テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

男性版:楽な仕事ランキングTOP10!体力的・精神的に楽な仕事とは

更新: 2022.01.07

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

【月額コース】IT時代に個人で稼げる人材を目指す方へ

今の仕事が体力的・精神的にきつい…
転職するなら、できるだけ楽な仕事がしたい

働くなら「できるだけ楽な仕事をしたい」と考える方は多いでしょう。

そこで本記事では、男性版の「体力的・精神的に楽な仕事」をランキング形式で紹介します。

女性版の楽な仕事ランキングについては、こちらの「【女性におすすめ】楽な仕事ランキングTOP10!肉体的・精神的に楽な職業の種類」をご参考ください。

※掲載内容は2022年1月記事執筆時点の情報です。

楽な仕事の特徴

本章では、楽な仕事とはどんなものなのか、その特徴を見てみましょう。

「楽」にも様々な種類があり、人によって感じ方は異なります。

精神的なストレスが少ない

働く上で精神的なストレスを抱えない仕事は楽な仕事であると言えます。

仕事のストレスが日々積み重なっていけば、次第に会社に行くこともつらいと感じるようになるでしょう。仕事以外のプライベートにも悪影響をもたらすかもしれません。

精神的なストレスの少ない仕事は、心に余裕が生まれます。

  • ノルマが厳しくない
  • 社内外の競争がない
  • 接客や顧客対応の必要がない
  • 職場の人間関係が安定している

具体的には、上記のような仕事(職場)を選ぶとよいでしょう。

体を酷使しない

体を酷使しない仕事は、楽な仕事と言えるでしょう。

1日の多くの時間を社内やデスクで過ごす仕事は、体力的な負担もなく楽に働けます。

一方で、工事現場や引っ越し作業員などは体を酷使するため、体力に自信がある人でないと続けることは難しいかもしれません。

また、体を酷使する仕事は、怪我や病気で体を壊す可能性もあります。年齢を重ねるごとに、若い時のように働けなくなることも考慮すべきです。

ルーティンワークである

仕事の大半がルーティンワークの仕事は、誰にでもできる楽な仕事と言えるでしょう。

ルーティンワークの多くはマニュアルが完備されており、手順に従って進めます。仕事のために勉強しなければならないことも少ないでしょう。

一方、自分の頭で考える比重が大きい仕事は、主体的に考えて対処しなければなりません。その分責任も大きくなりますし、業務内・外での日々の勉強も必要でしょう。

楽な仕事がしたい方は、業務内容がある程度手順化されている仕事をおすすめします。

労働条件が良い

労働条件が良い仕事(職場)も、楽な仕事であると言えます。

例えば、以下のような職場です。

  • 残業が少ない
  • 時短勤務、テレワーク(リモートワーク)が可能
  • 有給が取りやすい、土日を安定して休める

労働条件が良いと、ライフワークバランスが取りやすいので、仕事もプライベートも充実でき、人生がより良いものになるでしょう。

責任が大きすぎない

過剰な責任を負うことがない仕事は、精神的に楽な仕事と言えます。

責任や重圧は精神的なプレッシャーになりますから、好きな仕事でも次第につらいと感じてしまうかもしれません。

「失敗したら大変だ」という強迫観念が判断を鈍らせることもあるでしょう。

「責任が大きい仕事」というのは、具体的には以下の通りです。

  • 人の命を扱う:医療系職種など
  • 人の人生を大きく左右する:不動産・教育・介護など
  • 大金を扱う:金融・コンサルタントなど
  • チームをまとめる:リーダー・マネジメント職など

実力以上の責任を負うことになれば、精神的なプレッシャーは大きくのしかかるでしょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中! 例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?
資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

男性版:楽な仕事TOP10の選定基準

楽な仕事の特徴を確認したところで、まずは楽な仕事トップ10の「選定基準」を説明します。

業務内容がルーティンワーク

先ほど挙げた「仕事内容がルーティンである」を基準のひとつとしています。

繁忙期などは忙しくなるかもしれませんが、作業量も比較的安定しており、「スキルアップのために業務終わりに勉強する」必要もないため、楽な仕事です。

ルーティンの仕事は、「自分の頑張り次第でインセンティブが出る」「売り上げなどが出世に関わる」といったことは少ないでしょう。

ですがルーティン業務は、自ら積極的に仕事を取りに行くというよりも、淡々と日常業務や日課、定型業務をこなすタイプのものも多いです。

今回、紹介する職業の中には必ずしもルーティンとは呼べないものもありますが、コツをつかめば効率的にこなせるタイプの仕事を中心にセレクトしました。

充分な収入が見込めるか

ある程度の収入が見込めるかどうかも基準にしています。

仕事内容がどれほど楽であっても、収入が見込めなければ生活が苦しくなります。

余裕のある生活ができなければ、精神的につらくなってきたり、副業をしなければならなくなることも。とても「楽だ」とは言い難いでしょう。

とはいえ「楽で多くの収入が見込める仕事」というのは、そうそう存在するものではありません。

この記事では、最低限生活するには苦労しない程度の収入が見込める仕事を紹介しています。

体力的・精神的な消耗が激しくないか

体力的・精神的な消耗がない仕事も、基準のひとつ。

基本的にデスクワークや屋内での仕事など、体力的な負担のない仕事を選定しました。

精神的な消耗は個人によって捉え方が難しいところですが、「飛び込み営業」や「クレーム対応」など、対人関係で疲弊する可能性のある仕事は除外しています。

男性版:楽な仕事ランキングTOP10

男性が就くことの多い仕事の中から、楽な仕事TOP10を見ていきましょう。

  • 第1位:大家
  • 第2位:警備員
  • 第3位:塾講師
  • 第4位:社内SE(システムエンジニア)
  • 第5位:ビルメンテナンス
  • 第6位:ルート営業
  • 第7位:地方公務員
  • 第8位:トラック運転手
  • 第9位:WEBライター
  • 第10位:工場作業員

第1位:大家

大家は、不動産(おもに貸家)の所有者のこと。

家賃収入で生活できるため、安定的に収入を得ることができます。また日々の仕事も建物の管理など、簡単なルーティンであることが多いです。

管理自体を管理会社に委託すれば、ほとんど労働なしで生活することができるでしょう。

サラリーマンとして働き、投資の一環でマンションなど不動産投資を行う人もいるようです。

年収は、地域や建物の規模によって異なります。

家賃を5万円とした場合、4部屋の賃貸であれば毎月20万の収入。10部屋あるアパートであれば毎月50万円になります。年収に換算すると240~600万円となるでしょう。

第2位:警備員

警備員は、ビルや施設で警備を行う仕事。

建物を巡回し、トラブルを発見した場合は連絡・対処をします。鍵の管理などを行うのも、業務のひとつです。

基本的にひとりでの作業であり、トラブルも毎日頻繁に起こるというものではありません。

日常の業務はほとんどがルーティンなので、楽な仕事と言えるでしょう。立ち仕事にはなりますが、体を酷使するわけでもありません。

2019年の警備員の平均年収は約319万円でした。

参考元:令和2年 賃金構造基本統計調査|厚生労働省

第3位:塾講師

塾講師は、学生に学習指導を行う仕事です。業務の内容や教える対象(小中高)、方針(受験対策など)は、塾によって異なります。

学生時代に勉強したことなど、自分の頭の中にある知識を教えることになります。得意教科があったという方は、特別な勉強をすることなく始めることができるでしょう。

個別指導の場合は座り仕事ですし、相手にするのは数人の子どもということになるので、精神的にも楽な仕事です。

業務内容も「質問に答える」「テキストの内容を説明する」などそれほど多くありません。

学年によって教える内容は変わってきますが、教科書は年始に指定したものから1年間に渡って変わることはありません。

塾が指定したものがあれば、基本的にそれを順に教えていくことになります。先んじて、数ヶ月先の分まで授業予定を立てることもできるでしょう。

生徒の個別指導などにはイレギュラー要素もありますが、採点業務や日報付けなどルーティン的な要素も多く存在します。コツをつかめば効率的にこなせる仕事であると言えます。

2019年の塾講師の平均年収は、約393万円でした。

参考元:令和2年 賃金構造基本統計調査|厚生労働省

第4位:社内SE(システムエンジニア)

社内SEは、社内システムの管理や保守運用、企画などを行う仕事です。

SEというとクライアントの要望や納期のため残業になるなど、きつい仕事のイメージがあるかもしれません。ですが社内SEはクライアントや納期に振り回されることがありません。

「社内システムの開発」や「社内インフラ整備」など、業務内容はさまざま。

基本的に社内での仕事なので、外回りや社外の人とのやりとりもないため、職場が合えば楽な仕事と言えるでしょう。

2019年のシステムエンジニアの平均年収は、約568万円でした。

参考元:令和2年 賃金構造基本統計調査|厚生労働省

第5位:ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、建物に異常やないかの点検・保守管理を行う仕事です。

現場によっては、ひとりで業務を行います。ノルマや納期などもなく、ゆったりと仕事をすることができます。体力仕事でもないので、精神的・体力的に楽な仕事と言えるでしょう。

ビルメンテナンスの平均年収は、約367万円でした。

参考元:転職会議

第6位:ルート営業

ルート営業は、既存の営業先をまわり、自社商品・サービスの紹介やフォローを行う仕事。

営業というときついイメージを持つ方も多いかもしれません。ですがルート営業の仕事は、新規開拓をすることがほとんどなく、ノルマも一般的な営業よりも厳しくありません。

そのため、飛び込み営業のような精神的な疲弊は少ないでしょう。

先方の担当者と友好な関係を築けば、気楽に営業先まわりを行えるかもしれません。

外回りは基本的にひとりで行うので、周囲に気を使うことがないのもポイントです。

ルート営業の平均年収は、約403万円でした。

参考元:マイナビエージェント

第7位:地方公務員

地方公務員は、都道府県・市町村の役所などで公共サービスを行う仕事です。

解雇などがないため非常に安定しています。ノルマなどもなく、精神的に追い詰められることもないでしょう。業務内容や忙しさは、部署によって異なるため注意が必要です。

令和2年度の地方公務員の平均年収は約636万円で、職種や勤務する地方自治体によって給与の差が見られます。

参考元:令和2年 地方公務員給与実態調査|総務省

第8位:トラック運転手

トラック運転手は、トラックを運転し、企業や個人宅などへ荷物を配送する仕事。

基本はひとりで配送先を回るので、「黙々と仕事をしたい」という人におすすめです。

ルート配送であれば「決まった配送先に向かい、荷物の積み下ろしをする」というルーティン作業になります。

運転免許以外で、何かを勉強したりスキルを積極的に身につける必要は特にありません。

2019年の長距離トラック運転手の平均年収は、約455万円でした。

参考元:令和2年 賃金構造基本統計調査|厚生労働省

第9位:WEBライター

WEBライターは、WEBサイトの記事を執筆する仕事です。

検索エンジンからの流入を想定した記事は、SEO(検索エンジン最適化)を意識した書き方をする必要があるなど、ライティングスキルが必要。

WEBライターとして働くには、会社勤めとフリーランスの働き方があります。

フリーランスであれば、働く場所や時間が自由に設定可能。「朝起きるのがつらい」「通勤がつらい」という方は楽に感じるでしょう。

フリーランスのWEBライターの平均収入は300万円台と言われています。しかし、専門性をつけたりスキルをあげることよって単価をアップできるでしょう。

第10位:工場作業員

工場作業員は、「ライン作業」「ピッキング」など工場内での作業を行う仕事です。

作業内容は多岐にわたりますが、基本的に黙々と作業をすることができ、社外の人とのやりとりなどもありません。

職場によっては、社内の人との交流も全くない、ということもあるでしょう。

人とのコミュニケーションに苦手意識があり精神的に疲れる、「黙々と作業する方が楽だ」という方におすすめです。

また「ライン作業」など、仕事内容もほとんど決まり切ったルーティンをこなすだけなので、ある程度慣れれば非常に楽な仕事と言えるでしょう。

ライン業務の工場の年収は「およそ250万円から350万円程度」と言われています。

楽な仕事に就くために必要なこと

本章では、「楽な仕事」に就くために意識しておきたいことを4つ紹介します。

自分がどういう点に「楽だ」と感じるのかを明確にする

「今の仕事に対して何がきついと感じているのか」を明確にしておく必要があります。

でないと、転職後も「もっと楽な仕事がしたい」と思ってしまうかも。

「楽」と感じるポイントが人によって異なり、そこには個人の感覚や職場環境、人間関係など様々な要因が絡みます。

例えば「体力的にきついかどうか」も、体力のある人とそうでない人では、きついと感じるラインは異なるでしょう。

難しい仕事内容でも同僚や上司との関係が良好であれば、自然体で働くことができ、「気が楽だ」と精神的に余裕を持つことができます。

今の仕事内容の不満を紙に書き出してみましょう。

面接で条件など詳しく質問する

仕事が楽かどうかは、職場の労働条件・雰囲気・社風なども影響します。

ノルマや残業時間など、負荷に直結する部分は詳しく聞いておくべきでしょう。

「面接で残業時間などを聞くと心象が悪くなるかもしれない…」と思われる方もいるかもしれません。しかし、疑問を残したまま入社してしまうことの方が避けるべき事態です。

そのため、疑問点などは入社前の面接の段階で全て解消しておきましょう。

実際にその仕事をしている人から話を聞く

実際にその仕事をしている人から、話を聞くこともおすすめです。

話を聞いてみることで自分が想像していなかった大変さ・楽しさなどを聞くことができます。

身近な人に聞いたりSNSなどを通して調べてみるのも良いでしょう。

転職エージェントに相談する

その仕事が実際どのくらいきついのかというのは、なかなか知ることができません。

「入社してみたら思ったよりもきつかった」というのは避けたいところ。

なので転職を考え始めたら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

転職エージェントは、様々な転職をサポートするプロフェッショナルです。カウンセリングを通して、自分にあった仕事を紹介してくれるでしょう。

転職エージェントを通して選考を行うと、企業とのやりとりもエージェントが取り持ってくれます。面接で聞きづらいことなどの疑問も解消できるでしょう。

キャリアや理想の働き方を見据えた楽な仕事を見つけよう

男性版の「楽な仕事」をランキング形式で紹介しました。

仕事選びで重要なのは、「自分がどんな働き方をしたいのか」「何を楽だと感じるのか」を正確に把握しておくことです。

就職・転職は人生の大きな分岐点ですから、今後のキャリアプランや人生設計なども踏まえた上で、理想的な働き方を手にしましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement