週末に観られる作品をチェックしておけば、仕事のモチベーションも上げられるのではないでしょうか。

一人で映画を観に行くのに抵抗がある人は、規模の小さい映画館を選ぶのがおすすめ。意外と一人で観に来ている人も多いですし、映画が始まれば誰もが映画に集中するため、気にならなくなるでしょう。

あまりお金をかけたくない場合は、NetflixHuluAbemaTVなどの動画配信サービスを活用するといいでしょう。YouTubeで動画を見てリフレッシュするのもおすすめです。特にYouTubeの芸人のコント動画は、面白いですし見るとリフレッシュになります。

部屋を掃除する

休日を利用して部屋の掃除をするのもおすすめです。思い切って部屋の模様替えをするのもいいでしょう。生活空間を変化させたり清潔にしたりすると、気分をリフレッシュできます。

また掃除で出てきた不要なものをメルカリなどで売れば、臨時収入にもつながります。年末にまとめて大掃除をする時間がない場合は、休日にコツコツ掃除をして、年末年始は楽に過ごすという方法もあるでしょう。

買い物に出かける

女性なら買い物が趣味という人は多いでしょう。友人と一緒の場合は、相手の買い物にも付き合う必要があります。しかし一人なら好きなものを好きなように見て回れるでしょう。ウィンドウショッピングも気ままに楽しめます。

独身の女性におすすめなのが、理美容家電売り場です。近年は進化した理美容家電が多数販売されています。例えば美顔器や美顔ローラーなどのフェイス用アイテムだけでなく、ヘッドスパやハンドマッサージ、目元マッサージ器など、リフレッシュ効果がある商品もあります。

複合商業施設の中には、最新アイテムの体験イベントが開催されていることもあるので、チェックしてみるといいでしょう。美容機器を使うと自分磨きにもなるのでおすすめです。

スポーツをする

休日に比較的体力が残っている場合は、スポーツを始めてみてはいかがでしょうか。体も鍛えられて、気持ちもリフレッシュできます。

例えば女性に人気のヨガもいいでしょう。ヨガは深い呼吸によるリラクゼーション効果も見込めるため、仕事でストレスを抱えている女性には特におすすめです。また高温多湿の空間で行うホットヨガは、大量に汗をかくことで気分がスッキリします。

おしゃれなヨガウェアも多数あるため、形から入ってみてもいいかもしれません。ダイエット目的であればしっかりトレーニングできるパーソナルジムに入会してみたり、ランニングアプリを使って走行距離を管理したり、仲間を作って走った距離をシェアし合うのもいいでしょう。「来年の東京マラソンに出場する」など、何か明確な目標を作ってスポーツに励むのもおすすめです。

エステに行く

金銭的な余裕があれば、エステに行くのもおすすめです。エステサロンに初めて来店する場合、お得な体験メニューを設けているところが多いです。このような初回体験メニュー巡りをしてみるのもいいのではないでしょうか。

またエステと一口で言っても様々なものがあります。例えば脱毛やフォトフェイシャル、マッサージやアロマテラピー、マツエクなど。あなたの目的に合わせてエステを選んでみましょう。ラグジュアリーな雰囲気の建物や部屋でエステを受けられると、一気にリフレッシュできるでしょう。

ネイルを整える

休日を利用してネイルを整えるのもおすすめです。普段仕事で作業をしていても、自分のネイルが整えられていると不思議と気分も上がるもの。職場の人にも意外と指先や手先は見られているものなので、整えておいて損はないでしょう。

職業柄派手なネイルはできない人も、ベーシックなフレンチネイルや短めでもツヤのあるベージュカラーに仕上げると、そこまで主張しすぎず、かつ美しいネイルに整えられるでしょう。お気に入りのネイルサロンがあれば、担当のネイリストと話をしながら整えてもらうのもリフレッシュにつながります。

料理をする

休日に料理をするのもおすすめです。普段はなかなかチャレンジできない凝った料理を作ってみてもいいでしょう。何を作るか決めて、その材料を買いに行って調理すれば、いい暇つぶしになります。女性力向上にもつながるでしょう。

休日を活用して考案したレシピを、レシピ投稿サイトにアップしてみてもいいでしょう。また金銭的に余裕があれば、お料理教室に通ってみるのもおすすめです。同じような趣味を持つ友人ができるきっかけになります。

ゲームをする

休日にゲームをするのもリフレッシュにつながります。過去に没頭していたゲームがあれば、この機会に再開させるのもいいでしょう。あるいは女性に人気で話題のゲームをしてみるのもいいのではないでしょうか。スマホアプリゲームならAppStoreで気軽に探せます。

可愛いキャラクターのブロック消しゲームや、疑似恋愛を楽しめるゲームなど、多種多様のアプリゲームがあります。あなたの好みのゲームを見つけてみましょう。

外食をする

休日を利用してお一人様外食を楽しんでみてはいかがでしょうか。一人だからこそ、気になるお店にも行きやすいです。人気のお店で並ばなくてはならない場合も、一人なら相手に気兼ねする必要もありません。もし一人外食に抵抗があれば、フードコートやカフェなどからトライしてみてください。

口コミサイトのレビュー評価が高いものから順番に巡ってみたり、実際に味わった感想を投稿したりするのも楽しいでしょう。

美術館・博物館に行く

休日の時間を利用して、美術館や博物館に訪れてみてはいかがでしょうか。アートに触れると五感が刺激されてリフレッシュできます。また建物自体が近代的で美しい施設では、そこで過ごしているだけで感性が研ぎ澄まされる感覚を味わえるでしょう。中庭などの景観を眺めながら館内のカフェでゆっくり過ごすのも良いひとときです。

博物館では様々な知識を深められます。音声ガイドを利用して、一人でじっくりと館内を見て回ると充実感が得られるでしょう。現代アートや西洋美術、建築など、何かテーマを決めて施設巡りをするのも楽しいです。撮影可能な場所であれば、カメラに収めてコレクションにするのもいいのではないでしょうか。

動物と触れ合う

もしペットを飼っているのであれば、休日にペットと思う存分触れ合って癒されましょう。ペットと外出して、愛らしい姿をカメラに収めてもいいでしょう。SNSにペットの写真をアップするアカウントを作って、「いいね」をたくさんもらうのも楽しいです。

ペットを飼っていないのであれば、「猫カフェ」や「フクロウカフェ」などに行ってみるのもおすすめです。動物園のふれあいコーナーで様々な動物に癒されるのもいい方法です。

資格の勉強をする

休日を活用して資格の勉強をすると、スキルアップにつながります。今の仕事に直接つながりそうな資格取得に励むのもいいですし、趣味のための資格を取得するのも楽しいでしょう。

例えば職場でストレスを抱える人に役立つメンタルヘルス・マネジメント検定や、社会人マナーが身につく秘書検定、普段のファッションにも活かせるパーソナルカラリスト検定など、資格や検定には様々なものがあります。一度資格サイトなどで、あなたの興味のあるものを探してみてはいかがでしょうか。

副業をする

休日を活用して副業を始めると、収入アップにつながります。かねてより趣味で行なっているものを副業にしてみる方法もあります。

例えばイラストを描くのが好きなのであれば、ココナラなどのサービスを使って自分のイラストを販売することもできます。またBASEでハンドメイド作品を出品したり、noteで自分の書いた記事を有料で公開することもできます。

以下の記事では女性におすすめの副業を紹介しています。合わせて参考にしてください。

■TECH::NOTE関連記事

今なら受講料30,000円OFF!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎今なら9/23~30限定で受講料30,000円OFF!
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

無理せずゆっくり休むことも大切

今回は休日におすすめの過ごし方を紹介してきました。しかし、何もせずにゆっくり過ごすことももちろん大切です。特に普段から仕事が忙しく心身ともに消耗してしまっている場合は、無理にスポーツなどをするとかえって身体を壊す原因にもなりかねません。休めるときはしっかり休んでリフレッシュするのも重要です。

もし何もすることが思いつかずにかえってストレスに感じるという場合は、今回提案した方法を試してみてください。新たな趣味や交友関係が広がるきっかけにもなるでしょう。

スクールに通うのもおすすめ

何かやりたいことがあっても続かない場合は、社会人向けのスクールに通うのもおすすめです。特に今まで何か始めても三日坊主で終わることが多かった人は、スクールに通って強制力を高めるといいでしょう。同様に動いている仲間を増やすきっかけにもなるため、モチベーションを保ちやすいです。

■TECH::NOTE関連記事

休日を自分磨きのために使えると理想的

自分のリフレッシュのために休日を使うのもいいですが、スキルアップや収入アップにつながる行動ができると理想的です。エステやネイルサロンなどで外見を磨くだけでなく、資格の取得を目指したりするなど、内面的なブラッシュアップをするのもおすすめです。

休日をこのような自分磨きに充てると、平日でも前向きに仕事に取り組めるでしょう。

ここまでに紹介した独身の女性におすすめな休日の過ごし方14種類。一人だと特にやることがないと感じていたあなたでも、「これならできそう」と感じるものがあったことでしょう。次の休日は、予定を決めて過ごしてみてください。

受講料30,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が30,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。