ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

【テレワーク】ノートパソコン作業を快適にするおすすめのディスプレイ7選 設定方法も解説

作成: 2020.06.27 更新: 2020.07.14

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がテレワークの導入を進めているかと思います。

「テレワークを少しでも快適にしたい」という方には、ぜひサブディスプレイの導入をおすすめします。

本記事では、快適なテレワーク生活に欠かせないアイテムであるディスプレイのおすすめ7選を紹介します。

ディスプレイの導入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ノートパソコンでのテレワークにおすすめのサブディスプレイ7選

ノートパソコンだけでのテレワーク生活を送っている方に、ぜひおすすめしたいディスプレイ7選を紹介します。


それぞれのディスプレイには特徴やメリットがありますので、ここで確認しておきましょう。

Dell SE2416H

【Amazon.co.jp 限定】Dell モニター 23.8インチ SE2416H(3年間交換保証/CIE1976 84%/広視野角/フレームレス/フルHD/IPS非光沢/HDMI,D-Sub15ピン)

Dellの23.8インチのモニターです。

HDMI端子とD-Sub15ピン端子を1つずつ搭載。デジタルとアナログ両方の機器に対応できます。

また、フルHD対応でIPS非光沢パネルが搭載されているので画面が見やすい点も魅力です。

非常に手頃な価格で購入できるため、とりあえず1台ディスプレイを導入してみたい、という方にピッタリです。

iiyama  E1780SD E1780SD-B1

iiyama モニター ディスプレイ E1780SD-B1 (17インチ/スクエア(SXGA)/TN/D-sub,DVI-D/3年保証)

iiyamaの17インチのモニターです。

小さいモニターなので、自宅で作業するためのサブディスプレイには、ちょうどいいサイズのモニターかもしれません。モニター内にホワイトLEDバックライトが搭載されており、消費電力を抑えることができます。

また、i-StyleColor機能が搭載されていますので、映像や画像に合わせた最適なモードを選択できるのも魅力の1つです。

環境に優しいモニターとして、3段階のECOモードが採用されています。これによって画面の明るさとトレードオフに、二酸化炭素排出量を削減できます。

BenQ GW2480T

BenQ アイケアモニター GW2480T 23.8インチ/フルHD/IPS/ノングレア/輝度自動調整(B.I.)/カラーユニバーサルモード/スピーカー/HDMI/DP/D-sub/高さ調整/回転

BenQの23.8インチのモニターです。

高さ調整、回転機能があり、姿勢にあった高さへの調整のほか、長文のコンテンツを読みたい場合などには、モニターを左右に45度回転、縦型に90度回転させることもできます。

その他にも、ブルーライト軽減モードや画面のチラつきを抑えるフリッカーレス機能も搭載されていますので、ユーザーにとって使いやすいディスプレイになるはずです。

EIZO EV2360-BK

EIZO 22.5型フレームレスモニターFlexScan EV2360-BK(1920×1200/アンチグレアIPS/疲れ目軽減/ブラック/5年間保証)

EIZOの22.5インチのモニターです。

WUXGAサイズで、高さ調整機能、角度調整機能、明るさ自動調整機能、ブルーライトカット機能などを備えており、テレワークで利用するには最適なモニターです。

一方で価格はやや高価なので、今後もテレワークでの仕事が継続するのならば、検討してもいいかもしれません。

LG Electronics  24UD58-B

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/ブルーライト低減機能

LGエレクトロニクスの23.8インチのモニターです。

なんといっても解像度が3840×2160で、4Kに対応しているのが最大の特徴でしょう。AMD FreeSyncテクノロジーが搭載されているので、画面のズレも防止してくれます。

また、Super Resolution+も搭載されているので、解像度の低い画像や映像を鮮明に表示できるのもユーザーにとっては嬉しい機能だと思います。IPS非光沢パネルによる画面の見やすさも特徴です。

ASUS VP228HE

ASUS ゲーミングモニター 21.5型FPS向き/1ms/TN/HDMI×1/D-sub/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減/VESA/3年保証 VP228HE

ASUSの21.5インチのゲーミングモニターです。

動画ブレや残像を抑える液晶パネルで、名前の通りゲームでの使用に適した機能を搭載しているのが特徴です。ゲームで暗闇の中を見やすく補正する「ゲームモード」など、シーンに合わせて映像が最適化されます。

VividPixelテクノロジーによってオブジェクトのアウトラインが強調されますので、より鮮明な映像を楽しめることでしょう。

EVICIV EVC-1302

EVICIV 13.3インチ超薄型/モバイルモニター/モバイルディスプレイ/IPSパネル/狭額デザイン/USB Type-C/ミニHDMI/保護ケース付 EVC-1302

EVICIVの13.3インチのモニターです。

これまで紹介してきたのは、すべて据え置き型のディスプレイでしたが、これは持ち運びが可能なディスプレイとなります。

タブレットのようにタッチ操作もできますし、スマホの画面をモニターに反映させることも可能です。外出が多いビジネスマンにとっては、テレワークが終わっても使える場が多いディスプレイとなるはずです。

OSごとのサブディスプレイ設定方法

ここでは、WindowsとMacOSでの設定方法を解説していきます。


サブディスプレイを購入して、ノートパソコンに接続するだけでは、ディスプレイ毎に別々の画面を表示させることはできません。各自で設定する作業が必要となってきます。

Windowsのディスプレイ設定方法

Windows 10での設定方法を紹介します。

まず、デスクトップ画面で右クリックを行います。ポップアップ表示されたメニューから、「ディスプレイ設定」を選択。

「マルチディスプレイ」の項目にて、プルダウンで「表示画面を拡張する」を設定すると、変更の確認画面が表示されるので、「変更の維持」を押下します。この設定変更により、ディスプレイ毎に違う画面を表示させて作業を行うことができます。

macのディスプレイ設定方法

MacOSでは、アップルメニューにて「システム環境設定」にある「ディスプレイ」から「配置」タブを選択します。

「ディスプレイをミラーリング」のチェックを外すと表示画面を拡張することができ、ディスプレイ毎に違う画面を表示させることができます。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

ディスプレイはレンタルや中古販売を利用するのも手

テレワークに必要なツールは多いので、出費も意外とかさみます。


予算的に厳しければ、ディスプレイのレンタルや中古販売を利用するのも方法の1つです。

ツールは自分に合う、合わないがどうしてもあります。レンタルですとそういった見極めもできますので、まずはレンタルで使用してみて、合えば中古販売を利用して購入するのもありだと思います。

テレワークがいつまで続くか不透明な企業にとっても、レンタルや中古販売を利用するのは経費削減につながるのではないでしょうか。

画面の大きさや機能を考慮して最適なサブディスプレイを

機能を重視するのか、価格を重視するのか、大きさを重視するのか。


ディスプレイ選びには、それぞれに適したポイントがあるはずです。

新型コロナウイルスが収束しても、テレワークを継続して導入する企業も多いことでしょう。ですので、快適なテレワークを行える環境を整えることは大切なことです。

自分にとっての最適なサブディスプレイを導入して、より快適なテレワーク環境を構築していきましょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

S-KAYANO
関西でシステムエンジニア兼プログラマーとして活動しております。 アプリケーション開発はWeb開発が得意です。世の中がテレワーク時代に入る前から在宅でアプリケーション開発を行っております。 普段の業務で知り得た知識や経験をもとに、こちらの記事を通じて発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。