プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

【超入門】フリーランスになりたい人が知っておくべき基本

作成: 2019.07.16 更新: 2019.08.13

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

働き方の多様化でフリーランスとして働く人が増えています。この記事では、フリーランスで働きたい人が押さえておくべき基本中の基本について紹介!

フリーランスは個人で仕事を請け負う働き方

フリーランスになりたいけれど、そもそもフリーランスってどんな働き方なんですか?

フリーランスとは、企業などに属さずに個人で仕事の契約をする人のことです。最近では、「個人事業主」とほぼ同じ意味で使われます。

フリーランスが多い職業の例として以下が挙げられます。

・システムエンジニア・プログラマー
・ライター
・編集者
・デザイナー
・イラストレーター
・マーケター

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスは自由に自分らしく働けるイメージがあって憧れます。しかも頑張れば会社員時代と比べて何倍も収入アップできると聞くし、いいことだらけですね。

でもそんなに甘い世界ではありません。確かにフリーランスはメリットもたくさんありますが、デメリットがあることも知っておいてくださいね。

フリーランスのメリットは次の4つです。

・場所や時間に縛られずに自由に働くことができる
・実力次第で収入アップが見込める
・人間関係のしがらみが少ない
・定年退職がない

一方、フリーランスにはデメリットもあります。

・収入が不安定
・確定申告などの事務手続きも自分でしなければならない
・孤独を感じやすい
・スキルアップの努力が必要

自分で仕事を選べたり、スキルがあれば収入アップが見込める一方で、収入が不安定なので生活の見通しも立てにくく、クレジットカードやローンの審査も会社員より通りづらいことがあります。
また、フリーランスは「スキルの切り売り」だとも言われ、スキルアップの努力をしなければ大きな仕事も任せてもらえないでしょう。

フリーランスになるには?

フリーランスのメリットやデメリットについては理解しました。それでもフリーランスになりたいときは何から始めたらいいですか?

実は、フリーランスになるために特別な手続きは要りません。個人で仕事を請けたら、その日からフリーランスなんですよ。

フリーランスは、特別な手続きなしに始めることができます。税務署に提出する開業届も売上が少額であればメリットはあまりなく、副業でフリーランスをしているなどなかには開業届を出さずにフリーランスとして働いている人もいます。

まずは副業からフリーランスデビューしてみるのもおすすめ

収入減などのリスクを防ぐためにも、まずは副業からフリーランスを始めるのがおすすめです。
本業でしっかりと収入を得ながら副業としてフリーランスで働くことで、フリーランスで働くコツもつかめて収入アップにもつながります。

副業禁止の会社もあるので、副業を始める前にご自身の会社の規則をしっかりと確認してくださいね。

関連記事:会社員からフリーランスになりたいなら、まず『副業』として始めるべき理由


この記事は自由に働くためのフリーランス超入門について説明している12ステップ記事のひとつです。

次のstep2の記事は、以下からご覧下さい。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT(テック エキスパート)

TECH::EXPERT(テック エキスパート)は未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は98.5%(2019年1月時点)。確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にぜひお越しください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

アカギヒトミ
アカギヒトミ
Web編集者・ライター。大学卒業後、中学校教師になるもののインターネットと書くことを諦めきれずにIT業界へ転職。ヘルステックベンチャーで編集者・ライターをしていました。 「誰かの人生の選択肢を増やし、よりよい人生を送るお手伝いをすること」がモットーです。趣味は移動。