未経験から10週間でエンジニア転職!新年から受講するなら今相談

会話が苦手だと感じる人の特徴と苦手意識の克服方法を解説

更新: 2020.08.28

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

社会人として生活する中では、職場での打合せやお客様との接客など、他者とコミュニケーションをとらなければならないシーンが多くあります。

これから社会人となる人の中にも、初対面の人との会話に苦手意識が有り、就職活動の際のセミナーや面接試験などに不安を持つ方もいるでしょう。

人は誰しも初対面の人や大人数の前で話す事には、大なり小なり苦手意識を持っており、得意だと言う人は少数派です。

多くの人は必要に迫られて、様々な方法で苦手意識を克服しているのです。

しかし、会話への苦手意識はわずかな工夫で克服する事が可能です。

今回は、会話に苦手意識を持つ人の特徴とその克服方法についてご紹介したいと思います。

この記事の目次

この記事のまとめ

会話が苦手な人は「自分の話をしすぎる」か「遠慮してしまう」傾向

会話が苦手な人には大きく二つのタイプが有ります。

一つ目のタイプの特徴は自分の話ばかりしてしまうと言う事です。このタイプの人は会話のネタが尽きてしまうと何を話して良いのか判らなくなり、それ以上話が続かなくなりやすいです。
もう一つのタイプは、相手のことを考えすぎるあまり、遠慮してなにも質問できなくなってしまうと言う特徴があります。

失礼な事を言ってしまわないかを心配し過ぎて、何を話したら良いか判らなくなってしまいます。

相手に興味を示して、自信を持って話す

会話と言うのは、相手と二人で行うキャッチボールと同じです。相手を見て言葉を投げかけ、また投げかけられた言葉に返答を返さなくてはなりません。

そのためには苦手意識を持っていてはうまい言葉が見つからなくなってしまいます。

会話に対する苦手意識を克服するコツは、小さなことでも良いので相手に興味を持ってみることです。髪型や服装などささいなことでも質問してみることで相手から話題を引き出せます。

上手に話さなければならないなどと意識しないこともコツのひとつです。たとえ話し方が下手であったとしても、自分の興味のある事であれば返答しやすいものです。

必要以上に遠慮せず、自信を持って質問することも忘れないでください。相手のプライベートに関する質問をしてみることで相手の緊張もほぐれ、より話がつながりやすくなるでしょう。

情報を集めることを忘れずに

会話が上手な人は、話題を豊富に持っています。それはニュースを見たり、本を読んだりと、情報収集を日頃から行っているためです。

会話のネタに困ってしまうという人は、意識して情報を集めてみましょう。

これまであまり気にしていなかったことでも、ニュースや天気予報など誰でも接している情報を得ておけば、相手も見聞きしている可能性が高くなります。

「雑談」と言うくらいですから、特別面白い話を探さなくても、雑多な毎日のニュースだけでも会話の糸口になるでしょう。

とっさの際にパニックにならない様、いくつかの話題を文章にまとめ、どの様に話すか考えておいても良いかもしれません。

練習と言うと大げさかもしれませんが、どの様な話を振ってみようか、いくつかの話題を事前に考えておくとあわてずに対処しやすくなります。

個人での作業時間が長い仕事に転職するのもおすすめ

どうしても会話が苦手な方、特にコミュニケーションを避けられない会社での会話に悩んでいる方は転職することも一つの手です。

エンジニアやプログラマーのような、個人で作業する時間が長い仕事もあります。そういった仕事の方が、ストレスなくこなせるかもしれません。
会話が苦手の人でも、専門的な知識に関する共通する話題であれば、コミュニケーションを取りやすくなります。

会話が苦手な人の特徴・原因

さらに詳しく会話が苦手人の特徴やその原因を解説します。

自分の話ばかりしてしまう

会話が苦手だと感じる人に共通していることとして、自分の話ばかりしてしまうと言う特徴があります。

原因としては相手の話をあまり聞いていなかったり、相手に興味を持っていなかったりすることが考えられます。

自分の話だけでは、会話の引き出しに限界がきてしまいます。

会話は言葉のキャッチボール。自分と相手がいて初めて成り立ちます。自分の話ばかりではなく、相手の話を引き出してあげることも大切です。

言葉のキャッチボールの練習のためには、他人同士の話を良く聞いておくのも良いかもしれません。

これまで興味がなく聞き流していた他人の雑談から、どの様に返答をすれば会話が続きやすいのか、会話のコツを見つけられるかも知れません。

無表情でリアクションが少ない

会話中に、表情豊かに話を聞くというのも大切なコツのひとつです。

話し手は、相手に良い反応を返してもらうと大変うれしいものです。どんどん話したくなり自然と会話が弾むことでしょう

会話が苦手だと感じる人は、無表情だったり、反応が少なかったりするかもしれません。
自分では興味を持って相手の話を聞いているつもりでも、表情や反応として現れないと、相手に気持ちが伝わりにくく、会話が続きません。

些細な言葉であっても、「聞いていますよ」と言う意思表示をする事で、会話のキャッチボールは成立しているのです。

にこやかに相手の話を聞き、肯定的な反応をする練習をしてみるのも良いでしょう。

遠慮しすぎている

会話が苦手だと感じる人は、会話中に遠慮しすぎている可能性があります。

「このことを質問したら相手に失礼とはならないだろうか?」「この内容は相手を傷つけてしまわないだろうか?」などと心配になることはないでしょうか。

このような遠慮が生まれてしまうと、何を話したらいいのかわからず、会話が続かなくなってしまいます。

忘れないでください、会話は言葉のキャッチボールです。深い意味や上手な返答をしなくても言葉をやり取りすることで、自然と楽しい気持ちになることも多いのです。

持っている情報が少ない

雑談や世間話をするときは、自分の知っていることや持っている情報が多いと長続きしやすくなります。いろいろな話題を提供でき、1つの話題でも多くの切り口で話を展開できます。

どんなに会話が上手な人でも、自分の興味があること以外の情報が少ないと、話を弾ませたり長続きさせるのは困難です。

誰にでもできる会話の為の前準備や練習として、ニュースや新聞などだれもが見聞きしやすい情報を集める様にしましょう。

特定の顧客や同僚との会話を行うためには、共通の趣味や同年代で通じる話題を集める事も有効です。

どの様な相手をコミュニケーションを取りたいのかがはっきりしている場合には、相手に応じた対処を行うことで、スムーズな会話が続けられます。

会話で失敗した経験がある

過去に、人と話していて失敗してしまった経験がある人は、会話に対して苦手意識を感じてしまいやすくなっています。過去の失敗がトラウマになってしまっているかもしれません。

その時と状況も相手も違う場合でも、過去の経験から話すことに対して恐れを感じてしまい、円滑に会話することを妨げてしまっていると考えられます。
会話をしたくないばかりに、コミュニケーションを避けてやり過ごしていると、相手も話す意欲を失ってしまう場合があります。

お互いに意欲を無くして悪循環に陥る前に、雑談などでコミュニケーションをとり、気安く話しかけ安い関係を構築しましょう。

別のことを考えている

会話していたはずが、無意識に別のことを考えていた、そんな経験はないでしょうか?

自分では悪気はなかったとしても、集中力が切れたことが原因で、話を聞かず別のことを考えてしまうことも、会話を苦手だと感じてしまう原因になります。

上の空で話を聴いている事は、相手にも伝わるものです。話を聞いていない相手に対しては、話したいと言う気持ちを無くしてしまうものです。

これは相手に興味を持っていないことにも通じるかもしれません。

気持ちよく会話を続けるためには、失礼の無い様、集中して相手の話を聞く必要があります。

相手の話を邪魔してしまう

しっかり話せる、自分の意見を言えるというだけでは、適切なコミュニケーションをとれているとは言えません。

相手が話している最中に、自分の意見を言ってしまうというのも、コミュニケーションが苦手な人に良く見られる特徴です。

相手の話をさえぎって自分の言いたい事を話してしまうと。まだ話しきれていない相手としては、不満に感じてしまうでしょう。

さらに自分の意見が相手の話を否定するものだったとしたら、相手の不満は募る一方です。これでは円滑なコミュニケーションとは言えないでしょう。

落ちつて、最後まで話を聞いてから返事するように心がけましょう。

会話した経験が少ない

普段人と話すことが少ない人ほど会話に対して苦手意識を感じやすくなります。

会話の内容は状況によって全く異なります。会話経験の少ない人ほど、想定外の会話内容になった時、言葉に詰まってしまうことが増えます。

あらゆる会話に対応出来る人、いわゆるコミュニケーション力の高い人は、えてして会話の経験が多い人です。

過去の会話の経験から、あらゆるパターンを想定できるので、自信を持って話すことが出来ます。

会話経験を積まず一旦苦手意識がついてしまうと、新たに経験を積むチャンスも得にくくなります。

この悪循環が続くと、苦手意識がますます強まってしまいます。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

会話の苦手意識を克服するには?

これまでにあげた、会話への苦手意識の原因に対して適切な対処を行うことで、克服への近道となります。

会話の上手、下手ではなく、気持ちの良いコミュニケーションを取りたいと言う意志を持ち、以下のことに気を付けて実行してみましょう。

相手に興味を持って質問してみよう

自分の話だけしていたのでは、話題は尽きてしまいます。

会話に詰まった時、とっさに何か話そうと思って自分の過去を振り返っても、苦手意識が強ければ緊張してしまってますます何も思いつかなくなるでしょう。

そうのような時は、自分から相手に質問してみましょう。
相手から話を引き出して、そこを深掘りしていけば、自分で話題考え出すため苦しむこともなくなるでしょう。

そのためには相手に興味を持つことが大切です。服装、髪型、話し方、経歴、などから質問したいことを見つけてみましょう。

「何の話をしようかな?」と考えるより「何の質問をしようかな」と考えると、話題を見つけやすくなります。

どうしても相手に興味が持てない時は

初対面の相手と話す時は、なかなか興味がわかないかもしれません。その時は、誰にでも答えられる質問を自分の中で用意しておいて、聞いてみるといいでしょう。

キャッチボールを続けるコツは、相手の取りやすいボールを投げる事です。会話においてもそれは同じで、誰でも答えを見つけやすい話題を投げかけると会話が続きやすくなるのです。

例えば
・年齢
・出身地
・趣味
・仕事

などは、ほとんどの人が答えられる質問でしょう。これらの質問をしてみて、相手の答えを深掘りしてみるといいでしょう。

意外と興味深い話を聞き出せるかもしれません。

同年代である、出身地が近いなどの共通点を見つけられれば話題を広げやすくなります。

仕事や趣味にはこだわりを持つ人も多く、こちらが何も知らなくてもうまく聞き出せば、相手も話をし易くなります。

また、世代が異なっていると共通の話題を見つけにくくもありますが、相手の成長した時代背景などを知っていれば、年の離れた人たちとの話もしやすくなります。

ただし、相手の気分を害する可能性のある質問は行わない方が良い場合もあります。

・女性の年齢
・政治
・スポーツ

以上の内容は失礼に当たったり、相手の気分を害しやすい話題になったりする事があります。

一般的に、あまり親しくない女性に年齢を聞くと失礼だと思われることが多くあります。

政治や思想は、主義や嗜好が極端なものになりやすく対処しきれなくなる可能性があります。

スポーツも、野球やサッカーなどは地域性も考慮しておき、避けた方が良い場合もあります。

これらの話題は、特に初対面の際には積極的に取り上げない方が良いでしょう。

にこやかに相槌を打ちながら話を聞く

相手が話している時は「きちんと聞いています」という意思表示をした方が、会話が弾みます。できる限りにこやかに、相槌を打ちながら話すよう心がけてみましょう。

コミュニケーションを取り、良好な関係を保つためには共感する事が重要です。ほんの些細な雑談であっても、相手の意見に共感できる部分には工程的な反応を返しましよう。
誰しも共感を得られることはうれしいものです。

共感を得られた相手は、よりリラックスし、あなたと友好な関係を築こうと思ってくれるはずです。

あまりにも適当に「へぇ」「そうなんだ」と言う言葉だけでは冷たい印象を与えてしまいますので、感情を込めて相槌を打つようにしましょう。

どの様な返答であれば自然に言葉を返しやすいか、練習してみても良いかも知れません。

ただ相槌を打つだけでなく、5W1Hの質問を加えてみると、もっと会話が弾みます。

「いつ?」「どこで?」「何を?」「誰が?」「なぜ?」「どうやって?」これらは基本的な質問ですが、簡単に会話を続けることができる質問でもあります。

自分から心を開いてみる

会話が苦手な人は、相手に気を遣ってしまい遠慮しがちです。

会話に苦手意識を持つ人同士が、お互いに遠慮してしまうと会話は進まなくなってしまうでしょう。

いつまでも遠慮していたのでは会話に対する苦手意識がより強くなってしまいます。

そんなときは、自分から心を開いて、思い切った質問をしてしまいましょう。

多少プライベートに切り込んだ質問でもいいでしょう。失礼にならないような質問をしてみてください。

例えば
・お仕事は何をされていますか?
・ご兄弟はいらっしゃいますか?
・休日は何をされていますか?

といったことです。このような質問が失礼になることはそう多くないはずです。

もし失礼にあたってしまったとしても、事前に情報がないのであれば仕方のないことです。

失敗は怖いものですが、遠慮していては会話が進みません。思い切って話してみることも時には必要です。

ニュースを見たり、本を読んだりなど情報のアンテナを張る

普段からニュースを見たり、新聞や本を読んでおくと雑談に使える話題がたくさん集まります。

特に最近の話題となっているニュースは相手も知っている可能性が高いでしょう。


初対面の相手など、なかなか共通の話題が見つからない時はニュースを知っていると、それが共通の話題となるかもしれません。

すべてのニュースや本を網羅するのは難しいですが、幅広く話題を用意しておくことで、あらゆる会話に対処しやすくなります。

過去の失敗は気にしない

過去に会話をした時に失敗した経験があると、会話に対して恐怖心を抱いてしまうと思います。

ただしその時と別の相手だったり、状況も違うのであれば気にすることはないでしょう。

むしろ過去に失敗した経験があるのであれば、それを教訓にすれば同じ失敗をする可能性は低くなります。

失敗の経験はコミュニケーションがうまくいく要因だと思って、自信を持って話しかけてみてください。失敗による恐怖心は成功の経験の積み重ねで容易に克服できます。

相手の立場を考えて話に集中する

相手の話には常に集中しましょう。会話に集中するためには、相手に興味を持つことも必要です。

相手と自分の立場が逆だったとしたらどうでしょう。

自分の話を相手がきちんと聞いてなかったとしたら、腹が立ったり嫌な気分になったりするはずです。

会話をするときには、相手の気持ちを考えてしっかり話を聞くよう心がけましょう。

先にも述べた、感情を込めた相槌を打って、相手の話に興味を持っている事を伝えるようにしましょう。

相手が気持ちよく話をしてくれていれば、ことさら自分で新しい話題を探す必要もなくなります。

相手の話を全て聞いた上で自分の意見を言う

相手の話を遮って自分の話をしてしまう人は、まず我慢してみましょう。

会話をするときには、相手が話し終えるまで全て聞いてから返答する様にしてみてください。

もしかしたら、話を全て聞いたことで自分の意見が変わることもあります。
話を遮ってしまうことで相手も不機嫌になり、会話が口論になってしまうこともありえます。

相手の意見を否定するなとは言いません。しかし、否定する場合も相手の意見を一度受け入れて、理解したことを伝えましょう。

自分から話しかけてたくさん会話を経験する

会話の経験を積むことで、徐々に苦手意識も薄れていきます。

なるべく多くの経験を積むためにも、自分から積極的に人に話しかけてみましょう。

勇気がいるかもしれませんが、1回1回着実にこなせば、会話に慣れていきます。

うまく行かないことが有っても、話しかけたこと自体が自信につながり、繰り返すことで徐々に話しかけやすくなります。

失敗もまた経験です。失敗したらなぜダメだったのかと考えてみましょう。その理由と改善方法さえわかれば、次の成功につながります。

うまく会話をするための心構え

ここまでご紹介したすべての事を、いきなり実践しようとしても、難しいものもあるでしょう。

会話は心構えひとつでも感じ方が変わるものです。自分の意識の仕方という面で会話への苦手意識が軽くなる方法も紹介しておきます。

沈黙は気にしない

会話の中で生まれがちな沈黙の時間。気まずい雰囲気が流れ「何か話をしなければ」と焦ってしまいます。でもこの沈黙の時間はあまり気にしなくても大丈夫です。

自分だけが気まずさや責任を感じる必要はありません。会話は言葉のキャッチボールです。

相手と自分の協力で成り立つものですから、自分だけで沈黙をなんとかしようとしなくてもよいです。こういう時こそ相手に質問をしてみて、会話のネタを引き出してみるといいいでしょう。

また、沈黙の時間は相手も何の話題にしようかと考えている場合もあります。

自分から急いで話題を振ろうとせず、相手からのアクションを待ってみるといいでしょう。沈黙を気にしないことでリラックスでき、むしろ話題も見つかるかもしれません。

聞き役に徹してもいい

プログラミング独学

自分から話すことが苦手ならば、相手の話を聞く側に回るのもよいでしょう。

相手のタイプにもよりますが、どんどん話してくれるタイプであるのならば、自分は話を聞くだけでもコミュニケーションは成立しています。
その際にも重要なのは、ただ聞くだけでなくリアクションをとってあげたり、気になるところがあったら質問を投げかけてみてください。すると会話も弾むことでしょう。

相手の期待に100%応えるのは難しい

会話が苦手な人は、無意識に「相手の期待している返答をしなければ」と自分にプレッシャーをかけてしまっている場合があります。

しかし、相手が会話で何を期待しているのか判断するのはとても難しいことです。100%相手の期待に応える会話を毎回するのはまず不可能でしょう。

そこまでプレッシャーに考えず、とりあえず会話を楽しむことを優先してみてください。自然と会話が弾み、その中で相手の期待している答えを見つけ出せるかもしれません。

上手に話そうと考えない

コミュニケーションの上手な人=会話の上手な人ではありません。

会話はコミュニケーションの方法ではありますが、言葉だけはない様々な要素を含んでいます。

これまでにご紹介したように、共感を得られる様、相手の気持ちを気遣って話をすることが出来れば、話し方が下手であっても十分なコミュニケーションをとれるでしょう。

些細な話題や短い時間の雑談であっても、相手と二人で言葉のキャッチボールを続けることで、信頼感をはぐくむ事が可能です

会話が苦手な人でもできる仕事

仕事、特に会社で働こうと思ったら、社内の人たちとのコミュニケーションは避けられません。会話が苦手な人にとってはストレスに感じてしまうことでしょう。

しかし、会話をする機会が少ない仕事はあります。ここからは会話が苦手な人でもできる仕事を紹介したいと思います。

エンジニア・プログラマー

プログラミングとは

エンジニア・プログラマーの仕事は、システム開発などのためにコードを書くことになります。基本的には個人で行う作業です。

もちろん同じ部署の人やプロジェクトに関わる人とのコミュニケーションは生まれます。

しかし営業職のように会話をすることが自体が仕事となるようなケースは多くありません。
黙々と作業を続けることになりますが、会話をする機会は少ない仕事です。

もし、エンジニア・プログラマーとして独立をすれば、さらに会話する機会は減るでしょう。クライアントとの連絡もメールを基本とすることもできます。

エンジニア・プログラマーは人手不足のため求人数も多くあります。

もし仕事でのコミュニケーションに負担を感じているのならば、おすすめの職業です。

工場のライン工

製品の部品や食品などが流れる工場のラインでの作業は、会話をする機会が非常に少ない仕事です。作業に集中するために私語禁止としている現場もあります。

休憩時間中に同僚とのコミュニケーションは生まれるものの、やはり自分一人で作業している時間が多い仕事です。
工場という仕事柄、機械を使ったり重いものを運んだりと、怪我をする可能性があるので注意が必要です。

長距離トラックの運転手

長距離トラックの運転手も会話の機会は少ない職業です。

長い時間一人でトラックを運転し、物資を運びます。

複数人で運転する場合もあるでしょうが、人件費などの問題から一人で任せられる事がほとんどです。
長時間運転するのは集中力を要しが人と会話する機会は少ないので、会話が苦手な人にとっては働きやすい職業となるかもしれません。

仕事での会話に苦手意識を感じるならエンジニア転職がおすすめ

もし今、あなたが仕事での会話に苦手意識を感じているのならば、エンジニアに転職することを考えてみてはいかがでしょうか?

先ほど説明した通りエンジニアは専門性が高く、コードをひたすら書く、人と会話することの少ない仕事です。さらに引く手数多の職種でもあるので、転職できるチャンスも多くあります。

エンジニアへの転職をするためには、プログラミングスキルを持ってる方が面接でも有利になります。

プログラミング未経験者の方は、転職の前にプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングスクールに通った方がいい理由

プログラミングは独学で身につけることも可能です。参考となる本はたくさん発行されています。

しかし、プログラミング未経験の状態から独学を始めた人の8〜9割ほどが挫折してしまいます。

原因はさまざまあります。

例えば

・難解な本を購入してしまい、内容を全く理解できなかった
・C言語など習得難易度の高いプログラミング言語に挑戦してしまった
・開発環境を整えるだけで難しく感じてしまった

など。プログラミングを独学で身につけるのは、非常にハードルの高いことなのです。

プログラミングスクールでは、こうしたハードルをできる限り低くする対策を取っています。

テキストは未経験者でも理解できるようにやさしくなっており、初心者に向いているプログラミング言語(Rubyなど)から学べるカリキュラムを作っています。

プログラミング未経験の方ほど、プログラミングスクールに通って、丁寧に勉強を進めていくべきです。

プログラミング未経験者におすすめのスクール

プログラミング未経験者の方は、学習専用の校舎が備わっているスクールに通うことをおすすめします。

最近はパソコンで勉強できるオンラインスクールが増えてきています。

しかし、オンラインでの学習は、わからないことがあった時に自分で調べる必要があり、学習効率が悪くなってしまう場合があります。

専門校舎のあるスクールの場合、校舎にはメンター(講師)がいて、わからない部分をすぐに質問師、答えをもらうことができます。

未経験から学習を始めるとすると、最初はわからないことばかりのはずです。

メンター(講師)がいる環境ならば、安心してスムーズに学習を進められるでしょう。

例えば、東京都渋谷区にあるテックキャンプ エンジニア転職は未経験者でも最短3ヶ月でプログラミングスキルが身につくスクールです。

学習専用の校舎もあり、メンター(講師)に質問しながら学習を進められます。

3ヶ月という短期間でプログラミングが身につく理由のひとつには、このメンター(講師)がいることがあります。

また、テックキャンプ エンジニア転職ではエンジニア転職サポートも行っています。アドバイザーと、ご自身の今後のキャリアについて相談することができるのです。
プログラミングスキルを身につけながら転職活動も行えます。

もしエンジニアへの転職に少しでも興味があるのならば、まずは無料相談を受けてみてください。

ご自身の考えや希望を話して、働きやすい環境を見つけるきっかけにしましょう。

テックキャンプの無料カウンセリングはこちら

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement