プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

自立と自律の違いをビジネスパーソンが知っておくべき理由

作成: 2020.03.17 更新: 2020.03.11

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

同じ読み方をする自立と自律は、意味の上では大きな違いがあります。

そして、この自立と自律の違いをわかっていると、ビジネスパーソンとしてキャリアプランを実現する上で大きなプラスとなるのです。

この記事では、「自立と自律の違い」「キャリアプランに役立てる考え方」「自分をコントロールする方法」について解説します。

自立と自律の違いとは

よく似た印象を受ける言葉である「自立」と「自律」の違いについて解説します。

自立は他に頼らず独り立ちすること

親などの他の人やものに頼ることなく、独り立ちしていることを意味します。
他者に頼ることなく、物事を行えることも自立と言えるでしょう。

使い方の例文としては、

  • 「春から自立して生活する」
  • 「年齢以上に精神的に自立している」

などが考えられます。

自立の詳しい意味や種類やについては「自立の4つの種類とは?仕事で自立が大切な理由と自分を変える3つの方法」で詳しく紹介しています。

自立の類語と英語での表現

類語は「独立」。英語では「Independent」「self-reliant」などと表します。

自立の対義語は「依存」

自立の対義語は「依存」。依存は他に頼って存在したり、生活したりすることを意味します。

自律は定めたルールに従って行動すること

自律は、自分で考えて自身をコントロールできることを意味します。
自分の意志をしっかりと持って、自ら定めたルールに従って行動を選択できる状態です。

「毎朝6時に起きる」など、自分で決めたルールに従って生活できるといったイメージを持つとわかりやすいでしょう。

自律を使った例文としては「トップアスリートには、自律の精神が不可欠」などが考えられます。

自律の類語と英語での表現

自律の類語は「自治」「自主性」など。英語では「autonomy」と表します。

自律の対義語は「他律」

自律の対義語である「他律」はあまり聞きなれない言葉ですね。

これは、自分で決めたルールで言動をコントロールするのではなく、他からの強制や命令で行動すること指します。

キャリアプラン実現のためには自立と自律を分けて考えるべき

キャリアプランを実現したいなら、自立と自律を分けて考えるべきです。
その理由について以下で解説します。

将来的なキャリアを見据えた行動ができる

キャリアプランを実現するには、まず今の仕事で成果を挙げる必要があります。そのためには、会社にとって利益を生み出す自立した仕事ができることが不可欠です。

そして、それだけでは不十分。将来的なキャリアを見据えて、必要なスキルや知識を計画的に身に付ける必要があります。

そのような成果を得るためにプライベートの時間を自己研鑽に使うには、自律した行動が求められるでしょう。

転職を成功に導くためには自立・自律が不可欠

仕事の上での自立ができていなければ、転職をしてキャリアアップを目指すことは難しいでしょう。

なぜなら、自分で仕事でできることが何かを自信を持って明確に伝えられないからです。

また、転職を計画的に進めるためには自律が必要。例えば、転職には以下のようなやるべきことがあります。

  • 転職時期を決める
  • スキルや経験の棚卸し
  • 転職先企業を見つける
  • 応募書類の作成
  • ポートフォリオの作成
  • 面接の日程調整
  • 退職の手続き

このような転職に求められるやるべきことを滞りなく進めるためには、自律した自分をコントロールできる人でなければ難しいでしょう。

社長になるなら自立・自律が大前提

将来的なキャリアとして起業して社長になりたいのであれば、自律・自立していることが大前提。

社長は企業の舵取りをする役割を担います。その社長が自らの考えを持って選択ができなければ、事業を軌道に乗せるのは難しいでしょう。

また、事業計画・資金集め・スケジュールの管理など、自ら決定と行動を行うことが社長には数多くあります。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

自律するためにやるべきこと

自らをコントロールして自律するためにやるべきことについて解説します。

自分らしさとは何かを深掘りする

自律した行動を取るためには、自分らしさとは何かを深掘りすることから始めましょう。

自分をコントロールするためには、どのような考えを持ちやすかったり、行動を取りやすかったりといった傾向を理解することが大切。

共感力を鍛える

周囲との調和を得るために、共感力を鍛えることも自律への近道。

自律した行動を取るためには、自分だけではなくまわりの人のことも考えられる力が必要だからです。

自分がよいと思う行動を取るのは、わがままや自分勝手につながる危険性があります。

そのような独りよがりな行動を取らないために、相手の考えを察する共感力はとても重要です。

自分を信じる

まわりのことを考える上で、ベースとなるのは自分を信じること。

自分の考えを持ち、芯の通った行動を取らなければ、相手に依存した状態になります。

そのような相手任せの行動は、一見するとまわりの空気を読んでいるように見えるでしょう。

しかし、何か問題が起こった時などに、自分で判断して行動するのが難しいです。また、失敗やミスをした時に相手の性にしてしまいがちになります。

自分を信じて行動に責任を持つことが自律には必要です。

自立・自律は「何でも自分だけで決める」ことではない

自立・自律は、他人の意見を無視して、何でも自分だけで決めることではありません。

社会において独り立ちをして、考えて行動するということは、人の役に立つことにつながります。

そのような利益を生む相互の関係が成り立つことが、自立・自律においてとても重要なことです。

できないことがあれば、敬意を持って人を頼る。わからないことがあれば、人の話に耳を傾ける。

その上で、正しいと思われることを選択して行動できるのが自立・自律の理想と言えるでしょう。

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプでは、オンラインでカウンセリングや学習サービスを提供しています。

オンラインでも、テックキャンプならではの「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」は変わりません。オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューはこちら

キャリアに悩んだら、ビデオ通話で無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?オンラインカウンセリングのやり方は簡単で、5分もあれば準備が完了します。

まずはカウンセリングから、ぜひご利用ください。

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。