まずは無料キャリア相談へ!
30代限定🎗️パパママ世代応援割

プログラミング独学ができる人の4つの特徴!向いていない人への対処法も解説

更新: 2023.10.17

プログラミングを独学で習得したい
でも挫折する人も多いというし、『やめとけ』という声も聞く
自分がプログラミング独学に向いているのかどうか知りたい

リカレント教育やリスキリングなどの社会人の学び直しが活発化しており、その中でも人気なのが「プログラミング」です。

一方で、プログラミング学習は挫折率が高く、独学してみたものの環境構築やエラーの解決が難しく、途中で止めてしまう事例も。

そこで本記事では、プログラミング独学できる人・できない人の特徴、独学に向いていない人はスクールがおすすめな理由などを解説します。

これからプログラミングを独学で習得したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴

挫折することなく、プログラミングを確実に習得したい。

そのためには、そもそも自分がプログラミング独学できる人なのかどうか、見極めるための判断材料があると分かりやすいでしょう。

そこで本章では、プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴を4つ紹介します。

  • 学習の目的が明確に定まっている
  • エラーや不明点を自力で解決できる
  • スケジュールに沿って計画的に学習できる
  • 普段から勉強する習慣が身についている

どれか1つでも当てはまるならば、すぐにプログラミング学習を始めましょう。

学習の目的が明確に定まっている

プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴1つ目は、「学習の目的が明確に定まっている」人です。

プログラミングの用途は幅広く、Web開発・ゲーム制作・データ解析など、さまざまな分野で活用されています。

しかしプログラミング言語やフレームワーク、それに合わせた開発ツールも同じく多様なので、独学の前に具体的な目標や用途を明確に定めることは重要です。

学習の目的が明確に定まっていれば、目的の達成に必要なリソースを選択できるので、ゴールを目指して独学をやり抜けるでしょう。

エラーや不明点を自力で解決できる

プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴2つ目は、「エラーや不明点を自力で解決できる」人です。

コーディングにおいて、プログラムを実行したけどエラーで動かない、想定と違う動きをするなどの出来事は日常茶飯事

そうした場合に、自分で原因を特定し、解決策を見つける質問サイトやオンラインコミュニティを活用してエラー解決の糸口を探る

こうした問題解決のプロセスを踏んで自力で解決に導ける人は、独学に向いている人だといえるでしょう。

スケジュールに沿って計画的に学習できる

プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴3つ目は、「スケジュールに沿って計画的に学習できる」人です。

成功する独学者は、進捗に合わせて学習スケジュールを計画的に調整します。

仕事が忙しくても勉強する時間を割いて、毎日あるいは週に数回、コンスタントに学習に取り組めるでしょう。

また学習計画を立てることで、学習の目的や将来のキャリア目標を常に意識しながら取り組めるので、モチベーションを保ちながら学習できます。

普段から勉強する習慣が身についている

プログラミング独学ができる人・向いている人の特徴4つ目は、「普段から勉強する習慣が身についている」人です。

新しい知識やスキルを習得する好奇心があるので、常に学びたいという欲求を抱き、新しい情報やテクノロジーに対する関心も高いです。

エラーや不明点が出てもポジティブに捉え、失敗を糧にして成長できるでしょう。自走力があるので、プログラミング独学も成功しやすいはずです。

プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴

前章では、プログラミングを独学できる人の特徴を紹介しました。

続いて本章では、逆にプログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴を4つ紹介。

  • 学習の目的があいまい・定まっていない
  • エラーや不明点をそのままにしてしまう
  • 計画を立てて学習するのが苦手
  • 勉強すること自体が苦手

1つでも当てはまると、途中でプログラミングの学習に挫折してしまうかもしれません。以下で確認してみましょう。

学習の目的があいまい・定まっていない

プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴1つ目は、「学習の目的があいまい・定まっていない」人です。

明確な目標や動機が欠如している場合、学習の進捗が遅くなる傾向があります。また、学習の目的や将来の活用方法が明確でないと、やる気を維持するのも難しいです。

例えるならば、ゴールのないマラソンを走っている状態です。どこまで走ればよいのか分からないので、必ずどこかで挫折してしまいます。

エラーや不明点をそのままにしてしまう

プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴2つ目は、「エラーや不明点をそのままにしてしまう」人です。

プログラミングにはエラーや不明点がつきもの。しかし、独学に向いていない人は、これらの問題に対処しようとせず、スルーしてしまうことがあります。

エラーメッセージやコードの挙動に対して深く掘り下げないため、結果的に学習が停滞する可能性が高まります。

また、こうした行為はプログラム全体の理解が乏しくなる要因です。エラーをそのままにしたことで、致命的な障害を生む可能性もあるでしょう。

計画を立てて学習するのが苦手

プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴3つ目は、「計画を立てて学習するのが苦手」という人です。

プログラミング学習では、その都度進捗を振り返り、達成度を確認することが大切。

しかし、無計画で学習したりあいまいな計画を立てると、現時点での進捗を把握することが難しいでしょう。

すると、学習計画が間延びしたり、適切なフィードバックを得る機会を逃したりやる気の低下などに繋がることも。

勉強すること自体が苦手

プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴4つ目は、「勉強すること自体が苦手」という人です。

こうした人は、自学自習に対する苦手意識を持っていることがあります。

すると、新しい知識や技術の習得に取り組むことが難しく、学習に対するハードルを高く感じてしまうのです。

また課題解決に対しても消極的で、集中力の維持や難しい課題に立ち向かうのが苦手なので、困難に挫折しやすいでしょう。

プログラミング独学に向いていない人はスクールがおすすめ

前章で紹介した、「プログラミング独学ができない人・向いていない人の特徴」に当てはまる人は、プログラミング習得に向いていない。

かというと、そんなことはありません。あくまで「独学」に向いていないだけで、独学以外の方法ならば、プログラミングの習得は十分に可能。

そこでおすすめなのが、プログラミングスクールの受講です。本章では、独学に向いていない人がスクールを受講すべき理由を3つ紹介します。

  • 未経験者でも分かりやすいカリキュラム
  • 決められたスケジュールに沿って学習できる
  • 転職や案件受注までサポートするスクールもある

また、特におすすめのプログラミングスクール「テックキャンプ」についても紹介。

未経験者でも分かりやすいカリキュラム

プログラミング独学に向いていない人がスクールを受講すべき1つ目の理由は、「未経験者でも分かりやすいカリキュラム」があるからです。

プログラミングスクールは、プログラミングの学習を体系的に進めるためのカリキュラムを提供しています。

このカリキュラムは、おもに未経験者向けに設計されているので、基本からステップバイステップで学べます

独学者が迷子になりがちな学習の方針を明確に示してくれるので、確実にプログラミングの習得を目指せるでしょう。

決められたスケジュールに沿って学習できる

プログラミング独学に向いていない人がスクールを受講すべき2つ目の理由は、「決められたスケジュールに沿って学習できる」からです。

プログラミングスクールでは、未経験者でも確実に学習を進められて、なおかつ効率的で構造的なスケジュールを提供します。

これにより、自分で計画を立てる手間がなく、学習の方針が明確化されるので、計画的に進められるでしょう。

独学では、そのハードルの高さで途方に暮れてしまう人は多いです。しかし、スクールではその心配がありません。

転職や案件受注までサポートするスクールもある

プログラミング独学に向いていない人がスクールを受講すべき3つ目の理由は、「転職や案件受注までサポートするスクールもある」からです。

プログラミングスクールの中には、転職・キャリア相談・案件受注のサポートなどのキャリアサポート体制を設置するスクールもあります。

また、IT業界の求人サイトも運営し、受講生の能力と求人情報を紐づけて最適な職場を見つけてくれるスクールも。

単なるスキル習得だけでなく、その後のキャリアを考えた学習をしたい人にも、プログラミングスクールがおすすめです。

特におすすめはテックキャンプ

プログラミングは、小学校の必修科目になったほど重要視されており、現代の社会人の学び直しとしても人気のスキル。

そのため、未経験・初心者を対象としたプログラミングスクールは多いです。スクールの数が多いと、どれを選べばよいか分からないでしょう。

そこでおすすめなのが、弊社が運営するスクール「テックキャンプ」です。

独自開発したオリジナル教材を用いて、最短10週間で未経験から即戦力のスキル習得を目指せるカリキュラムを提供しています。

また、転職支援についても手厚く、未経験専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職をサポートします

その転職成功率は98%を誇ります(2016年9月1日〜2023年6月30日の累計実績)。

未経験から本気でエンジニア転職を目指す方は、サービス内容の確認やキャリア相談でもよいので、ぜひ無料カウンセリングにご参加ください。

▶️テックキャンプ(旧テックエキスパート)| No1エンジニア養成プログラム

※2023年10月執筆時点のサービス内容です。最新情報はテックキャンプの公式サイトにてご確認ください。

独学が苦手でもプログラミングは習得できる

プログラミング独学できる人・できない人の特徴、独学に向いていない人はスクールがおすすめな理由などを紹介しました。

プログラミング独学できる人の特徴に当てはまるならば、ぜひ今から目標設定学習計画を立てて、学習をスタートしましょう。

一方で、独学に向いていない人は、確実にスキル習得できるプログラミングスクールの受講を検討してみてください。

↑目次へ戻る

未経験からの転職の悩みを解決!無料カウンセリング開催中【転職成功人数4400名以上!※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・未経験から転職して、本当に年収が上がるのか
・ITエンジニア転職後の働き方や稼ぎ方が想像できない
・スキルゼロからITエンジニアとしてフリーランスになれるのか

カウンセリングでは、ITエンジニア転職やプログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、あなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は42,000人以上!※2

無料で相談できますので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※4
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106)  2.2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料キャリア相談はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement