プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

仕事がキャパオーバーしないための対策方法を紹介。限界を越えた際に取るべき行動も解説

作成: 2019.11.08

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

仕事がキャパオーバーになってしまうと、さまざまな悪影響が生じてしまいます。

そのようにキャパオーバーしてしまう原因と悪影響については「仕事のキャパオーバーで苦しんでいる人必見。その原因や生じる悪影響を徹底解説。」の記事をぜひご覧下さい。

本記事ではキャパオーバーしないための現状を改善する対策方法を紹介。また、もしも限界を越えてしまった際に取るべき行動についても解説します。

仕事がキャパオーバーにならないように取るべき対策

キャパオーバーになってから仕事を減らそうとしても、その時点であなたは「仕事をどんどん任せても大丈夫」といったイメージを周囲から持たれている可能性があります。

そのような場合、状況の改善はさらに難しくなるため、キャパオーバーになる前の対策が重要です。

業務の効率化を考える

規定の労働時間8時間の中で、1回3時間の仕事を一日で3つこなそうとすると1時間の残業になりますが、その3時間を2時間半に短縮することが出来れば30分余ります。

まずあなたが普段、日常的あるいは定期的に行っている業務を効率化できないか考えましょう。

「ツールを導入する」「業務のやり方をそもそも変える」など方法はたくさんあります。

例えばメールを書くのに時間がかかる人はテンプレートを用意したり、よく入力する単語は辞書登録してすぐに入力出来るように設定したりするなど、1分1秒でも早く仕事を終わらせられる工夫をしましょう。

できそうにない仕事ははっきり断る

自分のタスク管理、スケジュール管理を徹底して行い、出来そうにない仕事ははっきりと断りましょう。

「明日までに◯◯を終わらせる必要があり、その作業にあと5時間かかるのでその仕事は出来ません」などと理由を述べて断ります。

それでも仕事を任されそうになった場合には、その他の仕事の締め切りの延長や他のメンバーへの振り分けなどを交渉します。

先輩や上司にとって「使い勝手のよい働き手」になってしまっては、いつキャパオーバーになってもおかしくありません。あなたがやる仕事はあなたが決めましょう。

部下や同僚がいれば仕事を振る

悩み時間が足りない時は誰かの力を借りることを考えましょう。
例えばあなたの同僚で手が空いている人がいれば、直接、あるいは上司などを通じてヘルプを依頼します。

この際、ただ「助けて欲しい」「代わりにやってほしい」というのではなく、他の抱えている仕事の状況などを説明して、相手に納得してもらった状態で引き渡すのが理想です。

ただし、これは繁忙期など部署・チーム全体として忙しい時には難しいため、出来そうにない仕事は最初から受けない、という姿勢を持つほうが無難でしょう。

睡眠はしっかりと取る

睡眠不足は集中力・パフォーマンスを低下させます。忙しい時こそ、しっかり寝ることを意識しましょう。

必要な睡眠時間は人によって異なるため、自分にどれくらいの睡眠が必要かを把握しておくことも大切です。

仕事中にどうしても眠くなってしまったら、思い切って仮眠を取ることも方法の一つです。10分、15分でも眠るだけで頭がすっきりしてその後の仕事に集中できるでしょう。

仕事がキャパオーバーしてしまった場合に取るべき行動

上述した通り、キャパオーバーの状態が長く続くことにメリットはありません。

キャパオーバーになっている、と感じ始めたら、心身に悪い影響を及ぼしてしまう前に対処することが重要です。

ここでは、キャパオーバーになった時に取るべき行動について解説します。

上司に正直に相談する

まずはあなたに仕事を振っている人に相談しましょう。

もし先輩から言われた仕事をやっている場合でも、その先輩は上司から指示されているのであれば締切の延長などの判断は先輩自身では出来ないため、直接上司に相談するほうがよいでしょう。

相談する際には「つらい」「仕事が終わらない」といった感情で話すのではなく、最近の残業時間や現在抱えている仕事など、できるだけあなたの状況を客観的に伝えます。

その上で「◯◯の締め切りを延ばしてほしい」「◯◯を別の担当にしてほしい」など具体的にどうしたいのかを伝えましょう。

有給休暇を取る

身体的・精神的につらいと感じてきたのであれば、思い切って休みを取りましょう。
ゆっくりと寝て、趣味などをして過ごすことでリフレッシュできることでしょう。

休み中に仕事について考えてしまった場合には「休みの日に考えても仕方ない」と開き直る気持ちも大切です。

なお、同僚や職場への影響を抑えるために休暇の取得はあらかじめ決めておき、休むことを関係者に伝えておきましょう。

当日急に休んでしまうと、休んでいることを知らない人が会社の携帯に電話をかけてきたり、病気などで心配をかけてしまう可能性があります。

今後の働き方についてしっかりと考える

様々な対策や工夫をしても、職場の状況によってキャパオーバーの状態が続いてしまうことがあります。

仕事のストレスで夜眠れない、食欲がないなど、プライベートの生活にも影響が出てきたのであれば、転職することも選択肢の一つです。

しかし、転職活動には書類の作成や面接などの労力がかかることであり、頑張って転職した先があなたにとっての理想の職場でない可能性もあります。

単に仕事量が原因である場合は、上司に相談することで悩みが解消されることもあるので、まずは改善できるポイントを見つけて直していくことが大事です。

さいごに

「自分はもっと頑張れる」「成長や目標達成のために頑張りたい」と高い意欲を持っている方こそ、知らない間にキャパオーバーの状態になっている可能性が高いです。

自分のコントロールは自分でする、という気持ちをしっかりと持ち、キャパオーバーにならないように自己を客観的に管理しましょう。

TECH::EXPERT(テック エキスパート)でプログラミング未経験からWebエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか

TECH::EXPERT(テック エキスパート)はプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

・手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
・Webエンジニアとして転職したい
・フリーランスとして場所に縛られずに自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(無料カウンセリング)に参加してみてください。毎月1000名以上のお申込みをいただいているため、すぐに日程が埋まってしまいます。予定が合う日があればすぐに予約がおすすめです。

無料カウンセリングの日程をみる

この記事を書いた人

石田ゆり
石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。