無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

試験前日の過ごし方3つと試験当日の過ごし方6つ!NGな過ごし方も

更新: 2022.02.17

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

試験前日はどのくらい睡眠時間を取るのがよいのだろう?
試験当日は起きてから何時間後にテストを受けるのがベスト?
本番で力を発揮できる、試験前日・試験当日の過ごし方を教えて!

こう考えていませんか?

本記事では、資格試験や昇進試験などの前日におすすめの過ごし方や、テスト直前の過ごし方を紹介。試験前にやってはいけないNGな過ごし方も紹介します。

本番で十分に力を出したいと考えている受験生・学生の方は必見です。

試験前日の過ごし方おすすめ3つ

試験前日は、緊張せずにいつも通りに過ごすことが大切。当日に慌てたり、コンディションが悪い状態に陥らないために必要な過ごし方を3つ紹介します。

  • ゆっくりと過ごす
  • 早く寝る
  • 持ち物を確認する

ゆっくりと過ごす

試験前日は、緊張しすぎずにゆっくりと過ごしてください。

徹夜をしての勉強や無理をして普段やらないようなことをやったりせず、普段通りに過ごすことが心身のリラックスにつながります。

たとえば、好きな音楽を聞いたりお茶を入れたり、読書をしてみたり、お風呂にゆっくり入ったりすれば、落ち着いた時間を過ごせます。

無理をせず、自分が落ち着けると思える環境で過ごしましょう。

早く寝る

試験前日の理想的な睡眠時間は6〜7時間半程度です。

睡眠不足は能率が下がるほか、記憶力に影響が出ることもあります。せっかく今まで勉強したのに、当日にすべての力を発揮できなければ元も子もありません。

試験前はいつもより早く寝て、翌日に備えましょう。

また、睡眠時間だけでなく、睡眠の質にも気をつけてください。以下で良質な睡眠を取るための方法を紹介します。

良質な睡眠を取るための方法

  • 寝る前にスマホを見ない
  • 食事は3時間前までに済ませておく
  • 熱すぎないお風呂にゆっくりと浸かる
  • 夜のカフェイン摂取は控える
  • 遅くまで勉強をしすぎない
  • 前日までに仕事がある場合は早めに切り上げる

持ち物を確認する

試験前日には持ち物を必ず確認してカバンに入れておきましょう。当日に慌てて支度をして、忘れ物を防ぐためです。

特に受験に必要な受験票や鉛筆、消しゴム、試験前の見直しに使う参考書やノートは忘れないようにしましょう。

たくさん持っていきたくなる気持ちはわかります。しかし時間は限られているので使い慣れた参考書要点をまとめたノートなど、持ち物を絞るほうがおすすめ。

そのほか、試験の合間や試験前に気分転換できるアイテムや、体調を整えるためにあると便利なアイテムも持っていると安心です。

以下に試験当日に持参するとよいものを記載したので、参考にしてください。

試験当日に持参するとよいもの

  • 使い古した参考書や要点をまとめたノート
  • 鉛筆、消しゴム
  • チョコレート
  • マスク、のどあめ
  • カイロ、カーディガンなど体温調節ができるもの
  • 音楽プレーヤー

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

試験当日の過ごし方おすすめ6つ

試験当日は、試験直前までに体をベストコンディションに持っていきたいところ。

そこで本章では、試験当日のおすすめの過ごし方を6つ紹介します。

  • 試験開始の3〜4時間前に起床する
  • 朝食は普段どおりのものを食べる
  • 時間の余裕を持って家を出る
  • 試験前にトイレを済ませる
  • ポジティブに考える
  • 休憩時間に答え合わせをしない

試験開始の3〜4時間前に起床する

試験当日は、起床してから3〜4時間後にテスト・試験が受けられる状態に持ってくるのがおすすめ。なぜなら起床から3〜4時間後になって脳は活発に働くようになるからです。

ベストコンディションで試験に臨むためにも、早起きしましょう。

また早起きをすると時間に余裕ができて、遅刻を防ぐことも可能に。普段は家を出るギリギリまで寝てしまう人も、試験当日は早起きを心がけてください。

朝食は普段どおりのものを食べる

カツ丼(カツ=勝つ)、タコ(オクトパス=おくとパス<合格>)など、験担ぎになる食べ物。せっかくの試験前だから、あやかりたくなります。

しかし験担ぎだからといっていつもは食べないものを食べると、お腹が痛くなるなど体調不良を引き起こす可能性も。

試験前は無理をせず、普段どおりのもの食べるほうが無難です。

朝食を摂る習慣がない人も同様の理由で無理してたくさん食べようとせず、無理のない範囲で食べるか、いつも通り朝食抜きで過ごすほうがよいでしょう。

時間の余裕を持って家を出る

カスタマーエンジニアに転職する方法

「試験当日の朝に勉強していたらいつのまにか家を出るギリギリの時間になっていた」ことにならないためにも、普段より時間に余裕を持って家を出るようにしましょう。

普通であれば遅刻をしない時間でも、天候や公共交通機関の遅れなどのトラブルが発生することもありえます。それらを見越して早めに家を出るのがおすすめです。

見直しをする時間も取れますから、有効に時間を使うことができます。

試験前にトイレを済ませる

試験前にはトイレを済ませておきましょう。試験中にトイレに行きたくなって、集中力が下がったりトイレに行って時間をロスすることを避けるためです。

かといって、水分を控えるのもあまりよくありません。適度に水分補給しつつ、余裕を持ってトイレを済ませて試験を受けてください。

ポジティブに考える

試験前はどうしても不安になりがち。しかしその不安は会場にいる他の受験者も同じです。「みんな不安なものなんだ」と思えば少しは気持ちが楽になります。

また、使い古した参考書を見て「自分はこんなに勉強したから大丈夫だ」と考えたり「自分はできる」と信じ切ることも大切。最後は自分を信じ、試験に臨みましょう。

休憩時間に答え合わせをしない

試験の間にある休憩時間は、つい不安から答え合わせをしたくなるもの。しかし、そこはぐっとこらえて次の試験の見直しか、リラックスする時間に充てましょう。

試験の合間に答え合わせをすると、間違っていた場合に不安になって次の試験に集中できない可能性があります。答え合わせは試験がすべて終わった後です。

試験前日・試験当日の過ごし方【みんなの声】

試験前日・試験当日に関する皆さんの声を集めてみました。試験前日は無理をせずに自分に合ったリラックス法で当日を迎えましょう。

試験前日にやってはいけない過ごし方

試験前日は、以下の4つの行いはやめておきましょう。

  • 徹夜をする
  • 勉強をしすぎる
  • 普段と違うことをする
  • 残業する

徹夜をする

試験前日には、直前までできるだけ多くの知識を詰め込もうと徹夜をしたくなります。焦りや不安は分かりますが、徹夜で勉強をするのはよくありません。

徹夜と絶食が作業能率に及ぼす影響』の論文によると、徹夜によって作業能率が下がることがわかっています。

無自覚のうちにマイクロスリープ(数分の1秒〜30秒程度のごく短い睡眠)が起きるからです。他にも、イライラしやすくなったり無関心になったりとマイナスの影響も。

一度下がった作業能率は十分な睡眠を取ることで回復するため、試験前日は十分な睡眠を取るようにしましょう。

必要な睡眠時間は人により異なるので一概に○時間眠ったらよいとは言えませんが、日本人の平均睡眠時間は約7時間40分ほどです。

平均睡眠時間を参考に、「ぐっすり眠れた」と思える睡眠時間を確保しましょう。

勉強をしすぎる

試験前日だからといって張り切って勉強しすぎるのもおすすめできません。

前日に根を詰めて勉強した結果、睡眠不足に陥ったり「勉強が足りない」とさらに不安になったりする可能性があるからです。

一夜漬けという方法もありますが、前日の1日で大きく変わることはありません。勉強は毎日の積み重ねが大切。

キリのよいところで勉強を切り上げて、リラックスする時間や睡眠時間に充てましょう。無理をせずいつも通りに過ごすことが、試験合格をつかむカギです。

普段と違うことをする

験担ぎでいつもは食べない食事を摂る、眠れないから普段はやらないのにジョギングをしてみるなど、普段と違うことをするのも避けたほうがよいでしょう。

やり方や内容によっては体調を崩してしまうことにもなりかねません。

残業する

試験前日なのに仕事が終わらずに残業してしまい、寝不足で試験を受けることになってしまう事態は避けたいもの。

そのために、試験前日に残業をしなくて済むように事前にスケジュールを立てて仕事を計画的に終わらせましょう。

日頃からタスクアプリを活用して仕事の優先順位をつける習慣を持っておくと、試験前日に仕事が終わらずに焦ることがなくなります。

試験前日に残業をしなくては仕事が終わりそうにない場合は、予め上司に相談して業務を調整してもらうなど検討してみてもよいでしょう。

最後は自分を信じて試験に臨もう

最後は、自分の力を信じて試験に臨むことが大切です。

「成功の9割は、 信じる気持ちから生まれる」という言葉もあります。

試験前日に焦りや不安はつきものですが、今回紹介した方法を実践して120%の力を出し切りましょう。瞑想などで心を落ち着けることもおすすめです。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

アカギヒトミ
Web編集者・ライター。大学卒業後、中学校教師になるもののインターネットと書くことを諦めきれずにIT業界へ転職。ヘルステックベンチャーで編集者・ライターをしていました。 「誰かの人生の選択肢を増やし、よりよい人生を送るお手伝いをすること」がモットーです。趣味は移動。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement