転職
エンジニア派遣の働き方について、メリット・デメリットを解説

正社員は勤務時間や日数が固定で働きにくいと感じる人は多いです。
特に、パソコンさえあれば仕事の場所を選ばないエンジニアは、このように感じている人は多くみられます。

正社員ではないエンジニアの働き方として「エンジニア派遣」というが人気を集めています。
この記事にたどり着いたあなたは、エンジニア派遣について興味があり、以下のような疑問や不安を抱えているのではないでしょうか。

・エンジニア派遣という働き方に興味があるが、具体的にどのようなものかわからない
・正社員としてエンジニアをするのが就業の時間・規則の面から辛く、派遣に切り替えたい
・派遣エンジニアになったら自分の希望した業務内容と案件のミスマッチがなく、途切れることなく仕事を紹介してもらいたい

この記事では園児に派遣という働き方や、働く上でのメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。
今後のキャリアを考えるための参考にしてください。

この記事のまとめ

エンジニア派遣(技術者派遣)とは?

エンジニアを求めている会社に、特定の期間エンジニアを派遣し、技術を提供する働き方が「エンジニア派遣(技術者派遣)」です。

エンジニアは派遣を行っている人材派遣の会社に登録しますが、その会社で働くのではありません。エンジニアを求めて仕事の依頼を出している企業の開発に関わる案件などをこなします。

企業に派遣されるエンジニアは「派遣エンジニア」と呼ばれることが多いです。

IT業界では一つのプロジェクトや事業の単位で組織が動くことが多いです。その際に必要となるエンジニアを、期間を設けて雇用ことで、効率的に人材を確保できます。そのためエンジニア派遣のシステムは、多くの企業で活用されています。

IT業界は人材不足ということもあり、システム開発などを行う企業としては、エンジニアの人数が多いほど助かります。

派遣エンジニアとして働くメリット

派遣エンジニアとして働くメリットとしては、主に以下のようなものがあります。

・ライフスタイルに合わせて働きやすい
・未経験でも働ける案件が多い
・派遣の中では高収入
・様々な環境で働ける
・たくさんの人と出会える
・正社員登用される可能性がある

各項目については、以降の本文で詳しく説明していきます。

派遣エンジニアとして働くデメリット

メリットがある一方で、派遣エンジニアとして働くには以下のようなデメリットもあります。

・非正規雇用という不安定な働き方
・給与・福利厚生で正社員に劣る場合がある
・雇用期間が限定されている
・責任のある重要な業務を任されにくい
・派遣会社に対する帰属意識を持ちにくい

こちらについても詳しく解説していきます。

派遣エンジニアとして働くのは慎重に

派遣エンジニアとして働くことは、正社員として働くよりも自由が効きやすいです。勤務時間や出勤ペースなどをプライベートに合わせて決められる職場も多いです。

しかし、作業する現場が頻繁に変わったり、所属が不明確だったりと、不安に感じることも多いでしょう。安心感や安定感という点は正社員と大きく異なります。
安定感・安心感を求めるならば、やはり正社員として働くことをおすすめします。

派遣エンジニアとして働くべきかどうかは、いまの自身の状態や、今後のキャリアなどと照らし合わせて決めましょう。

もし未経験からプログラミングを身につけエンジニアを目指すのならば、プロに相談するのが最善策です。
プログラミングスクールでスキルを身につけならが、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。
スクールでは入校前に無料の相談も受け付けています。ぜひ活用してください。

無料相談の詳細をみる

 

エンジニア派遣(技術者派遣)とはどういう働き方?

エンジニア(技術者)を求めている会社に、特定の期間エンジニアを派遣する制度のことです。
エンジニアは派遣を行っている人材派遣の会社に登録しますが、その会社で働くわけではありません。エンジニアを求めて仕事の依頼を出している企業の仕事をこなすことになります。

派遣会社はエンジニアを紹介した際にマージンを得ています。それが派遣会社の主な収入源となっています。

派遣された技術者は、派遣先となる企業で作業をしていくことになります。
働き方は企業によって異なりますが、依頼された仕事をこなした分につき報酬が支払われる方法(一般派遣)と、正社員のように働く方法(特定派遣)などに分かれます。

システムエンジニアだけでなく、ネットワークエンジニアやヘルプデスクなどでも派遣で働く人は増加中です。
多くの企業でIT分野への投資が活発化していることもあり、派遣エンジニアの時給も高騰しています。
これも派遣エンジニアが人気を集めている理由の一つです。

派遣エンジニアを望む人は多い

「派遣」という言葉を聞くと、「毎月仕事があるかもわからない不安定な働き方」だったり、「正社員に比べると収入が低い」だったりと、ネガティブなイメージを抱く人も多くいます。

しかし、イメージとは裏腹に、派遣エンジニアという働き方は人気を集めているのです。

システムエンジニアなどはPCさえあれば会社に出勤しなくても仕事ができます。
そのため、規則が数多く設けられてしまう正社員ではなく、就業時間などの面で自由が利きやすく気軽に働ける派遣社員を選択をする人が増えてきているのです。IT業界では顕著です。

派遣社員は残業が少ない場合もあり、それでいて給与も他業種の派遣よりも高額な傾向があります。その点にメリットを感じて派遣を選ぶ人が急増中です。
2015年時点で、技術者派遣業界で働くエンジニアは、20万人以上いるというデータもあります。

参照:「派遣エンジニアって不安定で儲からない」はウソ? 派遣のメリット・デメリットとは。

エンジニア派遣の種類

エンジニア派遣には大きく分けると「一般派遣(登録型派遣)」「紹介予定派遣」「特定派遣(常用型派遣)」の3つに分かれます。
それぞれの違いについて説明していきます。

一般派遣(登録型派遣)

まず、登録している派遣会社から仕事が紹介されます。派遣社員は仕事を依頼している企業と雇用契約を結び、特定の期間内で仕事を行います。
時給制で働く場合が多いですが、仕事をこなした分だけ報酬が支払われる出来高制の場合もあります。

「派遣」というとこの一般派遣のことを指す場合が多く、派遣労働者の9割ほどが一般派遣(登録型派遣)で働いているとされています。
雇用期間はおおむね1〜3年ほどです。雇用期間が満期になると、その時点で契約も終了します。

仕事内容や企業を選べ、比較的自由に働ける点が一般派遣として働く大きなメリットです。
一方で、雇用期間が決められているため、契約が終われば新しい仕事を探さなければならないというデメリットもあります。
一つの企業での仕事が終わってもすぐに仕事にありつけず、収入が安定しない可能性も考えなければなりません。

紹介予定派遣

紹介予定派遣では、派遣期間は派遣社員として扱われます。しかし、期間終了後に正社員、あるいは契約社員として働くことを前提として雇用する派遣形態です。

派遣の期間は一般派遣のように時給制で働き、その後は月給制・年俸制などその企業の制度に従って雇用条件が変更となります。

派遣期間が終われば正社員になれる可能性もあるため、仕事が安定しやすいです。
しかし、紹介予定派遣の形態を採用している企業は、現状少ないです。そのため仕事の選択肢の幅は狭まってしまいます。

特定派遣(常用型派遣)

特定派遣は、派遣先となる会社に正社員として勤務する働き方です。
就業規則は派遣先の会社に従うことになり、派遣先の正社員とほぼ同じ条件で働くことになります。

特定派遣は、エンジニア派遣などIT技術者の派遣では多く見られる雇用形態です。常用型派遣とも呼ばれます。
待遇は正社員と同じになるため、基本給に加え賞与が支払われたり、有給を使うことも可能です。企業に派遣されていない期間でも給料が支払われるので、次の仕事を探す期間でも収入面で安定します。

ただ、正社員と同じく責任が求められたり、残業なども発生する可能性もあります。
多くの人がイメージする派遣社員とは少し異なる働き方です。

派遣エンジニアになるには

基本的に、エンジニアの人材派遣を行っている会社に登録をすることで派遣エンジニアになれます。以降はあなた自身の能力やキャリアを加味して、仕事の紹介を受けることになります。

登録の際に簡単な面接・面談を行う場合もあります。落とされることは少ないようですが、しっかりと履歴書を書き、自分の長所短所を伝え、志望動機を伝えられるように練習しておきましょう。

登録後も、仕事を獲得するためには自己アピールの機会が設けられることもあります。倍率が高い仕事の場合は、スキルのアピールや、志望動機をしっかり考えて伝えなければなりません。

以下の記事を参考に、面接や履歴書の対策をしておきましょう。

参照:面接や履歴書で自分の長所・短所を上手に伝える方法を解説

派遣エンジニアの主な職種と業務内容

具体的に派遣エンジニアにはどのような職種があるのでしょうか。
主な業務内容とともに解説していきます。

システムエンジニア(SE)

システム開発における要件定義や、プログラムの仕組みを細かく定めてプログラマーに指示を出す仕様書の作成などを行うのがシステムエンジニアの仕事です。
主にソフトウェアの開発を担当します。

プログラミングスキルはもちろんのこと、営業の社員とともに顧客の元へ赴き、要望を引き出したり、ニーズの解決方法を提案したりといったコミュニケーション能力も求められます。

ネットワークエンジニア

無線LANやコンピュータなどのハードウェアをつなぐネットワークを設計するのがネットワークエンジニアの仕事です。
セキュリティの面も考慮して、トラブルが起きないようにネットワークを構築していく責任のある仕事です。

データベースエンジニア

企業で使っているデータベースの保守・点検・管理を行うことが主な仕事隣ます。
膨大なデータを滞りなく運用し、安全に動作するよう常に管理します。
社外のデータベースのみならず、自社内で使っているデータベースの保守なども行います。

Webデザイナー

ホームページなどの製作において、フロントエンドのデザインを担当します。

ユーザーの心理を考え、適切なUI/UXデザインを中心に構築していくのがWebデザイナーの主な仕事です。

HTMLやCSSのスキルに加え、Javascriptのプログラミングスキルを求められることがあります。

ITコンサルタント

営業のように外部の企業に赴き、ITやテクノロジーの知識を用いてコンサルティングを行うのがITコンサルタントです。
顧客の抱える悩みを引き出し、それが自社の製品・サービスでどのように解決できるのかを説明します。
契約を獲得することのみならず、製品やサービスを販売した後のアフターフォローも欠かせません。使ってみての感想や、追加の製品提案をしていきます。

プログラマー

エンジニアがまとめた仕様書に沿って、実際にプログラミングを行うのがプログラマーの仕事です。
システムの仕組みづくりを行う重要な役割を果たします。
製品が完成した後のテスト作業(デバッグ)も行います。

システムエンジニア、あるいはプログラマーがシステム開発の全体を担当することもあるので、肩書きと仕事内容は企業によって異なります。

参照:システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いは?仕事内容や収入の差など解説

ヘルプデスク

社内で発生したシステムなどの不具合を解決に導くのがヘルプデスクの主な仕事です。電話などで遠隔で不具合の対応をサポート。社内での作業を滞りなく進めるためにも重要な職種です。

自社の製品やアプリケーションの仕組みなどについて把握しておく必要があり、専門的な知識も求められます。ただ、プログラミングの作業を直接担当することは少ないため、プログラミング未経験者でも採用になる場合が多いです。

英語力を身につければ、外資系の企業でも働け、収入アップも狙えます。

ジロギン ジロギン
TECH::NOTEのライターとして、日々IT技術の進歩と奥深さを感じながら記事を書いています。 個人でブログも運営しており、少年漫画とテニスについて更新中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー