無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

【基本】MacBookでできること5選!どれがいいかも用途別に紹介

更新: 2022.08.09

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

性能がよく、見た目もおしゃれだとして人気のAppleのMacBook。使っている人を見て「自分も欲しい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

MacBookを購入する際には、できることをしっかりと理解して、用途にあわせて選ぶことが大切です。

この記事では、MacBookを買ったらぜひやりたい5つのことや、ネットやプログラミングなどの用途別の選び方を解説します。

MacBookとは

ノートパソコン冷却グッズのタイプ4つ

MacBook(マックブック)とは、アメリカのApple社が開発・販売しているノート型パソコンです。入門モデルであるMacBook Air(マックブック エアー)や基本モデルのMacBook Pro (マックブック プロ) など、いくつかの種類があります。

2006年にオリジナルモデルが発表されて以降、定期的に最新モデルが販売されているMacBookですが、モデルに関わらず統一して「MacBook」と呼ばれています。

ちなみに、MacとはApple社によるパーソナルコンピューター全般のことです。MacBookの他にはディスプレイ一体型デスクトップPCの「iMac」、デスクトップ型パソコンの「Mac Pro/Mac mini」があります。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

【おすすめ】MacBookでできること5選

Juliaを使うデメリット

スタイリッシュな見た目に惹かれて購入する人も多いMacBook。しかし、購入するからには何ができるのかをしっかりと理解しておくことが重要です。

MacBookはそのスペック(性能)の高さが魅力の1つ。インターネット検索や動画鑑賞などの基本的な使い方はもちろん、画像編集やプログラミングなどの様々なことが可能です。

ここからは、MacBookを購入したらぜひやってほしいことを5つ紹介します。

画像・動画編集

MacBookはその高い性能や操作性、さらに画面の美しさ(発色の良さ)で、多くの画像・動画クリエイターに愛されています。

標準搭載されている写真アプリでの編集はもちろん、PhotoshopやAffinity Photoなどの有料ソフトでもサクサクと快適に作業ができます。画面の発色が非常に美しいので、初心者でもプロのクリエイターの気分を味わえるでしょう。

また、MacBookの高い性能は動画の編集にもぴったり。日常で撮った家族や友人の動画や旅の動画をつなぎ合わせ、バックに音楽をつけるだけで、何度でも見直したくなる素敵な思い出になることでしょう。

MacBookの購入をきっかけにYou Tubeなどへの本格的な動画投稿に挑戦してみるのも良いですね。

プログラミング

MacBookは、プログラミングに必要な開発環境の構築が簡単にできることも特徴の1つ。

開発環境の構築はプログラミング初心者の最初の難関とも言えるので、これが簡単にできることでプログラミングへのハードルがぐっと下がります。

また、iPhone, iPad, Macなどで動作するアプリの開発は、同じApple社のMacでなければできません。反対にアンドロイドアプリの開発はMacでもできるので、アプリ開発に興味がある人はWindowsではなくMacBookなどにするのがおすすめです。

加えて、プログラミングスクールの中には「MacBookを持っていること」が入会条件であることもあります。

スクールによっては貸出も可能ですが、追加料金がかかってしまうので、やはり本業・副業・趣味にかかわらずプログラミングをするならMacを選ぶのが良いでしょう。

音楽制作(DTM)

MacBookを購入したら、ぜひ音楽制作(DTM)にもチャレンジしてみてください。

DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略。実際の楽器ではなくパソコン上で音楽を制作することを指します。ちなみにDTMは和製英語で、海外ではコンピューターミュージックと呼びます。

具体的には、MacBookに標準搭載されている「GarageBand」を使って、マウス操作で楽曲の制作をしたり、録音した音楽を編集したりすることが可能。楽器を持っていない人や、騒音を気にして楽器の演奏がしづらい人でも、気軽に音楽を楽しめるのがメリットです。

3Dモデリング

3Dモデリングとは、キャラクターや建造物などの物体を3D空間で作成することです。立体的に描かれたボールや住宅の完成図などをイメージすると良いでしょう。

高度な技術が必要そうな3Dモデリングも、MacBookと「Blender(ブレンダー)」などの無料ソフトがあれば簡単にチャレンジできます。

ブログ・SNS・アフィリエイト

ブログやSNSなどを始めたい人にもMacBookはおすすめ。これらの作業はWindowsPCでも可能ですが、性能の良いMacBookなら効率的に作業できます。

例えばブログを書く際に複数のWebサイトを同時に開いて情報収集したり、SNSに動画や画像をアップロードしたりなど、それなりに負荷の大きい作業が日常的に発生します。

性能が悪いPCだとこれらの作業にいちいち時間がかかってしまい、待ち時間の長期化やストレスの原因にもなりかねません。

Macでは入門モデルのMacBook Airでも高い性能を持っているため、サクサクと快適に作業できるでしょう。

標準機能も充実

ここまで、MacBookでできることの中で特に優れていることを5つ紹介しましたが、MacBookは標準機能も充実さも大きな魅力です。

MacBookがあれば、文書作成やネット閲覧など仕事や趣味のちょっとした作業もストレスなく行えます。

MacBookの標準機能についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひあわせて参考にしてください。

MacBookでできること9選!Macの特徴や標準機能を解説

MacBookはどれがいい?3つの基準

MacBookにはスペックや容量などによっていくつかの種類があります。「たくさんあってどれがいいかわからない」という人も多いでしょう。

ここからは、MacBookを選ぶ際の3つの基準について紹介します。

用途で選ぶ

1つ目の基準は用途です。

ネット検索や動画視聴、ドキュメントの作成など日常的な使い方をする予定であれば、MacBook Airがおすすめです。

MacBookシリーズの入門モデルとして価格も求めやすい設定になっていますが、性能は十分。Appleが独自開発した高性能な「M1チップ」により、高速処理と低消費電力が実現されています。

動画編集や音楽制作、プログラミング、オンラインゲームなどをしたい人は、MacBook Proが適しています。MacBook Proならではの画面の美しさと高速処理で、クリエイティブな作業もはかどるでしょう。

画面サイズで選ぶ

2つ目の基準は画面サイズです。

MacBook Airは13.3インチ、MacBook Proは13.3インチと16インチの2種類から選べます。

プログラミングや動画編集などのクリエイティブな作業では、当然画面が大きいほうが効率は良くなります。ただし、その分価格や次に解説する重量も増えるので、使い勝手との兼ね合いとなるでしょう。

あるいは、13.3インチのモデルを購入し、自宅やオフィスなどでの作業時は別のモニターと繋いで画面を拡張する方法もあります。

重さで選ぶ

3つ目の基準は重さです。

具体的には、MacBook Airが約1.29kg、MacBook Proは13インチモデルが約1.4kg、16インチモデルが約2kgの重量があります。

仕事や学校などに持ち運びたい人は、最も軽量なMacBook Airがおすすめ。高性能なM1チップのおかげでバッテリーの持ちもよく、1日充電しなくても夜までしっかり作業ができます。

次に軽い13インチのMacBook Proは、軽量性も重視しつつ、MacBook Airよりも高性能なノートブックが欲しい人におすすめ。

MacBook Pro16インチは、2リットルのペットボトルとほぼ同じ重さの約2kgなので、日常的な持ち運びでは負担になる可能性が高いでしょう。

この記事のハッシュタグ

要望別おすすめMacBook

MacBook選びの基本的な基準は「用途」「画面サイズ」「重さ」です。しかし、作業効率やコストパフォマンスを重要視する人にとっては、CPUやメモリ、ストレージなども気になる部分でしょう。

最後に、要望別のおすすめMacBookをプロセッサ(CPU)、メモリ(RAM)、ストレージの3つの視点から解説します。

ネット閲覧や文書作成がしたい

インターネット検索やWordやExcel、Googleのスプレッドシートなどの文書作成が主な用途である人には、MacBook Airがおすすめです。

【性能の目安】

  • プロセッサ:M1
  • メモリ:8GB~
  • ストレージ:256GB~

ストレージは何をどれくらい保存する予定であるかによって決めましょう。iPhoneの写真のバックアップや、一眼レフで撮影した写真、長時間の動画などを保存する場合は512GBあれば余裕を持って使えます。

写真・動画の編集をしたい

SNSやYou Tubeのために画像や動画の編集を行いたい人も、MacBook Airがあれば快適に作業ができるでしょう。

ただ、特に動画編集では、編集ソフトの操作や動画のアップロードなど負荷のかかる処理が発生します。このため、メモリは8GBではなく16GB~にしたほうが「動作が重い…」とイライラせずにすみます。

【性能の目安】

  • プロセッサ:M1~
  • メモリ:16GB~
  • ストレージ:512GB~

プログラミングをしたい

MacBookを使ってプログラミングをしたい人は、MacBook Proがおすすめです。

【性能の目安】

  • プロセッサ:M1~
  • メモリ:16GB~
  • ストレージ:256GB~

現在MacBookで採用されているM1チップは、IntelのCore i7と同等以上の性能があると言われています。比較的負荷の高いプログラミング作業も問題なくこなせるはずです。

メモリやストレージについては、HTMLやJavaScriptなどを利用したWeb開発や、アプリ開発やサーバーサイドの開発など、開発物の規模によって決めます。

「大は小を兼ねる」と、メモリやストレージが大きいものを選びたくなるかもしれませんが、容量が大きいほど価格も上がります。ストレージについては、Google driveやDropBoxなどのクラウドストレージを利用する方法も検討すると良いでしょう。

MacBookでできること まとめ

MacBookは見た目のおしゃれさはもちろん、高い処理速度や長時間バッテリーなどの性能面でも非常に優秀なノートパソコンです。

MacBookが1台あれば、仕事のドキュメント作成から趣味の動画編集、プログラミングなどまで幅広く行えます。

MacBookにはメモリやストレージなどにいくつか種類があるため、用途に応じて選択しましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement