未経験から10週間でエンジニア転職!新年から受講するなら今相談

IoT家電とは?できることの例や使うメリット・デメリット・問題点を理解しよう

更新: 2020.10.19

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

近年よく耳にする「IoT家電」に関して、よく分からないという方は多いと思います。

そこで今回は、IoT家電とは何か、IoT家電の主な事例、メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

IoT家電に買い替える予定の方やIoT家電がどのようなものか分からないという方は、ぜひ最後までご覧ください。

IoT家電とは

テクノロジーの発展やWi-Fiの普及などにより、あらゆるものがインターネットでつながるIoT社会が到来しました。

そこで本章では、注目されているIoT家電について解説します。

IoTでできること

IoTは「Internet of Things」の略称で、直訳すると「モノのインターネット」という意味の言葉。

例えば、これまでのスピーカーは単に音楽や映画などの音声を拡張するだけの音響機器でした。

しかし、スマートスピーカーの登場により、音響機器としての役割だけでなく、家電の遠隔操作や天気予報などの情報を受け取れるマルチデバイスに進化しました。

このように、IoTの活用であらゆる製品の利便性が向上し、私たちのライフスタイルに大きな影響を与えています。

IoT家電は家電とインターネットがつながったもの

IoTが何かを踏まえた上でIoT家電を簡単に説明すると、家電とインターネットがつながったものを指します。

具体的には、インターネットとつながることで別のIoT家電と連携したり、遠隔操作を可能にしたり、ソフトウェアアップデートによる利便性の向上などが実現できます。

スマホで利用できるIoT家電は「スマート家電」

IoT家電の中には、「スマート家電」と呼ばれるものがあります。

これは、専用アプリをインストールすることで、スマートフォンを介して操作や指示を行える家電をおもに指します。

一方で、スマートフォンに依存せず単体でインターネットとつながったり、別の家電と連携できるものがIoT家電と呼ぶことが多いです。

Wi-Fi・Bluetoothでインターネットにつなげるのが一般的

IoT家電をインターネットに接続する際は、Wi-FiやBluetoothを使うのが一般的です。中には、Amazon製品のようにSidewalkという独自規格を採用しているものも。

Wi-Fiは、Bluetoothと比較して通信速度が速く通信距離が長いのが特徴です。

そのため、外出先から遠隔操作して使うIoT家電で使われます。

一方で、Bluetoothは通信速度や通信距離はWi-Fiに劣る反面、消費電力の低さや手軽にワイヤレス接続できるのが特徴です。

そのため、近くにある複数のIoT家電を接続する場合などで使われます。

IoT家電のおもな例

前章では、IoT家電とは何かについて簡単に説明しました。

これを踏まえて本章では、具体的な事例を用いてさらにIoT家電について深掘りしていきます。

冷蔵庫

IoT家電としての冷蔵庫は、以下のような機能をもたらします。

  • タッチパネルがついており、今日の献立の提案や特売情報を閲覧できる
  • 普段の使い方や稼働状況を学習し、家庭に合わせた節電対策に役立てる

エアコン

IoT家電としてのエアコンは、以下のような機能をもたらします。

  • スマートフォンでエアコンを遠隔操作し、稼働状況の確認や電源のオンオフを行える
  • 過去の稼働状況を履歴で管理し、好みの状態を学習して快適な運転に役立てる

洗濯機

IoT家電としての洗濯機は、以下のような機能をもたらします。

  • その日の天気やこれまでの洗濯履歴をもとに、最適な洗濯コースを提案する
  • 洗剤や柔軟剤の内容に合わせて適量を自動投入する

テレビ

IoT家電としてのテレビは、以下のような機能をもたらします。

  • 動画配信サービスをインストールし、テレビでコンテンツを利用できる
  • インターネットを介した視聴者参加型のテレビ番組に参加できる

リモコン

IoT家電としてのリモコンは、以下のような機能をもたらします。

  • 1つのリモコンで複数のIoT家電を操作できる
  • タイマー機能により、特定の時間になったら自動で電源をオンオフできる

照明

IoT家電としての照明は、以下のような機能をもたらします。

  • 複数の照明の電源を一度にオンオフできる
  • 時間や曜日に合わせて明るさや色を自動で変えられる

その他のIoT家電の例

そのほかにも、以下のような家電がIoT化を果たしています。

  • カーテン
  • 電子ロック
  • プロジェクター
  • 掃除機(ルンバ)
  • 見守りカメラ

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

IoT家電を使うメリット

電球本章では、IoT家電を使うメリットを4つ紹介します。

家電の遠隔操作ができる

1つ目のメリットは、家電の遠隔操作ができることです。

具体的には、スマートフォンやタブレットなどの端末と連携することで、外出先から電源のオンオフを行ったり、稼働状況を確認できます。

電気の「見える化」が節電に役立つ

2つ目のメリットは、電気の「見える化」により節電対策に役立つことです。

具体的には、普段の使用状況を学習することで、使用頻度の低い時間帯に消費電力を抑える省エネモードに自動的に切り替わるなどです。

家庭の安全・安心に役立つ

3つ目のメリットは、家庭の安全・安心をサポートすることです。

具体的には、健康状態を元に高齢者の異変や子供の体調不良を察知したり、自動ロック機能や自動照明により防犯対策につながります。

Alexaなどのスマートスピーカーで音声操作ができる

4つ目のメリットは、スマートスピーカーにより音声操作ができることです。

具体的には、「Alexa(アレクサ)」「Google アシスタント」「Siri(シリ)」などの音声認識に対応したスマートスピーカーを活用することで、音声で洗濯機やエアコンなどを操作できます。

この記事のハッシュタグ

IoT家電を使うデメリット・問題点

ネガティブ続いては、IoT家電を使うデメリットや問題点を3つ紹介します。

インターネットに接続できないとただの家電

1つ目のデメリットは、インターネットに接続できないと通常の家電と変わらないことです。

特に、家庭でWi-Fi環境が整っていない場合は、光回線の工事やモバイルWi-Fiの準備などを行わなければなりません。

外部から不正にアクセスされるセキュリティリスク

2つ目のデメリットは、サイバー攻撃などのセキュリティリスクをはらんでいることです。

具体的には、外部から不正アクセスを受けることで、IoT家電が動作しなくなったり、フィッシング詐欺などにつながるケースが考えられます。

個人情報の提供によるプライバシー保護に対する不安

3つ目のデメリットは、個人情報の取り扱いに注意しなければならないことです。

IoT家電の中には、住所や個人名などの個人情報を扱うものもあり、現在地や生活スタイルなどが知らず知らずのうちに第三者に知れ渡っているという可能性もはらんでいます。

IoT家電で生活をアップデートしよう

IoT家電とは何か、IoT家電の事例、メリットとデメリットについて解説しました。

遠隔操作による利便性や防犯対策などの安全性を高められるとして、今後もさらに需要が高まるでしょう。

IoT家電を活用して、生産性や効率性を高めて日常生活をアップデートしてみましょう。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement