プロのカウンセラーがITキャリアの悩みを解決!簡単30秒カウンセリング予約

【テレワークに便利】パソコン用プリンター・複合機の選び方 接続できない時の対処法も解説

更新: 2020.07.15

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

テレワークが推進される中、家にプリンターがなく、印刷などで苦労をしているビジネスマンも多いのではないでしょうか。

きたるテレワーク時代に備えるためにも、1家に1台プリンターを導入することをおすすめします。

本記事では、様々な場面で使えるプリンターの種類や選び方を紹介します。また、購入したけれどもパソコンとプリンターを上手に接続できない場合の対処方法などもまとめています。

プリンターの導入を考えている方や、買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

パソコン用プリンターの種類

パソコン用のプリンターは、いくつかのタイプに分類することができます。

順番に見ていきましょう。

単機能プリンター:プリント機能のみでOKならおすすめ

印刷機能のみでよければ、単機能プリンターをおすすめします。

印刷やスキャンなどさまざまなことができる複合機は、どちらかと言うと操作が複雑になりがちです。単機能プリンターの操作はとてもシンプルですし、コンパクトなものが多く他のタイプよりも安価です。

「とりあえず印刷だけできたらいい」という方向けのプリンターです。

フォトプリンター:写真プリントに特化。他ツールとも連携

写真のプリントだけを行いたい方には、フォトプリンターをおすすめします。

最近は、スマホで撮影した写真をパソコンを介さず直接プリンターから印刷できるものも多く発売されています。

写真に特化しているだけあってきれいに印刷できますので、インスタ映え用に撮った写真を印刷して、家に飾っておくのもいいかもしれません。

複合機:コピー・スキャン・FAXなど多彩な用途

近年発売されているプリンターの多くは複合機です。紙の印刷はもちろんのこと、顧客からの資料をスキャンしPDF保存を行うことや、FAXの送受信なども行えます。

また、写真や年賀状などを印刷できる機能を兼ね備えている複合機がほとんどなので、仕事とプライベート両方で活躍すること間違いなしでしょう。

お手頃価格でかつ小型の複合機も多く発売されていますので、テレワーク時代に合わせて1家に1台、置いておくべきツールだと言えます。

パソコン用プリンターの選び方

プリンターを購入しようと思っても、どのようなものを選べばいいか迷うかと思います。

ここでは、購入時に意識するべきポイントを解説していきます。

印刷方式

印刷方式には、インクジェットプリンターとレーザープリンターがあります。

両者にはどのような違いがあるのかをまずは確認します。

インクジェットプリンター

家庭向けのプリンターに多いのが、インクジェットプリンターです。

カラーの多いデータを印刷したい場合に色彩を細かく再現できるのが特徴で、価格はお手頃なものが多いです。しかし、その分インクカートリッジ代の費用がかかる傾向にあります。

こちらのプリンターで大量に印刷すると、インクカートリッジの交換を頻繁に行うことになり、コストがかさむことがあります。購入時には、本体価格だけでなくインクカートリッジ代も見込んで選びましょう。

レーザープリンター

オフィスやコンビニなど、業務用向けに多いのがレーザープリンターです。

本体価格はインクジェットプリンターより高いですが、業務で使用するとなると何百枚と印刷物を刷るのが日常だと思います。長い目で見ればこちらの方がコストは安くなるでしょう。

レーザーを活用して内部の筒に粉状のインクを付着させ、用紙を押し当てて転写&印刷しますので、印刷スピードがとても速いのが特徴です。解像度はインクジェットプリンターの方に軍配があがりますが、質より量を求めるのならば、断然レーザープリンターを導入するべきでしょう。

インクの種類

インクの種類には、顔料インク、染料インク、トナーインクといった種類があります。

インクの種類の違いをここで理解しましょう。

顔料インク

顔料インクとは、粒子が大きく水で滲みにくいインクのことを指します。

紙に浸透せず表面に着色するので、輪郭がくっきりし、鮮明な仕上がりとなります。さらに速乾性に優れているのでかすみにくく、対応する用紙が多いことも特徴としてあげられます。

染料インク

染料インクとは、粒子が小さく水で滲みやすいインクのことを指します。

紙の繊維まで浸透するのでグラデーションや発色が鮮明な仕上がりとなります。浸透性が高いので、用紙自体の光沢感を活かすことができるのが特徴です。

トナーインク

トナーインクとは、レーザープリンターに使用される粉状のインクのことを指します。

粒子が定着しやすいので、滲まないことが特徴です。またインクの容量が大きいので、紙1枚あたりのインクコストを安く抑えることができます。

ただ、文字や図面の印刷には適していますが、色調表現が苦手なので写真などの色があるものを印刷するには不向きだと言えます。

インクカートリッジの形式

インクカートリッジには、一体型と分割型の2種類のタイプの形式が存在します。

どのような違いがあるのかを確認しておきましょう。

インクジェット一体型

3色~5色が1つになったカラーカートリッジと、黒のカートリッジを組み合わせて使用するのが一体型のインクジェットです。

セッティングが簡単な反面、他のカラーに余裕があってもどれか一色でもなくなるとインクカートリッジを丸々交換する必要があります。

大量に印刷する方、または同系色の画像や書類などを多く印刷する方には不向きだと言えます。

インクジェット分割型

カラーカートリッジを1色ずつに分けて利用できるのが、分割型のインクジェットプリンタです。

こちらはなくなったカラーだけをその都度交換して使用できますので、一体型に比べれてコストは安く抑えることができます。

印刷量が多い方、同じ色をよく使う方には分割型のカートリッジに対応したプリンターを選ぶことをおすすめします。

接続方式

家庭用プリンターの接続方式と言えば、USBケーブルがかつては主流でした。今ではワイヤレス対応のものも増えているのでパソコンだけでなく、スマホからでも写真を印刷することができます。

USB

プリンターとPCを接続するのに一番簡単な方法が、USBケーブルを使用する方法です。

パソコンにプリンターのドライバソフトをインストールして、接続するだけでOK。簡単な反面、プリンターの設置位置はPCとUSBケーブルを接続できる範囲内に限られ、スマホやタブレット端末とは接続できないなどの制限があります。

有線LAN

オフィスなどで自分のPCとプリンターを接続するのに多く利用されているのが、有線LANの接続方式です。

同一ネットワークで接続されているパソコンであれば、複数台のパソコンから1台のプリンターを共有して使用することが可能です。

また、上述のUSBケーブルよりもLANケーブルの方が長いので、PCとプリンターの距離が多少離れていても利用できます。

Wi-Fi(無線LAN)

現在接続方式で主流なのが、Wi-Fi(無線LAN)接続です。

プリンターと同一ネットワークに接続されていれば、パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスに関係なく、かつ複数台からでも1台のプリンターを共有して使用できます。

電波が届く範囲であれば、プリンターの置き場所は自由に決められますし、ケーブルが不要なので部屋もすっきりとします。

デメリットとしてあげられるのは、接続するための前準備が必要な点や、有線に比べて通信速度がやや劣る点です。

Bluetooth

Bluetoothで接続する方式も存在します。

ただこちらの接続方式は、プリンター本体にBluetooth機能が搭載されていなければ、専用のBluetoothレシーバー(受信機)の購入が必須となります。

また、使用可能な範囲はプリンターから10m以内と、使い方にやや制限があります。

あると便利なADF機能

ADF機能とは、オートドキュメントフィーダーの略称で、大量の資料をコピーやスキャンしたい時にとても役立つ機能です。

例えば、原稿を1枚1枚セットしてスキャンを行っていると、交換作業だけで時間を取られてしまいます。ADF機能があれば、複数枚の原稿を自動的に順次スキャナーに送り込んでくれますので、用紙交換の手間が大幅に削減できます。

ただし、ADF機能に関しては、家庭用のプリンターに搭載されていることはほとんどありません。こちらの機能を重視するならば、オフィス用のプリンターから選択することになります。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

プリンターと接続できない時のチェックポイント

プリンターをパソコンと接続しても、上手く印刷できない…

こんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。

印刷できない場合には、プリンター側・パソコン側それぞれでチェックするべきポイントがあります。故障を疑う前に、まずは以下を確認してみましょう。

プリンターやケーブル周り

まず確認すべきポイントは、パソコンとプリンターをつなぐケーブルがきちんと接続されているかどうかです。

USBケーブルを使用するならば、差込口の確認は必須。また、差込口が複数あるパソコンの場合には、別の差込口を使って接続してみましょう。

無線LANを使用している場合には、ルーターやモデムを確認し正常に動作しているかどうか、インターネットに接続されているかどうかも確認が必要です。

プリンターが不具合を起こしている場合もあります。その場合は、製造・販売メーカーに確認することをおすすめします。

また、大量に印刷することで紙詰まりやインク詰まりなどが発生するケースもあります。紙やインクの状態は気にかけておきましょう。

きれいに印字できない場合には、プリントヘッドのクリーニングを行うこともおすすめです。

パソコンの設定

パソコン側の確認でまず行いたいのが、印刷ジョブ内の「プリンターをオフラインにする」にチェックが入っていないかどうかです。チェックが入っているのならば、外すことで印刷できるはずです。

また、プリンターとパソコンを接続する際には、プリンターのポートを通して接続されます。

通常は自動的にパソコン側にポートが割り当てられるのですが、なんらかの原因で正常に割り当てられないことがあります。使いたいプリンターのポートが正しくチェックされているかどうかも確認しましょう。

テレワークにも活躍するプリンター。期間限定の使用ならレンタルも

パソコン用プリンターは、様々な用途で活躍することがおわかりいただけたかと思います。

また、テレワークがいつまで行われるか分からない方には、レンタルプリンターの導入も1つの選択肢と言えます。

スマホで撮った写真をそのままプリントすることも可能など、仕事とプライベートの両方で活用できるプリンターを1家に1台、この機会に導入してみてはいかがでしょうか。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

S-KAYANO
関西でシステムエンジニア兼プログラマーとして活動しております。 アプリケーション開発はWeb開発が得意です。世の中がテレワーク時代に入る前から在宅でアプリケーション開発を行っております。 普段の業務で知り得た知識や経験をもとに、こちらの記事を通じて発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement