プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

【初心者向け】USBとは?特徴や便利な使い方を解説

作成: 2020.07.06 更新: 2020.07.15

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

ノートパソコンにUSBハブを使い、さまざまな周辺機器をつないでいる方は多いと思います。

しかし、改めてUSBが何かと聞かれると、答えにくいかもしれません。

そこで、本記事では初心者の方へ向けて、以下の内容を解説します。

  • USBとは何か
  • USBの特徴とは
  • USBの便利な使い方とは

1からUSBについて学べる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

USBとは

USBは、「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の頭文字を取った言葉です。

主にパソコン、スマートフォン、家電製品などのデジタル機器に広く使われています。

名前は聞いたことがあるけど、改めて聞かれると分からないという方も多いはずです。

そこで、まずはUSBとは何かについて、簡単に解説します。

USBとは周辺機器を接続するための規格

USBは、パソコンなどの端末に周辺機器を接続するための規格のことです。

1996年に「USB1.0」という規格名で、初めて登場しました。

頭文字のU(Universal)が示すように、あらゆる周辺機器に対応できるため、最も普及した規格といわれています。

統一された規格として幅広いデバイスで使われている

USB規格が存在しなかった時代は、機器ごとに異なるケーブルが必要でした。

つまり、USBがなかった時代にはパソコンにはマウス用、プリンター用、ハードディスク用のように、周辺機器に合わせた規格を搭載しなければなりませんでした。

しかし、USB規格が登場したことで、互換性や利便性が高まり、瞬く間に広がりました。

20年以上経過した現在では、パソコンのみならず、スマートフォン、タブレット、デジタルカメラなどの、あらゆるデジタル機器に幅広く採用されています。

USBの3つの特徴

USBは、それまでの共通の規格がない時代を180度変える、歴史的な発明でした。

USBの特徴は、以下の3つです。

  • USB経由でパソコンから電力を供給できる
  • ホットプラグ機能で気軽に抜き挿し可能
  • USBは完全な互換性がある

それぞれ、中身について解説します。

USB経由でパソコンから電力を供給できる

USBの特徴の1つは、パソコンを電力の供給源として使えることです。

これまでは、ACアダプターを用いてコンセントから電力を供給するのが、一般的でした。

しかし、USBの登場により、USBケーブル1本で簡単に周辺機器を給電できるように進化しました。

このように、パソコンからUSBを介して電力を供給することを、「バスパワー」といいます。

ちなみに、コンセントからACアダプターを介して電力を供給するのは「セルフパワー」。バスパワーでは電力が不足する機器などを、USBで接続したい場合に利用します。

ホットプラグ機能で気軽に抜き挿し可能

2つ目のUSBの特徴は、ホットプラグ機能。

ホットプラグとは、パソコン本体の電源が入った状態でプラグの抜き挿しができる機能のことです。

USBが登場する以前は、周辺機器の取り付けや取り外しを行うとき、その都度パソコン本体の電源を落とす必要がありました。

このような形式を「コールドプラグ」といい、周辺機器の扱いは大変不便でした。

したがって、マウスやキーボードの抜き挿しを当たり前のように行えるのは、USBに備わったホットプラグ機能のおかげなのです。

USBは完全な互換性がある

3つ目のUSBの特徴は、互換性の高さです。

これまで、USBは何度かバージョンアップが行われ、その都度データの転送速度が上がりました。

それと同時に、互換性を持たせたことで、転送速度の違う規格同士でも接続できるのです。

例えば、USB3.0に対応したパソコンは、従来のUSB2.0/1.1と完全な互換性があります。

これにより、今まで使用していたUSB2.0のマウスとUSB1.1のキーボードを挿しても、今まで通り使えるです。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職ができます

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

USBの便利な使い方

USBの概要と特徴について、解説しました。

続いて、前章の内容を踏まえて、USBの便利な使い方を4つご紹介します。

  • 別のパソコンへデータを転送する
  • USB端子のみのパソコンにヘッドホンなどを接続
  • スマホやタブレットでマウスなどを使う
  • 端子が異なるデバイスを接続する

それぞれの内容をご覧いただき、USBを賢く活用しましょう。

別のパソコンへデータを転送する

USBは、パソコン間のファイル転送の利便性を大幅に向上させます。手順は簡単で、「USBリンクケーブル」を使ってパソコン同士をつなぐだけです。

これにより、ファイルをドラッグアンドドロップするだけで、簡単に転送できます。

また、データの転送以外にも、マウスやコピーアンドペーストの共有も可能です。

したがって、複数のパソコンを同時に操作できてしまうのも、USBの強みといえるでしょう。

USB端子のみのパソコンにヘッドホンなどを接続

ヘッドホンやイヤホンを使い、パソコンで音楽を聞いたり音漏れを防ぎたいことがあると思います。

ただ、近年発売されるApple製品などは、本体にイヤホンジャックがないため、有線のヘッドホンが使えないと思っている人も多いでしょう。

しかし、LightningやUSB-Cなどのポートに「USBオーディオ変換アダプタ」を挿せば、使っているオーディオ機器を接続できます。

高価なワイヤレスヘッドホンを購入しなくても済みますから非常におすすめです。

スマホやタブレットでマウスなどを使う

「USBホストケーブル」を使うと、スマホやタブレットをマウスで操作できるのも強みです。

例えば、スマートフォンの画面が割れてしまい、タッチ操作が一切効かなくなったとします。

このときに、お手持ちのマウスをUSBホストケーブルでつなぐと、画面上にカーソルが表れます。

これにより、マウスで画面を操作して、重要なデータをクラウドに避難させるなどの対処が可能になるでしょう。

もしもの事故の際に便利ですから、1本持っておいて損はありません。

タブレットにキーボード・マウスなどをUSBで接続して、パソコンライクに使うことも可能です。

端子が異なるデバイスを接続する

端子が異なるデバイスを接続したい場合に、専用アダプターを使うことでUSB変換して使えます。

例えば、古いパソコンをお使いの場合、端子がPS/2コネクタ(6つのピンで接続するコネクタ)のマウスやキーボードをお使いかもしれません。

この場合、「USB – PS/2コンバータケーブル」を用意すれば、USBポート専用の新しいパソコンで、従来のキーボードやマウスが使えます。

新しい周辺機器を用意する必要がありませんから、ぜひ活用してみてください。

USBは規格の違いで性能が違うので注意

USBは、あらゆるデジタル機器に搭載されており、現代のテクノロジーを支える技術といえるでしょう。

ただし、規格の違いで性能が変わる点に注意が必要。

例えば、USB3.0に対応するパソコンにUSB2.0のUSBメモリを接続すると、転送速度はUSB2.0が適用されてしまいます。

したがって、転送速度を意識するなら、パソコンと周辺機器の規格を合わせましょう。

USB 2.0とUSB 3.0の見分け方、転送速度、コネクターの形状の違いなどを理解すると、さらにUSBが使いこなせます。

累計受講者数は15,000人以上のテックキャンプ!オンライン受講可能

初めてプログラミングを学ぶなら、テックキャンプ プログラミング教養。累計受講者数は15,000人以上!※2020年6月時点の累計

テックキャンプには、テクノロジーを学んだことでキャリアップに繋がった事例が数多くあります。

コロナウイルス感染防止のため自宅にいる間でも、最初から最後までオンラインで受講が可能です。外に出られない今こそスキルアップのチャンスと捉えませんか?

まずは、プロのカウンセラーと話しながらプログラミング学習の理解を深められる無料オンラインカウンセリングに参加してみてください。

無料オンラインカウンセリングを予約する

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。