コマンドプロンプトの使い方入門 & 基礎コマンド10選

コマンドプロンプトについて、難しそうなイメージを持っていませんか。

筆者も難しいイメージがあり、なかなか手をつけられませんでした。しかし、コマンドプロンプトは慣れれば誰でも扱えるものなのです。

この記事では、あなたのコマンドプロンプトに対する嫌なイメージを払拭し、実例を交えながら基本的な使い方をご紹介します。

あなたもこの記事を読み終える頃にはコマンドプロンプト初心者を卒業しているでしょう。

出典:写真AC

※Mac OS X や Linux 系の OS の場合は、コマンドプロンプトではなく “ターミナル” というアプリケーションを使います。コマンドが多少異なりますが、使い方やできることはほぼ同じです。

コマンドプロンプト(ターミナル)とは

d839efcf56610c62eb7248571de5ccde_s

出典:写真AC

OK Google!、明日朝7時に起こして

ピコン、アラームを設定します。

みなさんはスマートフォン、例えば、iPhone の Siri などを使って、コンピュータに話しかけたことはあるでしょうか。これらのパーソナルアシスタントは優秀で、質問や要求に応えてくれます。

また、PCではマウスやトラックパッドで操作して、設定を変更したりファイルの管理をしたりしますよね。

これと同様に、実はコマンドプロンプトもコンピュータに指示するためのツールなのです。

いつもの操作と異なる点はマウスやトラックパッドではなく、キーボードで命令文(コマンド)を打ちこんで操作することです。

 

なぜコマンドプロンプトが必要なの?

ea247c03808b71c841a22ad89a0f29b5_s

出典:写真AC

さて、コンピュータを操作する方法には GUI と CUI の2種類があります。

・GUI

Graphical User Interface の略です。

多くの人が日常で使っているような、画面上のウィンドウ・アイコン・ボタンなどが表示され、マウスやトラックパッドで操作することです。

視覚的・直感的に操作できるユーザーインタフェースです。

・ CUI

Character User Interface の略です。

文字(コマンド)をキーボードで打ち込むことで操作するインタフェースです。GUIより複雑な操作をすることができます。

コマンドプロンプトは CUI に相当します。コンピュータが開発された当初は CUI による操作のみで、のちに GUI が開発され浸透していきました。

しかし現在でも、開発やシステムの根幹に近い設定を行う際には、コマンドプロンプトからの操作が不可欠な場合がほとんどです。

したがって、プログラミング開発を行う際にはコマンドプロンプトの操作を避けては通れません

 

コマンドプロンプトを使ってみよう

1f2c65945d36631f8457c0651180b114_s

出典:写真AC

コマンドプロンプトの起動

アプリケーションの起動方法はいくつかありますが、基本は下記の通りです。

windowsキー+ R キーを押すと 「ファイル名を指定して実行」が表示されるので、 「cmd」と入力してエンターキーを押す。

スタートメニューからアプリケーションを選択して起動する。

アプリケーションを検索して起動する。

windows のバージョンによって多少操作方法が異なりますので、お気をつけください。

 

アプリケーションはタスクバーに「ピン留め」しておくと、次回以降はタスクバーにあるアイコンをクリックするだけで起動できます。
command_prompt1

 

コマンドプロンプトの見方

起動すると次のような画面が表示されます。
command_prompt6

①は現在いるディレクトリ、②は入力待ちの状態を表しています。”>” があるときにはコマンドを入力し実行することができます。

ここで “ディレクトリ” ついて簡単に説明します。

 

・ディレクトリとパスについて

皆さんはファイル管理を行える「エクスプローラー」というツールは使ったことがあると思います。このアイコンのアプリケーションのことです。
command_prompt3
これは、フォルダの中に複数のフォルダがあるような階層的な構造をしています。

この階層のことを 「ディレクトリ」といいます。ディレクトリはいわばフォルダです。

そして、どこのディレクトリにあるのか 「パス」 で表現します。下の図を見てみましょう。
command_prompot4
人型シルエットがあるディレクトリ(フォルダ)の場所は、Cドライブ に記録されている Usersフォルダ の中の tech-campフォルダ と説明できます。

※Cドライブはハードディスク(記憶領域)のことです。

これを 「¥」 または 「/」 で区切って、「 C:¥Users¥tech-camp 」と表現します。(前述した①と同じ)これをパスといい、 ディレクトリまでの道順 を表しています。

コマンドプロンプトを起動したときのディレクトリは、ログインしたアカウント名のフォルダになります。

では実際に、コマンドプロンプトをどのように使うのかを見ていきましょう。

 

押さえておきたい!基礎コマンド10選

ここでは「コマンド」についてご説明します。前述した通り、コマンド = 命令 です。コマンドプロンプトで基本となる、ファイル操作を中心にご紹介します。。

 

1. dir コマンド
directory の略称で、現在いるディレクトリの中の一覧を表示します。
【入力方法】 dir

C:¥Users¥tech-camp (ディレクトリ)の後に、「dir」 と入力すると、次のように実行されます。

C:¥Users¥tech-camp>dir

2016/08/20  00:52    <DIR>          .
2016/08/20  00:52    <DIR>          ..
2016/08/20  00:51    <DIR>          Contacts
2016/08/20  00:52    <DIR>          Desktop
2016/08/20  00:51    <DIR>          Documents
2016/08/20  00:52    <DIR>          Downloads
2016/08/20  00:51    <DIR>          Favorites
2016/08/20  00:51    <DIR>          Links
2016/08/20  00:51    <DIR>          Music
2016/08/20  00:53    <DIR>          OneDrive
2016/08/20  00:51    <DIR>          Pictures
2016/08/20  00:51    <DIR>          Saved Games
2016/08/20  00:51    <DIR>          Searches
2016/08/20  00:51    <DIR>          Videos

 

「<DIR>」と”DIR”と付いているものはディレクトリを表し、「Contacts」 「 Desktop」「Documents 」などは、¥Users¥tech-campのディレクトリの中にあるファイル名を表しています。

 

2. cd コマンド
change directory の略称で、ディレクトリを移動できます。
【入力方法】cd (ディレクトリ名)

C:¥Users¥tech-camp ディレクトリから、 Desktop ディレクトリに移動してみましょう。

C:¥Users¥tech-camp>cd Desktop

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>

 

ディレクトリのパスが C:¥Users¥tech-camp¥Desktop に変わり、Desktop ディレクトリに移動できました。

また、 「cd ..」入力 とすると、1つ上のディレクトリに移動できます。

 

3&4. mkdir / rmdir コマンド
make directory / remove directory の略称で、ディレクトリ(フォルダ)を作成/削除します。
【入力方法】mkdir (ディレクトリ名) 
      rmdir (ディレクトリ名)

Desktop ディレクトリの中に、 Test というディレクトリを作成してみましょう。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>mkdir Test

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>dir

2016/08/20  00:55    <DIR>          .
2016/08/20  00:55    <DIR>          ..
2016/08/20  00:55    <DIR>          Test

 

ディレクトリを作成後に、 dir コマンドで確認してみましょう。Desktop ディレクトリの中にTest ディレクトリがあることを確認できます。

ディレクトリの中が空でない場合、rmdirでは削除できません。ディレクトリの中身も合わせて削除したい場合は、rmdir /s (ディレクトリ名) と入力しましょう。

 

5. ren コマンド
rename の略称で、フォルダやファイルの名前を変更できます。
【入力方法】ren (変更前のファイル名) (変更後のファイル名)
      ren  (変更前のディレクトリ名) (変更後のディレクトリ名)

Test ディレクトリの名前を First と変更してみましょう。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>ren Test First

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>dir

2016/08/20  00:58    <DIR>          .
2016/08/20  00:58    <DIR>          ..
2016/08/20  00:58    <DIR>          First

変更後、dirコマンドで確認しみると、Test ディレクトリが First ディレクトリと変更できたことが確認できます。

 

6. copy コマンド
ファイルをコピーできます。ディレクトリをコピーしたい場合は、xcopy と入力します。
【入力方法】copy (コピーしたいファイル名) (コピーしたファイル名)
      xcopy (コピーしたいディレクトリ名) (コピーしたディレクトリ名)

 

事前に用意した任意のファイル、今回は sample.txtをコピーしてみましょう。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop>cd First

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>dir

2016/08/20  01:00    <DIR>          .
2016/08/20  01:00    <DIR>          ..
2016/08/20  01:00                 0 sample.txt

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>copy sample.txt sample2.txt
        1 個のファイルをコピーしました。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>dir

2016/08/20  01:00    <DIR>          .
2016/08/20  01:00    <DIR>          ..
2016/08/20  01:00                 0 sample.txt
2016/08/20  01:00                 0 sample2.txt

 

まず、cdコマンドでDesktopディレクトリからFirstディレクトリに移動します。dirコマンドでFirstディレクトリの一覧を確認し、copyコマンドを入力します。

コテで、sample.txt を sample2.txt という名前でコピーできました。

 

7. move コマンド
フォルダやファイルを別の場所に移動させることができます。
【入力方法】move (移動したいファイルまたはディレクトリ名) (移動先のパス)

First ディレクトリの中に Second ディレクトリを作成し、そこに sample2.txt を移動してみましょう。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>mkdir Second

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>dir

2016/08/20  01:00    <DIR>          .
2016/08/20  01:00    <DIR>          ..
2016/08/20  01:00                 0 sample.txt
2016/08/20  01:00                 0 sample2.txt
2016/08/20  01:00    <DIR>          Second

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>move sample2.txt Second
        1 個のファイルを移動しました。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>dir

2016/08/20  01:00    <DIR>          .
2016/08/20  01:00    <DIR>          ..
2016/08/20  01:00                 0 sample.txt
2016/08/20  01:00    <DIR>          Second

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>cd Second

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First¥Second>dir

2016/08/20  01:00    <DIR>          .
2016/08/20  01:00    <DIR>          ..
2016/08/20  01:00                 0 sample2.txt

 

mkdirコマンドでSecondファイルを作成します。dirコマンドでFirstディレクトリの中にsample2.txtがあることが確認できます。

moveコマンドで、 First ディレクトリからSecond ディレクトリにsample2.txt を移動できました。

 

8. del コマンド
delete の略称で、ファイルを削除できます。
【入力方法】del (削除したいファイル名)

Second ディレクトリの中の sample2.txt を削除してみましょう。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First¥Second>del sample2.txt

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First¥Second>dir

2016/08/20  01:02    <DIR>          .
2016/08/20  01:02    <DIR>          ..

dirコマンドで確認すると、delコマンドによってSecond ディレクトリの中の sample2.txtが削除されたことが分かります。

 

9. find コマンド
テキストファイルの中から文字列を検索するできます。
【入力方法】find (検索したい文字列) (検索するファイル名)

 

今回 sample.txt の中を次のように編集しました。

abcdefg
123456
あいうえお

この中で 456 という文字列がどこにあるかを探してみます。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First¥Second>cd ..

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>find /n "456" sample.txt

---------- SAMPLE.TXT
[2]123456

 

cd..コマンドでFirstディレクトリに移動し、findコマンド入力します。

探したい文字列の前に、「/n」 とオプションを付けることで、行番号を表示できます。456 の文字列が sample.txt の2行目にあることが分かりました。

 

10. help コマンド
コマンドの使い方を簡単に教えてくれるコマンドです。
【入力方法】help (調べたいコマンド名)

cd コマンドの概要を表示してみます。

C:¥Users¥tech-camp¥Desktop¥First>help cd
現在のディレクトリを変更したり、ディレクトリ名を変更したりします。

CHDIR [/D] [ドライブ:][パス]
CHDIR [..]
CD [/D] [ドライブ:][パス]
CD [..]

  ..   親ディレクトリに変更するときに指定します。

CD ドライブ: と入力すると指定されたドライブの現在のディレクトリが表示
されます。パラメーターを指定しないで CD と入力すると、現在のドライブと
ディレクトリが表示されます。

現在のディレクトリだけでなく、現在のドライブも変更するには /D オプショ
ンを使用してください。

コマンド拡張機能を有効にすると、CHDIR は次のように変更されます:

現在のディレクトリの文字列に入力された大文字と小文字は、ディスク上の名前
と同じになるように変換されます。たとえば、ディスク上のディレクトリ名が
Temp である場合、CD C:¥TEMP と入力すると、現在のディレクトリは C:¥Temp に設定されます。

CHDIR コマンドは空白を区切り文字として扱わなくなるため、空白文字を
含むサブディレクトリ名を引用符で囲まなくても、CD を実行して
にそのサブディレクトリに移動できるようになります。たとえば、

    cd ¥winnt¥profiles¥username¥programs¥start menu

は、次と同じです:

    cd "¥winnt¥profiles¥username¥programs¥start menu"

拡張機能が無効である場合は、こちらを入力します。

 

文字列は覚えているけど、どのようなコマンドだったか思い出せない時に便利です。

 

知っておくと便利なこと

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

出典:写真AC

 

ワイルドカード
ディレクトリ名やファイル名を指定するときに、*(アスタリスク)を使用できます。

これはワイルドカードと呼ばれ、すべての文字列を指し示すことができます。例えば、トランプゲームの大富豪の中でのジョーカーのようなイメージです。

例えば、move *.txt (ディレクトリ)とすると、.txt の拡張子が付くすべてのファイルがまとめて移動されます。

 

tab キー
tab_key
ディレクトリ名やファイル名を補完してくれます。

例えば、アカウント名のディレクトリから Desktop ディレクトリに移動したいとき、
cd De
と入力し tab キーを押すと下記のように補完してくれます。
cd Desktop

 

上下矢印キー(↑, ↓)
up_down_arrows
上下矢印キーを押すと、以前に実行したコマンドの履歴を遡ることができます。

さっきと同じ(ような)コマンドを実行したい際には、履歴を遡り実行すると、コマンド入力の時間短縮やミス防止になります。

 

controll キー + C キー
Ctrl_and_C
強制終了のショートカットキーです。

実行中のコマンドやプログラムを中断したいときなどに使用します。

 

注意

コマンドプロンプトで実行したコマンドは、取り消すことができません。

特に、 rmdirdel などで削除したものは基本的に取り戻せません(ゴミ箱に移動しません)。注意して使用しましょう。

 

その他、関連記事を読みたい方は併せて読んでください。

【今すぐ使えて便利!】ターミナルコマンドの使い方まとめ

【初心者必見】Unix/Linuxの基礎知識を知っておこう!

【エンジニアにオススメ】 役に立つツール12選

 

【PC初心者必見】Windows・Mac徹底比較

最後に

コマンドプロンプトの使い方をはじめとして、初心者にとって知っておくべき基本的コマンドを紹介してきました。

「あれして」「これして」と要求をコンピュータに投げ、それに対してコンピュータが応える、そのようにイメージしてもらえれば、コマンドプロンプトは決して難しいものではありません。

下記に、コマンドのレファレンス(辞書)のリンクもありますので、ぜひ参考にしてください。

今回ご紹介したコマンド以外にも様々なコマンドが存在しますが、よく使うコマンドは限られており、初めは難しく感じてもいずれ慣れていくものです。

ここだけに限らずコマンドプロンプトの使い方を紹介・解説しているサイトはたくさんありますが、この記事を最後まで読まれたあなたなら、すんなりと理解できるでしょう。

コマンドプロンプトで使用することのできるコマンド一覧
コマンド ライン リファレンス – TechNet – Microsoft

 

TECH::CAMPについて

TECH::CAMPは、講義形式で知識だけを学ぶのではなく、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。

TECH::CAMPならプログラミングが、なんとなく分かるではなく、一人で出来るようになります。

また、質問し放題のため、分からないところを質問しすぐに解決することで、どんどん新たなスキルをに見つけることができます。

この機会にプログラミングを学びませんか?

rgbtechnote2-01

H.K H.Kが書きました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミングをもっと勉強してみませんか?

当メディアを運営しているプログラミングスクールTECH::CAMPの
お試しカリキュラムが、今なら無料でご覧いただけます!



    メールマガジン登録でTECH NOTEの最新情報とカリキュラムを受けることができます

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→

    満足度98%!無料プログラミング体験会!!×

    卒業生6000人以上のプログラミングスクール TECH::CAMPの説明会に参加!