オンラインでプログラミングを習得した人の話を読む

Google Meetとは? 使い方・参加手順・開催方法をわかりやすく解説

作成: 2020.05.14 更新: 2020.05.27

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

未経験から10週間でエンジニアへ!転職事例はこちら

Web会議ツール「Google Meet」の無料版が2020年5月にリリースされ、G Suiteの利用者以外も使えるようになりました。

この機会にビジネスやプライベートで、Google Meetを使ってみたいと考えている人も多いと思います。

そこでこの記事では、参加手順、開催方法、基本操作といったGoogle  Meetの使い方についてわかりやすく解説。

バーチャル背景の設定やカレンダーからの招待方法などもわかるので、これからGoogle Meetを使う方はぜひ参考にしてください。

Google Meetとは

Google Meetを使いこなすために、まずはどのようなツールなのかを理解しましょう。

Googleが提供するWeb会議ツール

Google Meetとは、Googleが提供する、ビジネスでの利用を目的としたWeb会議ツールです。ビデオ通話・音声通話・チャットなどに対応しています。

ビジネスシーンでの利用を想定しているので、プライバシーやセキュリティに対する信頼性が高いことが魅力。

暗号化や不正防止機能が備わっていますので、安心してビデオ会議が行えます。

パソコンから使用する時はアプリのインストールが不要です。ブラウザでGoogle Meetにアクセスすれば、すぐに使えます。

2020年5月から誰でも無料に

Google Meetは、2020年5月から誰でも無料で使えるようになりました。

もともとGoogle Meetは、グループウェア「G Suite」の機能の一部として提供されていたツール。ですので、個人ユーザーはGoogle Meetを利用できませんでした。

無料版では100人までという制限がありますが、個人利用という目的であれば十分な人数だと思います。2020年9月30日までは、利用時間の制限もありません。

シンプルで使いやすく、安全性が高いGoogle Meetは、今回の無料化によって利用するユーザーはどんどん増えていくでしょう。

ビジネスだけでなく、プライベートにおいても定番のツールになる可能性を秘めています。

Google Meetの特徴・注意点

電球Google Meetを使う前に知っておきたい特徴や注意点について解説します。

Googleの他サービスとの連携がスムーズ

Google Meetは、Googleが提供する他のサービスとの連携がとてもスムーズ。Google カレンダーやGmailからでも、Web会議の開催・参加が簡単に行なえます。

Google カレンダーでスケジューリングできるので、参加者の招待・スケジュールの登録・Web会議のURLの共有が一度に行えてとても便利です。

Google アカウントなしではビデオ会議を開催できない

Google Meetでビデオ会議を開催する時は、G SuiteアカウントかGoogle アカウントが必要な点に注意が必要です。

しかし、Google Chromeを使っているユーザーが多いことを考えると、Googleアカウントが必要なことに不便を感じるケースは少ないと思います。

また、ビデオ会議への参加はGoogle アカウントがなしでも可能です。

Chrome ウェブストアから拡張機能を追加できる

Google Meetは拡張機能を追加することで、さらに便利に使うことが可能です。拡張機能はGoogle Chromeと同じで、Chrome ウェブストアから追加します。

「自分を含めたグリッド表示でWeb会議を行いたい」「ミュートのままリアクションしたい」など、悩んでいる人は拡張機能を追加して問題を解決しましょう。

テックキャンプはオンラインでも最高の学習環境を提供しています

キャリアに悩んだら、テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか。

「年収を増やしたい」「エンジニアに興味がある」「IT業界転職に興味がある」こう思っている方は、ささいなことでもプロのカウンセラーに是非相談してみてください。カウンセリングを受けた99%の方が悩み解決を実感しています。※2018年10月24日~11月16日(アンケート回答数106名)

現在オンラインカウンセリングを実施中。パソコン・スマホで自宅から受けることができます。オンラインカウンセリングのやり方は、URLを開くだけで簡単なので心配ありません。

コロナウイルス感染症拡大対策の影響もあり、自宅で過ごすことが増えています。
テックキャンプは、オンラインでの学習が可能です。オンラインでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと『やりきらせる学習環境』を変わらずご提供します。

【パソコン】Google MeetのWeb会議に参加する方法

Google MeetでWeb会議に参加する方法について解説します。

Google MeetからWeb会議に参加する

ブラウザでGoogle MeetにアクセスしてWeb会議に参加する方法について解説します。

予定を選択してWeb会議に参加する

表示されている予定から、目的の会議を選択して「今すぐ参加」をクリックすればWeb会議に参加できます。

会議コード・会議のニックネームを入力してWeb会議に参加する

「ミーティングに参加または開始」をクリック。

会議コードか会議のニックネームを入力して、「続行」「今すぐ参加」を選ぶと該当するWeb会議に簡単に参加できます。

ちなみに、Web会議のURLの末尾の文字列が会議コードです。

URLをクリックしてWeb会議に参加する

Web会議を開催した人からURLを共有してもらい、それをクリックすることで参加できます。

すでに行われているWeb会議や、急遽開催されたWeb会議に参加する時によく使う参加方法です。

カレンダーからWeb会議に参加する

Google カレンダーから、予定されたWeb会議に参加することもできます。

スケジュールを選択して、「Google Meetに参加する」をクリック。Google Meetの画面が表示されたら「今すぐ参加」をクリックするとWeb会議に参加できます。

GmailからWeb会議に参加する

GmailからもGoogle MeetのWeb会議に参加可能です。

Gmailのサイドバーに表示されるMeetの項目から、「会議に参加」を選択。

会議コードを入力して、「参加」をクリックします。Google Meetの画面が表示されたら、「今すぐ参加」をクリックしてWeb会議に参加します。

【パソコン】Google MeetでWeb会議を開催する方法

パソコン版のGoogle Meetで、ブラウザ上やカレンダーからWeb会議を開催する方法について解説します。

Google MeetからWeb会議を開始する

Google MeetのWebアプリからWeb会議を開始する方法について解説します。

Google MeetにWebブラウザでアクセス

WebブラウザでGoogle Meetを開きます。

G Suite アカウントかGoogle アカウントにサインイン。「ミーティングに参加または開始」をクリックします。

ミーティングに会議ニックネームをつけることも可能。会議ニックネームを共有して参加してもらうこともできます。

Web会議に参加者を追加・招待する

Web会議に参加者を追加したい場合には、初めに表示される画面で「ユーザー追加」をクリック。追加したい人の名前やメールアドレスを入力してメールを送信します。

または、「ミーティングの詳細」から「参加に必要な情報をコピー」をクリックして、URL共有による招待も可能です。

Google アカウントを持っていない人とビデオ会議を行なう場合には、URLを共有する必要があります。

Google カレンダーでWeb会議をスケジュールする

Google カレンダーから、Google Meetのweb会議をスケジューリングして開催する方法について解説します。

Google カレンダーで予定を作成

まず、Google カレンダーにアクセス。左上の「+ 作成」をクリックして、新規スケジュールを作成します。日時をクリックして作成する方法でもOKです。

Web会議のタイトルや開催したい日時を設定しましょう。

Web会議の参加者を招待

次に「ゲストを追加」から参加者を招待します。

「ビデオ会議を追加」をクリックすると、Google MeetでのWeb会議のスケジューリングが行えます。

「保存」をクリックするとWeb会議のスケジューリングが完了します。予定の登録とWeb会議への招待が同時に行えるのでとても便利です。

招待メールの送信の必要があれば、「送信」を選択してください。

Google Meetの基本的な使い方

Google Meetのマイクやカメラの設定など、基本的な使い方について解説します。

マイク・カメラの設定

マイクやカメラの設定を変更したい場合には、右下のメニューアイコンをクリック。

「設定」を選択します。「音声」のタブでマイクやスピーカー、「動画」のタブでカメラや画像の品質の切り替えができます。

バーチャル背景を設定するには

Google Meetでは、個別でバーチャル背景を設定する項目はありません。

もしもバーチャル背景が使いたいのであれば、Snap Cameraを使いましょう。

Snap Cameraで顔と背景のエフェクトがあるものを使うと、間接的にバーチャル背景が利用できます。


また、G suiteアカウントの場合は、管理者が組織全体の壁紙を設定することもできます。

詳細については「カスタムの壁紙のアップロード – G Suite ミーティング ルーム ハードウェア ヘルプ」をご覧ください。

画面共有

画面共有は右下の「今すぐ表示」から行います。

  • あなたの画面
  • ウィンドウ
  • Chromeタブ

から、画面共有で表示する範囲を選択できます。「あなたの画面」は、自分が今見ている画面をそのまま共有できるので使いやすいです。

チャット機能

右上のメッセージのアイコンをクリックすると、チャット画面が開きます。

参加者全体にメッセージの送付が可能です。チャットの画面を閉じる時は、ビデオ画面などのチャットの範囲外をクリックしてください。

Google Meetはスマホでも利用できる

Google Meetはパソコンだけでなく、スマホからでも利用可能です。

外出先やパソコンが使えない環境でもWeb会議に参加できるので、Google Meetは幅広い場面で活用できます。

詳しく知りたい方は、「Google Meetのスマホでの使い方を解説 Web会議の開催方法やマイク・カメラの切り替え方も」をご覧ください。

挫折せずにやり切れる!テックキャンプならではのオンライン学習とは?

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%オンラインで学習が可能です。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプの魅力は教室だけではありません。オンライン・オフラインどちらでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと「やり切らせる学習環境」を提供します。

オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューをぜひ読んでください。オンライン学習の感想や学習をやりきるコツがわかります。

オンラインでプログラミングを習得した人のインタビューをみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。