プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

満員電車のストレスを軽減する対策と満員電車に乗らない働き方を紹介

作成: 2019.05.07 更新: 2019.04.26

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

毎朝乗る満員電車。人口密度の高い空間で移動するのに、ストレスを感じる人は多いでしょう。

そこでこの記事では満員電車のストレスを軽減する方法を解説します。

後半では満員電車に乗らない働き方も紹介。「もう満員電車に耐えられない」そんなあなたはぜひ参考にしてください。

満員電車でストレスを感じてしまう5つの原因

満員電車のストレスを軽減するには、まずあなたがストレスに感じる原因から探っていきましょう。

ここでは満員電車の主なストレス要因5つを解説します。

人が密着し合う狭い空間

満員電車は人が密着し合う狭い空間です。知らない者同士が密着し合うのですから、当然精神的な負担がかかる人も多いでしょう。

またこのような空間では無理な体勢にもなってしまいます。中には痴漢に間違われないように、辛い体勢をとる人もいるでしょう。

その姿勢のまま長時間立ち続けることで、肉体的な負担になるのです。

電車の揺れ

電車が揺れることで体勢が崩れ、身体的な負担になります。また電車の揺れで人が倒れこんでくることもあるでしょう。

これらは余計に身体に力が入ってしまう原因になります。

このような状態が長時間続くと、ストレスにつながってしまうのです。

降りたい駅で降りられない不安感

満員電車に乗っていると、降りたい駅で降りるのが困難になるケースも。

いつの間にか奥の方へ押しやられて、到着駅で「すみません降ります!」と言いながら出口に向かうこともあるでしょう。

これが毎回心苦しい人もいるでしょうし、乗り換えがある場合は次の電車に間に合うかどうか不安になってしまうものです。

もともと満員電車に乗るのに慣れていて、当たり前のように思っている人ならまだいいかもしれません。

しかし社会人になって初めて満員電車を経験する人にとっては、慣れない仕事へのストレスも相まって、不安感が高まってしまうことも考えられます。

他人のイライラが連鎖する

満員電車内にイライラしている人がいると、自分にまでそのイライラがうつってしまうことがあります。

またイライラを大きく態度に出す人を見て、「みんな我慢しているのになぜこの人だけ感情的になって横暴な態度を取るのか」という怒りが沸き起こることもあるでしょう。

このようなイライラが続くと精神的に疲れますし、当然ストレスもたまってしまいます。

満員電車によって生まれる遅延

満員電車は、時に電車の到着時刻を遅らせることもあります。その原因は事故や乗客間のトラブル、乗客の体調不良などです。

いずれも乗客数が多いことが間接的に関わるトラブルでしょう。このようなことが要因で電車が定時に来ないと、出社・登校時間に間に合うかどうか心配になり、ストレスにつながります。

またこのような電車の遅延によって、通常なら間に合う約束事に間に合わなかった経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

このことが原因で仕事上肩身の狭い思いをすることになり、満員電車に対してマイナスな感情を抱く原因につながります。

満員電車による経済損失は年間3,240億円

満員電車は個人でだけではなく、企業や社会全体にもマイナスの影響を与えています。実は首都圏だけで、満員電車による経済損失は年間3,240億円になるという試算が出ているのです。

参照:初試算!満員電車の経済損失は年間3240億円|東洋経済オンライン

上の記事によると、満員電車による経済損失の種類は大きく4つ。

・遅延
・肉体的・精神的ストレス
・生産的活動ができない
・その他の影響

これらはここまで述べてきたストレス要因にも当てはまるでしょう。

また2020年の東京オリンピックでは、92万人もの旅行客に耐えきれず、鉄道が止まる可能性も叫ばれています。そうなると経済損失は計り知れないものとなることでしょう。

満員電車のストレスを少しでも軽減する対策

満員電車によるストレスは、以下の方法で対策を取ることができます。あなたも今日から試してみましょう。

電車に乗る時間を早めてみる

まず一つ目の対策は、電車の時間をずらすこと。特に早めの時間に乗るようにすると、比較的空いている電車に乗りやすいです。

早起きが苦手な人もいるかもしれません。しかし考え方を変えると、それほど早い時間に電車に乗れる人が少ないということ。

満員電車のストレスフルな環境を思えば、通常よりも30分〜1時間早く起床するのは苦ではないはす。最初のうちは辛いかもしれませんが、1ヶ月も続ければ身体が慣れてくるものです。

電車に乗る駅を変えてみる

駅によって電車の乗客数も異なります。一駅変えるだけで、朝の乗車ラッシュを避けることもできるのです。

特にいつもあなたが乗車する駅から一気に人が増えるのであれば、一つ手前の駅で乗車してみましょう。朝から一駅分歩くと、健康上にもいい影響が考えられます。

始発駅なら座席に座ることも可能となるでしょう。

降りやすいポジションを見つける

乗り換え時や降車時にストレスを感じる場合は、電車からスムーズに降りられる方法を考えましょう。

そのためにまずは電車の中でベストポジションを取ることが大切。例えば以下の4つのポジションを例に見てみましょう。

車両の内側(座席の前)

車両の内側(座席の前)は比較的空いていることが多いです。座ることはできませんが、人の流れがあれば比較的降りやすいポジションとも言えます。

一方で降りる人が少ない駅の場合、人の動きがあまりなく、車両によっては降りにくいケースもあります。

ドア付近

ドア付近は降りやすいポジションの代表格。特にドア脇ならもたれ掛かる場所があるため、その分人との接触部分を減らすこともできます。

一方でドア付近は人の動きが激しく、場合よっては降りなくていい駅で一旦降りる必要も出てきます。

先頭車両・最後尾車両

先頭車両や最後尾車両では、運転席側のスペースであれば壁にもたれ掛かることができます。特にコーナー部分にポジションを取れると理想的でしょう。

さらにドア付近のコーナー部分であれば降りやすいです。沿線によっては先頭車両・最後尾車両でなくても、壁に寄りかかるスペースが多い電車があります。

降りたい駅の階段に近い車両がおすすめ

ここまで電車のポジションの特徴を述べてきましたが、もっともおすすめしたいのが降りたい駅の階段に近い車両です。

理由は、その車両に乗っている人は階段までの距離を短くするためにその車両を選んだ可能性が高いため。

降りる人の流れに乗れば、「すみません降ります!」など声を出して降りる必要がなくなるでしょう。

服装やアイテムを整える

満員電車に乗る時の服装やアイテムを整えることも、ストレス軽減につながります。例えば以下のような方法を試してみてください。

・カバンをかさばらない薄いカバンに変える
・ノイズキャンセリングのイヤホンで外の音を遮断する
・立っていても疲れない靴に変える
・マスクでいやなニオイをカット

このような対策をとることで、人口密度が高い空間でも耐え得る装備を整えられます。

心をできるだけ無にする

「今日も満員電車に乗るのか」と考えるだけで嫌な気持ちになる人も多いでしょう。しかし意識しても仕方のないこと。イライラしたり、嫌がっても早く駅に着くわけではないのです。

満員電車の環境に耐えるためには、満員電車の不快感から気をそらし、心をできるだけ無にすることも必要です。

窓の外を見る、目をつぶる、関係ないことを考えるなど、気をそらす方法を考えてみましょう。

例えば前述したようなノイズキャンセリングイヤホンを使って音楽を聴いたり、読み上げ機能を使って読書をしたりするのもおすすめです。

交通手段を変えてみる

電車以外の交通手段を考えるのもいい方法です。

例えば、混雑が少ない駅まで自転車で行き、そこから電車に乗るなどの方法もあるでしょう。

自転車は運動にもなりますし、気分をリフレッシュさせるのにも役立ちます。

電車を降りたら一息つく

満員電車から降りた後に、一息つく習慣を取り入れましょう。

ストレスを感じたまま出社すると、仕事がスムーズにいかずさらにストレスがたまる可能性もあります。

それを避けるためには、まずホームの自販機で飲み物を買って飲んだり、トイレに行ったりしてみるのもおすすめです。

このような習慣を取り入れるためには、余裕のある時間の電車に乗るようにしましょう。

またさらにリフレッシュするには、一駅分早く降りて歩いて出社するのもいいでしょう。カラダを動かして歩いているうちに気分がスッキリしますし、運動にもなります。

将来の不安はスキル習得で解決

「ずっと今の仕事を続けるのは不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」

いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなた1人じゃありません。
毎月数千人の方がTECH::EXPERTの無料キャリア相談に参加しています。

プロと話してキャリア構築を少しでもクリアにしませんか?

どうしても満員電車がつらければ

ここまでの対策を実践しても、どうしても満員電車に耐えられないケースもあるでしょう。

中には満員電車に乗ることを考えるだけで、気分が悪くなる人もいるかもしれません。

そのような場合は以下の方法も検討してみましょう。

転職を考える

満員電車を避けるために、転職を考えるのも一つの手です。

この場合転職先で選ぶべきは、通勤時間を変更できる会社です。

具体的には、フレックスタイム制を採用している会社や、リモートワークを採用している会社への転職を考えましょう。

フレックスタイム制(裁量労働制)とは

フレックスタイム制とは、労働者が出勤・退勤時間を自由に決められる制度です。

一般的な企業が9:00〜18:00勤務を定めているのに対し、フレックスタイム制では労働者の生活環境に合わせて時間を変動させることが可能です。

フレックスタイム制は1日単位ではなく、1ヶ月単位で契約時間が定められます。

またフレックスタイム制を導入する企業の多くは、働く時間を以下の2つに分けています。

・フレキシブルタイム
・コアタイム

フレキシブルタイムとは、出勤するかしないかを自由に選択できる時間帯。この時間帯は9時に出勤しても、13時に出勤しても、出勤しなくても構いません。

一方でコアタイムとは必ず出勤しなければならない時間帯。1日のうちに必ずコアタイムを設けなければならないことはなく、1日中フレキシブルタイムにすることも可能です。

つまりフレックスタイム制においては、通勤ラッシュとなる時間帯を避けて出勤したり、出勤せずにリモートで働くこともできるのです。

■TECH::NOTE関連記事

リモートワークとは

リモートワークとは、会社に出勤せずに業務を行う就業形態のこと。インターネット・メール・電話・チャットツールなどを介して仕事や会社とのやりとりを行い、業務を遂行する働き方です。

日本でも働き方改革として、このリモートワーク活用が推進されています。

リモートワークは出勤ラッシュや満員電車のストレスをなくすことができるほか、家事や育児、介護をしている人も働きやすいというメリットがあります。

■TECH::NOTE関連記事

フリーランスとして働くことを検討する

独立してフリーランスとなれば、基本的に会社に定時出社する必要はなくなります。

また始業時間だけでなく、休みのタイミングを決めるのも自分次第。満員電車を避ける一つの手段になるでしょう。

しかしフリーランスとして独立しても順調に働けるとは限りません。時間的自由はあるものの、その分全てが自分次第になる側面もあります。

中には「収入がなくなるのが怖くて休みを取れない」という人がいるのも現実です。

おすすめは会社に勤めながら、副業として仕事を請け負うことから始めること。副業でスキルアップすれば、独立しても食べていける可能性を広げられるでしょう。

■TECH::NOTE関連記事

さいごに

満員電車のストレスは、いくつかの方法で対策を取ることができます。中でもおすすめは、いつもの電車よりも早い時間の電車に乗ることです。

しかし対策を取っても解決できなかったり、どうしても満員電車に耐えられなかったりすることもあるでしょう。そのような場合は、働き方を見直すのも大切です。

リモートワークできる環境に身を置いたり、フリーランスとして独立するのを視野に入れるのも一つの手段となるでしょう。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT(テック エキスパート)

TECH::EXPERT(テック エキスパート)は未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は99.0%確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にお越しください。 ※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。TECH::NOTEではITの最先端を学びつつ記事を書いています。