ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

地方で仕事を探すコツ。U・Iターン転職成功のヒントを知ろう

作成: 2020.01.21 更新: 2020.03.05

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「都会を離れ、U・Iターン転職しようと考えているが、都心に比べて求人数が少ない地方都市でやりたい仕事が見つかるか不安」と感じていませんか。

実際、転職をしてみたものの、給与や業務内容に満足できず数年後に離職してしまうというケースも珍しくありません。そうならないよう、移住する前に対策をしておきましょう。

この記事では、U・Iターン転職を成功させるための仕事探しのコツを紹介します。

地方で働く方法

転職多くの大企業が集まる都会に比べて、中小企業が多い地方都市では求人数が多くないことは事実です。
では、U・Iターン転職で地方で仕事を探す場合にはどのようにすればよいのでしょうか。

まずは地方で働くうえでの選択肢を整理しましょう。

地域の企業に就職

その地域で事業を行っている企業や、その地域に支社のある企業に就職するのが、まず考えられる方法です。

都会ほど企業は多くはありませんが、大企業の工場や子会社、グループ会社などが集まっている地方もあり、希望職種によっては仕事が見つかりやすいかもしれません。

フルリモート可能な仕事で働く

都会にオフィスがある企業に在籍したまま、地方からフルリモートで働く(オフィスに出勤せずに自宅から仕事を行う)方法もあります。

地方に拠点を置きながら、都会の企業で働ける点はメリットと言えるでしょう。

一方、フルリモート可能な仕事が限られている点や、フルリモート社員であっても定期的に都会のオフィスに出勤する必要があるケースがある点がデメリットとなりやすいです。

フリーランスとして働く

企業に属さず、フリーランスとして働くという選択肢もあります。
最近はクラウドワークス、ランサーズといったクラウドソーシングサービスを利用すれば初心者でも簡単に仕事が受注できるようになりました。。

しかしながら、十分な生活費を得るためには高額案件を受注するだけのスキルや経験が必要であり、全くの未経験分野でいきなりフリーランスとして生計を立てるのは難しい面もあります。

派遣・フリーターとして働く

正社員ではなく派遣社員、フリーターとして働くことも出来ます。

正社員と違って給与や福利厚生の充実度が下がる可能性が高いですが、その地域で本当に生活できるかどうか分からない場合やお試しでその地域に拠点で一定期間働きたいという場合にはよいでしょう。

起業

移住先で起業するケースもあります。

その地域に関連する事業やインターネットを使って場所に関係なくビジネスが出来る事業などが地方での起業に適しているでしょう。

家賃や物価、人件費が都心よりも安い地方では、初期投資を抑えて起業が出来るというメリットがあります。その一方、その地域の企業や人とのコネクションがないと事業継続が難しいケースがあるというデメリットもあります。

地域おこし協力隊として参加する

「地域おこし協力隊」とは、人口減少や高齢化が著しい都市において、その地域以外の人材を積極的に受け入れ、定住・定着をしてもらうことで地域の活性化を図る制度です。

おおむね1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け、その地域で生活しながら各種の地域協力活動を行います。活動内容や条件、給与などの待遇は地方自治体によって異なります。

特に思い入れのある地域の活性化に貢献したい人や、地方で何かやりたいという気持ちはあるがどうすればいいか分からないという人は、一度各自治体の協力隊募集情報を確認してみるとよいでしょう。

参照:地域おこし協力隊

地方で仕事を探すコツ

地元で仕事を探す場合は、これから紹介する方法の中から複数の手段を取ることがおすすめです。

ハローワークを利用する

ハローワークはその地域で就職したい人はまず行ってみるべき場所でしょう。

大手の求人サイトや転職エージェントには紹介されていない地元企業の情報を得たり、転職サポートが受けられます。

求人サイト・転職エージェントを利用する

求人サイト、転職エージェントもぜひ利用しましょう。地方によっては、その地域に特化した求人サイトやエージェントもあります。

求人サイト、エージェントは取り扱っている求人や得意の業種・業界がそれぞれ異なっていることもあるため、複数登録するのがおすすめです。

求人情報雑誌やフリーペーパーを使う

求人情報雑誌やフリーペーパーでは、その地域に密着した最新の情報が見つかります。

情報量はあまり多いとは言えませんが、どのような求人が多いのかを知ることも出来るためとりあえずチェックするとよいでしょう。

クラウドソーシングサイトを使う

クラウドソーシングサイトでは、単発のフリーランス案件の他にも定期的・長期的な案件や成果に応じて正社員登用の可能性もある案件もあります。

また、正社員としての仕事が決まるまでの期間の生活費稼ぎにも使えるため、積極的に活用しましょう。

地元のつながりを頼る

地元の家族や友人にできそうな仕事はないか相談してみましょう。
コミュニティが狭く、人とのつながりが強い地域では、誰かのツテで仕事が見つかることが珍しくありません。

とりあえず「仕事を探している」ということを知らせておけば、いい話があった時に紹介してもらえるかもしれません。

地元の問題解決に目を向ける

その地域で発生している問題や、地域住民の抱えている課題を解決できる方法は、それがビジネスにつながる可能性もあります。

地方で起業したいと考えている人は、このような部分に目を向けてビジネスチャンスを探ってみましょう。

自宅で学べて安心!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

地方でできる仕事の例

地方で出来る仕事を探す際には、都会での社会人のイメージを一度捨てて、幅広い視野でどのようなことが出来るか(挑戦したいか)を考えてみましょう。

地方で出来る仕事の一例を紹介します。

一次産業(農業、林業、漁業など)

農業・林業・漁業などの一次産業は、地方移住と聞いてイメージする人も多い仕事です。
その道何十年といったベテラン農家さんやたくましい男たちが船に乗って海に出る、というイメージからすると、とても都会暮らしをしていた初心者が入れるように思えないかもしれません。

しかし、後継者問題が深刻化しつつあるこれらの産業では、地方移住者の農業支援をおこなっている自治体もあり、努力すれば初心者からでもやっていける仕事の一つです。

高齢者向けの仕事(医療・介護)

高齢化が進む地方では、医療・介護分野の仕事に就く人材が不足しています。

専門学校などで資格を取得すれば、比較的容易に仕事が見つかる可能性があります。

ネット関連の仕事(システム開発、Webサイトの運営)

様々なサービスがシステム化されている現代において、IT業界は深刻な人手不足状態になっています。

システム開発や保守、Webサイト開発・運営などは地域を限定せずに需要のある仕事の一つです。

これらの仕事はネットを介してリモートで作業ができることもあり、地方企業で働きながらクラウドソーシングで副業する、というような働き方もできます。

事業継承

後継者問題が深刻化している地方では、一次産業と同様に地元の中小企業においても跡継ぎがいない、という状況が多発しています。

後継者不足を理由に廃業せざるを得ない企業もあり、技術や伝統の継承という意味においても日本社会にマイナスの影響を与えています。

そのような状況の中、こういった後継者を探している事業主の方から事業継承するという方法も、地方で働く方法の一つです。

人間関係が必要となることであり簡単ではありませんが、その地域に定住し、貢献したいという方は考えてみてはいかがでしょうか。

自営業として開業

古民家での民泊やカフェなど個人店の開業など、自営業として開業する手段もあります。

最近では、インスタグラムなどのSNSによってある地方の小さなカフェがいきなり極光を浴びるということもあります。

もちろん開業できる資金や土地などを用意できること前提ですが、空き家などを古い家屋を利用するなど工夫できることはたくさんあるため、カフェや民泊経営に憧れがある人は一度本気で考えてみましょう。

この記事のハッシュタグ

U・Iターン転職でおすすめはネットでできる仕事

U・Iターン転職でのおすすめは、ITスキルを使ったネットでできる仕事です。
最低限、ネット環境とパソコン、スマホや携帯電話などがあれば、都会から離れた地方でも仕事ができます。

また、Web、IT業界は今後成長していく分野でもあります。

将来的なことを考えても、インターネットを使った仕事ができるなら取り組んでみるべきでしょう。

地方でもプログラミング習得を支援しているサービスはある

インターネットを使った仕事の中でも、平均収入が高いプログラマーやエンジニアはおすすめの職種です。

しかし、これらの職種で働くにはプログラミングスキルが必須で、もしスキルがないけど挑戦したいのであれば、相応の学習が必要であることは確かです。

そのような時は、プログラミング学習を支援するスクールが運営されている地方を選ぶのも方法の一つです。

例えば、未経験からのエンジニア転職をサポートするテックキャンプ エンジニア転職は、東京だけでなく名古屋、大阪、福岡など地方の主要都市でも教室を展開中。このように、地域によっては専門の教室に通いがらプログラミングスキルを学んで転職も可能です。

受講料最大50,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が最大50,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。