テックキャンプのキャリア相談
資料請求はこちら

Googleアカウントを複数作成・管理するには?使い分けるメリットも解説

更新: 2021.02.26

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

GmailやGoogle ドライブなどのGoogleのサービスを利用するために必要なGoogleアカウント。今持っているアカウントの他に、もう1つアカウントを作って使い分けたい場合、どのようにすればいいのでしょうか。

この記事では、Googleアカウントを複数作成し、管理する方法をわかりやすく紹介します。

Googleアカウントとは

まずはGoogleアカウントについて簡単におさらいしましょう。


Googleアカウントは、Google DriveやGmail、GoogleフォトなどのGoogleが提供するサービスを利用するために必要なネット会員証のようなものです。

アカウントの作成はとても簡単で、作成ページで名前、生年月日、パスワードなどの情報を登録すると、すぐに作成することができます。アカウントの作成は無料です。

Googleアカウントでできること

Googleアカウントを作成すると、Googleが提供している様々なサービスが利用できるようになります。主なサービスには次のようなものがあります。

  • Gmail:無料のWebメールサービス
  • Google フォト:写真や動画をクラウドに保存
  • Google ドライブ:文書の作成や公開、ファイルの共有
  • Google カレンダー:予定とリマインダーの管理
  • Google Play:Androidアプリのダウンロードや購入
  • Youtube:動画へのコメント、評価、お気に入り機能の利用

Googleアカウントは複数作成しても違反にならない?

Macのtrackpad(トラックパッド)とは 覚えておきたい便利なジェスチャも紹介無料で作成・利用ができるGoogleアカウント。しかし、無料だからといって同じ人が何個もアカウントを作成しても大丈夫なのでしょうか。


Googleアカウントは基本的に複数作成することが認められています。
パソコンのブラウザで複数のアカウントを切り替えたり、AndroidやiOSのアプリを複数のアカウントで利用したりすることもできます。

なお、他人へのなりすましなどGoogleのポリシーに違反するような場合には、アカウントの利用が制限・停止される可能性があります。アカウントを本来の目的に従って正しく使う分には、複数アカウントを所有することは問題ではありません。

アカウントを使い分けるメリット

1つのアカウントで様々なサービスが利用可能になるGoogleアカウントは、用途に応じて使い分けるのがおすすめです。

例えば、プライベート用と仕事用で2つのアカウントを作成すれば、1つのメールフォルダに仕事のメールとプライベートのメールが混ざってしまうことがありません。メルマガ用や就活用などで専用のメールアドレスを取得する方法もあります。

また、Googleアカウントは1つのアカウントにつき無料で使えるストレージ容量が決まっています。ドキュメントやメール、写真をたくさん保存したい場合には、複数のアカウントを作成することで利用できる無料分の容量を増やすことができます。

【注意】1つのアカウントを複数人で共有することはできない

1人が複数アカウントを作成するのは問題ありませんが、その反対に1つのアカウントを複数人で利用することはできません。

この理由として、Googleは「各Gmail アカウントは、それぞれ1人のユーザーによる使用を目的として設計されているため」と説明しています。

したがって会社用のアカウントを作って従業員と共同で利用したい、といったことはできませんので注意しましょう。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。教室でもオンラインでも学習が可能です。

テックキャンプには「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」があるので、転職成功率は98%以上!実際に受講した人の体験談はこちら

今後のキャリアに迷っているなら、一度無料カウンセリングで相談してみませんか?無理な勧誘は一切致しませんので、お気軽にどうぞ。

Googleアカウントを複数管理する方法

無料で作成・利用ができるGoogleアカウントは、用途に合わせて複数を使い分けるのがおすすめ。


ここからは、Googleアカウントを複数作成し、管理する方法を解説していきましょう。

アカウントの作成方法

まずは、新しいアカウントを作成します。アカウントの作成手順は、1つ目でも2つ目でも変わりません。

2つ目以降のGoogleアカウントの作成で注意すべきこととしては、すでに持っているGoogleアカウントを同じアドレスを登録することはできないことです。

GoogleアカウントとGmailアドレスは1対1の関係にあるため、同じGmailアドレスを2つ以上作成することはできません。使いたいメールアドレスを他の誰かが使っている場合も、別のアドレスを考える必要があります。

メールアドレスはメールの送信相手を始めとして、様々な場面で他人の目に触れるものなので、適切なものを設定するようにしましょう。また、セキュリティの観点から生年月日などを使うのも避けましょう。

アカウントの追加方法

新しいアカウントの作成が完了したら、次は既存のアカウントに新しいアカウントを追加します。

Googleにはマルチログイン機能と呼ばれるものがあり、同じブラウザや端末上で、ログアウトすることなく別のアカウントに切り替えることができます。

アカウントの追加は、Googleにログインした状態で新規のアカウントを作成した場合、自動で行われます。新しいアカウントが追加されているかどうかは、ブラウザの右上にある丸いアカウントマークをクリックして、該当のアカウントが表示されているかどうかで確認できます。

追加されていない場合は、次の方法で追加しましょう。

  1. Googleトップページの右上のアイコンをクリックする
  2. 「別のアカウント追加」をクリックする
  3. 追加したいメールアドレス、パスワードを入力し、登録する

アカウントの切り替え方

追加したアカウントは、次の方法で同じ端末・ブラウザ上で切り替えることが可能です。

  1. Googleトップページの右上のアイコンをクリックする
  2. 切り替えたいアカウントをクリックする

デフォルト(初期表示)されるアカウントを変更したい場合

複数持っているアカウントの中で、メインとして使うアカウントを変更したい場合は、次の手順で行います。

  1. 現在デフォルトになっているアカウントからログアウトする
  2. デフォルトにしたいアカウントでログインする

まとめ

アカウントの新規作成や追加、切り替えなど、手順が多くて大変!を思った人もいるかもしれません。ですが、Googleはユーザーがひと目で操作方法がわかるようにデザインされているため、パソコンやスマホの操作に慣れていない人でも簡単に操作することができます。

この記事を参考に複数のGoogleアカウントを作成し、Googleのサービスをもっと活用していきましょう!

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement