まずは無料キャリア相談へ!
30代限定🎗️パパママ世代応援割

同僚とは?意味や同期との違い・会社で一緒に働く人の呼び方を解説

更新: 2023.06.09

なんとなく「同僚」という言葉を使っていませんか?

改めて言葉の意味を聞かれると、言葉に詰まってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では「同僚」の意味や同期との違い、同僚以外で会社の人を指す言葉などを解説。

会社で一緒に働く人を指す言葉についておさらいしたい人は、参考にしてみてください。

同僚とは

「同僚」には、大きく分けて二つの意味があります。

一つは、「同じ職場で働いている人」という意味。

この意味で捉えると先輩後輩など関係なく、同じ会社内で働いている方はすべて「同僚」と言えます。最近では、この意味で使われることも多くなっています。

もう一つは「地位や役職が同じ人」という意味です。

この場合には、同じ職場で働いていて部長なら部長同士、一般社員なら別の一般社員など同職の関係が同僚にあたります。

この意味で使う時には、目上の方には「同僚」とは使えなくなります。

同僚という言葉をどちらに意味が使っても、間違いではありません。しかし、同僚という言葉が持つイメージや受け取る側の認識の違いによって注意して使う必要があります。

「同期」と「同僚」の違いは?

ここでは、間違いやすい「同期」と「同僚」という言葉の違いをご説明します。

その違いを理解して正しく使うように心がけましょう。

  • 入社した年の違い
  • 役職が上でも同期

入社した年の違い

同期と同僚の違いは以下の通りです。

  • 同期:同じ会社に同じタイミングで入社した人
  • 同僚:同じ会社の同じ役職の人

同期という言葉は「同じ時期」「入学・卒業・入社の時期が同じ人」という意味です。

同僚は「同じ職場で働いている人」「地位・役職が同じ人」を指しますが、同期は「入社した年が同じ人」を指します。

つまり、会社内で自分にとって「同期」に当たるのは、同じタイミングで入社した方だけになります。

役職が上でも同期

「同期」には、役職や年齢は関係ありません。もし、自分と同じタイミングで入社した方の役職が自分より上になったとしても、変わらずに同期です。

上司にあたりますので、会社内の立場上はこれまで通りに接することは難しいかもしれません。

しかし、仕事以外のプライペートの場では、同期として気兼ねなく接しても基本的には問題ないでしょう。

同期は、どれだけ長く働いても増えることはありません。一緒にスタートしてがんばってきた仲間であり友人という絆を感じている場合もあると思います。

社内での立場が変わっても、その関係は大切したいものです。

役職や年齢が上でも同僚と呼べる?

同僚には、2つの意味があることをご説明しました。それを踏まえて、役職や年齢が上の方を同僚と呼べるのか解説していきます。

  • 地位が上の人でも同僚
  • 相手との認識の違いに注意

地位が上の人でも同僚

上記でご説明した通り、「同じ職場で働いている人」は同僚にあたります。

この言葉の意味から考えると、同じ会社で一緒に働いている一般社員と部長などを含めた全員が同僚となります。

そのため、他の会社に紹介する際に、「同僚の〇〇部長です」などと言っても問題ありません。

実際には、上司・先輩などの言葉ありますので、目上の方に対して「同僚」という言葉は使いづらい場合もあるでしょう。

相手との認識の違いに注意

同僚には「地位や役職が同じ人」という意味があることに注意が必要です。むしろ、年齢が高い方はこちらの意味で認識している方が多いのではないでしょうか。

正しい意味で捉えると、社内での地位や役職が上の方に同僚と使っても問題はありません。

しかし、相手が自分と認識が異なり、「地位や役職が同じ人」と捉えていると、場合によっては失礼に当たることもあります。

例えば、同じ会社内の方と話をする時に、上司にあたる方を同僚と呼ぶと「馴れ馴れしい」「敬意に欠けている」などと思われるかもしれません。

会社の付き合いでの飲み会などで、相手に不快な思いを与えないように注意が必要です。

同僚の2つの意味を理解して、使う相手やタイミングを考えて用いるようにしましょう。

それにより、周りの方に敬意やマナーのある人間という印象も与えられ、コミュニケーションもスムーズになります。

同僚以外で会社の人を指す言葉

スーツの男性

ここでは、同僚以外の会社の人を指す言葉の定義について紹介。

以下では、「上司」「上長」「部下」「先輩」の4つを紹介します。もしかすると、今まで間違って使っていたという方もいらっしゃるかもしれません。

会社の人を指す言葉の意味をしっかり理解して適切に使いましょう。

上司

goo辞書によると、「上司」の意味は「その人より役職が上位の人、上役」とあります。

これは、多くの方のイメージ通りではないでしょうか。会社などで自分よりも役職が上の人に対しては、上司という言葉を使って問題ありません。

年齢や勤務時期は関係なく、自分よりも役職が上の方はすべて「上司」になります。自分よりも年下だからといって、「上司ではない」と勘違いしない様にしましょう。

上長

上司と似たイメージのある言葉「上長」。上長の意味は、goo辞書によると「年齢・地位が上であること。また、その人。長上。」とあります。

一見すると上司と同じように感じますが、「上長」は役職だけでなく年齢も上という意味がある点が異なります。

言葉の意味に沿っていれば、上司と上長のどちらを使っても問題ありません。

ただ、職場や人によっては、「上長と呼んでほしい」などと言われる場合もあると思います。それぞれの人の好みや職場に合わせた言葉を選んで使うと良いでしょう。

部下

「部下」という言葉はgoo辞書によると「組織などで、ある人の下に属し、その指示・命令で行動する人」という意味とあります。

会社において、管理職の方の下で働く方は部下になります。

組織的な構成だけでなく、管理職の方の指示や命令で働く方も部下にあたります。そのため、年齢や入社した時期は関係がありません。

先輩

「先輩」という言葉は上司と近いイメージで使っている方もいらっしゃると思います。

先輩には2つの意味があり、一つは、「年齢・地位・経験や学問・技芸などで、自分より上の人」とあります。

地位や役職が上の人に対して、先輩と使う場合には上司と近い意味合いになるでしょう。

もう一つは、「同じ学校や勤務先などに先に入った人」です。

会社内で同職であっても、自分よりも入社が早ければ先輩と呼びます。「先輩」という言葉を使う時には、こちらの意味で使うことが多いでしょう。

注意していただきたいのは、自分よりも年下の方でも、会社や部活動などに先に所属していた場合には先輩にあたるという点です。

日本では古くから「年功序列」という文化があります。そのため、年上の方を年下の方が敬うことが一般的です。

しかし、先輩という言葉の意味を正しく捉えると、組織などに加入した年月によって先輩後輩の関係は決まります。

年下の方でも「先輩」であれば、敬意を持った態度で接するようにしましょう。

後輩

goo辞書によると「後輩」という言葉には「年齢・地位・経験や学問・技芸などで、自分より下の人、後進」「同じ学校・職場などで、あとから入ってきた人」といった意味。

先輩と逆の意味を持つ言葉です。基本的には、年下の方に対して使うことが多いでしょう。

ただし、自分より年上であっても、会社や部活動など所属した時期が遅ければ、後輩にあたる場合もあります。

年下上司とのコミュニケーションについて

年功序列が崩れ、すべての社員が「同僚」とする会社が増えたことで、年下上司のもとで働く方も増えています。

ここでは、年下上司が生まれることによるコミュニケーションの問題について解説。

  • 「社員みんなが同僚」によって生まれる苦悩
  • 転職後に起こりやすい

「社員みんなが同僚」によって生まれる苦悩

最近では、同僚が「同じ職場にいる人」という意味で使われることが多くなりました。

これは、年功序列の制度が崩れ、「社員みんなが同僚」と平等に考える会社が増えていることがその理由といえるでしょう。

この考え方によって、年齢に関係なく能力がある方が出世したり、責任が大きい役目を任されたりする機会もよく見られるようになりました。

それに伴って、若い年齢で役職を任される「年下上司」とのコミュニケーションに悩む方が増えているようです。

Tech総研によると、年下上司と年上部下のどちらも30%以上の方が「何歳だろうが気にならない」と考えているとあります。

しかし、年下上司からの命令や偉そうな態度によって、精神的なストレス仕事のやりづらさを感じる方も一定数いることは事実です。

やはり、年長者としてのプライドが問題になるのでしょう。

転職後に起こりやすい

転職後に「年下上司」とのコミュニケーションに悩むケースが多いです。30代以上で転職をすると、自分よりも年下の上司や先輩と働く可能性はさらに高くなります。

相手は役職が上の上司であり、自分は入社したばかりなので、言葉の意味からも正しく「後輩」となります。

この状況で、「年下上司」に対して不満や意見があったとしても、素直に伝えることは難しいかもしれません。

特に、上下関係の厳しい業界・職種であれば、このような現象は発生しやすいです。

転職後の不安要素として、仕事内容と同じくらいに上司・同僚・部下との人間関係をあげる方は多くいらっしゃいます。

転職を考えているけれど、年下上司とのコミュニケーションに悩みたくないという方には、エンジニアとして転職することをおすすめします。

年下上司との関係で悩む方はエンジニア転職がおすすめ

コミュニケーションに悩みたくない方には、エンジニア転職がおすすめです。

ここでは、その詳しい理由について解説します。

  • エンジニアは上下関係が比較的少ない
  • プログラミングを身につければキャリアの幅も広がる

エンジニアは上下関係が比較的少ない

エンジニア業界の特色として、他の業種・職種と比較すると上下関係が希薄です。

上司との距離が近く、横の関係性が強く感じられる会社が増えています。これはチームとして仕事を進める場合が多いことも関係しているでしょう。

このような上下関係のゆるい状況に、エンジニア業界は年々変化していると言われています。

また、エンジニアが担当するプログラミングは、個人でパソコンに向かって行う作業。

そのため、仕事において人間関係が必ずしも重要ではないこともポイントです。

フリーランスとして仕事を請け、自宅や個人の作業スペースで1人で開発を行っているエンジニアも多く見られます。

会社に所属してもこれは同じです。最低限のマナーやコミュニケーションはもちろん必要ですが、厳しい上下関係を強いられるという環境は少ないでしょう。

プログラミングを身につければキャリアの幅も広がる

エンジニアとして転職すれば、コミュニケーションに悩まない環境で働けることがお分かりいただけたと思います。

さらに、プログラミングのスキルを身につければ、キャリアアップも見込めます。

WEB業界をはじめ、IT業界そのものが成長を続けています。また、日本における慢性的なIT人材不足の問題も耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実際に、ありとあらゆる企業がエンジニアの求人を行っています。そのため、エンジニアの待遇の見直しも活発で、給料も上がりやすくなっています。

また、残業が少なく、深夜まで働かせないように徹底している企業も多いです。

また、スキルを身につけて経験を積み、フリーランスとして独立することも可能。

このように、自分のキャリアアップの実現やキャリアの幅を広げるという観点からもエンジニアはとても魅力的と言えるでしょう。

エンジニアは、さまざまな可能性を持った職種です。

しかし、プログラミングは未経験から独学すると、挫折しやすい分野であるのも現実。学習を検討している人はスクールに通うことも検討してみてはいかがでしょうか。

スクールの選び方は、「【プログラミングスクール選び】無料と有料どちらに通うべきか徹底解説」でも紹介しているので、参考にしてください。

「同僚」の使い方を押さえよう

「同僚」の意味や同期との違い、同僚以外で会社の人を指す言葉などを解説しました。

新卒入社した会社で働いている人にとっては、「同僚」は同じ時期に入社して年齢も同年代が多いので、使い方に困る場面は少ないかもしれません。

しかし、転職して別の会社に入社した時、誰が同期に当たる人物なのか分からず、年齢だけで判断して呼び方に失敗するケースもあるでしょう。

これを機会に言葉の意味を改めて理解し、失敗しないように気をつけてみてください。

↑目次へ戻る

未経験からの転職の悩みを解決!無料カウンセリング開催中【転職成功人数4400名以上!※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・未経験から転職して、本当に年収が上がるのか
・ITエンジニア転職後の働き方や稼ぎ方が想像できない
・スキルゼロからITエンジニアとしてフリーランスになれるのか

カウンセリングでは、ITエンジニア転職やプログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、あなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は42,000人以上!※2

無料で相談できますので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※4
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106)  2.2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料キャリア相談はこちら

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement