転職
営業職からエンジニアやプログラマーになれる?転職の方法や成功事例を紹介

現在、営業職として働いていて、付き合いや人間関係などから続けることに限界を感じている、という方もおられるのではないでしょうか。

昨今では営業という職種を退き、人気の技術職である「エンジニア」や「プログラマー」に転職を考える、という方も少なくはありません。
しかし、これらの技術職は未経験で挑戦するにはなにかとハードルが高く見えるかもしれません。

そもそも、エンジニアやプログラマーになることで、今抱えている悩みが解消されるのかも不安ですよね。
営業職に比べて、これらの職種は未知の部分が多く、スキルを身につけるためにどうすべきか迷ってしまうかもしれません。

営業職からエンジニア・プログラマーに転職する際、どういったメリットがあるのでしょう。
営業職の方々が抱く悩みや転職に対する不安も交え、思い切ってエンジニアやプログラマーに転職を考えている方に最適な転職方法などもご紹介します。

この記事のまとめ

営業職の抱える悩み

自社の商品やサービスを他会社に掲示し、コミュニケーションによって仕事を獲得するのが営業職の業務になります。
会社にとって必須ともいえる重要な職種です。しかし、仕事の重要さゆえに、働く上で悩みを抱えてしまう方も数多く存在します。

営業職の仕事の大きな特徴としては、やはり付き合いが多いということが挙げられるでしょう。
自社を売り込みに行く際、様々な他企業の方々と交流が生まれます。
その中で必然的に相手会社の方との関係が生まれるため、どうしても多くの人と付き合って行かなければなりません。

優れた商品やシステムを売り出していたとしても、営業がその魅力をきちんと伝え、相手に対し売り込めるかで売り上げは変わってきます。
営業職の仕事は人間関係に左右されることが多いです。

また、会社の顔として相手とやりとりを行うポジションでもあるので、自社のミスや不手際で相手を怒らせてしまうと、激しく叱られるといった場合もあります。

営業職は契約が取れたか、売り上げが出たかという点で仕事の成績もあらわになりやすく、それゆえに成績が伸び悩む場合は厳しい言葉を投げかけられることも多いです。

しかしながら、時間をかければ確実に成果が出る、という職種でもないため人に、よっては毎日の仕事の中で大きなスキル不足を感じてしまうかもしれません。

重要なポジションでありながら、その重責が営業職の悩みとなり得るのです。

営業職からエンジニア・プログラマーに転職するメリット

営業職からエンジニア・プログラマーに転職すると、いわゆる「技術職」と呼ばれる業種に変わります。
今まで営業職として働いている上で感じられなかった仕事上のメリットを感じることでしょう。

まず、営業職と違いエンジニアやプログラマーは顧客と直接顔を合わせる機会は少ないです。
まったくないというわけではありません。しかし、仕事の打ち合わせやシステムの仕様に関する会議など、そういった限定的な場面でのみ顧客と直接やりとりするこになります。

このため、仕事をしていく上で社外の人との付き合いは少なくなり、システム開発や運用といった自身の業務に集中することができるのです。

また、エンジニアやプログラマーにとっての業務成果は「システムの完成」や「既存システムの保守」といった分野になるため、営業に比べて仕事の成果が数値化しにくいです。

営業職のように契約の獲得数などノルマといった感覚もないため、数値や業績などを意識しすぎることもなく、自身の開発業務に集中できます。

さらに、エンジニアやプログラマーを続けていくと、日々進化する技術に触れる機会も多くなるため、長く続ければ続けるだけ新たな技術を身につけることができ、仕事の中でスキルアップをしていくことができます。

日夜、新たなプログラミング言語やそれらが動作する新たな機械が生み出されていくため、業務の内容次第で最先端の技術力を身につけることも不可能ではありません。

近年ではiPhoneのようなスマートフォンの中にもアプリという形で、無数のシステムが稼働し、我々の生活を支援してくれています。
こういった場面でも、システム開発のスペシャリストであるエンジニアやプログラマーのスキルが必要とされています。

仕事とスキルアップを両立できるというのも、エンジニア・プログラマーの大きなメリットといえるでしょう。

エンジニア・プログラマーに転職する上での不安点

営業職からエンジニア・プログラマーに転職する際、やはり技術職ならではの不安点も様々あると思います。
仕事を変え、職場を変えるということに対し、どうしても様々なリスクを予感してしまうかもしれません。

まずなにより、今までプログラミングやシステム開発に触れてこなかった営業職から、いきなり転職をしてスキルが身につくのか、という点が不安になってくるのではないでしょうか。

エンジニアやプログラマーは必然的にプログラミング言語を習得する必要があり、これが未経験の方からするとかなりハードルが高く映るかもしれません。
パソコンに触れる機会はどんな職種でも多少なりともあるものですが、プログラミングという専門知識まで手をつける方は少ないと思われます。

ですが、最近ではプログラミングスクールという専門の学習機関が日本各地で開講しています。
スクールに通うことでプログラミング未経験者でも最短で3ヶ月もあれば仕事に通用するスキルを身につけることができます。

この点については、記事の中でもさらに詳しく見ていきます。

また、仕事である以上、給料の額にも不安は残るかもしれません。
やはり働いていく上では、どれくらいのお金をもらえるかという点は無視することができないでしょう。

しかしながら、営業職から転職を行なった場合は営業で培ってきたコミュニケーション能力がキャリアアップに大いに役に立ちます。

システム開発だけでなく、コミュニケーションのスキルに秀でた人材はプログラマーからエンジニア、さらにプロジェクトリーダー(マネージャー)へのキャリアアップを狙うことができます。

システムを作るだけでなく、システムの仕様調整やチームの人員とのやりとりを任せられるため、営業で培ったノウハウを生かしつつ、収入をアップすることもできるのです。

エンジニアやプログラマーと聞くと「残業が多くて、休日出勤ばかりなのでは?」と労働条件がきつい、という印象を抱かれる方もおられるかもしれません。

実際、締め切りを守るためにこういった環境が作り上げられてしまう場合もあります。
ただ、現在は労働環境の改善が図られており、一昔前ほど時間外労働を強いられることは減ってきています。

技術者が気持ちよく働ける環境作りは進んできているので、いわゆるブラック企業と呼ばれる労働環境も少なくなってきたのが現状です。

営業からエンジニア・プログラマーに転職するには

営業からエンジニア・プログラマーに転職するためには、主に2つの方法があります。
まず一つは「転職エージェントを利用する」方法です。

転職エージェントはエンジニアやプログラマーを含めた、様々な職種への転職活動をサポートしてくれます。
無料で登録できる転職エージェントも数多く登場しており、どれも転職に関するサポートは万全なのは心強いです。

ただし、転職エージェントはあくまで転職に関する斡旋や面接などのサポートを行ってくれるのみなので、転職後に必要となってくるプログラミングなどのスキルは、身につけることができません。

そのため、もう一つの方法として「転職サポート付きのプログラミングスクールを利用する」方法が挙げられます。
プログラミングの学習を進めながら、キャリアアドバイザーがあなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。技術を身につけながら転職活動も行うことができるのです。

転職エージェントを利用して独自で転職先を探すのも良いのですが、専門的な知識や技術を身につけれるプログラミングスクールから転職を目指すのもおすすめです。

転職について全面的なサポートが受けられ、無料で相談できるスクールもあります。転職活動に移る前に、まずは一度ご相談してみてはいかがでしょう。

無料相談の詳細をみる

 

営業職の抱える悩み

営業職と一口に言っても、その種類は様々です。法人営業、個人営業と企業や働き方の形態によって、営業のやり方も異なってきます。

ですが「自社の魅力を他社に売り込む」という部分においてはどれも共通しており、それゆえにどの営業でも悩みは似通ってきます。

こういった営業職独自の悩みや不安から解放されたい、と思い悩む営業社員は非常に多く、それゆえに営業職から転職を考える人々も少なくはありません。

付き合いが多い仕事

営業職の主な業務は、なんといっても他会社とのやりとりから契約や仕事の依頼を獲得することです。
このため、対人でのコミュニケーション能力は必須といえるでしょう。

商品やサービスを売り込むための商談では、顧客と会話をし、相手の心境などを予想しながら売り込みや欲しい情報を掲示するタイミングを図る必要があります。

また、これは商談だけに留まらない場合もしばしばです。
会社の方針や仕事の内容によっては、営業職の付き合いは勤務時間外に及ぶ場合もあります。

飲み会に参加したり接待のためにゴルフに参加したりということも、珍しいことではありません。

こういった仕事外の時間を使って相手との良好な関係を築くことも、商談を成立するための重要な要素でもあるのです。

飲み会は連日深夜深くまで及ぶこともあり、せっかくの休日も接待で終わってしまったりなど、営業職で働く人にとっては付き合いが心身共に負担をかけている場合があります。
営業職で働く以上、相手をする顧客も一人だけとは限りません。

こういった人間関係が仕事をしていくうちにどんどん広がっていき、多人数との濃密なやり取りを行っていくのは、やがて大きな負担に変わってしまうかもしれません。
以上のような悩みから、営業職を辞めて転職を考えようとする人は非常に多いです。

厳しく叱られることもある

営業はクライアントと直接顔を合わせて仕事をするポジションです。このため、時には相手の気分が悪かったり、ミスが原因で怒らせてしまう可能性もあります。
そういった時、自社と他会社を繋ぐ顔としてやりとりを行う営業職に相手の怒りの矛先が向けられてしまい、結果としてそれが営業職にとっての大きなストレスにも繋がります。

相手と対面しての商談だけではなく、こういった事態は新規営業のためのテレアポなどでも起こりうるのです。

「誰の許可をとって営業電話をかけてきているんだ!」「上司を出せ!」といった厳しい言葉を浴びせられた経験は、どんな企業の営業職でも共通していることだと思います。

そういったトラブルや人とのぶつかり合いも営業職としての仕事の一環、と割り切れる人ならば特に問題はありません。
しかし、厳しく叱られた時になかなかそこまで割り切ることもできず、結果として精神的に疲れ果ててしまう人も多いのです。

ストレスを溜め込みすぎると体を壊すことにも繋がります。これらが辛いと思う方は早めの転職をおすすめします。

仕事が成績としてあらわになる

多くの場合、営業職の仕事の成果は各個人の「営業成績」として公表されます。
これは、営業職同士で数字を競わせることでモチベーションを高めるということが目的の制度と思われます。
自社で営業業務をこなす人達は仲間でもあり、同時に互いに成果を競い合うライバルでもあるのです。

上位の成績を残すことでインセンティブをもらえるといったメリットもあります。
しかし、逆に成績が下位になってしまうと自分の成績の悪さが他の社員にも伝わり、露わになってしまいます。

これに対し周りの目が気になってしまい、恥ずかしかったり実力不足からの不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

また、仮にその時は上位になれたとしても、次の成績発表のタイミングでは同じく上位になれるとも限りません。
常に数字に追われ続けるプレッシャーも営業職は全員心のどこかで抱いているものです。
上位の成績を残し続けるということは容易ではなく、常にその重圧に晒され続けることは大きなストレスにも繋がります。

仕事の成果が成績としてあらわになることのプレッシャーから営業を続けることに悩む人は多いです。

スキル不足を感じる

営業職の仕事は簡潔に考えると「自社の商品を理解し、魅力を説明すること」となります。
非常に重要な役割ではありますが、逆にいえば物事を理解し説明することができるならば、誰にでもできてしまう仕事でもあるといえるのです。

もちろん、説明といっても商品の魅力を伝えたり、顧客との距離感を取るのがうまい、といった能力の個人差はでてくるでしょう。

しかし、どうしても営業職は「自分でなくてもできるのでは」と感じてしまう人が多いようです。

相手と話す、というスキルに専門性を感じにくいことから、結果としてスキル不足を感じてしまう原因にもなってしまいます。

将来的に見て仕事の需要が耐えず、武器となるような専門的なスキルが欲しいと感じる営業職は多いです。

営業からエンジニア・プログラマーに転職を考える人は増加中

営業職が抱える悩みをきっかけに、システムエンジニアやプログラマーに転職する人は年々増えてきています。
プログラミングスクールなどに足を運ぶ人も、増加傾向にあります。

理由は幾つかありますが、その一つにはエンジニア・プログラマーの求人に未経験採用が多いことがあります。
システムエンジニアやプログラマーはIT業界的にも人材不足が続いており、実務経験がなくても中途採用を行なっている企業もあるのです。

新卒ではないから、と物怖じする必要もないほどにエンジニア・プログラマーの募集数は多いのが現状です。
この人材不足の状況が、転職しやすさの理由の一つとなっています。

さらに、営業がシステムエンジニアやプログラマーに転職することで得られるメリットは、営業職の時に感じていた悩みのほとんどを解決できます。

このため、不安やストレスを抱え営業職を続けるのではなく、技術職であるシステムエンジニア・プログラマーを目指す人はますます増えてきているのです。

S.Yamauchi S.Yamauchi
エンジニアとして活動するかたわら、まだまだ見たことがないITの世界を記事執筆を通して勉強しております。新しい技術やノウハウに目がない、雑食系です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー