【学生向け】ITエンジニアを目指すための大学・専門学校10選!

あなたは、エンジニアになるための手段として何を選んだら良いのか悩んでいませんか?

ここでは、エンジニアの種類からおすすめの専門学校までご紹介します。
やりたい事が明確に決まっていても、道は一つではありません。
是非参考にしてみてください。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

ITエンジニアのお仕事とは

システムエンジニア

すべての工程において、システムを完成まで導く役割を担います。

具体的には、クライアントと「要件分析」「要件定義」について打ち合わせをし、仕様書を作成してから「基本設計」「詳細設計」などを行います。

データベースエンジニア

未経験でもITエンジニア

企業のデータベースを効率よくするために、システムの「設計」「構築」「管理」を行う仕事です。そのため、データベースに関する「総合的なスキル」や「深い知識」が必要になってきます。

他にも、エンジニアの職種には以下のようなものがあります。

ネットワークエンジニア

お客様のネットワークインフラの「設計」から「構築」「運用管理」、ネットワーク機器が故障した時の障害切り分けや障害部位の交換などの「保守」までを行う仕事です。

フィールドエンジニア

通信機器メーカー医療機器メーカーなど、専門機器を使用しているお客様の所へ訪問し、システム構築に伴うシステム機器の「設置」から「設定」「保守」「修理」を行います。

近年のシステムは、さまざまなハードとソフトが組み合わされて構成されているため、障害が発生した場合の原因特定が難しく、専門的な知識を持つフィールドエンジニアの存在は欠かせないものとなっています。

セールスエンジニア

営業職」と「技術職」両方の要素を持つ仕事です。

主にソフトウェアやOA機器などを扱う企業で、営業スタッフと顧客の元に同行し、技術担当者との打ち合わせで自社製品の導入をお勧めしていきます。

また、顧客に対して研修を行ったり、導入後のトラブル時のサポートを担当する場合もあります。

プログラマー

システム開発において、外部設計書をもとに「内部設計書・プログラム設計書」を作成し、プログラミングを行い、「単体テスト」「結合テスト」までの一連のプロセスを担当します。

最近では、この工程に従わない開発手法も多くなってきています。

ITエンジニアの仕事内容

IT系企業の求人に書かれている仕事内容や業務内容は、大きく5つに分けられます。
各項目の作業内容は以下の通りです。

システム設計・開発・評価

要件定義・要件分析

システムやソフトウェアの開発において、どのような機能が要求され、実装されるべきなのかを明確にしていく作業です。

パソコンに向かっている時間より、依頼者側と話し合う時間が多い業務で、経験が豊富な中級から上級のSEが担当します。

システム設計・外部設計

外部システムとの連帯やシステム全体を設計する作業で、依頼者側に説明するための資料や基本設計書を作成します。経験豊富な中級から上級のSEが担当します。

詳細設計・モジュール設計

プログラム単体の設計書単体テスト仕様書結合テスト仕様書を作成する作業です。

初級から中級のSEまたは、経験のあるプログラマーが担当します。

プログラミング

プログラムのソースコードを記述していく作業の事です。

初級から中級のSE、またはプログラマーが担当する仕事で、IT業界が未経験でもプログラミングを担当することがあります。

プログラム単体テスト

プログラムの動作を確認する「テスト」を実施する作業のことです。プログラムのバグを発見した場合は、プログラムのソースコードを修正して再テストを実施する必要があります。

プログラム結合テスト

プログラム単体の開発が完了すると、プログラムをテスト専用の環境に移行してテストを実施します。

システムテスト

外部のシステムと連帯」「リソース消費量」「セキュリティ」などの確認をし、最終確認をします。

 

システムの調査・分析

システム導入後の運用サポート

システム導入後、どれだけ充実したサポートを提供できているかが会社の信用に大きく影響してきます。システムの操作からシステムの障害対応まで多岐に渡るサポート内容が挙げられます。

ある程度経験のある運用SEと、あまり経験のないコンビを組ませて経験を積ませる事もあります。

メンテナンス

老朽化が進んだハードウェアを交換したり、テープやディスクなどの記録媒体を交換したりする「ハードウェアメンテナンス」とデータベースを最適化したり、ログファイルを保存したりする「ソフトウェアメンテナン」があります。

運用マニュアルが用意されているので、IT業界未経験の方でもある程度の業務をこなすことができます。

ユーザー教育

システム開発を依頼した企業の社員に、開発したシステムの操作方法を教えます。ユーザー用のマニュアルを作成し、作成したマニュアルを読みながらプレゼンテーションしたりします。

 

システム導入のコンサルティング

システム導入の営業

システム開発を受注するための営業を担当します。

システム導入のコンサルティング

依頼者側の業務フローから分析して、どのようなシステムを導入したらよいか提案したり、業務を効率化するために業務フローの改善を提案したりします。

依頼者側が抱える経営上の課題を把握・分析して、そのための解決策を提案する必要があるので、専門的な知識と経験が必要になります。

要件定義・要件分析

システムやソフトウェアの開発において、どのような機能が要求され、実装されるべきなのかを明確にしていく作業です。

パソコンに向かっている時間より、依頼者側と話し合う時間が多い業務で、経験が豊富な中級から上級のSEが担当します。

 

ネットワークの構築

本来のネットワークエンジニアとは、様々なプラットフォームやサービスの特性を理解し、これらの連帯を実現するためにネットワークケーブルや商用回線といった物理的な要素やプロトコルにも幅広く精通しておく必要があります。

しかし、ネットワーク通信に特化したシステムインテグレートに関する人員は、「作業員」「運用オペレータ」と呼ぶよりも、「ネットワークエンジニア」の方が上級技術者らしく聞こえて高い単価を要求できるため、初心者でもネットワークエンジニアと名乗らせることが多いです。

運用オペレータ

運用」「管理」「保守」を専門とするコンピュータ技術者を運用オペレータと呼びます。

主な仕事内容は「オンラインシステムの監視」「データのインプットとアウトプット」「ジョブの管理」などで、これらはパソコンを普通に扱えれば、誰でもできる業務になります。

 

運用サポート・メンテナンス・支援・教育

ユーザーテスト

システム開発を依頼した企業や部門に、システムのテストを依頼します。依頼したユーザーテストの結果をまとめたり、テスト結果を分析したりします。

システム導入

開発経験が豊富なSEと、運用経験が豊富なSEが協力して、開発したプログラムを本番環境に移行します。

様々な要因からトラブルが発生しやすくなっていますので、システムやデータのバックアップ・リカバリなどの業務を担当します。システムを導入すると、開発業務は完了となります。

システム導入後の運用サポート

システム導入後のサポートについては、どれだけ充実したサポートを提供できているかが会社の信用に大きく影響してきます。

システムの操作からシステムの障害対応まで多岐に渡るサポート内容が挙げられます。

ある程度経験のある運用SEと、あまり経験のないコンビを組ませて経験を積ませる事もあります。

メンテナンス

老朽化が進んだハードウェアを交換したり、テープやディスクなどの記録媒体を交換したりする「ハードウェアメンテナンス」と、データベースを最適化したり、ログファイルを保存したりする「ソフトウェアメンテナン」があります。

運用マニュアルが用意されているので、IT業界未経験の方でもある程度の業務をこなすことができます。

ユーザー教育

システム開発を依頼した企業の社員に、開発したシステムの操作方法を教えます。ユーザー用のマニュアルを作成し、作成したマニュアルを読みながらプレゼンテーションしたりします。

ITエンジニアを目指せる各種学校の比較

大学で学ぶ

メリット

基礎知識・関連知識を4年間に渡って網羅的に学ぶことができる、極めて充実した学習環境があります。また、大卒資格を持っていない方は学士号を取得することで、将来的な院進学など新たなキャリアへの道が開けます。

デメリット

学費が極めて高いです。また社会人が仕事と大学を両立するのは非常に困難です。

 

専門学校で学ぶ

メリット

 

必要な知識に特化した専門的な学習ができます。また大学に比べ、夜間コースが充実していることが多く、社会人でも仕事と学習を両立しやすいです。

デメリット

専門学校によっては、学生のレベルがまばらです。講義形式の授業では、講師が多数の学生に向けて授業をします。そのため、自分の望んだペースで勉強できない場合もあります

オンラインスクールで学ぶ

メリット

大学や専門学校に比べると、最も安価な料金で学ぶことができます。また、学校に通わなくて良いため、自分の好きな時間や好きな場所で勉強することができます

デメリット

一人で勉強をするスタイルだと、サボりがちになる可能性があります。またわからない事があった場合、すぐに質問することができず、学習が思うように進まない可能性も高いです。

各種エンジニアを目指す人におすすめの学校

システムエンジニア

東京情報大学

東京情報大学総合情報学部は、「情報システム学科」「環境情報学科」「情報ビジネス学科」「情報文化学科」の4学科を設定しています。
情報テクノロジーの問題」から「企業への適用」「メディアの発展」「社会・文化への影響」まで、情報とその周辺領域を幅広く学ぶことができます。

東京電子専門学校

東京電子専門学校は「総務省」「経済産業省」「厚生労働省」「国土交通省」の4つの省が認定する学校で、全17種目に及ぶ国家試験に関する特典があたえられています。

ある一定の条件に達していれば、各国家資格の受験の全部、または一部が免除されます。

先端医療系3学科、「ソフト情報系5学科、「先端電子系2学科が設定されている、総合学園です。

ネットワークエンジニア

リナックスアカデミー

リナックスアカデミー初心者でも最短4週間でエンジニアになることができます。社会人の再教育を教育理念としており、IT技術に特化した日本初の「IT教育電門機関」です。

また、効率的に授業を進めることができる「少人数クラス制」の導入や、実務の流れに合わせた「PBL」を取り入れています。

その他「合格保証制度」や「就職・転職サポート」も充実しており、リナックスアカデミーの特徴と言えます。

日本電子専門学校

日本電子専門学校は「CG・デザイン」「ゲーム」「アニメ」「Web」「ミュージック」「IT」「ネットワーク・セキュリティ」「電気・電子」の8系に、昼間部23学科、夜間部6学科の合計29学科を設置している総合学園です。

プロから直接指導を受けることができるインターンシップや、有名企業との連帯授業も積極的に実施しています。

その他、「国家資格認定」や「企業認定資格」のサポートも充実しており、毎年多くの学生が難関資格に合格しています。

セキュリティエンジニア

日本工学院

東京の専門学校である日本工学院は、39学科117専門コースを設置する総合専門学校です。

最先端の学習環境提供と、広く社会に貢献する豊かな人材育成を理念とし、「豊富な資格」「学位互換制度」「4年制学科への編入制度」などいくつかのメリットもあります。

サーバーエンジニア

神戸情報大学院大学

神戸情報大学院大学は日本の情報インフラ構築の中核を担う高度ICT技術者を育成することを目指した、IT分野専門職大学院です。

実用的な知識と技術の修得」「強みを活かす育成環境の提供」「解決する力の獲得」などを教育の目標とし、2年間の修業期間を通して、「人間力を有する高度ICT人材の育成」をしています。

HAL

HALは昼間コースは1年制(2学科)・2年制(6学科)・4年制(11学科)と分かれており、夜間コースは2年制(6学科)と1カ月から通える講座が2つ、土曜コース(国家資格取得講座)があります。

ゼロからプロにする」「あなたの個性を才能に変える」という理念のもと、「創造力」「応用力」「業界適応力」を身に付けることに主眼をおいて、独自の教育システムによって学習していきます。

WEBエンジニア

TECH::EXPERT

TECH::EXPERTは、プログラミング未経験から即戦力エンジニアを養成する転職保証付きプログラミングスクールです。

転職成功率は97%で、転職に失敗した場合受講費用は全額返金されます。

10週間で未経験からのエンジニア転職を目指す短期集中コースと、半年かけて学習を行う週末集中コースがあります。すぐに転職を決めたい方、仕事を続けながらゆっくりスキルを身につけたい方はそれぞれ自分に合ったコースを選択可能です。

学生向けのコースとしては、TECH::EXPERTにはスキルアップコースがあります。スキルアップコースでは転職保証はありませんが、キャリアサポートが実施されます。新卒採用でエンジニア入社したい方や、独立・起業をお考えの方はスキルアップコースがおすすめです。

無料相談はこちら

エンジニアを目指すには本当に学校に行くべきか?

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_sエンジニアの仕事は、プログラミングの経験がない未経験者でも「可能性がある人材は育てよう」という考えで積極的に採用しています。

また、未経験を採用する場合は研修制度を設けていることが多いので、仕事の基礎はそこで覚えることができるのです。

職種によって覚えることは異なりますが、だいたい3カ月の間に「基礎」「応用」「実技」「実地研修」とともに、最低限必要なビジネスマナーも合わせて学ぶことができます。

もちろん、大学や専門学校に通って資格を取るに越したことはありませんが、具体的な目標が決まっていて、向上心のある方なら、働きながらスキルアップするのも良いのかもしれません。

まとめ

学校に通うことで、確実に専門知識を修得することができたり、同じ目標を持っている方が近くにいることによって良きライバルになり、勉強に対する意欲が沸いてくる場合もあります。

学校に通うのが厳しい方や社会人になってから転職でエンジニアを目指す方もいるかと思います。そういう方は働きながら資格を取り、スキルアップする方法もあります。

自分に合った方法で、エンジニアへの道のりを歩んでみて下さい。 

エンジニアになりたい、自由な働き方を手に入れたいあなたへ
無料のキャリア相談会を実施中

未経験からプロのエンジニアとしての技術を身につけることは難しいと思っているあなたへ。始める前に諦めないでください。今からでもテクノロジーの最先端で活躍するキャリアパスを選ぶことはできます。

無料カウンセリング

異業種・異職種がほとんどの、200名近い未経験の方をエンジニアとして輩出してきた『TECH::EXPERT』では、毎日個別でのキャリア相談会を実施しています。

  • エンジニアのキャリアや仕事内容が明確になる
  • 自分にエンジニアが合うのか知ることができる
  • エンジニアになるためにやるべきことが明確になる
  • 未経験からの転職で起きる問題やその解決方法が分かる

何を聞けばいいか分からない人でも、満足度93%以上のカウンセラーが丁寧にヒアリングをいたします。月に200名以上が参加するため、予約はお早めにお取りください。

キャリア相談のお申込はこちらから

能戸麻沙美 能戸麻沙美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー