プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

出戻り転職をする際の心構えと成功させるコツを紹介。

作成: 2019.10.24 更新: 2019.10.23

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

一旦辞めた会社に再度転職する「出戻り転職」。

出戻り転職が受け入れられるおもな理由5つ。メリットとデメリットも解説」では、出戻り転職が意外と多い現象であることがわかりました。

しかし出戻り転職を成功させるには、一定の条件があります。この記事では、出戻り転職する際の心構えと成功させるためのコツを解説します。

出戻り転職する際の心構え

出戻り転職をする際は、以下の3つの心構えを持ってください。

変化を受け入れる

あなたが会社にいない間に、会社のルールが変わっていることは当然あります。
あるいは、あなたの方が社歴が長くても、後から入ってきた人の下で働かないといけないケースもあるでしょう。

出戻り後にそのような変化を受け入れず「以前はこうだったのに〜」というような発言をしていると「一緒に仕事をしにくい人」と思われる可能性があります。

言動に気をつけ、新たな体制に順応する努力をすることが大切です。

他社での経験を強制しない

会社側が出戻り転職を歓迎する背景には、「他社での経験や知識を取り入れたい」という思いがあります。しかしこのような点を押し付けるような形は歓迎されません。

「〇〇ではこのような対応をしていましたね」
「この点を取り入れるなら〜のような形が良いかと思うのですが、どうでしょうか?」

といった感じで、あくまでも提案ベースにするのが無難です。

あまりにも強要するような形になると、周囲との不和が問題視されることも。

会社の文化を尊重しつつ、新しい風を吹き入れるにはどうすればよいのかを考える必要があります。

待遇が悪くなってもいいという覚悟が必要

出戻り転職が受け入れられるおもな理由5つ。メリットとデメリットも解説」でも解説したように、出戻り転職では以前よりも待遇が悪くなるケースもあります。

それに対して不満を述べるようなことになれば、転職の話が流れてしまう可能性も。

待遇が悪くなる一つの理由は、ずっと在籍していた社員との均衡を測るためです。もし同じ待遇にすれば、軋轢が生まれるケースもあります。

このようなことも踏まえ、理解を示すことが必要でしょう。

また、給与面などの待遇ばかりに目をやるのではなく「なぜ出戻り転職をすることにしたのか」を明確にする必要があります。

例えば「ワークライフバランス」「人間関係の良好さ」など、一旦会社を離れてみてわかったよさがあるはずです。

これらの点を含め「待遇が悪くなってもいい」と覚悟を持つことも必要です。

出戻り転職を成功させるためのコツ

出戻り転職を成功させるには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

志望動機を明確にしておく

勉強会社に出戻りするには、それなりの動機が必要になります。
実際に人事担当者に向けて実施されたアンケートでも、以下のような声が見られます。

「以前と同じ理由でまた退職するのではないかと不安に感じる」
「基本的には受け入れるが、なぜ戻ってきたのか理由を知りたい」

参照:人事担当者に聞いた!「出戻り転職」って実際どう・・・?

これらの声に応えるためには、以下のような「筋の通った」志望動機を準備しておきましょう。

・一旦会社を離れたからこそわかる良さがあった。
・前職(現職)と比較し、会社は「…」といったところが素晴らしいと感じ、再度自分も尽力したい。
・前職(現職)では「…」「…」といった経験をした。これを会社で活かしたい。
・「…」を経験したからこそ、以前は力不足だった「…」の分野で力を発揮できるはずだ。
・以前より関心のあった「…」で、前職(現職)の経験を活かしたいと考えている。

このように、会社を客観的に判断して魅力に感じた点や、前職(現職)での経験や知識をどう活かすのかを具体的に示せるようにしましょう。

履歴書や職務経歴書をしっかり用意しておく

再雇用であっても、履歴書や職務経歴書は必ず必要です。

「前の会社から声がかかったから」と、手を抜いて書くのもNGです。「本当に戻ってくる意思があるのか」を見られている部分もあります。

履歴書や職務経歴書は、自分が転職して得た知識や経験を把握してもらうためにも、しっかり準備しておきましょう。

上司や同僚に相談しておく

出戻り転職を検討するなら、元上司や同僚に一旦相談してみましょう。円満退職をしていれば、そのような連絡も比較的取りやすいでしょう。

出戻り転職が受け入れられるおもな理由5つ。メリットとデメリットも解説」でも解説したように、今企業は中途採用で人員確保するのが厳しい状況です。

その中で元社員からアプローチがあれば、快く受け入れてくれる可能性があります。

人事権を持っている人とつながりがあれば連絡しておく

人事権を持っている人とつながりがある人がいれば、連絡しておくことをおすすめします。

これはいわゆる「根回し」になりますが、これをするかしないかでは結果が異なるケースも。

元上司に出戻りを考えていることや、そう考えるようになった背景を伝え、共感してもらえれば、出戻りを応援してくれる可能性もあります。

「(採用権限のある人に)話を通しておくよ」と言ってもらえれば、出戻り転職成功の大きな一歩となるでしょう。

コロナ禍でも安心してエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

出戻り転職した人の声

ここでは実際に出戻り転職をした人の声を紹介します。

出戻りをしてよかった声・悪かった声の双方を紹介しますので、参考にしてください。

出戻り転職してよかった声

注目すべきは「揉め事で辞めなくてよかった」という点。

出戻り転職を果たすには「円満退職をしているか」が一つのポイントになるでしょう。

円満退職であれば、事前の相談の連絡もしやすいです。

出戻りで一旦は年収がダウンしても、働きぶりが認められ、後々年収がアップするケースもあります。

何を重視して出戻るのかを明確にし、たとえ年収が下がったとしても腐らず、業務に邁進できるかどうかも重要でしょう。

出戻りして後悔した声

一度出戻り転職をすると、再度辞めるのが難しくなるでしょう。

もし、以前辞めた理由が明確に改善されていないとわかれば、出戻りを考え直した方がいいケースもあります。

人間関係が原因で辞めた会社の場合、状況が改善されていないケースも珍しくありません。

出戻りの前に「なぜ自分はこの会社を辞めたのか」を今一度見つめ直し、慎重な判断が必要になるでしょう。

出戻り転職をするのであればしっかりとキャリアプランを考えてから

出戻り転職を受け入れる企業は少なくありません。

しかし、またすぐに辞めてしまっては周囲に迷惑がかかる上、あなたの信用ダウンにもつながりかねません。

「なぜ辞めたのか」そして「なぜもう一度入社したいのか」を明確にしてから、出戻りを検討しましょう。

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプでは、オンラインでカウンセリングや学習サービスを提供しています。

オンラインでも、テックキャンプならではの「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」は変わりません。オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューはこちら

キャリアに悩んだら、ビデオ通話で無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?オンラインカウンセリングのやり方は簡単で、5分もあれば準備が完了します。

まずはカウンセリングから、ぜひご利用ください。

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。