プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!オンラインOK

おすすめの仕事ランキング記事まとめ!将来性のある仕事No.1は?

作成: 2020.02.18 更新: 2020.03.31

>>エンジニア養成プログラムNo.1
未経験からのITエンジニア転職なら、テックキャンプ エンジニア転職

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は2020年3月2日「TECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職」という名称に変わりました。卒業生・受講生のインタビューは取材時の名称となっております。

「就職・転職を考えているけど、どんな仕事に就けばいいのか悩んでいる…」

キャリアチェンジを考えた時、まず悩むのが仕事選び。あなたのやりたいと感じている仕事や理想の働き方ができる職業に就きたいですよね。

この記事では「おすすめの仕事をランキング」を紹介している記事をまとめました。

主に以下の基準でまとめています。

  • 将来性のある仕事
  • 出身学部別のおすすめな仕事
  • やりがいのある楽しい仕事
  • 人のためになる仕事
  • 番外編:きつい仕事

各リンクから記事をお読みいただき、あなたの仕事選びのヒントとしてください。

将来性のある仕事に就きたい方向けの記事

まずは「業界や職種のニーズが高く将来性のある仕事」をランキング形式でまとめた記事です。
2020年の最新ランキングトップ12を紹介します。

仕事選びの基準として将来性の有無はとても重要です。最近は「AI(人工知能)が人間の仕事を奪う」というようなニュースを見かけるようになり、将来性が脅かされている仕事も出てきています。

「給料がいい」「なんとなくやってみたい」だけでは仕事選びには少し不十分。ぜひ職種としてのニーズや、長く働けるかどうかにまで目を向けてみてください。

文系・理系別におすすめな仕事を紹介する記事

続いては、文系・理系学部別におすすめな職業を紹介している記事です。
あなたの出身学部や得意科目に合わせて記事をお読みください。

特に高校・大学を卒業した後の進路にお悩みの学生におすすめです。

文系向けのおすすめ仕事ランキング

まずは文系向けの仕事ランキングから。

専門的なスキルを身につけにくい文系学部は、卒業後の就職先の幅が狭くなる考えられがち。

例えば「人のためになる仕事に就きたい」と考えても、どんな仕事になら就職できるのかイメージしにくいかもしれません。

しかし、文系学部出身だからといって、職業選択の幅が狭まると考えるのは尚早です。

以下の記事では、文系向けの「人のためになる仕事」をランキング形式で紹介しています。ぜひ卒業後の進路を考える上で、参考にしてください。

理系向けのおすすめ仕事ランキング

こちらは理系学部出身者におすすめの仕事ランキングです。

専門分野に特化した知識をつけやすい理系学部。授業で学んだことがそのまま就職後も活かせるという職種もあります。

記事で紹介しているランキングは以下の通りです。

第5位:AR技術者
第4位:データサイエンティスト
第3位:医師・看護師
第2位:システムエンジニア

第1位の仕事は何でしょうか。ぜひ記事にてご確認ください。

この記事のハッシュタグ

仕事にやりがいを重視したい方向けの記事

「仕事のやりがいを実感したい…」と考えて職業選びをしたい方におすすめの記事です。
「働くのはお金を稼ぐため」と割り切れるのであれば、どんな仕事でも長く続けられるかもしれません。

しかし、そういう人ばかりではないでしょう。

1日の大半を使って働くのであれば「毎日楽しく働ける」「誰かの役に立って感謝される」「知的好奇心を満たされる」などお金に換えられない部分も重視して仕事を選びたいところ。

ここからは楽しさや、やりがいを感じられる仕事をまとめた記事を紹介します。

まずは「楽しい」と感じる人が多い仕事のランキングから。

人のためになる仕事ランキング

先ほど、出身学部別の人のためになる仕事ランキングを紹介しました。

こちらは学部問わず「人のためになっている」と実感できる仕事を紹介している記事です。

特に中途採用試験を受けようと考えている方の参考になるでしょう。

極論、どんな仕事でも少なからず人のためになっているものです。

しかし、職種によってはサービスのユーザーと接する機会がなため、仕事を通して生まれた人々の感謝を実感しにくいこともあります。

この記事で紹介する記事では「人に直接感謝される」機会が多い職種をまとめました。

やりがいに溢れる楽しい仕事ランキング

仕事にやりがいを感じられるかどうかは、働く人次第。

どんな仕事でも、考え方ひとつでやりがいを見つけられるでしょう。

しかし「毎日ルーチンワークが続く」「単純作業を1日中繰り返すだけ」という仕事では、やりがいを見つけるのは一苦労。

そこでこちらの記事では、やりがいを感じられる仕事をピックアップして紹介します。

やるべき作業が一定ではない分、自分自身で考える力が求められます。その分、スキルが身についている実感や目標をこなせた時の達成感は、他の仕事以上に得られるでしょう。

市場価値を上げるための「30代転職ノウハウ」とは?

「30代だから、未経験の職種への転職は無理だ」と思っていませんか。正しくポイントを押さえれば、年齢や経歴をハンデにせず転職を成功させることが可能です。 転職までサポートするプログラミングスクール「テックキャンプ エンジニア転職」には、実際30代の卒業生が数多くいます。そんなテックキャンプが無料公開している30代転職ノウハウをぜひ読んでください。 資料にはこんな内容が含まれます。
・35歳転職限界説は本当なのか
・30代の転職で意識すべき考え方、身につけるべきスキル
・30代の転職を成功させる3つのポイント

番外編:きつい仕事を紹介する記事

ここからは番外編として「きつい」と感じる人の多い仕事も紹介しておきます。
世の中には肉体的・精神的に負担が大きい仕事があるのも事実。

その分、給料が高かったり、待遇がよかったりといったケースも見られますが、負担なく働きたいと考えている人はやりたくない仕事だと感じるでしょう。

もちろん、次からの記事で紹介している仕事はおすすめできないというわけではありません。きついと感じるかどうかは個人によって分かれます。

各仕事の特徴を知り、職業選びのヒントとしてください。

男性版:きつい仕事ランキング

男女別にもランキングを紹介します。まずは男性版のきつい仕事ランキングから。

ランキングを見ると、多いのが体を使った仕事。

「工場勤務」「引越し業者」「自衛隊」などは丸1日体を酷使する仕事でしょう。肉体的な負担は、他の仕事を比較にならないかと思います。

そんな中、どんな仕事が1位になったのでしょうか。

女性版:きつい仕事ランキング

続いては女性版のきつい仕事ランキング。

女性の方は、労働時間や作業内容と収入が見合いにくい職業が中心のランキングとなっています。

長い時間働いてもお金にならない仕事は、その仕事がよほど好きでないと継続しにくいでしょう。

業界・職種の一般的な評価なども参考にランキングを設定しました。

ランキングは仕事選びの参考に

各記事で紹介しているランキングはあくまで参考としていただきたい目安です。
世の中の情勢や勤め先となる企業によってランキング通りにならないことも考えられます。

また、ランキングが低い、ランキング外の仕事だからといって「就職はおすすめしない」というわけでもありません。

「どんな仕事に就けばいいのかわからない」という方にとって、今回紹介した各記事のランキングが仕事探しのきっかけとなれば幸いです。

就職・転職前には必ず業界と職種、志望企業を研究もすることをおすすめします。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は2020年3月2日「TECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職」という名称に変わりました。卒業生・受講生のインタビューは取材時の名称となっております。

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%

キャリアに悩んだら、まずは無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?無理な営業は一切ありません。

足を運んでいただく形もありますが、自宅からオンラインでも受けることができます。最近感染症予防のため外出を控えている方も、キャリアの悩みは先送りにせず、ぜひオンラインカウンセリングをご利用ください。

盛況につき、予約枠がすぐ埋まる傾向にあります。ご予約はお早めに!
※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

無料カウンセリングを予約する

この記事を書いた人

TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。