ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

転職をする時に感じる様々な不安を解消する方法を徹底解説

作成: 2019.06.28 更新: 2019.10.03

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

「転職をしたいが、自分に合った企業に転職できるのだろうか」
「転職先でうまくやっていけるか不安」

転職を検討する際には、上記のような不安を抱えることもあるでしょう。

特に転職は正しいやり方や正解がないため、「どのようにして不安を解消すればいいか分からない」となってしまいやすいです。

そこでこの記事では、転職の際に感じる不安とその解消方法について解説します。

キャリアアップや自分に合った職場を求めて転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

転職の際に感じる不安の例

転職を考えている方の多くは、以下のような不安を感じているようです。

あなたも自分に当てはまるものがないか考えてみましょう。

「理想の企業に採用されるだろうか…」

まずもっとも抱えやすいのが「理想の企業に採用されるだろうか」という不安です。

転職をする際には、自分の希望や理想を明確にすると思いますが、それら全てに合致する企業がすぐに見つかるとは限りません。見つかったとしても必ずしもその企業に入社できるわけでもないのです。

また業務・実務が未経験の仕事に転職する場合や、離職期間が長いという場合も、採用についての不安を抱えやすいでしょう。

新卒の就職と違い、企業が中途採用を募集する場合、一般的には即戦力を求めています。そのため実務未経験となると、ポテンシャルをうまく伝えない限りは、採用になりにくいです。

同じタイミングで実務経験者もその企業に応募していた場合は、そちらの方が採用されやすくなってしまうのは必然です。離職期間が長い場合は、その期間に何をしていたのかを面接で質問されることになるでしょう。

資格の勉強や何か将来のキャリアに向けた活動をしていたのであれば、むしろポテンシャルややる気を示すことができるかもしれません。

ですがそれらをうまく伝えられないと、採用担当者としても、離職期間が長引いている理由が分からず、採用が遠のく要因となってしまうことでしょう。

「そもそも転職までの流れがわからない…」

初めて転職活動をするという方は、そもそも転職までの流れがわからないという悩みを抱えがちです。

新卒の就職活動では、「説明会に参加して、エントリーシートを提出して…」というように、ある程度流れや時期が決まっていましたが、転職活動はそういった決められたステップが一切ありません。

転職のための自己分析や業界分析、面接対策など、転職しようかなと考え始めてから実際に行動に移すまでにも、様々なハードルがあります。

具体的にどのように手をつければいいのかを把握できていないと、転職活動期間も延びてしまうかもしれません。

以下の記事では、これから初めて転職をする(したい)人に向けて、転職までの道のりを具体的に解説しています。スムーズな転職方法を知りたい方は、参考にしてください。

関連記事:初めての転職でも安心!転職の方法と必要な準備について解説

「職場の環境に馴染めるだろうか…」

初めての転職であれば、転職後の新しい職場環境についての不安もあるでしょう。具体例を挙げると「職場環境にうまく馴染めるだろうか」「職場の人たちと良好な関係を築けるだろうか」といった不安です。

大切なのは、転職初日までの準備や初日の過ごし方です。転職先が決まり、出社初日を迎えるまでの期間に、自己紹介を考えておいたり、業務知識の予習などはやっておきたいところ。

また服装や身だしなみを整えたり、業務に必要なものの準備などは必ずやっておきましょう。

以下の記事では、転職初日までにやるべきことや初日の過ごし方を紹介していますので、参考にしてください。

関連記事:転職初日で失敗しないために。挨拶の方法や初出社の1日流れを解説

「仕事は問題なくこなせるだろうか…」

転職先の仕事を問題なくこなせるだろうかという不安も、転職には付きものです。

仕事の進め方や習慣、文化の異なる環境では、思いも寄らないミスをしてしまったり、周囲についていけなかったりすることもあるでしょう。

しかし勝手の違う環境に身を置くのですから、はじめはうまくいかなくても、それは当然です。徐々に環境に慣れて、緊張もなくなれば、普段通りの仕事ができるようになるでしょう。

「円満に退職する方法がわからない…」

今の仕事を辞める際は、円満に退職したいところです。

「上司には退職理由をどう伝えればいいのだろう」「できるだけスムーズに円満退職したい」と思いつつも、どのように伝えればいいのか分からないという方もいるでしょう。

退職理由は基本的に「自己都合」が原則です。退職願(届)には「一身上の都合」と書きますが、届けを提出する前に、まず退職の意向を上司に口頭で伝えるのが一般的です。

退職理由はできる限り正確に伝えるべきですが、上司や会社への不満などは控えることをおすすめします。

具体的に円満退職をする方法については、以下の記事をご覧ください。

関連記事:円満退職するために!上司に伝える退職理由の例を紹介

転職の不安を解消する方法

転職にあたり不安があるならば、解消するための対策を取りましょう。

ここからは、転職にあたり具体的にないをすればいいのか、対策方法を紹介します。

業界研究・企業研究をする

転職先の業界の特徴を調べる「業界研究」、志望先の会社について調べることを「企業研究」と呼びます。

これらを行うことで、業界や会社についての知識を深めることができたり、興味や関心を明確にしたりすることができます。

転職を考えている段階で抱えやすい不安の一番の原因は、「知らない」ことです。

業界や企業に対して一切知識がないと、自分は転職できないかもしれないといった漠然とした考えが頭をよぎりますが、業界の特徴や志望先の会社が求めている人材などを知っていくことで、自信につながるでしょう。

関連記事:就職・転職で失敗しないために!業界研究と企業研究のコツを解説

面接対策をする

「面接で落とされないか不安…」という方は、徹底した面接対策を行いましょう。

対策をしっかりとできていれば、淀みなく応答をすることができますし、とっさの質問にもうまく切り返すことができます。

一方で面接対策を怠っていると、予期せぬ質問に慌ててしまい、支離滅裂な答えをしてしまうこともあるかもしれません。

面接はその応答内容だけでなく、姿勢や言葉遣い、声の大きさなどにも注意が必要です。

採用面接でよく質問される定型的な質問には、しっかりと答えられるように、事前に準備しておきましょう。面接でよく質問されることや面接前にやるべき準備、回答を考える時のコツなどは、以下の記事で解説しています。

関連記事:転職に役立つ面接対策!質問項目や基本マナーを理解して成功に近づこう

履歴書・職務経歴書を作りこむ

転職をする際は、履歴書と職務経歴書を作り込む必要があります。書類は、選考の第一関門。ここを突破できなければ、そもそも面接にまでたどり着けず、自身の強みなどをしっかりとアピールすることができません。

履歴書は応募者の基本的な情報を判断する書類です。採用担当者はまず履歴書を見て、企業が求める人材であるかどうかを判断します。

職務経歴書は、応募者がこれまでどんな仕事を経験し、どんなスキルがあるのかを示す書類です。採用担当者は職務経歴書から、応募者のキャリア・スキルを判断し、採用後に活躍ができそうかどうかを見極めます。

初めての転職で、履歴書・職務経歴書をどのように書けば良いのか分からないという方もいるかもしれませんので、以下の記事で履歴書と職務経歴書の書き方を、転職初心者向けに解説しています。

関連記事:履歴書と職務経歴書の書き方は?初めて転職するあなたをサポート

転職経験者からのアドバイスをもらう

身近に転職経験者がいれば、相談してアドバイスをもらうのもおすすめです。

自分一人で色々と考え込むよりも、第三者からアドバイスをもらった方が、客観的な判断ができることがあります。

特に転職は人生における重要な分岐点となりますので、様々な価値観や視点から意見をもらった方が、よりよい判断ができるようになるでしょう。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

入社後の不安を解消する方法

転職の不安は、採用の段階で感じるものだけとは限りません。

新しい会社に入れば、環境も大きく変わります。そこに馴染めるかどうかという不安もあるでしょう。

そのような不安はどのように解消すればいいのか解説します。

上司・同僚と積極的にコミュニケーションをとる

上司・同僚とは積極的にコミュニケーションをとることを心がけましょう。

挨拶など基本的なことは欠かさず、仕事でわからないことがあればすぐに聞く姿勢が大切です。

転職したばかりの頃は周囲から話しかけてくれることも多いかもしれませんが、受け身のままでは深い関係を築くことは難しいでしょう。自分から積極的に行動することが重要です。

スキルアップのために勉強する

転職後に仕事をこなせるよう、スキルアップに繋がる勉強をしておくこともおすすめです。資格などを取得できれば、転職活動時のスキルの証明となります。

入社後の仕事に関する不安は、積極的に学び、スキルをつけていくことでしか解消できません。転職して終わりではなく、転職してからがスタートという気持ちを忘れないようにしましょう。

関連記事:独学で資格をとって転職・キャリアアップしたい!挫折しない勉強のコツを解説

退職に関する不安を解消するには

もう1つ不安要素となりがちなのが「退職」です。

退職の手順がよくわからなかったり、上司と揉め事になったりという点から、話を切り出せずに何ヶ月も立ってしまうということも考えられます。

転職に合わせて、退職時の不安を解消する方法も理解しておきましょう。

上司と話し合う

退職の意思は、直属の上司に伝えましょう。人事や管理職、同僚などに伝えるのはその後になります。また円満退職のためにも、「余裕を持って退職の希望を伝える」という配慮もあるとよいでしょう。

退職には事務手続きや引き継ぎなどを行う必要があるので、可能な限り余裕を持って伝える必要があります。退職予定日の1〜3ヶ月前に伝えるのがベストです。

年末年始や繁忙期、大きなプロジェクトが進行する直前などは避けた方がベターです。

感情的にならないようにする

強く引き止められたり、「転職しても通用しない」など言われるかもしれませんが、感情的にならないようにしましょう。

何を言われようとも、企業が労働者を強制的に引き止める権限はありません。

手続きを踏めば希望通り退職可能ですので、冷静に退職することの意思を伝えましょう。

引き継ぎをしっかり行う

退職が受理されたら、後任者への業務引き継ぎ作業を行うことになります。

業務の引き継ぎ作業は担当していた業務によって様々ですが、一般的には「上司と相談して後任者を決める」「後任の担当者とともに取引先へ挨拶に 行く」などがあげられるでしょう。

円満退社のためには、自分がいなくなった後も淀みなく業務が進むよう、可能な限りの配慮をしなければなりません。周囲と協力しながら、引き継ぎ作業を進めていきましょう。

さいごに

一つの会社に生涯勤めるのではなく、転職などを通してキャリアアップを図っていくという働き方も一般的になってきました。

転職には不安が付きもの。転職後の仕事では、慣れないことも多く、気疲れすることもあるかもしれませんが、これらのハードルを乗り越えることができれば、大きな自己成長につながるでしょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人