ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

東京ゲームショウ2018(TGS2018)のビジネスデイとは?一般との違いや注目の出展

作成: 2018.09.18 更新: 2019.10.03

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

日本最大のゲームの祭典「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」が9月20~23日に開催されます。25万人もの来場者が見込まれているビッグイベント。新作ゲームソフトやハードの展示だけでなく、コスプレを含めゲームファンの祭典としても注目を集めています。

この記事では、22日、23日の一般公開に先駆けて20日、21日に行われる「ビジネスデイ」について解説しています。

関連記事:東京ゲームショウ2018(TGS2018)のサポーターズクラブチケットとは。オークションで買うと入場不可?

関連記事:【随時更新】今、東京ゲームショウ2018(TGS2018)でスクエニのブースが白熱中!

東京ゲームショウへの行き方を解説

東京ゲームショウ(TGS)2018「ビジネスデイ」とは

東京ゲームショウ「ビジネスデイ」とは、入場者をゲームビジネス関係者に限定した2日間のことです。ゲームメーカーのブースが多数出展され、来場者と出展社が商談を行うことができます。

出展社がゲームビジネス関係者に配布する「ビジネスデイ事前登録申込券」を持っている人は無料(要事前登録)で入場できます。また事前登録券を持っていない人であっても、事務局による審査を通過した人は有料(5,000円・税込)で入場することができます。

※(2018/9/18)ビジネスデイ事前登録券を持っていない人の事前登録は終了しています。

ビジネスデイで行われること

ビジネスデイでは一般公開と同様、試遊台などがあり、最新のゲームや技術をチェックすることができます。

またビジネス相手とのマッチングや商談を行うことができることがビジネスデイの大きな特徴です。

展示ホールとは別に、会議場があり、ビジネスマッチングが行われます。具体的には「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」と呼ばれるアポイントシステムを使い、出展社と来場者が双方にアプローチをすることができます。

また国際会議場はフリースペースも用意されているので、「会場で出会った担当者と商談をする」というようなことも可能になります。

ビジネスデイと一般公開との違い

20日、21日のビジネスデイと22日、23日の一般公開の違いは以下の通りです。

入場条件の違い

ビジネスデイに入場できるのは以下の条件に当てはまる人に限られています。

・ゲームビジネス関係者
・ゲーム関連企業に勤めている人
・ゲーム関連の仕事をしている人
・ゲーム関連企業とのビジネスを検討している人
・流通関係者

事前登録の有無

ビジネスデイに入場するためには、事前登録が必須です。かつ東京ゲームショウ事務局による審査を通過する必要があります。一方、一般は誰でも入場することが可能です。

会場

幕張メッセ 1ー11ホール、イベントホール、国際会議場

駅から会場への誘導はないので、初めて行く場合は会場への道筋を事前に確認しておきましょう。

服装

一般公開日はコスプレを楽しむ来場者も多いようです。一方でビジネスデイはあくまで商談やビジネスの場なので、スーツ・オフィスカジュアルの服装がふさわしいでしょう。

アポイントシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」とは

「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」とは、東京ゲームショウ「ビジネスデイ」の来場者と出展社が、会期中に商談を行うためのアポイントシステムのことです。
誰でも無料でご利用いただけます。

「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」には、出展各社の会社紹介をはじめ、技術・プロダクト・サービス、求める技術・製品・サービスなどが掲載されています。

来場者はこれらの情報を検索して、各出展社の担当者にアプローチすることができます。

さらに来場者の方も、自身の会社についてや、提供可能な技術・プロダクト・サービス、求める技術・製品・サービスを登録することが可能です。

つまり出展社側からもこれらの情報を検索して、コンタクトをとることもできるのです。

「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」はスマートフォン、タブレットPCなどモバイル機器にも対応しているので、リアルタイムのアポイントや情報更新が可能です。

東京ゲームショウはアジアをはじめ海外の企業も数多く参加しているので、普段では実現できない国際的な商談も可能となります。

ビジネスデイ ゴールドパスとは

ビジネスデイ ゴールドパスとは、ビジネスデイ来場者が、東京ゲームショウのアポイントシステム(アジア・ビジネス・ゲートウェイ)を使って、来場者同士の商談もできるプレミアム・パスです。人数限定、先着順で販売されます。

商談に便利なミーティングエリア「ビジネス・ラウンジ」などの利用が可能となります。アポイントシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」の全ての機能を利用して他の来場者と商談ができます。

東京ゲームショウ(TGS)2018「ビジネスデイ」入場方法

入場受付は、午前8時から始まります。受付で本人確認を済ませ、バッジホルダーを受け取ったのち、入場待機列に並びます。

受付の際は、事前登録完了メールに添付されている「QRコード入りWEBチケット(A4サイズ)」のプリントアウト、「顔写真入り身分証明書」、「名刺」が必要なので忘れないようにしましょう。

もしプリントアウトするのを忘れた人は、会場に設置された専用カウンターにてプリントアウトする必要があります。

入場までの目安

例年の目安ですが、午前9時前に受付に並んば場合は、10時の開場後それほど待たずに入場できるようです。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

東京ゲームショウ2018「ビジネスデイ」に関する疑問

東京ゲームショウ「ビジネスデイ」に関してよくある疑問を解説します。

ゲームスクールの学生は、ビジネスデイに入場できる?

CESA会員校および非会員校、東京ゲームショウ2018出展校に関わらず、学生はビジネスデイに入場することはできません。学生の方は一般公開に行くようにしましょう。一般公開日の入場券は学校で購入できる場合があります。

ビジネスデイの事前登録を忘れた場合は?

「ビジネスデイ事前登録申込券」を持っているのに事前登録を忘れたという人も、受付の際に下記を提示することで入場することができます。

・フォトID(社員証、パスポートなどの写真付きの証明書類)
・名刺2枚
・「ビジネスデイ事前登録申込券」

名刺を持っていない場合はどうすれば良いのか

ビジネスデイに入場の際には名刺が必要とされていますが、もし名刺を持っていない人であっても、受付の際に下記を提示することで入場することができます。

・18歳未満ではないことが証明できる顔写真入りの証明証(免許証、パスポート、保険証など)、または、顔写真入りの社員証
・ゲーム業界関連企業に従事していることが証明できる書類(給与明細書の表紙など)

東京ゲームショウ(TGS)とは

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催によって開催される、ゲーム&エンタテイメントの総合展示会です。略称としてTGSと表記されることもあります。

ビジネスデイは商談などの場として機能していますが、一般公開はコスプレや一般向けの物販ベース・イベントなど、一般客をターゲットにしたゲームイベントでもあります。

基本的には国産メーカーだけでなく、海外のメーカーなども多数出展しています。

東京ゲームショウ(TGS)2018の注目ポイント

eスポーツ

今年の東京ゲームショウは「eスポーツ」のイベントに大きな注目が集まっています。

eスポーツとは、複数のプレイヤーで対戦されるゲームをスポーツ競技の総称です。プロゲーマーはスポンサー企業がついたプロチームに所属。大会を勝ち抜き、賞金などを獲得します。

東京ゲームショウでは2012年からeスポーツの大会を実施されていましたが、今年はさらにグレードアップ。2つの特設ステージにそれぞれ約600の客席が設置され、大規模に行われます。

関連記事:eスポーツ(eSports)にIT企業が注目する理由とは。事例や人気タイトルなど魅力を徹底解説

注目のソフト

キングダム ハーツⅢ

シリーズ世界累計2500万本を記録する『キングダム ハーツ』の新作『Ⅲ』の国内初試遊が可能です。

PS4・Xbox One/スクウェア・エニックス/2019年1月25日発売予定

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

ブロックで出来た世界を舞台にした「ブロックメイクRPG」の続編。
『ドラクエⅡ』のその後の世界が舞台となり、記憶喪失の少年シドーを相棒にして、もの作りの冒険が始まります。

PS4・Nintendo Switch/スクウェア・エニックス/2018年12月20日発売予定

バイオハザード RE:2

シリーズ初期の人気作『バイオ2』のフルリメイク版。こちらも国内初の試遊となります。

PS4・Xbox One・PC(STEAM)/カプコン/2019年1月25日発売予定

東京ゲームショウ2018「ビジネスデイ」話題の出展

サン・フレア

サン・フレアは専門性の高い翻訳やライティングを行う会社です。
ゲームに関しては「ゲーム翻訳」はもちろん、契約書・マーケティング資料・提案資料の翻訳も行っています。

SHIFT PLUS

SHIFT PLUSは高知県に本社を構えるインターネット関連サービス企業です。
ソーシャルゲーム等の品質保証・カスタマーサポート業務などを行っています。AIによるカスタマーサポートの自動解決チャットAICOの紹介などが行われます。

東京ゲームショウ 2018の注目記事まとめ

東京ゲームショウ 2018の注目すべき内容を執筆したTECH::NOTEの記事をまとめて紹介します。ビジネスデイ・一般公開日に東京ゲームショウ 2018に足を運ぶ方はぜひ参考にしてみてください。

さいごに

国内外の様々な企業との関わりを作ることができるビジネスデイ。新たなビジネスのきっかけを見つけに行ってみるのも良いのではないでしょうか。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人