ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

【2020年3月第3週】最低限知っておきたいIT関連ニュースまとめ

作成: 2020.03.16

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「最新の情報やニュースはおさえておきたいけど、忙しくてニュース番組やニュースサイトをチェックするひまがない…」という方も多いのではないでしょうか?

最新のニュースから、最低限知っておきたいものをいくつかピックアップしてみました。時間がない人でもさらっと読めるよう、コンパクトにまとめてあるので、最新ニュースのキャッチアップに活用してください。

Googleが「Hangouts Meet」のプレミアム機能を期間限定で無料提供

Googleは、同社のビデオ会議サービス「Hangouts Meet」のプレミアム機能を全世界のG SuiteとG Suite for Educationのユーザーが無料で利用できるようにすると、ブログで発表しました。

出典:Google Cloud

無料で利用できるのは2020年7月1日まで。新型コロナウィルスの影響で社員の在宅ワークを検討している企業や学校のコミュニケーションをサポートするのが目的とのことです。

プレミアム機能を利用すると、最大250人が会議に参加でき、10万人を対象にしたライブストリーミングも可能。さらに会議を録画してGoogleドライブに保存することもできます。

FacebookがWHOに無料広告枠を提供

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏が3月3日、自身のFacebookページで新型コロナウイルスに関するFacebookの方針や取り組みについて発表しました。

出典:Facebook

世界保健機関(WHO)に対して、新型コロナウイルス対応に必要とされる無料広告枠とそれに付随した支援をすると発表。

Facebookで新型コロナウイルスについて検索すると、WHOや医療機関のページに誘導するポップアップが出てくるようです。

今なら受講料30,000円OFF!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎今なら9/23~30限定で受講料30,000円OFF!
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

KADOKAWAが角川つばさ文庫&角川まんが学習シリーズ200冊以上無料公開

株式会社KADOKAWAは新型コロナウイルス感染拡大による休講要請などの影響を考慮して、3月2日から児童書サイト「ヨメルバ」の児童書207タイトルを無料公開しています。

出典:ヨメルバ

無料公開されるのは期間限定で、3月2日(月)から4月5日(日)まで。児童向けの文庫や「角川まんが学習」シリーズの中から厳選されたタイトルが無料で公開されています。

メルカリが新サービス「持ち物リスト」を発表

メルカリは、持ち物の推定販売価格をリスト化でき、メルカリへの出品がより簡単になる「持ち物リスト」機能を2020年3月9日から開始すると発表しました。

 

出典:メルカリ

「持ち物リスト」機能を使うと、メルカリで購入した商品や、写真を撮るだけで相場と売れやすさがわかる「売れるかチェック」をした持ち物がリスト化され、それぞれの「メルカリ」上での推定販売価格が表示されます。

「持ち物リスト」に追加されたアイテムは、メルカリに出品する際に商品情報が自動で入力されるため出品も簡単になります。

「mend」が一般利用者向けの事前登録をスタート

面倒なお願いを引き受けてくれるサービス、「mend(メンド)」が一般利用者向けの事前登録をスタートしています。

出典:note

「mend(メンド)」は、「美味しいお店を探して予約しておいて欲しい」「ちょっとした調べ物をして欲しい」などの日常で面倒だと感じることをLINEで気軽にお願いできるサービス。

これまでは招待制のクローズドなサービスでしたが、3月2日から事前登録の受付がスタートしています。

受講料30,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が30,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Kyoko Kajiwara
フリーランスで、Webコンテンツの企画・編集・ライティングをしています。ビジネス・キャリア分野が専門。