無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

仕事の休憩時間は何をして過ごしたらいい?おすすめの過ごし方を紹介

更新: 2022.12.02

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「仕事の休憩時間は何をして過ごせばいいのだろう」とお考えではありませんか。特に働き始めたばかりの新卒の方や、新しい職場に転職したばかりの方は、昼休みなどの休憩時間をどう過ごせばいいか分からず困ってしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、おすすめな休憩時間の過ごし方を紹介します。あなたに合った方法をお試しください。

仕事の休憩時間はどれくらいの長さ?

仕事の休憩時間は労働基準法第34条によって、労働時間ごとに定められています。

  • 労働時間が6時間以上、8時間以下の場合は最低45分間の休憩
  • 労働時間が8時間を超える場合は、最低1時間の休憩

改めて現在の労働時間に対する休憩時間の長さが適切かどうか、確かめてみてください。

参照元:厚生労働省 労働時間・休憩・休日関係

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

仕事の休憩時間中は何をして過ごすべき?

コミュニケーション能力が高い人のマネをする

では、昼休みなど仕事の休憩時間は何をして過ごすべきでしょうか。ここでおすすめする過ごし方を、ぜひやってみてください。

しっかり休み休憩後の仕事に備える

無理に「休憩時間を使って何かしよう」と考えず、じっくり休むことも重要です。

休みなく頭や体を動かしていると、本来の業務に集中できなくなってしまったり、不注意からミスや怪我をしてしまったりする可能性もゼロではありません。

  • 水分補給をする
  • 昼食を摂る
  • お菓子を食べたりコーヒーを飲んだりしてリラックスする
  • 無理に体を動かさず体力を温存する

などを優先し、本業のパフォーマンスを落とさないよう注意しましょう。

仮眠を取る

疲れや眠気で集中できない場合は、休憩時間を利用して仮眠を取るのもおすすめです。短い時間でも眠れれば、心身をリフレッシュできるでしょう。

ただし、長時間眠るのはNG。長い時間眠るほど起きたときに集中力が落ちるといわれていて、15〜20分ほどの仮眠が適切だとされています。また昼寝のし過ぎは夜の睡眠の妨げになり、生活リズムを崩してしまうことにつながりかねません。

同僚と雑談する

誰かと話をすることで気分がリフレッシュするという方もいるでしょう。もし時間に余裕がありそうな同僚がいたら、ランチに誘って一緒に雑談を楽しむのはいかがでしょうか。

普段仕事であまり関わらない人と話してみるのも、新しい気づきがあって面白いかもしれません。

雑談といっても、仕事の愚痴や他の同僚の悪口などを話すのはNG。その内容を話した相手から社内に広がってしまったり、聞いている相手の気分を悪くしてしまったりする可能性もあります。できるだけ明るく前向きなテーマで雑談をするのが理想的です。

軽い運動をする

デスクワークをしている方は、社内に半日以上閉じこもっているという場合もあると思われます。ずっと室内にいると気分転換が難しいかもしれません。

もし体力的に余裕があるのであれば、外に出て体を動かしてみるのもおすすめです。会社の周辺を散歩することで、リフレッシュにつながるでしょう。

大雨の日や仕事の事情などで外に出るのが難しい日はデスクにいながら軽いストレッチをするのもおすすめです。

自分磨きをする

もし仕事に余裕があれば、休憩時間を自分磨きの時間に利用してみてはいかがでしょうか。

ここでいう自分磨きとは、資格取得やスキルアップのことです。

具体的には、

  • 専門的な本を読む
  • 専門の情報サイトを見る
  • 短時間でできるオンライン講座を受講する

などの方法があります。職場の環境に照らし合わせて、できそうな方法を試してみてください。

ニュースを見る

仕事をしている間も、世間ではさまざまな出来事が起きています。つい仕事に集中してしまうと、世間の情勢の動きを見逃してしまうことも。

世の中のトレンドに遅れないよう、休憩時間を使ってニュースを見るのもおすすめです。スマホがあれば、ニュースアプリなどから簡単にみれるでしょう。

意外と、自分の仕事に役立つ情報を得られるかもしれません。

あまりおすすめできない休憩時間の過ごし方

ネガティブ

基本的に仕事の休憩時間はどのように過ごしても個人の自由ではあります。しかし中にはあまりおすすめできない過ごし方があるのも事実。

ここではNGな過ごし方の例を紹介します。

スマホゲームをする

休憩時間を使ってスマホゲームをする方も多いのではないでしょうか。ゲーム音を出して周囲の人に迷惑をかけているなどでなければ問題はありません。しかし、おすすめな過ごし方とは言い切れません。

ゲームに夢中になって休憩時間を過ぎてしまったり、同僚や上司に話しかけられても中断できず、相手を待たせてしまったりする場合も考えられます。

社外の友人を招き入れる

過ごし方は自由といえど、会社で定められたルールは守る必要があります。例えば、プライベートな関わりのある社外の友人などを社内に招き入れ、一緒に過ごすのは基本的にNGとしている会社が多いはず。セキュリティの面から取引先などではない部外者を社内に入れるのはリスクの高い行為です。

もし休憩時間を使ってプライベートの友人と会いたい場合は、社外のカフェやレストランなどを利用しましょう。

忙しい人を無理に付き合わせる

一般的に従業員の休憩時間を統一している企業が多いと思われますが、必ずしも全員が同じ時間に休まなければいけないわけではありません。仕事の都合で休憩時間をずらす人もいるでしょう。

例えば、あなたが同僚とランチをしながら雑談したいと考えていても、その同僚が忙しそうであれば誘うのは控えるべきです。無理に付き合わせると、その人の仕事が遅れてしまう可能性があります。あくまで仕事優先であることを頭に入れておきましょう。

有意義な休憩時間の過ごし方を目指そう

仕事の休憩時間は心身を休める時間のため、無理に何かをしようとする必要はありません。最低限、食事をしたり、リラックスしたりできれば十分といえます。

もし余裕があるのならば軽い運動や自己研鑽の時間にするのもおすすめです。あなたなりの休憩時間の過ごし方を見つけてみましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement