テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

パソコンからiPhoneに写真や動画を転送する方法!注意点もわかりやすく解説

更新: 2021.03.12

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「パソコンからiPhoneに写真や動画を送りたいけど、方法がわからない…」

パソコンに保存した写真・動画をiPhoneに転送できればいつでも見返すことができ、何かと便利です。

またiPhoneからの方が、SNSやメッセージアプリにアップロードしやすいでしょう。

この記事では、パソコンからiPhoneに写真・動画を転送する方法、メリット、注意点をわかりやすく解説します。

パソコンからiPhoneに写真や動画を転送する方法

主に「iCloudを利用する方法」「iTunesを利用する方法」の2つがあります。

それぞれの解説と、iTunes、iCloudが使えなかった場合の手順も紹介します。

iCloudを利用する方法

まずはiCloudを利用した方法を解説します。

iTunesを利用するよりiCloudの方が簡単に転送可能です。

しかし、iCloud経由で転送すると写真・動画のフォルダ分けができないのでご注意ください。

また、iCloudを使って無料で転送できるデータ容量は5GBまでのため、それ以上の写真・動画は編集するかリサイズして送ることをおすすめします。

iCloud Driveを開く

iCloud Driveを開きます。

パソコン内で「iCloud Drive」と検索すると見つけやすいでしょう。

写真・動画を移動させiPhoneに転送する

転送したい写真や動画をiCloud Driveに移動させます。

これでiPhoneへの転送は完了です。

後述しますが、転送した写真や動画はiPhoneの「ファイル」で確認できます。

iPhoneをパソコンに接続することなくデータの転送ができるので、iCloudを利用する方法がスムーズでおすすめです。

iTunesを利用する方法

次にITunesを利用した転送方法です。

iTunesを使うと写真や動画をフォルダ分けした状態で転送できます。

「旅行先での写真」「家族との動画」など思い出ごとにフォルダが分けられるので、見返す時に便利でしょう。

またiTunesであれば転送するデータの容量に制限がありません。iPhoneの容量に余裕があればサイズの大きい写真や動画でも転送できます。

写真や動画を整理する

写真や動画をフォルダ分けする場合、あらかじめ新規のフォルダを作成してその中に保存しておきましょう。

フォルダの名前を変更しておくとiPhoneに転送した後もわかりやすいです。

iTunesを開き転送したいデータを追加する(動画)

動画を転送する場合、まずiTunesを開きます。

パソコンの画面左上にある「ファイル」から「ライブラリに追加」をクリックし、送りたいデータを選択します。

iTunesに動画データが取り込まれたら準備完了です。

LightningケーブルでパソコンとiPhoneを接続する

パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続します。

iTunesの画面左上にiPhoneのマークが表示されるのでクリックしてください。

 

写真を転送したい場合は「写真」、動画を転送したい場合は「ムービー」をクリックします。

フォルダにチェックを入れてiPhoneに転送する

遷移した画面で「写真を同期」または「ムービーを同期」にチェック入れ、さらに転送したい写真、動画にもチェックを入れます。

最後に、画面右下にある「同期」をクリックすると、iPhoneへ転送完了です。

その他の方法

iCloud、iTunesを使用せずに写真を転送する方法もあります。

何らかの不具合でiCloud、iTunesが使用できない場合は、ここで紹介する方法もお試しください。

基本的に無料でできる方法のみご紹介します。

iPhoneで使用可能なUSBを利用する

iPhoneでも使用可能なUSBにパソコンの画像/動画を移し、転送する方法です。

iTunesやiCloudが利用できない場合でも転送できます。

しかしUSBがない場合、購入するための費用がかかってしまうので、手元にないときは別の方法を試すのがおすすめです。

メールに写真を添付してiPhoneに送る

Gmailなどのメールは画像や動画の添付が可能です。

新規でメールを作成し、iPhoneに送信したい写真を添付。宛先をiPhoneのメールアドレスにして送信すればiPhoneで写真・動画をダウンロードできます。

Googleドライブ・Google Photoに保存する

GoogleドライブやGoogle Photoには写真・動画を保存することができます。

パソコンで写真・動画を保存し、iPhoneでGoogleドライブ/Google Photoのアプリをダウンロード。アプリから写真・動画をさらにダウンロードすることで転送完了です。

参照:Googleドライブ

参照:Google Photo

DropBoxを利用する

DropBoxはインストールした写真や動画を共有するのに便利なアプリです。

パソコン側でDropBoxにデータを保存し、iPhone側でDropBoxのアプリをインストール。保存した写真や動画をダウンロードすれば転送完了です。

参照:DropBox

SNSやメッセージアプリを利用する

パソコンからTwitterやLINEなどのSNSに写真をアップロードして、それをiPhoneに保存するという手順で転送することも可能です。

他人に見られたくない写真であれば、自分のアカウント宛にDM(ダイレクトメッセージ)機能を使って送るのがおすすめ。

SNSを使い慣れている方は、この方法がもっとも簡単に感じるでしょう。

YouTubeを利用する(動画)

動画を転送したい場合、YouTubeにアップロードするという方法もあります。

正確にはデータを転送するのではなく、iPhoneのYouTubeアプリから動画を視聴できるようにする形です。

アップロードした動画を「限定公開」設定にすれば、動画のURLを知っている人以外は視聴できません。

YouTubeにアップすれば動画データがiPhoneの容量を圧迫しないので、この方法もおすすめです。

友人に動画をシェアしたい場合も、URLを送るだけで済みます。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

パソコンから転送した写真をiPhoneで確認するには?

iCloud経由で写真や動画をiPhoneに転送した場合、ホーム画面にある「ファイル」にデータが追加されます。ここで確認しましょう。

iTunesの場合、写真はiPhoneの「写真」→「アルバム」にデータが保存されます。

動画は「TV」→「ライブラリ」→「ホームビデオ」に保存されます。

SNSなどを使った場合は保存先を選択できるので、見返しやすい場所に保存するとよいでしょう。

写真や動画をiPhoneに転送するメリット

では、写真や動画をパソコンからiPhoneに転送することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
主に次の3つが考えられます。

  • いつでもどこでも写真を閲覧できる
  • SNSへのアップがスムーズ
  • 他の人への共有が簡単

それぞれ解説します。

いつでもどこでも閲覧できる

普段持ち歩いていることの多いiPhoneに写真や動画が保存されていた方が、時間や場所を選ばず見返すことができるでしょう。

友人や家族との集まりで思い出を振り返りたいときなどは、iPhoneに保存してあった方が便利です。

SNSへアップしやすい

写真や動画をSNSにアップロードしたいときもiPhoneからの方が便利だと感じる方が多いのではないでしょうか。

ふとした瞬間の気持ちや考えを投稿するSNS。普段手にしているiPhoneから利用することが多いはず。

投稿に写真や動画を添えたいときは、iPhoneの中にデータがあった方が便利でしょう。

他の人への共有が簡単

友人などへデータを共有したいときもiPhoneからの方がスムーズです。

パソコンを開いてメールやSNSでデータを送らなくても、iPhoneであればすぐに開いて送受信が可能。

iPhone同士であればAirDropを使ってのデータ送信もできます。

パソコンからiPhoneに写真を転送するときの注意点

パソコンからiPhoneに写真を転送する際、注意しておくべきポイントがあります。
以下の点を知っておくとiPhoneへの転送を問題なく行えるでしょう。

枚数が多いとアップロードに時間がかかる

転送する写真の枚数が多いと、また動画のサイズが大きいとアップロードに数分〜十数分ほど時間がかかることがあります。

時間がかかっているからといってアップロードをキャンセルしてしまうと転送できません。

完了するまで気長に待ちましょう。

iPhoneの容量を確認する

転送する写真の枚数や動画のデータサイズによっては、iPhoneの容量を圧迫してしまう可能性があります。

転送するデータ量が多い場合は、iPhoneのストレージ残量を確認にした上で行うのがおすすめです。

容量が残り少ないときは使っていないアプリや画像、動画を削除することで容量を増やしましょう。

iPhoneの容量はホーム画面にある「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から確認できます。

動画の形式変更が必要な場合がある

iPhoneで再生できる動画は「MP4」と「MOV 」のみです。

動画の形式によっては再生できない場合があるので、必要に応じて形式を変更しましょう。

下記のような動画の形式変換ソフトを使うとスムーズです。

参照:動画変換フリーソフト

いろんなタイミングで写真や動画を楽しめるようiPhoneを活用しよう

普段持ち歩くことの多いiPhoneに写真や動画を移しておけば、外出先などでも閲覧できて楽しめる機会が増えるでしょう。

今回紹介した方法で、パソコンから転送してみてください。

サイズの大きいデータは転送する前にiPhoneの容量を確認するようにしましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement