テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

まずは月10万の副業から!不労所得で生活する方法や税金の知識を解説

公開: 2018.10.17 更新: 2019.05.21

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

会社を辞めて不労所得で生活したいと考えていませんか。

何かを始めたいと考えているが、不労所得としてイメージの強い株やFXなどは「ハードルが高く、不安」と思われる方も多いでしょう。今の収入や貯金では元手が足りないという方もいるかもしれません。

実は「不労所得での生活を目指し、まずは副業として始められること」はたくさんあり、中には少ない初期費用で簡単に始められることもあります。それらの副業で少しずつ収入を得て、それを投資などに回す、という方法がおすすめです。

この記事では、不労所得での生活に向けて簡単に始められる副業や、不労所得を得る上で知っておきたい税金の知識などを解説します。

不労所得の定義

まずは不労所得の定義について確認していきましょう。

不労所得は、辞書では「利子・配当金・家賃・地代など働かないで得る所得」と定義されており、対義語としては働くことによって得ることができる所得である「勤労所得」があります。

不労所得という言葉は、世界で1,000万部、日本でも100万部を超えるベストセラーとなったロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さん貧乏父さん」と言われています。本書の中で登場する「passive income(パッシブ・インカム)」という言葉が日本語版の出版の段階で「不労所得」として翻訳されました。

passive incomeとは、直訳すると受動的(passive)所得(income)という意味を持ち、その言葉の通り「全く働かずに得られる所得」よりも「小さな労力で得られる大きな利益」という意味の方が強いです。

辞書で例として挙げられている「配当金」について、株式の配当金は確かに働くことなく入ってくる所得ではありますが、その配当金を得るためには購入する株式の選択といった事前準備や調査がとても大切です。

つまり、十分な不労所得を得るためには「少ない労働でより多くの利益を生み出す」ための仕組み作りが最も重要といえます。

副業で不労所得を得るための考え方

冒頭で説明した通り、不労所得と言っても全く働かなくてもよいわけではなく、何らかの行動(=収入を得るための仕組み作りをすること)が必要です。

満足するだけの不労所得を得るためには、それらの行動を必要最低限にとどめ、さらにその行動を労力・苦労と感じないようにすることが重要です。

例えば、自転車やバイクなどで料理を配達することで金銭を得る「Uber eats」という制度は、配達するという行動を「きつい労働」と考える人も居れば「運動」や「サイクリング」といったポジティブなものとして考える人もいます。

不労所得を得るための行動を苦痛と感じてしまうと、それを継続して続けることが難しくなります。

この記事の後半では、初心者におすすめの副業をいくつか紹介しているので、その中から自分自身が「労働と感じずに出来るか」という点を基準に見てみると良いでしょう。

全く働く必要のない不労所得とは

不労所得には必要最低限の行動が必要と述べましたが、中には全く働く必要がないものもあります。

働かなくても収入が得られる、なんて夢のように思えますが、これらを実現することはもちろん簡単なことではありません。

例えば、ブログやアフィリエイト収入などは記事やサイトのアクセスが安定し、軌道に乗ることが出来れば一定の収入を得ることができますが、そこにたどり着くまでには「ひたすら記事を書く」という行動が必要です。

ブログの場合、ある程度の利益を得られるようになるまでには目安として100記事の執筆、期間としては最低半年はかかると言われています。

記事を書き続けたとしても安定収入が得られる可能性は100%ではないため、どのような記事であればアクセスを集めることが出来るのかを考えた上で根気よく続ける必要があります。

また、株式や不動産投資についてはある程度まとまった金額の初期投資が必要です。

本や漫画の印税収入も一般的には不労所得とされていますが、作品が完成するまでにはマーケティングや打ち合わせ、制作活動などの多くの労働が必要です。

このように考えると、全く働く必要のない不労所得を得るには「大きな元手」か「一定期間の(割に合わないとさえも思える)労働」が必要であると言えるでしょう。

おすすめは「まずは副業から」始めること

不労所得だけで生活をしていくためには相応の準備期間が必要です。

そのため「まずは仕事の収入以外の副業を始め、副業で得た資金を元に株式投資などを行う」という方法がおすすめです。

不労所得での生活に向いている人

不労所得だけで生活したい、と考えている人はたくさんいらっしゃるでしょうが、不労所得だけで生活することは誰でも出来ることではありません。

続いて、不労所得での生活に向いているタイプについて解説します。

熱中できることがある

AIの台頭により、苦痛と感じることを我慢するような仕事や高度な知能を要しない単純作業などは次第に減っていくと見られています。

多くの仕事がAIに奪われる中、自分の好きなことや熱中できることがある人は、それを活かす方法を考えることができます。

生活のビジョンがある

確かに不労所得はPassive income(受動的な収入)という言葉から来ていますが、それを得るためには能動的(自発的)に行動することが必要です。

例えば「家族との時間を増やしたい」、「趣味に費やせる時間を増やしたい」といったような不労所得を得たい目的・ビジョンが明確な人の方が継続して行動できるでしょう。

勤勉である

常に学び続ける姿勢も重要です。

特に不動産投資などは世の中の状況や新しい流行を常にチェックし柔軟に対応する必要があるため、勤勉・真面目さが求められます。

新しいことに挑戦できる人

UberやAirbnbなどはここ10年以内にできた新興のサービスです。

それらの新しいサービスをいち早く取り入れ、活用できる人は、周囲よりもチャンスを得る可能性が高いでしょう。

テクノロジー業界に挑戦すべき理由とは
無料で公開中!

あなたは、この先も自分の仕事がなくならないと言い切れますか
「先の見えない未来で生き残る方法を知りたい」そんな方に読んでほしい内容を限定の資料にまとめ、徹底解説します。

【内容例】
✓AIによって置き換えられない仕事を選ぶには
✓人生100年時代のキャリア論
✓テクノロジー業界に挑戦すべき理由

初心者におすすめの副業14選

将来は不労所得だけで生活したい、と思っている人も、まずは副業で月10万円ほどの副収入を得ることを目標に始めてみましょう。

初心者におすすめの副業を14個紹介します。

またそれぞれの副業が「月10万円稼ぐ副業」としてどのくらい適しているか5段階評価で表しています。

Uber

Uberとは、自分の車にお客様を乗せ目的地まで運ぶことでお金をもらうビジネスです。
日本ではまだあまり普及していませんが、欧米などの海外ではタクシーに代わる交通手段として人気です。

一般のドライバーがUberドライバーになるためにはサービスを仲介しているサイトへの登録が必要になります。自分の好きな時間に働けるため、運転することが好きな人にとってはよい副業になります。

日本では規制が厳しく、普及までに時間がかかりそうであるというのが現状です。

おすすめ度:★★

Uber eats

Uberが展開している出前サービスです。利用者はアプリを使って料理を注文します。

注文が入ると、配達員として登録した人のアプリにUberから依頼が入り、依頼を受けた配達員は自転車やバイクで料理をピックアップ、指定された住所に届けます。

自転車やバイクの乗ることが好きな人にとっては楽しみながら続けられる副業と言えるでしょう。一方、悪天候が続く場合や体調が優れない日は少しつらいかもしれません。

おすすめ度:★★★

カーシェアリング(タイムズカープラス など)

企業が車を提供し、それを複数人でシェアする、という従来のカーシェアリングとは異なり、個人が自分の車を他の人に貸し出す、というサービスです。

借りたい人とのやり取りや、貸す前後の車の清掃などの労力は必要ですが、平日などの車を使わない時間に貸し出すことでお金を得ることができます。

始め方としては、個人でのカーシェアリングを仲介しているサービス業者に登録することで、借りたい人からのオファーが届くようになります。

車の大きさや車種によって料金は異なりますが、平均して1日3,000円~1万円です。

参考:タイムズカープラス

おすすめ度:★★★★

モノオク

モノオクは、自宅の空いたスペースなどを人に貸すトランクルームのようなサービスです。

空いたスペースがあれば始められるため、特別なスキルなどが必要なく、気軽に、ほぼ初期投資なしで始めることができます。収入は立地や広さによって異なりますが、目安は月7000円です。

おすすめ度:★★★

Airbnb

所有している物件や空いている部屋を一泊から長い場合は数週間、数ヶ月間貸し出すサービスです。
Airbnbに物件の登録を行うことで、利用希望者からのオファーが届くようになります。

希望者との鍵の受け渡しや滞在前後の清掃などは必要ですが、都心や観光地などの立地のよい場所に物件を持っている場合は、少ない労力で比較的まとまった収入を得ることができるでしょう。

おすすめ度:★★★

ブログ

自身でブログを立ち上げ、Googleなどの広告を貼ることで広告収入を得る方法です。
個人の好きなテーマでブログを書くことができるため、書くことが好きな人にとっては楽しみながら行える副業です。

ブログの内容が世の中の需要とマッチし、多くのアクセスを集めることができれば月数万円の収入を得ることも可能ですが、軌道に乗るためには最低100記事の執筆が必要、と言われているため、根気よく続けることが重要です。

おすすめ度:★★★★★

アフィリエイト

ブログの広告収入と似ていますが、こちらはブログに商品への購入リンクを貼ることで、そのブログを経由して商品が購入された場合などに仲介手数料としてお金が入る、という仕組みです。

ブログと同じく気軽に始められることからすでに多くの人が行っている副業であり、新規参入するためにはどのような商品を紹介するか、といったリサーチなどは重要です。

ブログを同じく軌道に乗るまでは地道な作業が必要ですが、検索エンジンで上位表示され、多くの人がブログを経由して商品を購入してくれるようになれば、月数万円~数十万円程度の不労所得を得ることができます。

おすすめ度:★★★★

不動産

マンションやアパートのオーナーになる不動産投資(アパート経営、マンション経営)は、まとまった額の元手は必要ですが、人気のエリアなどに物件を得ることができれば数十万円~数百万円といった安定した家賃収入を得ることができます。

建物の維持・管理については管理会社などに委託することができるため、特別な知識が必要ないこともポイントです。しかしながら、せっかく購入した物件に全く入居者が入らない、など大きなリスクもあるため、物件の見極めや事前の下調べは重要です。

おすすめ度:★★

株・FX

株式投資は、相場の値動きを予測し、値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うデイトレードや、企業が株主に利益を分配する配当金(インカムゲイン)を目当てとした配当金投資といった方法があります。

FXとは「外国為替証拠金取引」を指し、日本円とドルやユーロなどの外国通貨を売買することで、その差額を利益として得る方法です。

FXには元手以上の取引が可能になるレバレッジという仕組みがあり、これを利用することで少ない元手で大きな額の取引をすることができるようになります。

しかしながら、これはハイリスク・ハイリターンの方法であるため、初心者はある程度コツを掴むまで1~3倍程度の運用を行うことをおすすめします。

不労所得としてよくイメージにあがる株・FXですが、市場に動きを読む必要がある、という難易度の高さとリスクが伴っていることは否定できません。ある程度の安定収入を得るためには経済状況を常にチェックする真面目さと勤勉が必要でしょう。

おすすめ度:★★★

投資信託

株式や債券の運用をプロにまかせることができる投資信託は、将来の貯蓄として運用する人も多くいます。

運用コストとして手数料がかかる点には注意が必要ですが、資金運用をプロに委託することで個人としては何もせずにお金が溜まっていく、という仕組みを作り出せることができます。

おすすめ度:★★★★

仮想通貨

ビットコインを始めとした仮想通貨は現在全世界に600種類以上が存在しています。
仮想通貨の価値は日々変動するため、その変動値を利用して利益を得る方法が主流です。

肉体労働が伴わずパソコンがあれば運用することができるため、会社員の副業としては適しているでしょう。ですが、株やFX以上に価値の変動が激しいため、数日で価値が暴落する、といった大きなリスクが存在する点は注意が必要です。

おすすめ度:★★

駐車場、コインランドリー、自販機の設置・運営

自宅の前に自販機を設置し、購入額の数%をもらったり、駐車場やコインランドリーを運営する副業です。

特別な知識などは必要とせず、手間はあまりかかりません。ですが、大きな初期投資が必要な点と、集客が見込める立地であるかどうかによって収益が変わるといったデメリットも存在します。

おすすめ度:★★

アプリ開発

私たちが普段使用しているスマホアプリは、実は自分で作ることができます。

iOSアプリはSwift(スウィフト)、AndroidはJava(ジャバ)やKotlin(コトリン)というプログラミング言語が使用されています。

開発するためのプログラミング知識と開発工数は必要ですが、一度開発すると後はメンテナンスなどの少ない労力で利益を生み出すことができます。

有料アプリにしてダウンロード代を得る方法もありますが、無料アプリとしてリリースした上で有料版や課金システム、アプリ内の広告掲載で収入を得ることもできます。

多くの人に「欲しい」と思ってもらえるようなアプリを開発するためには世の中のニーズの見極めなどが必要ですが、もともとプログラミングが好き、といったエンジニアの副業としてはぴったりでしょう。

以下の書籍ではiPhoneアプリ開発者による「収益化のノウハウ」がまとめられています。

おすすめ度:★★★★★

youtube

ユーチューバーという職業が、小学生のなりたい職業ランキングにランクインするほど世の中での地位を確立した職業です。

YouTubeの広告収入のみで生活する人々も一部いますが、YouTubeの動画再生で得られる金額は1再生ごとの0.1円程度であるため、YouTubeによる収入のみで生活するためにはそれだけの再生に値する動画を制作しなければいけません。

人気のユーチューバーはほぼ毎日新しい動画をアップしており、その撮影や編集には多くの時間が費やされていることは動画を見ると分かることでしょう。

おすすめ度:★★★

不労所得で生活する際に気をつけておきたい「税金」の知識

副業で不労所得を得ようと思った際に気になるのは税金です。知っておきたい税金の知識についてまとめました。

不労所得でも税金を払う必要がある

不労所得を得ている場合でも年間所得(年間の不労所得)が20万円であれば確定申告は必要です。

会社員など給与所得者は、毎月の給与からの源泉徴収と年末調整によって所属している会社・団体がすべて申告手続きをしてくれるので、通常は確定申告の必要はありません。

しかし、給与所得や退職所得以外の所得の合計額が年間20万円を超える人などの条件にあてはまる人は、税務署に確定申告する必要があります。

不労所得にかかる税金の分類

不労所得に関連する税金の分類は以下の通りです。種類がたくさんあるため、自身で判断できない場合は、税理士などに相談してみると良いでしょう。

事業所得

小売、サービスなどの事業形態にかかわらず、ある事業によって発生した所得にかかる税金です。(不動産による所得や山林の売買による所得は例外)

「総収入-必要経費=事業所得」で計算され、事業所得にかかる税金は事業規模などによって異なりますが、個人事業税の計算は「収入-必要経費-青色申告特別控除-事業主控除290万円×税率」で行われます。

給与所得

給与による所得で、「給与額-給与所得控除額=給与所得額」で計算されます。

給与所得控除額は給与年収によって異なり、例えば年収180万円以下の場合は控除額は「年収×40%」で計算されます。

利子所得

銀行預金、社債の利子によって得た所得で、利子所得は20%(所得税15%、地方税5%)です。

退職所得

退職所得とは企業の退職時に支払われる退職金のことです。源泉徴収の対象になるため、支払う側(企業など)が予め差し引いて支払います。

山林所得

山林を所有者が、自身の山林の木を切り売りすることによって得る収入です。ただし、売買する山林の木が、購入後5年以内の山林のものである場合、その所得は事業所得か雑所得とみなされます。山そのものを売買する場合は譲渡所得として扱います。

配当所得

株や公債などの配当金などによって得られるお金です。税率は固定で20.315%(未上場企業の株の場合は20.42%)です。

譲渡所得

所有する資産を譲渡した際に得た収入です。「収入金額-(取得費用+ 譲渡費用-特別控除額 )= 課税譲渡所得金額」で計算されます。

一時所得

一時所得とは、一時的で継続性のない所得(宝くじ、保険の満期返戻金など)があたります。

「収入金額 – 支出 – 特別控除額(上限50万円) = 一時所得の金額」で計算され、課税対象は一時所得の金額の1/2に相当する額とされています。

不動産所得

保有する不動産によって得られる収入です。「収入金額-支出=不動産所得」で計算されます。

雑所得

雑所得とは上記のいずれにも属しない所得にあたり、例としてはFX、アフィリエイト、年金などです。雑所得の算出方法は年金の場合と年金以外の場合で二通りあり、それぞれ以下のように計算されます。

公的年金等の収入金額 – 公的年金等控除額

公的年金等以外の収入金額 – 必要経費

AirbnbやUberなどはどれに当たる?

AirbnbやUberなどによって得られる収入は、その事業を本業としているか、副業としているかによって対応が異なります。

基本的に、Airbnbホストを事業として主として行っている場合は、他の自営業者や法人と同様、収入(売上)から原価(仕入れ値)と必要経費を差し引いた利益を事業所得として確定申告します。

ただし、すでに不動産事業を行っている人の場合は名目が異なる可能性があるため、税理士などの専門家に問い合わせするほうが良いでしょう。

会社員として企業に属している人の場合、給与所得や退職所得などに対しては源泉徴収によって会社が税金の手続きを代わりに行っているため、基本的には確定申告の必要はありません。

しかしながら、Airbnbなどの副業による収入が20万円を超える場合はそれらの収入を「雑所得」として申告する必要があります。

副業は会社にバレる?

「副業禁止」と就業規則で規定している企業も少なくないでしょう。
「副業」という言葉の明確な定義はありませんが、「本業」以外で収入を得る手段とすると株式やFX、アフィリエイト、さらにネットオークションなどは全て「副業」にあたります。

実際、会社がどのくらい厳しく「副業」を禁止しているかはそれぞれですが、そもそもなぜ副業は会社にバレるのでしょうか。

主な原因としては、副業によって総所得が増加し、翌年の住民税が増額したことです。住民税はその人の年間の所得から計算され、勤務先の会社(最も給与総額の大きい会社)に通知書が送付されます。その際に、会社が把握している給与額と比例しない住民税が通知されることで、その人がその会社以外に収入源を持っていると気づくことになります。

これを防ぐためには、住民税を自分で納付する「普通徴収」を選択する方法があります。

具体的には、確定申告書の用紙の2枚目にある「住民税・事業税に関する事項」の住民税の徴収方法の選択という項目で「自分で納付」にチェックします。ただし、市町村によってこの普通徴収が行えない場合があるため詳しくは各市役所に問い合わせしてください。

さいごに

不労所得で生活、なんてとても夢のある話ですが、それを実現することは元手や準備期間が必要です。

まずは何歳までにいくらの不労所得を得たいか、という明確な目標を設定し、月10万円の副業収入を目指して始めてみましょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement