ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

30歳を超えたエンジニアが転職活動で失敗しないためのコツを紹介

作成: 2018.06.18 更新: 2020.07.13

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

30代エンジニアが転職を考える際、「30歳からの転職はハードルが高いのでは?」と不安になる人が多いでしょう。

実際に、30代エンジニアは、20代エンジニアよりも市場価値が下がるのが一般的です。その理由としては、若い人よりも将来の成長性が見込めないことが挙げられます。
しかし、30代エンジニアであっても、20代に負けない付加価値を付けることは可能です。他の求職者との差別化を図ることで、30代というハンデがあっても、転職活動を有利に進められるのです。

今回は、そのような、30代エンジニアが転職活動を成功させるための方法を解説していきます。

これから転職活動を始める人や、転職面接でなかなか選考を通過できないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

この記事のまとめ

転職に失敗しやすい30代エンジニアの特徴と市場価値

転職に失敗しやすい30代エンジニアの多くは、以下のような特徴があります。

  • 大きなプロダクトの開発に携わったことがない
  • クライアントへの提案や要件定義の打ち合わせ経験がない
  • コスト管理などのマネジメント職の経験がない
  • 自発的に仕事をする積極性や向上心が見られない

冒頭で述べたとおり、30代エンジニアが転職活動する場合、20代エンジニアにはない付加価値をつける必要があります。

30歳を超えたエンジニアは、エンジニアに必要な経験に加えて、マネジメントなどの管理職としての経験も求められます。これらの経験があるかどうかで、30代エンジニアの市場価値は大きく変わってくるでしょう。

30歳を超えたエンジニアは即戦力の期待がかかる

30歳を超えたエンジニアが転職する場合、採用する会社からは、以下のような6つのスキルや経験を求められます。

  • 即戦力となる高いスキル
  • 前職での実績
  • 事業を成長させようとする高い意欲
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 後輩社員の育成

このような30代エンジニアに必要なスキルについては、記事中で詳しく解説していきます。

30代エンジニアが転職を成功させるためのコツ

30代エンジニアの転職を成功させるには、以下の5つのことを実行していきましょう。

  • 常に向上心を持ってスキルアップしていく
  • 面接では前を向きハキハキと話す
  • マネジメント職を経験しておく
  • 失敗原因把握のための自己分析をする
  • プログラミングスクールに通ってスキルを磨き直す

このような30代エンジニアが転職を成功させるためのコツは、記事中で詳しく解説していきます。

プログラミングスクールの転職サポートを利用してみる

30代エンジニアが転職を成功させるためには、プログラミングスキルの磨き直しをおすすめします。中でも、転職サポート付きのスクールは、スキル習得だけでなく、キャリアアドバイザーによる転職相談も可能です。

転職に失敗しがちな30代エンジニアの特徴4つ

転職に失敗しがちなエンジニアの特徴として、以下の4つが挙げられます。現在転職活動中で、なかなか先に進めないという人は、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

特徴1:大きなプロダクトの開発に携わったことがない

あなたはこれまでに勤めてきた会社などで、大きなプロダクトの開発に携わった経験はあるでしょうか。エンジニアが過去に携わってきたプロダクトの大きさは、実績として評価されます。

もし、大きな実績がないまま転職活動をする場合は、アピール方法を工夫すべきでしょう。

特に、30代を超えている場合、そのような開発の実績がないことが大きな壁となるケースもあります。実績が少ない30代エンジニアとして、人事側からの評価も低くなりやすいので注意しましょう。

特徴2:クライアントへの提案や要件定義の打ち合わせ経験がない

エンジニアの仕事内容として、開発を依頼したクライアントの元へ足を運び、提案や要件定義を行うことが挙げられます。

しかし、会社によってエンジニアの仕事内容は異なります。自社内での開発のみを行い、クライアントへの提案は社内の営業職が行っているというケースも珍しくありません。

クライアントとのやり取りの経験がない場合、転職先でそのような業務を求められたときに、即戦力となれない可能性があります。

一般的に、エンジニアにはクライアントとの折衝ができる、コミュニケーション能力が求められることを理解しておきましょう。この経験があるかどうかで、面接の合否も大きく変わります。

特徴3:コスト管理などのマネジメント職の経験がない

エンジニアは、30代、特に中盤から後半になると、マネジメント職としてコスト管理をしてきた経験を求められる可能性が高くなります。

技術者としては高いレベルの能力があっても、管理者としてのスキルや経験も持ち合わせていないと、採用に繋がりにくい傾向があります。

このようなマネジメント経験については、後ほど詳しく解説していきます。

特徴4:自発的に仕事する積極性や向上心が見られない

30代以降のエンジニアに求められることは、自ら仕事を見出し獲得していく積極性です。そして、仕事を部下へと割り振るマネジメント能力も必要となります。

一つの案件を効率的に回すためには、部下のスケジュール管理やマネジメント能力の高さが求められます。クライアントからの要望にしっかり応え、納期に間に合わせようとする向上心も大切でしょう。

30代のエンジニアが転職を成功させるには、受け身の体勢で仕事をしていてはいけません。自分が仕事の指示を出す側に回ろうとする気持ちがないと、高い評価は得られないでしょう。

このような積極性や向上心があるかどうかは、いくら言葉で取り繕っても、採用側に見抜かれてしまう可能性が高いです。

また、過去のに勤めていた会社での勤続年数からも仕事への意欲を判断される場合があります。これまでに勤めてきたどの会社でも3年以内で退職しているなどの事実があると、評価が低くなってしまう可能性があるので注意です。

自宅で学べて安心!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

30歳を超えたエンジニアの市場価値を理解する

エンジニアやプログラマーといったIT専門職は、慢性的な人材不足が続いています。IT業界は、売り手市場の業界とされており、「IT業界に転職するなら今」と言われているほどです。

しかし、30代以降のエンジニアやプログラマーの市場価値は、20代と同じではないのが現状です。これは、採用側が考える、「将来への期待値の違い」と言えます。

20代のエンジニアが転職する場合、成長性が評価ポイントとなります。ある程度スキルや経験が不足していても、今後の成長する期待が大きければ、採用となるケースも多いでしょう。

一方で、30代以降のエンジニアの場合、採用側から、20代と同じような成長を望めないと判断されやすいです。20代までのプログラミング経験や、クライアントとの交渉力の有無などを想定して、採用するかどうかを決めることになるでしょう。

ですので、30代以降のエンジニアは、20代で伸び盛りのエンジニアに比べると、採用までのハードルが高くなります。

プログラマーの場合は、「35歳定年説」というものがあります。プログラマーは35歳くらいを境に、収入などの理由から転職やキャリアアップを図る人が多いです。

30代以降のエンジニアは、自分の市場価値を冷静に判断しなければなりません。そのうえで、他のエンジニアと比較し、自分の付加価値を見出す必要があるでしょう。

会社側が30代エンジニアに求める6つのスキル

30代エンジニアは、以下の6つのスキルを持ち合わせていると、転職活動における採用率を上げられるでしょう。

スキル1:即戦力

30代エンジニアが転職する場合、会社側から即戦力を求められます。人事としては、面接によって、あなたが会社による研修や指導が不要で、すぐに活躍できる人材かどうかを見極めたいのです。

ですので、30代のエンジニアは、企業にとってメリットとなる、高いスキルがあることを人事の担当者にアピールしなければなりません。

即戦力となる高いスキルには、プログラミング言語の知識や技術はもちろん、クライアントと商談して要件定義をすることや、仕様書を作成することも含まれます。

スキル2:前職での実績

転職活動の面接では、前職でどのような仕事をし、どのようなシステムやサービスを開発・導入してきたのかを問われるでしょう。このような質問で、採用側は、あなたの前職での実績や能力を測りたいのです。

ここでいかに自分の実績をアピールできるのかが、転職成功のカギと言えます。実績のある応募者はそれだけ能力も高いと判断され、採用される確率も高くなるでしょう。

多くの言語を扱えるというのも実績となります。

スキル3:事業を成長させようとする高い意欲

中途採用の場合、評価基準として重要になるのは、スキルや実績の部分です。さらに、仕事や事業を伸ばそうとする意欲も評価ポイントとなります。会社としても、やる気があって、意欲的な社員を募集しているはずです。

この意欲的な姿勢を示すためには、自分の持っているスキルや経験だけでなく、それを入社後にどう生かすのかをアピールしましょう。自分が会社にとってどのように役立つのかを伝えることで、「この会社で働きたい」という気持ちを示すことができます。

スキル4:コミュニケーション能力

一般的に、エンジニアという職業は、一人で黙々と作業をこなすことが多いです。そのような環境のせいか、「コミュニケーションが苦手」というエンジニアも珍しくありません。

しかし、エンジニアは、クライアントの元に出向いて要件定義を行い、他部署と連携して案件を進めていく必要があります。ですので、エンジニアにこそ、コミュニケーション能力が求められるのです。

特に、30代エンジニアは、付加価値を付けて市場価値を高める必要があります。30代エンジニアとって、このような現場で使えるコミュニケーション能力は要となるでしょう。

スキル5:マネジメント能力

30代のエンジニアとなると、マネジメント職の経験も求められることがあります。もし、あなたがプロジェクトマネージャーの経験を持つ場合は、人事との面接で積極的にアピールしていきましょう。

30代前半のエンジニアですと、マネジメントの経験は少ないかもしれません。その場合は、転職活動中に、マネジメント能力を磨くクセを付けておきましょう。

例えば、自分のスケジュール管理を行うことはもちろん、チーム全体のスケジュールを把握することも、マネジメント能力につながります。将来的に会社での出世を目指すためにも、このような小さなことから、マネジメントスキルを磨いていきましょう。

スキル6:後輩社員の育成能力

キャリアのある社員は、自分のスキルアップだけでなく、後輩社員の育成もしなければなりません。

これは、中途入社の社員も同様です。入社後は後輩をスキルアップさせ、将来的に会社を支えるリーダー職、あるいは管理職へとステップアップできるようサポートすることが求められます。

このような育成能力を高めるためには、普段から後輩の話に耳を傾けて共感したり、何か成果を上げたときには小さなことでも褒める、ということを意識してみましょう。

その結果、自分が実際にチームを統括するときも、部下への対応がしやすくなります。育成能力のあるリーダーなら、チームメンバーからの支持も得やすくなるでしょう。

30代エンジニアの求職方法3つ

30代以降のエンジニアが転職を目指す場合、どのように求人を探せばよいのでしょうか。今回は、以下の3つの方法を紹介します。

方法1:転職サイトを利用する

転職サイトの利用は、一番スタンダードな求職方法です。転職サイトの中でも、中途採用の求人を掲載しているものを利用しましょう。

転職サイトでは、勤務地や出勤日、勤務時間や給与など、あなたの希望条件にあった求人を検索できます。

無料で登録・活用できるサイトがほとんどなので、まずは転職サイトを使って求人を探し、応募してみるといいでしょう。

方法2:転職エージェントを利用する

転職サイトと同様に利用されるのが、転職エージェントでしょう。転職エージェントに相談すると、エージェントが希望に沿った求人を紹介してくれます。

この記事を読む人の中には、転職サイトと転職エージェントとの違いがよく分からない人もいるでしょう。2つの決定的な違いとしては、転職エージェントが転職相談に乗ってくれる点がありまう。

転職エージェントでは、転職のプロがキャリア相談に乗ってくれるのです。そのため、自分で転職活動する上では気づけなかった希望まで、発見してくれるケースがあります。初めて転職をする人向けのサービスです。

大手の転職エージェントになると、面接の対策や、履歴書、職務経歴書など書類の修正まで対応してくれます。「転職活動代行」のようなサービスまで提供してくれるため、スムーズな転職につながるでしょう。

方法3:紹介してもらう

最後に紹介する求職方法は、「紹介」です。具体的には、過去に付き合いがあった人から、働き口を紹介してもらうという方法です。市場価値が低く見られやすい30代以上のエンジニアでも、紹介となると採用率も非常に高く、転職しやすいでしょう。

もちろん、必ずしも紹介を受けられるわけではありません。タイミングによって会社の求人状況も変わりやすいでしょう。「一社は紹介してもらえそうだから」と頼りにしすぎず、自分なりの転職活動も並行することが大切です。

30歳以降の転職活動を成功させる6つのコツ

エンジニアが30歳を超えて転職活動する場合、自分なりの付加価値を見出し、周りのエンジニアとの差別化を図ることが大切です。

ここからは、そのような、30代エンジニアが転職を成功に導く6つのコツについて解説していきます。

転職成功のコツ1:向上心を持ってスキルアップを怠らない

企業の人事としては、向上心を持ったエンジニアを求めています。30代エンジニアが企業に向上心を示すためには、継続してプログラミングスキルを磨き、新しい言語の習得を目指していることを積極的にアピールしましょう。

当たり前のことですが、プログラミングスキル習得のアピールと、実力が伴っていないのはNGです。面接で発したようなパフォーマンスが入社後にできていないと、発言と実力が伴っていないと思われるでしょう。信用問題にも関わるため、十分注意が必要です。

エンジニアが日々スキルアップするためには、プログラミングの本を読んだり、資格の勉強をすることをおすすめします。また、最近のIT業界のトレンド情報を追うことも、知識を得る大切なステップでしょう。

プログラミングの勉強会に参加するのもいい方法です。最近はAI(人工知能)に注目が集まっています。AI(人工知能)開発に使われる言語のPythonを学べる勉強会などがおすすめです。

そのような地道な積み重ねが、実行力を伴うスキルにつながります。面接の際は、スキルを得る過程までアピールすると、あなたの向上心をより理解してもらえるでしょう。

以下の記事では、エンジニアとして働く上で役に立つ資格を紹介しています。合わせて参考にしてください。

IT技術者の年収や必要なスキル・資格を徹底解説

転職成功のコツ2:面接では前を向き、ハキハキと話す

あなたがどんなにいいアピールポイントを持っていたとしても、面接の基本的な作法が身についていないと台無しです。新卒の就活中では意識していたことも、もしかするとおろそかになっているかもしれません。

面接の基本とは、受け答えをはっきりと大きな声で話す、相手の目をみて明るい表情で答える、といったことです。当たり前と思っていることこそ、確実にできるように心がけましょう。

このような面接のときの話し方は、コミュニケーションスキルの高さをアピールするきっかけにもなります。

転職成功のコツ3:マネジメント職を経験しておく

転職活動を成功に導くためには、できれば前職のうちに、マネジメント職を務められるようにしましょう。中途採用の場合、入社後即戦力となることや、部下のマネジメント能力も必要とされるからです。

この記事を読む人の中には、マネジメントスキルや経営の知識の大切さを知っていて、すでにビジネス本で勉強している人もいるでしょう。しかし、マネジメントは、実際にチームや部下を抱えなければわからない部分が多いです。

マネジメントは、受け持つ社員が異なれば、やることも全く異なってきます。マネジメントの理論を持っていても、どの会社でも一貫して役に立つわけではないのです。

30代エンジニアが転職を目指すためには、マネジメントの実務経験が欲しいところです。もしチャンスがあれば、上司に積極的にアピールし、マネジメントを経験できるポジションが得られるようにしましょう。

転職成功のコツ4:なぜ失敗してしまったのか自己分析する

この記事を読む人の中には、すでに転職活動をしていて、面接で上手くいかないことが続いている人もいるでしょう。そのような場合は、失敗の原因となる要素を探るために、自己分析を行うことをおすすめします。

これまでの面接の自己紹介や自己PR、態度などを思いつく限り挙げてみてください。その上で、どこか問題点がなかったかを洗い出し、改善していきましょう。

もし、自分で問題点を明らかにできなければ、家族や友人に面接の練習を見てもらうのも効果的な手段です。客観的に自分を見てもらうことで、あなたの印象や課題点を見つけられるきっかけになるでしょう。

転職成功のコツ5:転職の時期を考える

実は、転職で求人を探す際、おすすめの時期があります。一般的に、求人数は2〜3月、9〜10月あたりに増える傾向にあるのです。

この時期は退職者が増えるため、人員補充で求人を出す企業が多いです。エンジニアの求人も、2〜3月と9〜10月を狙って探すと、選択肢が多いため転職成功率も高まるでしょう。

以下の記事では、転職するのにおすすめな時期について詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

転職に最適な時期はいつ?一番良いタイミングを理解して損せず転職しよう

転職成功のコツ6:プログラミングスクールに通ってスキルを磨き直す

30代エンジニアが転職する場合、一からプログラミングスキルを磨き直すことをおすすめします。プログラミング技術を学び直すためには、プログラミングスクールに通うのがいい方法でしょう。

プログラミングスクールでは、スキルを基礎からしっかり学べます。新たな言語の習得はもちろん、これまでに忘れかけていたこと、疎かにしていたことも見つかるでしょう。

働きながらスクールに通うのは時間の面で難しいかもしれません。ただ、独学でプログラミング言語を学び直すならば、さらに多くの時間が必要となります。プログラミングスクールを利用した方が効率が良いこともあるでしょう。

さらに、プログラミングスクールには、転職サポートのサービスが付いているところがあります。転職保証付きのプログラミングスクールなら、キャリアアドバイザーが面接対策や求人紹介の相談に対応してくれます。転職のミスマッチも防ぐことができるでしょう。

転職サポート付きのプログラミングスクールについては、後ほど詳しく説明します。

エンジニア以外のIT関連の職種3つ

この記事を読むエンジニアの中には、転職して新たなジャンルに挑戦したい人もいるでしょう。確かに、エンジニアとして働いてきたからと言って、転職する職種もエンジニアに限定する必要はありません。

しかし、いきなり全くの異業種への転職を考えることは、30代エンジニアにとってはリスクを伴います。他の職種への転職を考える場合は、エンジニアとして働いてきた経験が活かせる、IT関連の職種がおすすめでしょう。

ここからは、エンジニアから新たなジャンルへ挑戦する人に向けて、エンジニア以外のIT関連の職種を3つ紹介していきます。いずれもIT専門職なので、これからも需要が伸びてくると言えます。

Webディレクター

Webディレクターは、Webコンテンツ制作に関わるエンジニアやWebデザイナーを管理、統括する職種です。

Webディレクターは、直接プログラムを組む事は少ないです。しかし、IT業界の知識やマネジメント能力、クライアントとの折衝を中心に行います。

これまで、エンジニアとしてマネジメントやクライアントとの交渉を行ってきた人は、経験を生かせる職種と言えるでしょう。

グロースハッカー

グロースハッカーは、最近生まれた、IT業界で注目されている職種の一つです。グロースハッカーの仕事は、会社のサービスや製品を加速的に成長(グロース)させることを目的としています。

グロースハッカーは、少ない予算の中で最大限の効果を発揮することを目的に活動する仕事です。マーケティングに近い仕事とイメージしてもらっていいでしょう。

具体的な業務内容としては、サービスを売り出した時にどのような効果が出るか、ABテストを行ったりします。

多くのIT企業でグロースハッカーが注目されており、今後、ニーズも高くなる職種と言えるでしょう。

Webコンサルタント

Webコンサルタントは、ITコンサルタントとも呼ばれます。主に、Webに関する問題を抱えている企業を対象に、コンサル業務を行います。

Webコンサルタントの具体的な業務としては、Webでの集客やホームページ作成が挙げられます。その際、ITやプログラミングの知識を生かして問題解決の提案をするので、エンジニアとしての経験を生かせるでしょう。

Webコンサルタントは、営業職のように商談をする場面が多いです。コミュニケーション能力の高さも求められる職種でしょう。

転職サポート付きのスクールがおすすめ

30代エンジニアが転職を有利に進めるためには、転職サポート付きのプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きのプログラミングスクールでは、スキル習得だけでなく、キャリアアドバイザーがあなたのキャリアや希望に沿った求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは、転職活動における面接対策や、本番を想定した練習に対応してくれます。さらに、転職活動における悩みの相談にも乗ってくれます。

受講料最大50,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が最大50,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。