テクノロジー
ビジネスの問題解決に役立つ「ロジックツリー」について解説

「現在発生している問題の原因がわからず、作業が進められないまま何日も経っている」
「チームで解決したい問題があるが、解決策が思い浮かばず無駄な会議で時間ばかりを浪費してしまう」
「現在進捗中のプロジェクトで、関連部署の作業に遅れが発生している」

このような悩みを抱えていませんか。
問題の解決策を考えようにも、方法がわからなければ思いつきません。
そんな状況下では、「ロジックツリー」を使って考えてみてください。
問題の真因がつかめ、解決策を導き出せることでしょう。

この記事では「ロジックツリー」の種類や作り方、考える時の注意点などを解説します。
あなた自身や、所属するチームが抱える問題点の解決にお役立てください。

問題解決のフレームワークとは

「フレームワーク」には「枠組み、骨組み」という意味があります。ある問題や課題を枠組みに当てはめて解決策を導き出すものが「問題解決のフレームワーク」です。

企業などでも問題解決の際にはフレームワークが取り入れられています。

問題が発生している原因がわからない、あるいはパニックによって冷静に物事が判断できなくなっているときなどに、フレームワークは最大限に効果を発揮するでしょう。

フレームワークを使い、論理的に問題を分析することで、適切な解決策を導き出す手助けとなります。

ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、問題解決のフレームワークの1つです。

「ロジック(論理)をツリー(木)のように展開していく」という意味から、ロジックツリーと呼ばれます。実際に完成したロジックツリーは、枝を伸ばす木のような形になります。

ロジックツリーを作る目的は主に、ある問題点の要因を分解して整理することで、本質的な原因を理解し、解決策を考えることです。

様々な切り口から見えてきた問題の要因を階層ごとに並べることで、俯瞰的に分析することができます。

論理的に考えた中で導き出せた施策であれば、問題解決につながる可能性は非常に高いです。

社員教育にも取り入れられるロジックツリー

最近は、新卒社員の研修でロジックツリーの作り方を勉強する企業も増えています。論理的な考え方を養う上でも、ロジックツリーを使って物事を考えるのは有効な方法なのです。

また、研修が終わってからのビジネスにおいても、有効な問題発見・解決の手段としてロジクツリーを活用する機会は多いです。

研修の段階からロジックツリーの作り方を学ぶことで、作り方に慣れるとともに、論理的思考力を高めることにもつながります。

ロジックツリーを活用するメリット

ロジックツリーを活用する上で、以下のような利点があります。

個人でも、チームなど複数名でも活用できるため、ロジックツリーは広く取り入れられているのです。

問題の原因発見が素早く行える

問題の原因となっている要素を書き出していくロジックツリーは、視覚的に何が原因なのか、全体像がわかります、

漠然と原因を考え、頭の中で解決策をまとめても、全てを把握することは難しいです。フレームワークに当てはめて、考えを整理しながら案を出せるロジックツリーは、素早い原因の特定につながります。

チームでの議論をまとめやすくなる

ロジックツリーは、個人だけでなくチームのディスカッションでも活用できます。

議論のテーマに沿って、メンバーで意見を出し合えば、一人で考える以上にたくさんの案を出るでしょう。より適切な解決策を導き出すことにつながるはずです。

また、ロジックツリーに沿って議論を進めていけば、議題からそれることなくディスカッションを進行しやすくなります。

議論の無駄を省き、結論をまとめる上でもロジックツリーは役立つのです。

複雑な構造の把握ができる

言葉では一言で表現できたとしても、たくさんの要素で構成されているものがあります。

例えば、「エンジニアの仕事」を一言で表しても、実際は「クライアントの要件定義」「システム設計書の作成」「コーディング」「テスト(デバッグ)」などたくさんの要素を含んでいますね。

複雑ものを一覧できるようにまとめるにも、ロジックツリーを使うのが効果的です。

ロジカルシンキング(論理的思考)が身につく

問題やその原因を並べていくロジカルツリー。この作業を繰り返し行えば、ロジカルシンキング(論理的思考)を身につけることにもつながります。

問題が発生した時に頭の中がパニックになってしまうという人は、論理的思考力が不足している可能性があります。その結果、論理的に考えればすぐに解決策が見つかるはずが、長引きがちです。

まずはロジカルツリーの手法に当てはめて、論理的に考える練習をします。できれば、紙の上でもいいので、思考のプロセスを書き出してみましょう。

慣れてくると、紙とペンを使わなくても、論理的に考える癖が身についてきます。

ロジックツリーが役立つ場面

ロジックツリーは主に、以下のような場面で活用すると効果を発揮します。

どれも個人、チーム、あるいは会社全体においても発生しうる状況です。場面に合わせて適切なロジックツリーの作成が求められます。

発生した問題の原因がわからない場面(原因分析)

業務の中で必ずと言ってもいいほど発生してしまうのが、異常事態や問題。

「クライアントとの契約が突然白紙になってしまった」
「納品したシステムにエラーが見つかりクレームを受けてしまった」

など。仕事には人が携わる分、人的なミスは特につきものです。

発生した問題の原因がすぐにわかるものとわからないものとがあります。

このうち、「原因がわからない問題」を分解し、追究するためにロジックツリーを用いることが多いです。

問題の解決策がわからない場面

仮に問題の原因が導き出せたとします。しかし、その解決策まで一緒に見つかるとは限りません。

例えば、チームで発生したミスの原因が「人員不足」にあったとします。解決策としては、「チームメンバーの増員」が挙げられそうです。

しかし、ここでさらに問題が発生します。

「人員を増やそうにも、自分には人事権がない」
「今回はイレギュラーなミスであり、別の案件ならば増員しなくてもミスは発生しなかった可能性がある」
「新しい人材採用を行ってもらう明確な理由が必要」

など、簡単には解決しません。

このように解決策を深掘りしていくことで、もっとも正解に近い策を導き出すためにも、ロジックツリーは役立ちます。

プロジェクトに遅れが見られる場面

1つのプロジェクトにたくさんの担当者がからむことは珍しくありません。その場合、各担当者の許可をもらったり、進捗状況を確認しながらプロジェクトを進めていきます。

関係する人が多いほど、連携を取るのが難しくなり、進捗に遅れが発生しがちです。

このようなケースでも、ロジックツリーを使って整理ができます。

1つのプロジェクトに関係する担当者を階層ごとに並べることで、誰に連絡を取ればいいのか、誰から指示を出して貰えばいいのかなどを再確認できるのです。

ロジックツリーの種類

ロジックツリーが使われる場面は、問題解決のためというのは先ほど紹介した通りです。

他にもロジックツリーは、目的に応じていくつかの種類に分かれます。基本的に、以下の3つに分類されます。

原因究明ツリー(WHYツリー)

原因究明ツリー(WHYツリー)は、なぜその問題が発生しているのかを探る時に役立つ手法です。

問題が発生していても、その原因が判明しない時は、分解して考えていくと根本的な原因が見えてきます。

この結果、無駄な会議を重ね、頭を悩ませて時間だけが浪費してしまうという状態を打開できるのです。

問題に対して「Why」という質問を繰り返して原因を追求していきます。

原因がわかっていないのに、原因を考えるというのは難しいかもしれません。ですので、まずは自由に、たくさん原因の候補を挙げることから始めてみるといいでしょう。

原因究明ツリーの例

「会社の売上が低下した原因を追求する」というテーマでロジックツリーを作ってみました(例題なので、3層まででとどめています)。

問題解決ツリー(HOWツリー)

問題解決ツリー(HOWツリー)は、冒頭で説明したロジックツリーの使い方と同じです。ある問題が発生した時に、どうやって解決するか、対策を考えていく時に活用します。

問題に対して「How」、つまり「どうやって解決するのか」を繰り返し考えることで、具体的な解決策を探っていく時に役立つ手法です。

問題に直面した時に、漠然と解決策を考えていても、適切な方法が見つからないことも考えられます。その時は問題解決ツリー(HOWツリー)を使って、解決策を分解しながら考えていくといいでしょう。

問題解決ツリーの例

「即戦力となる社員を採用するにはどうすればいいか」というテーマでロジックツリーを作ってみました。

要素分解ツリー(WHATツリー)

要素分解ツリー(WHATツリー)は、複雑で膨大な構成要素によって成り立っているものを分解して理解する時などに用いられます。
例えば、会社でのプロジェクトには、たくさんの部署、担当者が関わっているケースが見られます。特に大手企業ではこの傾向が強いです。

このような状況でプロジェクトの遅延などが発生してしまった場合、原因は関わる部署などの構造が分解されておらず、うまく連携が取れていないことが考えられます。

この時に役立つのが要素分解ツリー(WHATツリー)です。一つのものに対して「What」の質問を繰り返し、構成要素を導き出します。

自社で開発している製品やサービスに対して「What」を繰り返すことで、構成している要素を理解するためにも役立ちます。

要素分解ツリーの例

「システム開発における必要な作業と担当者」をまとめるロジックツリーを作りました。この場合は、「人」が関連するので「Who?」という観点でも要素を分解しています。

ジロギン ジロギン
TECH::NOTEのライターとして、日々IT技術の進歩と奥深さを感じながら記事を書いています。 個人でブログも運営しており、少年漫画とテニスについて更新中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー